論語詳解083里仁篇第四(17)賢を見ては°

論語里仁篇(17)要約:賢者を見たら真似をしろ。愚か者を見たら真似するな。いかめしく見える論語も、実はこうした単純な真理が多くを占めます。多様な弟子を教えたからには、孔子先生はよく分かる簡単な教え方もしたのでした。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「見賢思齊焉。見不賢*而、內自省也。」

校訂

武内本:清家本により、賢の下者の字を補う。

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 見 金文賢 金文思 金文斉 金文安 焉 金文 見 金文不 金文賢 金文而 金文內 内 金文自 金文省 金文也 金文

※焉→安。論語の本章は、「也」の字を断定で用いているなら、戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

いはく、けんて、ひとしからむとおもなん不賢ふけんうちみづかかへりみよ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 切手
先生が言った。「賢者を見たら、同じようでありたいときっと思うだろう。だが不賢者を見て、自分に同じ所がないか反省するのだ。」

意訳

孔子 微笑み
すごい人を見たら真似をしたくなるだろ。だがそうそうすごい人はいないから、まず愚か者を見て自省するのだ。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「賢者を見たら、自分もそうありたいと思うがいいし、不賢者を見たら、自分はどうだろうかと内省するがいい。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「見到賢人,要向他看齊;見到不賢,要反省自己。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「賢者に出会ったら、見習え。愚者に出会ったら、自己を反省せよ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


賢 金文 ブッダ
(金文)

論語の本章では”賢者”。詳細は論語語釈「賢」を参照。

既存の論語本では、吉川本に「かしこいという日本語は、必ずしも賢という漢字の意味を尽くさない。すぐれた人物、えらい人物が賢である」という。顔回を「賢なるかな」と評した(論語雍也篇11)のがそれにあたるのだろう。

『学研漢和大字典』によると語義は名詞として、才知や徳のすぐれた人。かしこい人。▽儒家では聖人・賢者・知者の三段階に分けることが多い、というのを挙げている。

『字通』では神に仕える盲人のうち、多芸な者が原義で、のち聖賢をいうといい、聖人もまた神の声を聞きうる者をいう、とある。

吉川説に同意はするが、その根拠は個人の感想の域を出ない。

論語の本章では”等しくなる”。初出は甲骨文。新字体は「斉」。『字通』によると語源は三本のかんざしを揃えた象形。揃える所から”整える”の意が生まれた。『学研漢和大字典』によると、◇印が三つそろったさまを描いた象形文字でのち下に板または布のかたちをそえた、という。詳細は論語語釈「斉」を参照。

斉 書体
(甲骨文、金文、篆書、隷書)

見賢思齊(斉)焉、見不賢而內(内)自省也

従来の読み下しと解釈は上記の通り。ただし句読を切り改めると、下記のようになる。

見賢思斉。焉見不賢而內自省也。
賢を見て斉しからんことを思え。焉(いずく)んぞ不賢を見て內に自ら省みん也。
(賢者を見てああなろうと思え。どうして愚か者を見て自省するのか。)

しかし、世にめったにいない賢者を見習うより、どこにでもいる愚か者を見て反面教師にした方が、有効だろうと思う。従ってこの読みは採用しなかった。本章は論語述而篇21とほとんど同じなので、お暇ならそちらも参照されたい。

見賢思齊(斉)焉

焉 金文 焉 字解
「焉」(金文)

論語の本章では句末に確定の「焉」が付いているから、”誰だって賢者を見たらああなりたいと思うだろ、えぇ(焉)?”というようなニュアンスになる。詳細は論語語釈「焉」を参照。

省(セイ)

省 甲骨文 省 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”振り返って詳しく検討する”。初出は甲骨文。「ショウ」は呉音。原義は「」”ささげる”+「目」で、まじめな気持でじっと見つめること。詳細は論語語釈「省」を参照。

見不賢而、內自省也

也 金文 也 字解
「也」(金文)

論語の本章では、”賢くない人を見て反省材料にせよ”。

句末の「也」は”~しなさいよ”。つまり賢者はめったにいないから、見習おうにも機会がない。だからその代わりに、どこにでもいる馬鹿者を見て(見…而)、自分の内側を自省しなさいよ(也)ということ。

論語:解説・付記

すごい人はめったにいないからすごいのであって、見習おうにも手本が近場にいないのは当たり前。だが愚人は世間のどこにでもいるから、せめてそうならないように自分を戒めるのが現実的。孔子は学派の開祖には珍しく、自分を崇めろとは一言も言わなかった。

儒者の見解を見てみよう。

古注『論語義疏』

子曰見賢思齊焉註苞氏曰思與賢者等也見不賢而內自省也疏子曰至省也 云見賢思齊焉者言人若見賢者當自思願修礪與之齊等也云見不賢而內自省也者省視也若見人不賢者則我更自視我心內從來所行無此事不也故范甯曰顧探諸己謂之內省也

本文。「子曰見賢思齊焉」

注釈。苞氏「賢者と同等になろうと思うことである。」

本文。「見不賢而內自省也」。

付け足し。先生は反省を言ってそれを記した。「見賢思齊焉」とは人がもし賢者に出会ったら必ず見習って自分も同等になろうとすることである。「見不賢而內自省也」とは、省とは見つめることであり、もし馬鹿者に出会ったら自分の心を反省してバカげたことをしないよう努めることである。

だから范甯が言った。「自省するのを内省という。」

新注『論語集注』

省,悉井反。思齊者,冀己亦有是善;內自省者,恐己亦有是惡。胡氏曰:「見人之善惡不同,而無不反諸身者,則不徒羡人而甘自棄,不徒責人而忘自責矣。」

省は悉-井の反切音である。思齊とは、自分もまた同じようによくなろうと乞い願うことである。內自省とは、自分にもそうしたバカげた事が無いか恐れることである。

胡氏「人の善し悪しが同じで無いのを見て、自分の身を反省しないなら、それは直ちに善人になろうとする気を失い、バカのままでいるのを選んだことになり、バカをバカだと言わないのも、自分の馬鹿さ加減をただ忘れただけである。」

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする