論語詳解020為政篇第二(4)吾十有五にして°

論語為政篇(4)要約:若いうちから勉強しろ! そういうSMチックなお説教として有名なお話。でも孔子先生がそうできたのは、地獄のような身分差別から抜け出すためでした。生涯を終える直前に、自分の人生を振り返った言葉。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「吾十有五而志於*學。三十*而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而從*心所欲、不踰矩。」

校訂

武内本

(於の下に乎を補い)乎、唐石経于に作り、漢石経乎に作る。三十唐石経卅に作る。縱、唐石経従に作る。

定州竹簡論語

……[吾十]有五而志乎a學,卅b而立,卌c而不惑,五十而4……而耳順,七十而5……

  1. 乎、阮本作「于」、皇本作「於」、漢石経、高麗本均作「乎」。
  2. 卅、阮本、皇本作「三十」、漢石経作「卅」。
  3. 卌、阮本、皇本作「四十」、漢石経作「卌」。

→子曰、「吾十有五而志乎學。卅而立。卌而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而縦心所欲、不踰矩。」

復元白文(論語時代での表記)

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 吾 金文十 金文論語 有 金文論語 五 金文而 金文志 金文論語 乎 金文論語 学 學 金文 卅 金文而 金文論語 立 金文 卌 金文而 金文論語 不 金文論語 或 惑 金文 論語 五 金文十 金文而 金文智 金文論語 天 金文論語 命 金文 六 金文十 金文而 金文論語 耳 金文論語 順 金文 七 金文十 金文而 金文論語 従 金文論語 心 金文論語 所 金文谷 論語 不 金文論語 兪 金文論語 矩 金文

※縱→従・惑→或・欲→谷・踰→兪。

書き下し

いはく、われいう五にしがくこころざす。三十にしつ。四十にしまど。五十にし天命てんめいる。六十にしみみしたがふ。七十にしこころほつするところほしいままにするも、のり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。私は十と五つで学者になろうと決意した。三十で学者として食べていけるようになった。四十で好悪の迷いが無くなった。しかし五十になって天の命令を知った。六十になって何事も耳に入るようになった。七十になって心の思うままに行動しても、決まりからはみ出すことはなくなった。

意訳

論語 孔子 哀
十五で学者を志望し三十で食えるようになり、四十で好き嫌いから解放された。
ところが五十になって、政治家になれと言う天の声を聞いた。迷いはあったが六十になるとその声がはっきり聞こえるようになった。今七十を過ぎてもう衰え、好き勝手に振る舞っても大したことは出来なくなった。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「私は十五歳で学問に志した。三十歳で自分の精神的立脚点を定めた。四十歳で方向に迷わなくなつた。五十歳で天から授かった使命を悟った。六十歳で自然に真理をうけ容れることが出来るようになつた。そして七十歳になってはじめて、自分の意のままに行動しても決して道徳的法則にそむかなくなった。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「我十五歲立志於學習,三十歲有所建樹,四十歲不困惑,五十理解自然規律,六十明辨是非,七十隨心所欲,不違規。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「私は十五歳で学問をしようと決意した。三十歳でその効果があった。四十歳で迷いが無くなった。五十で自然の法則を理解した。六十ではっきりとものの善し悪しが分かった。七十で好きなように振る舞っても、おきてに外れなくなった。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


論語 吾 金文
(金文)

論語の本章では”わたし”。『学研漢和大字典』によると、論語の時代では主に主格と所有格に用い、目的格では主に「我」が用いられた。詳細は論語語釈「われ」を参照。

秦漢帝国以降の漢文や、現代中国語には格変化が無いが、古代にはあり、論語の時代である周代は、それが消え去りつつある時代だった。山東=太行山脈以東の黄河下流域に発生した、農耕都市国家の夏・殷王朝と、それを滅ぼし、元ははるか西方の水流域で、羊を飼って暮らしていた周王朝では、かなり言語が違ったのだろう。

青銅器や祭祀など、周は滅ぼした殷の都市国家文明は引き継いだし、文明語としての殷語もかなり取り入れたはずだが、日本人がrとlの違いを聞き取れないように、まるで違う言語の受け入れには、どうしても限界があったのだろう。

十有五

十 金文 論語 有 金文 論語 五 金文
(金文)

