『毛沢東文集』第八巻現代語訳:沖縄は日本の領土

この訳文だけでも、中国人のウソツキが分かるが、下記する最近の中国政府の言い分と照らし合わせると、「中国人は息をするようにウソをつく」と訳者が言う理由を、読者諸賢にはさらにご納得頂けると存ずる。

現代日本語訳

「中国人民は日本人民の偉大な愛国闘争を支持する」

1964年1月27日

毛沢東
日本人民は1月26日に大規模な反米デモを行った。これは偉大な愛国闘争の始まりである。私は僅かばかり中国人民を代表して、英雄的な日本人民に崇高な敬意を表する。

最近、日本全国では大規模な群衆運動が起こっている。〔米軍の〕F105型核搭載攻撃機と、核搭載潜水艦の日本配備に反対した行動である。そして日本国内の一切の米国基地の撤去と、全ての米国武装部隊の撤退を求めている。さらに日本の領土である沖縄を返還し、日米安保条約を破棄するなどを要求している。これは全日本人民の意志と願いを反映している。中国人民は心より、日本人民の正義の闘争を支持している。

日本は第二次世界大戦以降、政治・経済・軍事上で、一貫してアメリカ帝国主義の圧迫を受けている。アメリカ帝国主義は日本の労働者・農民・学生・知識人・都市の小商工店主、宗教界の指導者、中小企業経営者を圧迫しただけではなく、日本の数多くの大企業経営者を支配下に置き、日本の対外政策に干渉し、日本をまったく属国として扱っている。アメリカ帝国主義は日本民族にとって、最悪の敵に他ならない。

日本民族はそう言うにふさわしい偉大な民族である。いつまでもアメリカ帝国主義が頭上にまたがっているのを必ずや許さないだろう。ここ数年来、日本の各階級の人民がアメリカ帝国主義の侵略に反対し、圧迫と統制に対する愛国的統一戦線は絶え間なく拡大している。これが日本人民によるアメリカ帝国主義に反対する運動の勝利を、最も保証する事実である。中国人民は深く信じている。日本人民は必ずやアメリカ帝国主義者を自国の国土から追い払うことが出来るだろうし、日本人民が望む独立・民主・平和・中立は、必ずや達成できるだろう。

中国人民は必ず団結する。アジアの人民も必ず団結する。全世界の全ての抑圧された人民と民族も必ず団結する。全ての平和を愛する国家も必ず団結する。アメリカ帝国主義の侵略と統制と干渉を受け、騙された国の指導者も必ず団結する。そして広範囲な反アメリカ帝国主義戦線を結成するだろう。アメリカ帝国主義の侵略と戦争の計画を打倒し、世界の平和を守るだろう。

アメリカ帝国主義は、日本から追い払われ、西太平洋から追い払われ、アジアから追い払われ、アフリカとラテンアメリカから追い払われ、欧州とオセアニアから追い払われ、圧迫し統制し干渉し騙した一切の国から、追い払われるだろう。

1964年1月28日付け「人民日報」より転記。

付記

なお”息をするようにウソをつく”のは何も中国人だけの得意技では無く、日本人もこの点変わらない。「椿井文書」のように、カネや利権が絡めば日本人は平気でニセ文書を作った。江戸期にその作成に携わったのが儒者で、彼らにとって少なからぬ収入源になっていたと思われる。ニセ手紙と言えば毛利元就や宇喜多直家の得意技だったが、空手形になると関ヶ原直前の家康を筆頭に、戦国大名の発給する起請文でニセで無いのを探す方が苦労する。

原文

「中国人民坚决支持日本人民伟大的反美爱国斗争」

(一九六四年一月二十七日)

日本人民在一月二十六日举行的反美大示威,是一次伟大的爱国运动。我谨代表中国人民,向英勇的日本人民,致以崇高的敬意。

最近,日本全国掀起了大规模的群众运动,反对美国F——105D型核飞机和核潜艇进驻日本,要求撤除一切美国军事基地和撤走美国武装部队,要求归还日本的领土冲绳[2],要求废除日美“安全条约”[3]等等。所有这些,都反映了日本全体人民的意志和愿望。中国人民衷心地支持日本人民的正义斗争。

日本在第二次世界大战以后,在政治上、经济上、军事上一直遭受美帝国主义的压迫。美帝国主义不仅压迫日本的工人、农民、学生、知识分子、城市小资产者、宗教界人士、中小企业家,而且还控制日本的许多大企业家,干预日本的对外政策,把日本当作附庸国。美帝国主义是日本民族的最凶恶的敌人。

日本民族是一个伟大的民族。它是绝不会让美帝国主义长期骑在自己头上的。这些年来,日本各阶层人民反对美帝国主义侵略、压迫和控制的爱国统一战线不断地扩大。这是日本人民反美爱国斗争胜利的最可靠的保证。中国人民深信,日本人民一定能够把美帝国主义者从自己的国土上驱逐出去,日本人民要求独立、民主、和平、中立的愿望,一定能够实现。

中日两国人民要联合起来,亚洲各国人民要联合起来,全世界一切被压迫人民和被压迫民族要联合起来,一切爱好和平国家要联合起来,一切受美帝国主义侵略、控制、干涉和欺负的国家及人士要联合起来,结成反对美帝国主义的广泛的统一战线,挫败美国帝国主义的侵略计划和战争计划,保卫世界和平。

美帝国主义从日本滚出去,从西太平洋滚出去,从亚洲滚出去,从非洲和拉丁美洲滚出去,从欧洲和大洋洲滚出去,从一切受它侵略、控制、干涉和欺负的国家及地方滚出去!

根据一九六四年一月二十八日《人民日报》刊印。


注释
[1]这是毛泽东同日本亚非团结委员会常务理事、日中友好协会副会长、日中贸易促进会理事长铃木一雄,日本亚非团结委员会常务理事、亚洲及太平洋区域和平联络委员会副秘书长西园寺公一和日本共产党中央委员会机关报《赤旗报》驻北京记者高野好久的谈话。

[2]冲绳,即冲绳岛,是日本领土琉球群岛的主要岛屿。第二次世界大战期间于一九四五年六月为美国军队攻占。一九五一年,根据旧金山对日和约的规定,日本当局同意把冲绳交给美国托管。此后,日本人民为使冲绳归还日本进行了长期的斗争。一九七二年五月十五日,根据美、日两国政府协议,美国将冲绳的行政管理权归还日本。

[3]日美“安全条约”,即《日美共同合作和安全条约》。见本卷第93页注[3]。

訳注

http://www.mzdthought.com/html/mxzz/mzdwj/8/2005/0817/1332.htmlより引用。現在、中国共産党のサイトからは削除されている。人民日報のデータベースからも削除されている。以下はhttps://www.okinawa-seisaku.org/archives/3811に記載の画像。

毛沢東文集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)