論語詳解045八佾篇第三(5)夷狄の君あるは’

論語八佾篇(5)要約:孔子先生は古代人で、生まれた中華の文明を世界最高だと信じて疑いません。ですから周辺民族を野蛮人だと思っていました。現代の感覚では差別になることでも、当時は非難どころか賞賛の対象でもあったのです。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「夷狄之有君、不如諸夏之亡也。」

校訂

定州竹簡論語

……曰:「荑a狄之有君也b,不若c諸[夏之亡也]。」40

  1. 荑、今本作「夷」。荑為夷之誤。
    荑 大漢和辞典
  2. 也、今本無。
  3. 若、今本作「如」。可通。

→子曰、「夷狄之有君也、不若諸夏之亡也。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 夷 金文狄 金文之 金文有 金文君 金文也 金文 不 金文若 金文者 諸 金文夏 金文之 金文亡 金文也 金文

※論語の本章は、「之」「也」の用法に疑問がある。

書き下し

いはく、夷狄いてききみ諸夏しよかきにかざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子
先生が言った。「君主が居る蛮族の国こそは、これは君主不在の中華の国に及ばないのだ/のか。」

意訳

野蛮人にどんなに偉そうな酋長がいようと、しょせんは野蛮人だ。
八佾篇 中華思想

野蛮人だろうとまともな君主がいるなら、中華のろくでもない殿様の国より劣る筈がない。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「夷狄の国にも君主があって秩序が立っている。現在の乱脈な中華諸国のようなものではないのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「偏遠小國有君主,不如中原各國沒君主。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「辺鄙な小国に君主がいるのは、中華諸国に君主がいないのより劣っている。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


子曰(シエツ)(し、いわく)

君子 諸君 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指すが、そうでない例外もある。「子」は生まれたばかりの赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来る事を示す会意文字。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例があるが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。おじゃる公家の昔から、日本の論語業者が世間から金をむしるためのハッタリと見るべきで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。詳細は論語と日本儒教史を参照。

夷狄(イテキ)

夷 甲骨文 狄 甲骨文
(甲骨文)

論語の本章では、”中華文明になじまない異民族・蛮族”。夷は東方の蛮族、狄は北方の蛮族。南方は南蛮、西方は西戎と呼ぶ。

「夷」の初出は甲骨文。字形は「矢」+ひもで、いぐるみをするさま。おそらく原義は”狩猟(民)”。甲骨文での語義は不明。金文では地名に用いた。詳細は論語語釈「夷」を参照。

「狄」の初出は甲骨文。字形は「矢」+「犬」で、けものを矢で射るさま。原義は”狩猟(民)”。甲骨文での語義は不明、金文では北方の異民族(史牆盤・西周中期)、”こらしめる”(曾伯簠・春秋早期)の意に用いた。詳細は論語語釈「狄」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…の”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。原義は進むこと。”これ”という指示代名詞に用いるのは、音を借りた仮借文字だが、甲骨文から用例がある。「…の」や、直前の動詞を強調する用法は、戦国時代以降にならないと現れない。詳細は論語語釈「之」を参照。

有(ユウ)

有 甲骨文 有 字解
(甲骨文)

論語の本章では”存在する”。初出は甲骨文。ただし字形は「月」を欠く「㞢」または「又」。字形はいずれも”手”の象形。原義は両腕で抱え持つこと。詳細は論語語釈「有」を参照。

君(クン)

君 甲骨文 君主
(甲骨文)

論語の本章では”君主”。初出は甲骨文。甲骨文の字形は「コン」”通路”+「又」”手”+「口」で、人間の言うことを天界と取り持つ聖職者。詳細は論語語釈「君」を参照。

論語の時代の中国では、名目上頂点に周王が君臨していたが、諸侯は必ずしも周王に従わず、互いに攻め滅ぼし合っていた。そのようなあたかも君主不在のような状況を、孔子が嘆いて言ったもの。しかしそれでも、蛮族は中華に劣りと言っている。

也(ヤ)

也 金文 也 字解
(金文)

論語の本章では、上の句「有君也」では「や」と読んで主格の強調”…こそは”の意に用いている。下の句「亡也」ではやはり「や」と読んで疑問・反語の意なのか、「なり」と読んで断定の意なのかはっきりしない。いずれにせよ下の句での用法は、春秋時代では確認できない。

初出は春秋時代の金文。原義は諸説あってはっきりしない。「や」と読み主語を強調する用法は、春秋中期から例があるが、「也」を句末で断定や詠歎、疑問や反語に用いるのは、戦国時代末期以降の用法で、論語の時代には存在しない。詳細は論語語釈「也」を参照。

不(フウ)

不 甲骨文 花の構造
(甲骨文)

漢文で最も多用される否定辞。初出は甲骨文。原義は花のがく。否定辞に用いるのは音を借りた派生義。「フ」は呉音、「ブ」は慣用音。詳細は論語語釈「不」を参照。

如(ジョ)→若(ジャク)

如 甲骨文 如 字解
(甲骨文)

論語の本章では”同程度になる”。初出は甲骨文。年代確実な金文は未発掘。字形は「女」+「口」。甲骨文の字形には、上下や左右に「口」+「女」と記すものもあって一定しない。原義は人の言葉に従うこと。”もしくは”の語釈は、論語先進篇26を偽作した前漢の儒者が、偽作を古くさく見せるために、「與」zi̯o(上)と書くべき所に「如」ȵi̯o(平)と記したハッタリで、こんな珍妙な語義は、同時代以降の猿真似を除けば、やはり前漢儒者による『儀礼』の「公如大夫」『書経』の「如五器」ぐらいしかない。詳細は論語語釈「如」を参照。

若 甲骨文 若 字解
(甲骨文)

定州竹簡論語の「若」の初出は甲骨文。字形はかぶり物または長い髪を伴ったしもべが上を仰ぎ受けるさまで、原義は”従う”。同じ現象を上から目線で言えば”許す”の意となる。甲骨文からその他”…のようだ”の意があるが、”若い”の語釈がいつからかは不詳。詳細は論語語釈「若」を参照。

諸(ショ)

諸 秦系戦国文字 諸 字解
(秦系戦国文字)

論語の本章では”もろもろの”。論語の時代では、まだ「者」と「諸」は分化していない。「者」の初出は西周末期の金文。現行字体の初出は秦系戦国文字。

「之於」(シヲ)と音が通じるので一字で代用した言葉とされるが、戦前日本漢文業界の根拠無き説に過ぎない。金文の字形は「言」+「者」で、”さまざまな”の意。「者」は”これ”・”…は”の意でも用いられるが、その用例は戦国時代の「中山王鼎」などで、論語の時代の語義ではない。詳細は論語語釈「諸」を参照。

夏(カ)

夏 甲骨文 夏 字解
(甲骨文)

論語の本章では”中華の国”。初出は甲骨文。甲骨文の字形は「日」”太陽”の下に目を見開いてひざまずく人「頁」で、おそらくは太陽神を祭る神殿に属する神官。甲骨文では占い師の名に用いられ、金文では人名のほか、”中華文明圏”を意味した。また戦国時代の金文では、川の名に用いた。詳細は論語語釈「夏」を参照。

亡(ボウ)

亡 甲骨文 亡 字解
(甲骨文)

論語の本章では”(君主が)いない”。初出は甲骨文。「モウ」は呉音。字形は「人」+「丨」”築地塀”で、人の視界を隔てて見えなくさせたさま。原義は”(見え)ない”。甲骨文では原義で、春秋までの金文では”忘れる”、人名に、戦国の金文では原義・”滅亡”の意に用いた。詳細は論語語釈「亡」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、後漢の王充が『論衡』に採録するまで、誰も引用していない。だが前漢宣帝期の定州竹簡論語にあり、文字史的に偽作の証拠がない上に、用法に疑問がある下の句「也」を取り去っても「亡きに如かず」と訓めて文意が成り立つし、「之」も無しで済まし得る。

子曰、「夷狄有君也、不若諸夏亡。」
子曰く、夷狄の君有る、諸夏の亡きに若か不。
先生が言った。「蛮族が実権のある族長に率いられているさまは、中華諸国の君主に実権が無い現状に、それでもなお及ばない。」

これが恐らく本章の、史実の孔子の発言ではあるまいか。ただしその場合は、下の句を疑問や反語に解せないから、文意は「蛮族は所詮蛮族だ」という、意訳甲に限られる。訳者は従来訳をなさった下村先生の誠実を疑わないが、論語の本章については誤訳と申すほかはない。

中国人と、それ以外の野蛮人との厳しい差別は、儒教的価値観が要請する根本的な感情もしくは行為であって、それは先天的に正しいとされた。孔子もその価値観を共有していたことを示すのが本章で、その差別感情には当時なりの理由があり、今日的価値観での批判はできない。

騎馬民族
孔子の住んだ中原諸国にとって、時おり襲い来る北方の狄人の脅威は抜き差しならない課題で、弟子たちが目指した当時の貴族は、まず自国の防衛を社会から期待された。つまり異民族を撃退出来ることが、社会に対して貴族の特権を主張する最大の理由だった。

例えば孔子にとって第二の故郷と言える衛国は、孔子が生まれるほぼ一世紀前、狄人の侵攻で一旦滅びた。その狄人を撃退し、衛国を再興したのは、名宰相として有名な管仲だった。だから孔子は、「管仲がいなかったら、私もみっともない蛮族に成り下がっていた」と讃えた。

詳細は論語憲問篇18を参照。だから論語の本章は、徹頭徹尾、異民族に対する孔子の差別と解さねばならない。ところが理由は不明ながら、朱子の編んだ新注では、宋の儒者がよってたかって、あらぬ方向に論語の本章の解釈をねじ曲げた。

新注『論語集注』

程子曰:「夷狄且有君長,不如諸夏之僭亂,反無上下之分也。」尹氏曰:「孔子傷時之亂而歎之也。亡,非實亡也,雖有之,不能盡其道爾。」

程伊川 尹焞
「夷狄ですら君主がいて、秩序正しく治まっている。当時の中華諸国で家老が国公の権威を犯し、文明国のはずがかえって身分秩序が崩れたようなことになっていない。」

尹焞イントン「孔子は当時の崩れた身分秩序を悲しみ、歎いたのだ。だから”夏之亡”と言ったのも、”実際に中華諸国が滅んだ”と言ったのではなく、”国はあっても、正しい秩序を通し切れない”と言ったに過ぎない。」

こう解釈するためには、論語の本章を次のようにむことになる。

夷狄だもこれ君有り、諸夏之亡ぶが若きにあらなり

中国語史から言って、「也」を断定に訓まねばならない時点で、孔子の言葉ではなくなってしまうのだが、決定的なのは「之」の解釈に困って「強調だ」と言い出したことだ。中国語の文法上、「之」は直前の動詞を強調することは出来るが、名詞を強調することは出来ない。

しかも夷狄:諸夏という対句の後に、どちらも「之」が付いているからには、前句と後句でその語義は、同じと解釈すべきである。これはどうにも、徳川家康の「国家安康」なみの無茶苦茶な読みだと言うしかない。妙な解釈を発明して、目立ちたかったのだろうか。

この手の儒者のデタラメが正しいとされ積み重なった結果、漢文にも読解の例外規定が積み重なることになり、漢文は元ネタを知っている者のみが読める暗号文と化した。それは現代に至るまで読もうとする者の迷惑であるばかりでなく、当の中国人の頭もおかしくした。

とりわけ日本においての問題は、儒者や漢学者の脳みその程度を、第三者的に検証する手段を閉ざした事だ。頭のおかしい漢学教授が馬鹿なことを言いふらしても、誰もそれが間違いだと言えず、それが世間で通るだけでなく、ついに日本人は本土決戦寸前まで追い詰められた

話を戻して国際環境的に言えば、新注の時代は論語の時代以上に、深刻な異民族問題を抱えていた。宋帝国は建国時から、北方領土の一部を異民族に占領され、契丹・女真・モンゴルと、次々と強大な異民族の軍事的脅威に押されて、とうとう滅亡することになった。

ならば一層、異民族の差別を言い出してもおかしくないのだが、ここに論語の時代と宋の時代で、貴族のありようが異なっているのが見える。いま仮に参政権のある者と貴族と呼ぶならば、宋代の儒者は試験によって貴族となり、論語の時代の卿大夫士といった階層を独占した。

つまり宋の儒者は世間に対して、自分の特権を主張するのに、試験に受かったことだけを言えばよかった。前線に出て祖国防衛に当たるのは、野蛮で卑しい軍人どもの仕事だと思っていた。もちろん范仲淹のような例外はいたが、他の九分九厘はただのワイロ取りである。

程伊川
新注に言う程子とは程頤(伊川)のことで、尹焞はその弟子だが、程頤は儒教に黒魔術を持ち込み、妄想の極みである理気論なる自然哲学の、開祖の一人となった。例えるなら秘伝のたれが入っていないと公認しないラーメンと同じで、程頤は家元として威張りたかったのだろう。

程頤の高慢ちきは医学的な精神障害と断ずるほかないほどで、科挙の最終試験に受かる前に、皇帝に説教文を送りつけた。気味悪く思った皇帝が最終試験に不合格の判をつけて仕官に失敗、のちに気の毒に思った司馬光の口利きで一時任官したが、やはりしくじる。

理由はあまりの性格の悪さで、他人を捕まえては説教ばかりしていたという。

論語の本章の野蛮人ばなしには、後日談がある。程頤や朱子が作った黒魔術=宋学があまりに流行ったため、中国では古注が一冊残らずすっかり焼けてしまった。その後紛れもない野蛮人の王朝である清帝国が成立すると、儒者は古代ばかり研究したがるようになった。

現代を研究すると、必然的に皇帝が野蛮人だと言う羽目になり、言った途端に首を刎ねられたからである。それゆえ論語への関心も高まったのだが、研究するにも古い本を片端から焼き払った後で残っていない。そんな折り、日本の栃木の山奥に、古注があるという情報が入った。

驚喜した儒者が長崎経由で取り寄せたのだが、開いて見たとたんに真っ青になった。論語の本章について、清代の儒者は新注の言う通り、「異民族の方が立派ではないか」と読んでいたのだが、古注には「蛮族どもは、所詮ケダモノ同然だ」と書いてあったからである。

日本・鵜飼文庫版『論語義疏』(→画像)

子曰夷狄之有君不如諸夏之亡也註苞氏曰諸夏中國也亡無也疏子曰至亡也此章重中國賤蠻夷也諸夏中國也亡無也言夷狄雖有君主而不及中國無君也故孫綽云諸夏有時無君道不都喪夷狄强者爲師理同禽獸也釋慧琳云有君無禮不如有禮無君也刺時季氏有君無禮也註苞氏曰諸夏中國也亡無也謂中國爲諸夏者夏大也中國禮大故謂爲夏也諸之也之語助也

鵜飼文庫版『論語義疏』 包咸
「子曰く、夷狄の君有るは、諸夏の亡きにしかざる也。」

注釈。包咸「諸夏は中国のことだ。亡きは、無い事だ。」

付け足し。皇侃「先生は無いことを記した。この章は中国を尊重し野蛮人を賤しんだのである。諸夏とは中国のことである。亡きとは無い事である。その心は、夷狄に君主がいても、君主のいない中華の国より劣りということだ。」

孫綽「中華諸国には、時には君主がいないことがある。だが文明が全て失われたわけではない。そこへ行くと夷狄は、強い者が皆の手本になる。これはトリやケダモノと同じだ。」

釋慧琳「君主がいて礼儀が無いのは、礼儀があって君主がいないのより劣っている。」

注釈。包咸「諸夏は中国のことだ。亡きは、無い事だ。」

付け足し。皇侃「中国が諸夏と呼ばれるのは、栄えて広大だからだ。中国では礼儀が盛んである。だから栄えているという。諸とは”これ”である。之とは、助辞である。」

泡を食った儒者は本屋と結託して、この部分を誤魔化して世間に広めた。清帝国は名君が続いたが、蛮族呼ばわりには神経質で、仮に皇帝が許しても、次代の皇帝が念入りに、丁寧に全身を切り刻んで回ったからだ。それゆえ清帝国公認の版本では、全然違う文字列になっている。

欽定四庫全書版『論語義疏』(→画像)

子曰夷狄之有君不如諸夏之亡也註苞氏曰諸夏中國也亡無也疏子曰至亡也此章為下僭上者發也諸夏中國也亡無也言中國所以尊於夷狄者以其名分定而上下不亂也周室既衰諸侯放恣禮樂征伐之權不復出自天子反不如夷狄之國尚有尊長統屬不至如我中國之無君也 註苞氏曰諸夏中國也 謂中國為諸夏者夏大也中國禮大故謂為夏也諸之也語助也

論語義疏 四庫全書版 古注 皇侃
「子曰く、夷狄だもこれ君有り、諸夏これ亡ぶが若きにあらざる也。」

注釈。包咸「諸夏は中国のことだ。亡きは、無い事だ。」

付け足し。皇侃「先生は無いことを記した。この章は、卑しい者が貴い者を犯しているのを告発したのだ。諸夏とは中国のことだ。亡きは、無い事だ。その心は、中国で尊重される秩序が、夷狄でもその名称通りに定まって乱れていないということだ。当時、周王朝の権威が衰え、諸侯が身勝手に振る舞い、礼儀作法や音楽や軍事の命令が、周王から出せない有様だった。これはかえって、夷狄の国で目上が尊敬されて秩序が保たれているのに比べて劣ってはいるが、我が中国に君主がいない、とまでは言えなかった。」

注釈。包咸「諸夏は中国のことだ。亡きは、無い事だ。」

付け足し。皇侃「中国が諸夏と呼ばれるのは、栄えて広大だからだ。中国では礼儀が盛んである。だから栄えているという。諸とは”これ”である。之とは、助辞である。」

というわけで論語の本章には、二種類の訓みと解釈があるわけだが、新注や欽定四庫全書の解釈を採用している本は、訳本を騙るニセモノと断じてよろしい。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 夷狄之有君、不如諸夏之亡(君)也。(『論語』八佾) 〔夷狄之君有るは、諸夏之亡きに如か不る也。〕 […]