論語の本章では”十五歳”。ここでの「有」は助辞(中国語の付属語や、それを示すのに用いられる漢字のこと。たとえば焉(エン)・矣(イ)・哉(サイ)・也(ヤ)・乎(コ)など。前置詞の於(オ)や于(ウ)などを含めることもある)で、さらに輪をかけて、その上に加えての意を示すことば。詳細は論語語釈「有」を参照。

おじゃる公家
助辞は漢文訓読では置字(オキジ)といって読まないことが多いが、それが平安朝の無能なおじゃる公家以降、漢文をデタラメに読む伝統の言い訳になってきた。受験漢文程度なら助辞は読まずに済ませられるが、原文を読もうとするなら、しつこく意味を追い回さなければならない。

論語 志 金文 論語 志 解字
(金文)

論語の本章では”…したいと思う”。初出は戦国末期の金文。論語の時代に存在しない。同音の「識」に”かんがえ”の語釈を『大漢和辞典』が載せ、初出は西周早期の金文。『学研漢和大字典』によると、志は「心+音符之」の会意兼形声文字で、心が目標を目指して進み行くこと、という。詳細は論語語釈「志」を参照。

言い換えれば欲望。出来の悪い中学教師や、厠くさい幕末の下町や田舎に住む国士気取りの若い男が、「ココロザシっ!」とか右手を握って、偉そうに説教するような意味はここでは持たない。

孔子は巫女を母に持つ母子家庭に生まれ、早くに孤児となった。社会の最底辺と言って間違いないが、唯一強みがあったのは、巫女の家の出だけに文字が読めたこと。だが論語の当時は本屋も図書館も無く、庶民の入る学校もほぼ皆無だったから、やりたいと決意しなければ学問など出来る環境ではなかった。なお当時の学校の有無については下記する。

於→乎

論語 於 金文 論語 於 解字
(金文)

論語の本章では”…に”。初出は西周早期の金文。『学研漢和大字典』によると、「はた+=印(重なって止まる)」の会意文字で、じっとつかえて止まることを示す、という。詳細は論語語釈「於」を参照。漢文では多くの場合”…で”を意味するが、他に”…を”を意味する場合もある。

「乎」も「志」と同様、”…を・に”を意味する。詳細は論語語釈「乎」を参照。

三十→卅/四十→卌

文字史の上から言えば「卅」「卌」との表記は甲骨文からあったが、論語の時代の通例とは言えない。つまり漢代の儒者が論語を古風に見せ無用の威嚇を行うためのハッタリである。ただし「四」の表記は金文時代まで「亖」と書かれた。「四」の字体が現れるのは、現在の所戦国時代の石鼓文からである。

論語 立 金文
(金文)

論語の本章では”結果が出た”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると「大(ひと)+━線(地面)」の会意文字で、人が両足を地につけてたったさまを示す。両手や両足をそろえて安定する意を含む。詳細は論語語釈「立」を参照。

『学研漢和大字典』では本章の「三十而立」を引いて”足を地につけて、しっかりと生活をする”と解するが、どうにもそのけしきを絵図に描けない。現代中国での解釈”三十歳でその効果があった”の方が、妥当なのではなかろうか。

論語 惑 金文 論語 矛盾 惑
(金文)

論語の本章では”まよい”。初出は戦国末期の金文。論語の時代に存在しない。同音で部品の「或」は西周初期の金文から見られ、論語の時代には「或」と書かれていたことがほぼ確定。『大漢和辞典』には”まよう・うたがう”の語釈がある。『学研漢和大字典』によると、或の左側は、囗印の上下に一線を引き、狭いわくで囲んだ区域を示す。或は「囗印(かこむ)+戈」の会意文字で、一定の区域を武器で守ることを示す。惑は「心+(音符)或」の会意兼形声文字で、心が狭いわくに囲まれること、という。詳細は論語語釈「惑」を参照。

既存の論語本では吉川本に、「惑」は矛盾に陥ることという。だが逃げ口上ばかり言う吉川の言うことは当てにならぬので放置するとして、主義のためなら東大教授も辞める一徹者で『学研漢和大字典』の編者、藤堂明保博士は次のように言う。

論語 藤堂明保
古代人の心には、数々の魔物と精霊とがつきまとっていた。…孔子はこれらの「鬼神」を、人間の魂からおい払った。…こうして、人々は古代社会のいまわしいきずなから開放ママされた。人々の魂は、重苦しい原始信仰から脱することができた。これこそ「自由の宣言」であった。

