論語詳解090里仁篇第四(24)君子は言に訥°

論語里仁篇(24)要約:口数も行動力も大きかった孔子先生ですが、弟子には寡黙をお説教しました。歴史に通じた先生には、口が災いの元であると分かっていたのでしょう。口数ばかりで動かない、それではいけないのはもちろんでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子欲訥於言而、敏於行。」

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 君 金文論語 子 金文谷訥 吶 甲骨文於 金文論語 言 金文而 金文 論語 敏 金文於 金文論語 行 金文

※欲→谷・訥→吶(甲骨文)。

書き下し

いはく、君子くんしことばとつにしおこなひきをほつす。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「貴族は言葉を控えめにして行動は敏速であろうとする。」

意訳

論語 君子 諸君 孔子
諸君。くっちゃべって働かないような奴は、貴族ではないぞ。

従来訳

論語 下村湖人
先師がいわれた。――
「君子は、口は不調法でも行いには敏活でありたいと願うものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「君子要言談簡潔,要行動敏捷。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「君子はしゃべる言葉を簡潔にせよ、行動は敏速にせよ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


君子

論語の本章では”貴族”。弟子の”諸君”と解した場合、「諸君が欲する」という文になってしまい意味が通じない。立派な人格者とかいった面倒くさい語義が付け加わったのは、孔子より一世紀後の孟子から。詳細は論語における君子を参照。

訥(トツ)

論語 訥 金文大篆 論語 口にチャック 訥
(金文大篆)

論語の本章では”寡黙・黙っている”。『大漢和辞典』の第一義は”言い悩む”。この文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はnwətで、同音は存在しない。藤堂上古音はnuəp。近音nuətで同義語の吶(トツ、カ音不明)は、甲骨文から存在する。

「訥」は『学研漢和大字典』によると「言+ダイ(中にこもる)」の会意兼形声文字。詳細は論語語釈「訥」を参照。

論語 敏 金文 論語 脱走 敏
(金文)

論語の本章では、”敏速なさま”。『大漢和辞典』の第一義は”とし(はやい)”。詳細は論語語釈「敏」参照。

論語:解説・付記

論語 君子 諸君 孔子
論語の中で、孔子が「君子は…」と語り始めている話の多くが、弟子一般に対して基本的な心構えを説いたもの。本章もその例。従って、君子はすべからくこうでなくてはならぬ、という教えではあるが、入門者に対する注意事項と考えていい。

論語の時代の君子=貴族は戦士でもあるから、口だけで務まらないのは当たり前で、貴族になろうとする弟子もまた、しゃべったり議論する暇があったら、一生懸命学び、そして稽古する必要があった。それを心得ぬ不心得者に、孔子は本章のように言って戒めたわけ。

なお本章からは後世、論語里仁篇22と、以下のような別伝が作られた。

孔子觀周,遂入太祖后稷之廟,廟堂右階之前,有金人焉。參緘其口,而銘其背曰:「古之慎言人也,戒之哉!無多言,多言多敗;無多事,多事多患。安樂必戒,無所行悔。勿謂何傷,其禍將長;勿謂何害,其禍將大;勿謂不聞,神將伺人。焰焰不滅,炎炎若何;涓涓不壅,終為江河;綿綿不絕,或成網羅,毫末不札,將尋斧柯。誠能慎之,福之根也。口是何傷,禍之門也。強梁者不得其死,好勝者必遇其敵。盜憎主人,民怨其上。君子知天下之不可上也,故下之;知眾人之不可先也,故後之。溫恭慎德,使人慕之;執雌持下,人莫踰之;人皆趨彼,我獨守此;人皆或之,我獨不徙;內藏我智,不示人技;我雖尊高,人弗我害;誰能於此?江海雖左,長於百川,以其卑也;天道無親,而能下人。戒之哉!」孔子既讀斯文也,顧謂弟子曰:「小人識之!此言實而中,情而信。《》云:『戰戰兢兢,如臨深淵,如履薄冰。』行身如此,豈以口過患哉!」

孔子 青年
周の都・洛邑留学中の若き日の孔子が、周の開祖・后稷の霊廟に詣でたところ、右の階段前に銅像がある。口を三針縫い付けられ、背中に次のような由来が書いてあった。

