論語詳解009学而篇第一(9)終わりを慎み

論語学而篇(9)要約:ウスノロな曽子くん、珍しくいい事を。若くて健康なら、ちょっとやそっとの無茶・乱暴はついついしてしまうもの。しかし誰にでも終わりは来るのですよと、千古普遍の真理を語った、と取れないこともない一節。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

曾子曰、「愼終追遠、民德歸厚矣。」

復元白文

論語 曽 金文論語 子 金文論語 曰 金文 論語 終 金文追 金文論語 遠 金文 論語 民 金文論語 徳 金文論語 帰 金文論語 厚 金文已 金文

※矣→已

本章は愼の字が論語の時代に遡れない。論語の本章は戦国時代以降の儒者によ捏造である。

書き下し

曾子そうしいはく、をはりつつしとほきをはば、たみとくあつきにかへたらん。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 曽子
曽子が言った。〔為政者が〕もし終わりを重大に考え、遠い時を追うなら、民の人格はきっと温厚になるだろう。

意訳

論語 曽子 ウスノロ
カシコいボクちゃんたち儒者が、この世の行いに気を付ければ、下民どもは素直でおとなしくなるのであるぞよ。

論語 曽子 ウスノロ
自分もいつか死ぬのだ。悪事を働いている場合じゃない。

従来訳

論語 下村湖人
 (そう)先生がいわれた。――
「上に立つ者が父母の葬いを鄭重にし、遠い先祖の祭りを怠らなければ、人民もおのずからその徳に化せられて、敦厚な人情風俗が一国を支配するようになるものである。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

曾子說:「認真辦理喪事、深切懷念先人,社會風氣就會歸於純樸。」

中国哲学書電子化計画

曽子が言った。「真面目に葬儀を行い、じっくりと先人について好ましい思いを致せば、社会の風潮はすぐに素直でしとやかになることができる。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

曾(曽)子

論語 曽 金文 論語 子 金文
(金文)

孔子から「ウスノロ」と評された弟子。論語の人物:曽参子輿を参照。

愼/慎

論語 慎 金文 論語 満員電車 慎
(金文)

論語の本章では”つつしむ”・”重大なこととして考える”。この文字=言葉は論語の時代に存在しない。上掲の金文は年代が不明で、おそらく「真」の金文。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、眞(シン)(=真)は、欠けめなく充実したこと。愼は「心+(音符)眞」で、心が欠けめなくすみずみまでゆきとどくこと。填(テン)(欠けめなく詰める)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「慎」を参照。

論語 終 甲骨文 論語 終 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では、”人生の終わり”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、冬(トウ)は、冬の貯蔵用の食物をぶらさげたさまを描いた象形文字。のち日印や冫印(氷)を加えて、寒い季節を示した。収穫物をいっぱいたくわえた一年のおわり。中(なかにいっぱい)・蓄(中いっぱいにたくわえる)と同系のことば。

終は「糸+(音符)冬」で、糸巻きに糸をはじめからおわりまで、いっぱい巻いて蓄えた糸の玉。最後までいきつくの意を含む。類義語の畢(ヒツ)は、ぴたりと押さえてすべてけりがつくこと。了は、余分をからげて、ひと区切りつけること、という。

詳細は論語語釈「終」を参照。

COLUMN「論語時代の文字」

以上からすると、金文が用いられた論語の時代には、冬と終はまだ文字が書き分けられていなかったと分かる。

論語 終 説文解字体 論語 終 秦篆書
「終」(『説文解字』所収書体・秦戦国文字)

論語 終 楚戦国文字 論語 終 楚戦国文字2
「終」(楚戦国文字1・2)

書き分けが確認できるのは戦国時代の秦の文字からで、同時代には南方の楚国ではまだ書き分けられていなかったり、糸の位置が違ったりした。やがて始皇帝の統一により、秦の文字が採用され、書き分けと現行の部品配置が定着した。

論語の時代、孔子や弟子たちが用いたのは、ほぼ上掲の金文に近かっただろう。秦国は中華文明圏の西の果てで、孔子の母国・魯は東方の国だからだ。また周公の末裔を誇る魯国では、文字についても保守的だったと思われる。

德/徳

論語 徳 金文 論語 孔子 TOP
(金文)

論語では通常、”好人物の性格”を意味しない。『大漢和辞典』の第一義は”心に養い身に得たるもの”。『学研漢和大字典』では”すなおな本性に基づく行い”。

論語 省 金文 論語 険しい 省
『字通』では”金文の德はもと心でなく、のちに心を加える”とし、”字は省の初文と近く、省は目に呪飾を加えて省道巡察を行う。彳は諸地を巡行する意。その威力を心的なものとして心を加え、德という。のち徳性の意となる”という。