けれども、人々の魂をとりまく厄介な邪魔物がまだある。それは私欲や憎悪である。これこそ、古代現代を問わず、永久に人生につきまとう厄介物だ。人間の知性を愛した孔子は、この邪魔物をと読んだ、人間の心をとりまくワクのようなものである。

…「四十にして惑わず」とは、ふつうフラフラと色や利欲に迷わされぬと解している。がそうではない。「憎愛の感情のワクに、とらわれぬようになった。」ということである。マドウという日本語にマドワされてはいけない。(『漢文入門』論語のこころ)

天命

論語 天 金文 論語 命 金文
(金文)

論語の本章では”天が与えた使命”。

『学研漢和大字典』によると意味は次の通り。

  1. 天から与えられた運命。「盛衰之理、雖曰天命、豈非人事哉=盛衰の理は、天命と曰ふと雖も、あに人事に非ざらんや」〔欧陽脩・伶官伝叙論〕
  2. 天が与えた使命。「五十而知天命=五十にして天命を知る」〔論語・為政〕
  3. 「天寿」と同じ。「楽夫天命復奚疑=かの天命を楽しんで復たなにをか疑はん」〔陶潜・帰去来辞〕
  4. 天が人に定め与えたもの。「天命之謂性=天命これを性と謂ふ」〔中庸〕

論語 天 甲骨文 論語 天
「天」(甲骨文1)

「天」の初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、大の字にたった人間の頭の上部の高く平らな部分を一印で示した指事文字で、もと、巓(テン)(いただき)と同じ。頭上高く広がる大空もテンという。高く平らに広がる意を含む、という。詳細は論語語釈「天」を参照。

論語 天 甲骨文2 論語 天
「天」(甲骨文2)

一方『字通』では人の正面形としながらも、上部は一ではないとし、『易経』に動詞として「天する」=髪を切る刑罰とあることを挙げて、上部は大きな頭で、天はもと人の頭頂という。ただしいずれにせよ殷代の昔から、”おおぞら”を意味したとする点は同じ。

「命」の初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「亼(シュウ)(あつめる)+人+口」の会意文字で、人々を集めて口で意向を表明し伝えるさまを示す。心意を口や音声で外にあらわす意を含む。特に神や君主が意向を表明すること。転じて、命令の意となる、という。詳細は論語語釈「命」を参照。

耳順

論語の本章では”素直に(天命を)聞き取れるようになった”。

「耳」の初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、みみを描いた象形文字で、柔らかいの意を含む、という。詳細は論語語釈「耳」を参照。

「順」の初出は甲骨文。『学研漢和大字典』は『説文解字』の説を取り入れて、「川+頁(あたま)」の会意文字で、ルートに沿って水が流れるように、頭を向けて進むことを示す、というが、『字通』によると論語時代に通用した金文では、字形が「渉+頁」だという。論語語釈「順」を参照。

順 字形
ただし「小学堂」で参照すると、より近いのは「川+見」であり、人が川を見て何らかを読み取ろうとする姿。中華文明的に重要なのは、洪水の予兆を知ることであり、中国の洪水は津波と同じく、人的被害の甚大な災害だったから、川の様子に従うことが原義だろう。

アルファー 洪水
従って論語の本章では、「耳が従う」とは、人の言語で知らされる何かに従うことではなく、人知を超えた何者かの声に従うこと、それも存在が証明できない何かではなく、自然が表した大事の予兆を知ること、を意味する。

孔子は古代人には珍しく、ほぼ無神論と言える立場に立ったが(孔子はなぜ偉大なのか)、それでも大自然の猛威をなめてかかるようなうかつ者ではなかった。だから孔子の場合「人知を超えた何者か」とは自然現象を指し、カミサマや占いのたぐいでは断じてない。

縱→從

論語の本章では”したがう”。新字体は「縦」。初出は秦系戦国文字で、論語の時代に存在しない。同音の「足」に”満ち足りる”の語釈があり、また”よしとしてゆるす”の語釈もある。また近音で部品の「從」(従)にも”したがう”の意があり、初出は甲骨文。詳細は論語語釈「縦」論語語釈「従」を参照。

