論語詳解218子罕篇第九(14)子九夷に居らんと欲す*

論語子罕篇(14)要約:さて呉国へ出かけるか、と決意した孔子先生。しかし弟子たちにとって呉国は、ざんばら髪に入れ墨の、むさ苦しい野蛮国。嫌がる弟子たちを前に、諸君と一緒なら平気さ! と先生は元気に宣言するのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子欲居九夷。或曰、「陋、如之何。」子曰、「君子居之、何陋之有。」

校訂

定州竹簡論語

……欲居九夷。或曰:「陋,如之何?」子曰:「君子居之,[何陋]228……

復元白文

子 金文谷居 挙 舉 金文九 金文夷 金文 或 金文曰 金文 如 金文之 金文何 金文 子 金文曰 金文 君 金文子 金文居 挙 舉 金文之 金文 何 金文之 金文有 金文

※欲→谷。論語の本章は陋の字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

九夷きういらむとほつす。るひといはく、いやし。これ如何いかんいはく、君子くんしこれらば、なんいやしきことからむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 論語 ある人1
先生がさまざまな蛮族の住む土地に移住しようとした。ある人が言った。「けがらわしい。そこはどうなんですか。」先生が言った。「君子がそこにいるなら、どんなけがらわしいことがあるだろう。」

意訳

ニセ孔子
孔子「さーて、呉国へ行くかな。」
弟子「えー! イヤですよあんな汚らしいところ。先生だってそうでしょう?」
孔子「諸君と一緒なら、平気さ!」

従来訳

論語 下村湖人

先師が道の行われないのを歎じて九夷の地に居をうつしたいといわれたことがあった。ある人がそれをきいて先師にいった。――
「野蛮なところでございます。あんなところに、どうしてお住いが出来ましょう。」
 すると先師はいわれた。――
「君子が行って住めば、いつまでも野蛮なこともあるまい。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子想到一個邊遠地區去住。有人說:「這地方很落後,怎麽辦?」孔子說:「君子住在那,還有什麽落後?」

中国哲学書電子化計画

孔子はとある遠い辺境の地に移り住もうと思いついた。ある人が言った。「あの地方はとても未開です。そこをどうなさいます?」孔子が言った。「君子があそこに住むなら、どうして未開だろうか?」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」 、「 。」


九夷

論語 九 金文 論語 夷 金文

論語の本章では、”さまざまな東方異民族”。

九種類の蛮族、すなわち玄菟・楽浪・高麗…と数え上げるのは後世の儒者のでっち上げで、”さまざまな東方蛮族”、すなわち呉国のこと。漢文では二桁に達しない多い数を、九で表すことが多い。

『学研漢和大字典』によると「九」は象形文字で、手を曲げて引き締める姿を描いたもので、つかえて曲がる意を示す。転じて、一から九までの基数のうち、最後の引き締めにあたる九の数、また指折り数えて、両手で指を全部引き締めるときに出てくる九の数を示す。

究(奥深くゆきづまって曲がる最後の所)の音符となる。また、糾合(キュウゴウ)の糾、鳩合(キュウゴウ)の鳩と通じる、という。

論語 居 金文 論語 居
(金文)

論語の本章では、”移り住む”。

『学研漢和大字典』によると「尸(しり)+音符古(=固。固定させる、すえる)」の会意兼形声文字で、台上にしりを乗せて腰を落ち着けること、という。詳細は論語語釈「居」を参照。

𨹟/陋(ロウ)

論語 陋 金文大篆 論語 陋
(金文大篆)

論語の本章では、”せまい・ひくい・いやしい”。『学研漢和大字典』による原義は、足も開けないほどせまいようす。『字通』による原義は、聖域のものを盗むこと。「のち身分や性行に関して用い」るという。

初出は後漢の隷書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は不明(去)。藤堂上古音はlug。部品「㔷」の初出は戦国文字。詳細は論語語釈「陋」を参照。

君子

論語 君 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では”諸君”。詳細は論語語釈「君子」を参照。

何陋之有

漢文では疑問詞(ここでは「何」)は原則として句読に来る。本来この部分は「何有陋」で良いのだが、「之」を使って倒置している。

論語:解説・付記

論語の本章は上掲の検証にかかわらず、いかにも史実の孔子が言いそうなことで、偽作とは思いたくないが、「陋」の字はどうやっても、論語の時代に遡りそうにない。あるいは別の字で孔子は言ったのだろうか。

もし史実とするなら、ここでもはっきりとは書いていないが呉国のことで、それは論語編纂中はちょうど、呉の敵国でそれを滅ぼした越国の最盛期だったから。もとは九夷ではなく、はっきり呉と言った可能性がある。

