論語163述而篇第七(16)我に数年を加え

論語述而篇(16)要約:未知を推定する方法は二つ。データを集めて分類し、それぞれの量を比較して傾向を探るのが一つ。そしてもう一つは、運動の法則そのものを見つけて、データを代入するやりかた。後者を学び始めた先生は…。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「加我數年、五十以學易、可以無大過矣。」

書き下し

いはく、われ數年すうねんくはへて、五十もつえきまなばば、もつ大過たいくわかるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「私にもう数年の寿命を加えて、五十で易を学べば、大きな間違いをしなくて良いに違いない。」

意訳

論語 孔子 喜
あと数年、五十になっても易を勉強するなら、大失敗をしでかさずに済むに違いない。

従来訳

 先師がいわれた。――
「私がもう数年生き永らえて、五十になる頃までえきを学ぶことが出来たら、大きな過ちを犯さない人間になれるだろう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

五十以學(学)易

論語の本章では、”五十を過ぎるまで易を学べば”。直訳は上の通りだが、”五十になったら易を学ぼう”では「さっさと始めろよ」と思うので、”数年後の五十で易を学び終える﹅﹅﹅”と解するのが普通。しかし孔子様ならわけない、という思い込みでは。

凡庸な頭の訳者の見る所、数年で『易経』の暗記は出来るかも知れないが、当たるようになるかどうかは大いに疑問がある。孔子も論語の中で、「不動心を持たないと易は当たらない」と言っている(論語子路篇22)。

『史記』孔子世家によれば孔子は易を好み、その教科書も紙のない当時のこととて竹札や木札を束ねた本だったのだが、その革の綴じ紐が三度切れるほど愛読したという。当たるまで習得するのにずいぶんかかったものと想像する。
論語 竹簡

論語 易 篆書 論語 易
(篆書)

論語では単なる占いではなく、当時なりの数理。

亀甲や動物の骨を焼いてひび割れで吉凶を判断する占いは論語時代にも残っていたが、易は筮竹を弾いてその数で物事を占うため、より抽象度が上がって数理らしくなった。ただし天のことわりを覗くことから、その罰を恐れ、気軽に行えるものではなかった。

論語時代では孔子塾の必須科目には入っておらず、孔子も本章のように中年以降に学んだらしい。『左伝』のかなり早い条(荘公二十二年・BC671)から記載のある、筮竹を使った易を、向学心の強い孔子がそれまで知らなかったということは、その方法や解釈が、秘中の秘として公開されていなかった可能性がある。

後世の儒教では経典の一つに易経が加わったが、これは性悪説を主張した荀子によると言う。
論語 荀子

その成立過程は、以下の通りであるという。

古代中国、イン代には、亀甲を焼き、そこに現れる亀裂の形(ボク兆)で、国家的な行事の吉凶を占う「亀卜」が、神事として盛んに行われていたことが、殷キョにおける多量の甲骨文の発見などにより知られている。

西周以降の文の、「蓍亀シキ」や「亀策」(策はゼイ竹)などの語に見られるように、その後、亀卜と筮占が併用された時代があったらしい。

両者の比較については、『春秋左氏伝』公4年の記に、亀卜では不吉、占筮では吉と、結果が違ったことについて卜人が、「筮は短にして卜(亀卜)は長なり。卜に従うに如かず(占筮は短期の視点から示し、亀卜は長期の視点から示します。亀卜に従うほうがよいでしょう)」と述べた、という記事が見られる。

『春秋左氏伝』には亀卜や占筮に関するエピソードが多く存在するが、それらの記事では、(亀卜の)卜兆と、(占筮の)、また、卜兆の形につけられた占いの言葉である繇辞(ちゅうじ)と、卦爻カコウにつけられた占いの言葉である卦辞・爻辞が、それぞれ対比的な関係を見せている。

こうして占われた結果が朝廷に蓄積され、これが周易のもとになったと考えられている。周易のもとになった書物が各地に普及すると、難解な占いの文の解釈書が必要になり、戦国末期から前漢の初期にタン伝・象伝以外の「十翼」が成立したのであろう。(wikipedia「周易」)

論語 易 甲骨文 論語 易 金文
(甲骨文・金文)

『学研漢和大字典』によると「易」は平らなとかげのたぐい、という。

一方『字通』では、「日+勿(コツ)」で、日は珠玉=宝玉の形で、勿は巫女が宝玉を持って魂ぶり(魂に活力を与え再生する呪術)をする姿という。また宝玉を台の上に置いた形が昜(ヨウ)=陽だという。確かに甲骨文を見ると、とかげの姿には見えない。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では吉川本に、古注では易は天命を知るべき恐れ入った技術なので、孔子は天命を知った五十になるまで学ぶのを待ったとあるという。他方新注では、易を学んだのはもっと晩年になってからとするという。また、そもそも易など学んでいないという現代の説もあると言うが、その当否については、訳者の能力を超えるので言及を差し控える。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)