欲 楚系戦国文字 谷
「欲」(楚系戦国文字)・「谷」(金文)

論語の本章では”もとめる”。初出は戦国文字。論語の時代に存在しない。ただし『字通』に、「金文では谷を欲としてもちいる」とある。『学研漢和大字典』によると、谷は「ハ型に流れ出る形+口(あな)」の会意文字で、穴があいた意を含む。欲は「欠(からだをかがめたさま)+(音符)谷」の会意兼形声文字で、心中に空虚な穴があり、腹がへってからだがかがむことを示す。空虚な不満があり、それをうめたい気持ちのこと、という。詳細は論語語釈「欲」を参照。

踰(ユ)

論語 足 金文 論語 兪 金文
「足・兪」(金文)

論語の本章では『大漢和辞典』の第一義と同じく”超える”。『大漢和辞典』には他に”踊る”の語義を載せる。初出は後漢の『説文解字』。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補は同音の「」。『大漢和辞典』に”こえる”の語釈がある。『学研漢和大字典』によると、兪は、中身を抜き取った丸木舟のこと。ただし普通は(越える)-(越えて進む)と同系の言葉として用い、相手を越えてその先に出る意。また先へ先へと越えて程度をの進む意をあらわす、という。一方『字通』では、把手とってのある手術刀で膿漿のうしょうを盤(舟)に移す形、という。詳細は論語語釈「踰」を参照。
論語 兪

矩(ク)

論語 矩 金文 論語 己 曲尺
(金文)

論語の本章では「格」と同じく、”カタ(にはめる)”こと。論語では本章のみに登場。初出は西周早期の金文。『学研漢和大字典』によると、巨は、かぎ型の定規にとっ手のついたさまを描いた象形文字。矩は「矢(昔は、物の長さを矢ではかった)+〔音符〕巨」の会意兼形声文字で、角度や長さを計るかぎ型の定規、という。詳細は論語語釈「矩」を参照。

論語:解説・付記

論語をはじめとする中華文明と、洪水との縁は深い。

黄河 流路 変遷
黄河は史上、何度も流路を変えたし、そのたびごとに大規模な洪水があったことは疑いない。1939年に蒋介石が意図的に起こした洪水は、前後の洪水と合わせて、多くて400万人の死者を出したとされる。古代でも洪水の脅威は、黄河下流域の中国人万人に共有されていた。

その自然災害の予兆をいち早く感じ、人々に納得できるよう言葉に出来たのがすなわち聖人であり、論語の時代では道徳的な価値でそう呼ばれたわけではない。地道に観察し、記録を取り、類推できる能力者であり、孔子が必須科目として算術を入れたのは一つにそのためだ。

外国でプログラミングの経験の無い人に、初歩的なアプリを作って示すと、まるで「不思議の国から来た魔女のように扱われた」と訳者の旧友は言った。現代でも一部の技術者が崇拝の対象になることがあるが、それではかえって数理から遠ざかるし、論語の理解にも邪魔になる。

自分では聖人であることを否定した孔子は(論語述而篇33)、その数理的観察力と記帳によって、正確な帳簿を付け牧場の家畜を殖やし、国公や門閥貴族の注目を引いたとされる(『史記』孔子世家)。文明のか細い古代にあって、合理と数理能力が、孔子を孔子にした。

だが元から地道に観察し、記録を取り、公理を導く科学者として世に出た者が、そのまま合理性を保てるとは限らない。岡潔のように、晩年は宗教の開祖みたくなってしまった者もいる。又聞きでしかないが、その漢籍理解は知ったかぶりのデタラメが多くて、聞くに堪えない。

だが孔子は死の直前まで、「怪力乱神を語らず」(論語述而篇20)を貫いた。

孔子が就職したのは、五十を過ぎて中都のまちの代官「中都宰ちゅうとのさい」に任じられた時で、それまでは公室や家老家の倉庫管理や牧場管理をしていたと『史記』は言う。本章と合わせ考えると、小役人のかたわら、古典研究と弟子の育成が四十代までの孔子の生涯と言える。

中都宰から昇進して魯国の宰相格になって以降は、生涯を終えるまで政治革命に邁進したが、一人息子や有力な弟子に次々死なれた七十頃、意訳のように気力を落とした。加えて期待した呉国が留守を越に襲われて没落したことも、決定的だったろう。
論語 孔子 哀