論語 君子 諸君 孔子
あるいは孔子が戦略を変えて、自分が一国の宰相となるより、むしろ後ろから呉国を操るようになったのは、こうした弟子の反発からかも知れない。孔子は論語八佾篇5に言ったように、徹底的に周辺民族を蛮族と見て見下すよう弟子に説教していたから、身から出た錆ではある。

そして呉国にも、孔子本人を迎えられない事情があった。孔子としては、呉国には北上して中原諸国を圧倒し、故国の魯に圧力を加えて、自分の帰国が実現しやすいような環境を作って貰いたかった。呉王の夫差や宰相の伯は北進策に乗り気だったが、軍師の伍子ショが反対した。
論語 伍子胥

この意見のすれ違いから、伍子胥は呉王夫差に嫌われて自殺を迫られ、死亡した(BC484)。この年は孔子が魯に帰国した年で、タガの外れた呉国は大軍を北上させて呉王自ら斉を攻撃するにいたる。そしてBC482、晋と対峙した呉は留守を越に襲われ、一挙に没落していった。

以下、儒者の感想文を示す。

古注『論語集解義疏』

子欲居九夷註馬融曰九夷東方之夷有九種也或曰陋如之何子曰君子居之何陋之有註馬融曰君子所居者皆化也疏子欲至之有 雲子欲居九夷者孔子聖道不行於中國故託欲東徃居於九夷也亦如欲乗桴浮海也云或曰陋如之何者或人不達孔子意謂之實居故云陋如之何言夷狄鄙陋不可居也云子曰云云者孔子荅云君子所居即化豈以鄙陋為疑乎不復逺申己意也孫綽云九夷所以為陋者以無禮義也君子所居者化則陋有泰也 註馬融曰至種也 四方東有九夷一𤣥菟二樂浪三高麗四滿飾五鳬更六索家七東屠八倭人九天鄙南有八蠻一天竺二咳首三僬僥四跂踵五穿胸六儋耳七狗軹八旁脊西有六戎一僥夷二依貊三織皮四耆羗五鼻息六天剛北有五狄一月支二濊貊三匈奴四單于五白屋也 註馬融曰至化也 聖人所在則化九夷變中夏也

本文「 子欲居九夷」。
注釈。馬融「九夷とは、東方の蛮族である。九種類いた。」

本文「或曰陋如之何子曰君子居之何陋之有」。
注釈。馬融「君子の住む所は、そのお説教のせいでみんながクルクルパーにされて、おとなしくなるのである。」

付け足し。先生は窮極の住まいを望んだ。「子欲居九夷」とは、孔子のありがたい道が中国では全然流行らないので、蛮族が九種類もウホウホとわだかまっている地へ行ってしまうぞ、と負け惜しみを言ったのである。行く気は全然無かったのである。「筏で海に出ちまおう」(論語公冶長篇6)と言ったのと同じである。

「或曰陋如之何」とは、ある人が孔子の負け惜しみを真に受けて、本当に引っ越すと思ったのである。だから「陋如之何」と言ったのである。蛮族どもは未開で汚らしく、とても住めない、と言ったのである。

「子曰うんぬん」は、孔子がそれに答えて、君子が住んだ瞬間に、その辺の連中は頭がやられて大人しくなるから、どうして未開で汚らしいんじゃないかと怖がる必要があるか、と言ったのである。本当は行く気が全然無いのを遠回しに言ったことを、繰り返して言わなかったのである。

孫綽「九夷が汚らしい理由は、礼儀が無いからである。君子が住むと周りの連中はクルクルパーにされて大人しくなるから、汚らしくても大丈夫なのである。」

注釈。馬融「蛮族はこれで全部である。」

四方のうち東には九種類の夷(えびす)が住む。一、玄菟。二、楽浪。三、高麗。四、満飾。五、更(※鳬はカモ)。六、索家。七、東屠。八、倭人。九、天鄙。南には八種類の蛮(えびす)が住む。一、天竺。二、咳首。三、僬僥。四、跂踵。五、穿胸。六、儋耳。七、狗軹。八、旁脊。西には六種類の戎(えびす)が住む。一、僥夷。二、依貊。三、織皮。四、耆羗。五、鼻息。六、天剛。北には五種類の狄(えびす)が住む。一、月支。二、濊貊。三、匈奴。四、単于。五、白屋である。

注釈。馬融「人をクルクルパーにして大人しくさせる窮極である。聖人が住むと、どんな野蛮人が住む蛮地でも、みんな中華になってしまうのである。」

「中華になってしまうのである。」商社の人に聞くと、まことに、世界のどんな山奥にも中国人は居て、たいがい中華料理屋をやっているらしく、現地のどんな食材も中華料理になってしまうとのことである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント