論語詳解092里仁篇第四(26)君につかえて*

論語里仁篇(26)要約:のちに冠婚葬祭業者の大親分になった、子游の自己体験のつぶやき。主君だろうと友達だろうと、人とべたべた付き合えば、必ず面白く無い結果になる。冷たくするのもいけないが、その線引きが難しい、というお話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子游曰、「事君數、斯辱矣。朋友數、斯疏矣。」

復元白文

論語 子 金文游 金文論語 曰 金文 論語 事 金文論語 君 金文論語 責 金文 論語 斯 金文已 矣金文 論語 朋 金文論語 友 金文論語 責 金文 論語 斯 金文已 矣金文

※數→責。論語の本章は赤字が論語の時代に存在しない。本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

子游しいういはく、きみつかへてしばしばすらば、ここはづかしめあるなりともれるにしばしばすらば、ここうとんじあるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子游
子游が言った。「主君に仕えて目通りの回数が多いと、見下げられる。友人と付き合うのに会う回数が多いと、いやがられる。」

意訳

捏造とした場合

子游
游さんのお説教。「主君にも友人にも、べたべたするな。」

史実とした場合

「…數(せ)むらば…數(せ)むらば…。」(武内本に従う)

主君に仕えてガミガミ諌めると、反撃を食らって恥を掻かされる。友人と付き合ってクドクド責めると、嫌われる。

従来訳

論語 下村湖人
 子游(しゆう)がいった。――
「君主に対して忠言の度が過ぎると、きっとひどい目にあわされる。友人に対して忠告の度が過ぎると、きっとうとまれる。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子游說:「在領導面前愛嘮叨,就會自取其辱;在朋友面前愛嘮叨,就會遭到疏遠。」

中国哲学書電子化計画

子游が言った。「権力者の目の前でくどくど話したがると、すなわち自分で恥を呼ぶことになる。友人の目の前でくどくど話したがると、すなわち遠ざけられることになる。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子游(シユウ)

論語 子 金文 論語 游 金文大篆
(金文)

孔子の弟子。文学の才と礼法の実践に優れ、孔門十哲の一人。詳細は論語の人物:「言偃子游」と、論語為政篇7を参照。

數(数)

論語 数 金文 論語 算盤 数
(金文)

『大漢和辞典』の第一義は”かぞえる”。武内本は、「数は責の借字(=音が通じた転用)、他人の罪を責問する意」という。論語の本章では”しばしば”と解した。

上掲の金文は出典が不明で、書体から恐らく戦国末期と思われる。確実な初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。”しばしば”の意味でのカールグレン上古音は入声でsŭk。同音は欶(吸う・付ける・付く)のみ。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、婁(ル)・(ロウ)は、女と女とをじゅずつなぎにしたさまを示す会意文字。數は「婁(じゅずつなぎ)+攴(動詞の記号)」で、一連の順序につないでかぞえること、という。

詳細は論語語釈「数」を参照。

この字の確実な初出は戦国文字からで、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はȵi̯ukで、同音は辱を部品とする漢字群。詳細は論語語釈「辱」を参照。

「~すなわち…」「~ここに…」とよみ、「~ならば…である」「~したら…する」と訳す。前後の句をつなぐ意を示す。

この文字の初出は後戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は”うとい・まばら”の場合平声でʂi̯o。同音にその意味の漢字は存在しない。その意味での同義語である疎の字には、甲骨文・金文が存在しない。詳細は論語語釈「疏」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、恐らく戦国時代に、子游派の手によってねじ込まれたでっち上げ。ヤラセに長けた子游派は、あるいは戦国時代の諸侯国に、領民をイデオロギーでだまくらかして躾ける、「忠義」などの道具を売りつけた張本人かも知れない。

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では吉川本に、「数の字の読み方は、充分にはあきらかでないが、入声のサクの音に読むのがよろしく、煩瑣に、こせこせとすることであると思われる」とある。入声ニッショウとは、-p・-t・-kで終わる詰まった発音を言うが、入声で読んでは、こせこせの意にはならない。

漢字音韻学の第一人者だった、藤堂博士の『学研漢和大字典』を引いても、こせこせの語義での音を入声に限っていない。吉川博士がなぜにこう言い出したのかはっきりしないが、訳者としては別に音にこだわる必要を感じず、単純に”会う数が多い”と解し、上記のように訳した。

子游は弟子の中でも若いグループに属し、古典の才を孔子に認められたが(論語先進篇2)、古典の中でもとりわけ礼法に興味を持ち、深く学んだらしい。論語時代の礼法には、まだ教科書が無く、いわば孔子が生きた教科書だったが、その根拠になる故実は文字になっていた。

孔子の言う礼法は一面ハッタリで、大勢の人間を躾けるためのお作法や音楽だったが、それを好んで身につけた子游は、孔子以前の原儒の風味を多分に引き継いだ。原儒とは加地伸行説によると民間の冠婚葬祭業兼拝み屋で、実在しない霊魂をタネに客から金を得る商売だった。
論語 まじない師

要するに霊感商法である。それゆえに子游は遠隔地の代官になって、孔子が訪れた際、住民に音楽を奏でさせるというやらせを行った(論語陽貨篇)。孔子は大いに喜んだが、孔子が出る前の仁とは、こうしたやらせやハッタリで、客を喜ばせることを指したと加地説に言う。

そのように、人の心を操ることに興味を持った子游とその一派が、本章のように鋭く人間を観察して、言葉に出来るほどの結論を得たのは当然だろう。人のどこをどう突けばどう動くか、人間操縦術に長けるのは政治家にも必要だし、冠婚葬祭業者としての儒家にも必要だろう。

『論語』里仁篇おわり

お疲れ様でした。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)