「昔の言葉を慎んだ人である。これに倣って慎め。

口を慎め。口数が多いと失敗が多い。行いを慎め。行いが多いと憂いが多い。気楽に構えて慎みを怠らなければ、行いに後悔は残らない。

大した事ではない、と言うな。今も大きくなろうとしているぞ。何のことも無いと言うな。損害はどんどん増えているぞ。誰も聞いていないというな。精霊のたぐいが人を監視しているぞ。灯し火の間に消さないと、燃え上がってからではどうしようもないぞ。しずくの間に締めないと、ついには川になってしまうぞ。細い間に刈り取っておかないと、はびこってどうしようもないぞ。細い間に抜かないと、まさかりでしか切り倒せなくなるぞ。

実に実に、慎むことが幸せの元である。口は全てを傷付ける、諸悪の元である。強がりをいう者はろくな死に方をしない。人を言い負かす者は敵だらけになる。逃亡者は元の主人を憎み、民はお上を恨む。君子は人の風上に立つ道理が無いのを知り、だからへり下る。人々の先頭に立てない道理を知り、だから後ろを付き従う。

温和、丁寧、慎みの作用に、人は引き寄せられるのだ。高みを譲って大人しくしていれば、人は踏み越えようとはしてこない。人々がわあわあと走り回る中で、自分一人自分を守る。人々がうろたえ騒ぐ中で、自分は関わらずにいる。智恵は心の奥に仕舞っておき、技は人前にさらさぬようにする。となれば一人で孤高を守っても、人は危害を加えてこない。

この教えを誰がよく守るだろうか? 長江は左に流れ、海はさらにその左にあるが、全ての河川の長であるのは、低い位置にいるからだ。天の計らいには依怙贔屓が無いが、それでも人を底から支えている。これを思って慎め。」

孔子は読み終えると、振り返って弟子に言った。「君、これを知りたまえ。この戒めはまことに当を得ている。人の心を分かった上で、事実を教えている。詩に”ぶるぶると深い沼を覗くように、薄い氷を踏み歩くように”という。行動がこのように慎重なら、口を慎むなどわけはない。」(『孔子家語』観周3)

定州漢墓竹簡の発掘により、『孔子家語』が王粛による偽作だという説は、清儒の誣告と判明したが、だからといって全部が史実でないこと、論語と同じ。孔子の洛邑留学に従ったのは、門閥家老家の一員である南宮敬叔だけだし、敬叔は「小子」と呼ばれる小僧でもない。

なお本章については、新注にとある儒者の個人的な思いつきを記している。

新注『論語集注』

胡氏曰:「自吾道一貫至此十章,疑皆曾子門人所記也。」

胡氏曰く、「吾が道一貫自り至る此の十章、疑うらくは皆な曾子の門人の記所す所也」と。

論語 胡寅
胡寅「”吾が道は”以降ここまでの十章は、たぶん曽子の門人が書き記したのではなかろうか。」

この胡寅という男は論語里仁篇16に既出の楊時の弟子で、同様に宋の儒者らしい悪党。

北宋が滅亡に瀕した時、徽宗皇帝が素直に「ワシが悪かった」と謝ったので、気の毒がった民百姓の義勇軍が、続々と都の開封に詰めかけた。胡寅はすでに官途にあり、開封にいたにもかかわらず、義勇軍には加わりもせず、大学構内に逃げ隠れた後、さっさと行方をくらました。→『宋史』胡寅伝

胡寅は亡命政権である南宋が成立する頃合いを見計らって朝廷に現れ、ちゃかり官職にありついたが、逃げたくせにわあわあとウソ泣きしながら、その実政敵の悪口ばかり言うので、うんざりした宰相により左遷された。およそ儒者という生き物は、常人の感覚では捉えがたい。

胡寅には伝説があり、子供の頃からずる賢かったのを、サ●゛のおやじに折檻され、書物千巻の物置に閉じこめられたが、一年あまりでそれを全部暗記したという。同じく●ドのおやじを持った朱子と同じで、マ●゛に育てられた子供は大人になると、必ずサ●゛になるのだろう。

これはどこか、日本の漢学教授どもの悪党ぶりと、似通っているように思えてならない。

徴兵を恐れて国外逃亡し、戦火が逃亡先の北京に迫るとそこも逃げ出し、京大の奥深くに隠れ住み、中国服を着中国語で生活して中国人の振りをし、官憲の追求を躱した、吉川幸次郎はものすごくよく似ている。あるいは吉川は、胡寅の故事を知っていて真似したのかも知れない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)