それにしても初の仕官が五十頃というのは、現代でも遅く思えるし、平均寿命が三十ほどだった論語時代では、ものすごい老人と言っていい。確かに貴族階級には七・八十まで生きる例が珍しくないが、孔子はもともと庶民で、それも最下層に近い出身だった。

逆に考えると、底辺からのし上がって政治家になるまでには、超老人になるまでかかったということで、当時の身分差別の厳しさを、思い知らされるような感覚になる。それだけ孔子がずば抜けた体力と生命力を持っていたことになり、孔子青びょうたん説には同意できない。

また論語の一読者として本章を読めば、孔子のような超人でも四十になるまで迷ったというなら、凡人である訳者如きはその倍は迷って良かろう。つまり一生迷っていても構わないわけで、学がなって立つまでも、六十だろうといいことになる。いや、開き直りはいけないか。

なお論語に基づいて、後の中国では十五歳を学問始めとし、「志学」といった。しかし貴族だろうと儒者だろうと皆が皆、十五で学問を好んだわけではない。当たり前の事なのだが、天才詩人陶淵明の息子たちも、そろって勉強が大嫌いだった。

「責子」陶淵明 「子を責む」陶淵明
白髮被兩鬢 肌膚不復實 白髪は両ビンおおい、肌膚キフゆたかならず
雖有五男兒 總不好紙筆 五男児有りといえども、べて紙筆を好まず
阿舒已二八 懶惰故無匹 阿ジョは二八なるに、懶惰ランダなることまことたぐい無し
阿宣行志學 而不好文術 阿宣は行く行く志学なるも、而も文術を愛せず
雍端年十三 不識六與七 ヨウと端とは年十三なるも、六と七とをらず
通子垂九齡 但覓梨與栗 通子は九齢になんなんとするも、但だ梨と栗とをもとむるのみ
天運苟如此 且進杯中物 天運くの如くんば、しばらく杯中の物を進めん

論語 陶淵明
「子を責める」陶淵明
髪は両側とも真っ白、肌も老いぼれてつやを失った。
男の子が五人いるが、全て勉強が大嫌いだ。
阿舒は十六になると言うのに、ぶらぶら怠けて手の着けようがない。
阿宣はそろそろ十五だが、読むのも書くのもイヤだという。
雍と端は歳十三、六と七の違いも知らない。
通子はもうすぐ九歳だが、ナシとクリを欲しがるばかり。
運命はさても残酷だよ。やめやめ、酒だ酒だ!

また孔子の「志学」について、論語と同時代に、孔子の母国の隣国である鄭には、庶民の通う学校があったと儒者は言っているが、その語釈は例によって極めて怪しい。

鄭人游于鄉校,以論執政,然明謂子產曰,毀鄉校何如,子產曰,何為,夫人朝夕退而游焉,以議執政之善否,其所善者,吾則行之,其所惡者,吾則改之,是吾師也,若之何毀之。」

論語 鄭子産
鄭の民百姓は”郷校”に寄り集まって、政治の善し悪しをあげつらっていた。そこで〔貴族の〕然明が、〔宰相の〕子産に「”郷校”を潰してしまっては」と言った。

子産「なんでそんなことをするのかね。民が朝夕集まって、政治の善し悪しを言うのなら、私はその評判のいいことを行って、悪いことは改める。つまり私のよき教師だ。潰してどうしようというのかね。」
(『春秋左氏伝』襄公三十一年。『新序』雑事四・『孔子家語』にも引用)

通説では「郷校」を”村の学校”と解釈する。しかし『字通』の「学」や「校」の語釈に白川博士が言うとおり、「校」が「学校」の意味になるのは、「コウ」(二本一組で用いる算木を交差させたさま)の音通で、もとは人や動物を”囲い込んで集める場所”を意味していた。つまり「郷校」とは村の寄合所のことで、教師がものを教える場所ではない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 孔子は高禄は得たが、言う通りになる諸侯には出会えなかった。霊公はやり手の殿様な上、家臣が有能で孔子の付け入る隙が無かったからだ。だから「知」の半分は達成したが、それを霊公からとは「天命を知る」孔子は思わず(論語為政篇4)、天が自分を雇ったと結論したわけ。 […]

関連記事(一部広告含む)