つまり、人生経験や教養や技術に裏打ちされた、隠然とした人格的圧力=人間の機能。君子の場合は、当然武力もその背景となる。さらに人格から進んで、政治力や現世的利益「得」をも意味する。論語を読む場合、多くの儒者が誤解しているような、”人徳”ではまずあり得ない。

ただしここでは発言者が曽子であり、孔子からはっきり「薄のろ」と評された本の虫だけに、”人徳”として訳すのが妥当かもしれない。詳細は論語における「徳」を参照。

歸/帰

論語 帰 金文 論語 箒 帰
(金文)

論語の本章では”戻っていく・終わりには~になる”。

『学研漢和大字典』によると形声。𠂤(タイ)・(カイ)は土盛りの堆積したさまで、堆・塊と同じことばをあらわす音符。歸はもと「帚(ほうき)+(音符)𠂤」の形声文字。回と同系のことば。

女性がとついで箒(ほうき)を持ち家事に従事するのは、あるべきポストに落ち着いたことなので、「キ(クヰ)」といい、のち止(あし)を加えて歩いてもどることを示した。歸は「帚(ほうき)+止(あし)+(音符)𠂤」。あちこち回ったすえ、定位置にもどって落ち着くのを広く「キ」という。回・韋(イ)(回る)・囲(回る)・揆(キ)(ひと回り)などと同系のことば、という。

詳細は論語語釈「帰」を参照。

論語 厚 金文 論語 地質学者 厚
(金文)

論語の本章では”充実したさま”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、厚の原字は、高の字をさかさにした形。それに厂(がけ、つち)を加えたものが厚の字。土がぶあつくたまったがけをあらわす。上に高く出たのを高といい、下にぶあつくたまったのを厚という。基準面の下にぶあつく積もっていること。

垢(コウ)(下にたまったごみ)と同系のことば。また、后や後(いずれも基準線よりあとに、または下になる)とも縁が近い。

類義語の篤(あつい)は、念入りなこと。渥は、ねんごろなさま。淳は、真心があって、情け深い。惇は、落ち着いていて、人柄にあつみがある。敦は、ずっしりと安定している、という。

詳細は論語語釈「厚」を参照。

論語:解説・付記

従来訳の解釈は、ほぼ朱子=新注の受け売りと言っていい。

論語 朱子
慎終とは、礼法にかなった葬儀をすることだ。追遠は、誠実な祭祀を行うことだ。民徳帰厚は、下民にこのことわりを教えることを言い、そうした道徳が丁寧に行われるようになることを指している。
ところが私の感想では、人は自分の死を考えないようにして生きている。しかし我ら君子は、死を身近に捉えることが出来る。人は遠い先のことを考えないで生きている。しかし我ら君子は、それをあらかじめ考える事が出来る。
これが下民に道徳を行き渡らせる道だ。だからこの二つを考える習慣を身につけると、自分の道徳が高まる。それを教えれば、下民でさえ道徳的になるだろう。(『論語集注』)

けだし」=個人の感想では、と朱子が白状しているように、従来訳のように解釈せねばならない根拠は何もない。しかも”下民どもに我ら賢い儒者がものを教えてやる”という態度が気にくわない。だが本章に限るなら、朱子の言う通りに曽子が発言した可能性は高い。

朱子は孔子より1679年後の人物だが、論語の時代の民衆観も同じだろう。論語を読む限り孔子は民主主義者でなく、民を「教えてやる﹅﹅」のにも意欲的だった(論語子路篇9)。ただし「下民」とは決して言っていない。朱子の口吻は、儒者の高慢ちき中国史上最高潮を反映している。

朱子の生きた宋帝国では、儒学が他学派を完全に圧倒し、官僚兼政治家のほぼ全てが、儒教的知識人=儒者で占められるようになった。縁故では無く自力で這い上がってきただけに、儒者は万能感に包まれていた。ゆえに開祖の孔子をも凌ぐ、高慢ちきになるのも当然だった。


現代日本でも、心底小ばかにしつつ「コクミンのミナサマ」とか棒読みで言う役人には腹が立つが、国会で「下民」と言いでもしたら、当然当人はクビだろうし、政権そのものが倒れかねない。それに限りなく近い所だがなお踏みとどまるのが、せいぜいの良心と言うべきだろう。

朱子にはその最小限の良心すら無い。

時代が違うと言えばそれまでだが、民を保護しない政府は政府の資格が無い。これは古代も変わらない。朱子の生まれた頃の皇帝徽宗も、道楽にうつつを抜かした挙げ句に国を滅ぼしたが、最後の最後になって「ごめんなさい」と民に謝った。それも自称を「予」に格下げして。

恩倖持權,貪饕得志,縉紳賢能陷於黨籍,政事興廢拘於紀年。賦歛竭生民之財,戍役困軍旅之力。多作無益,侈靡成風。利源酤榷已盡,而牟利者尚肆誅求;諸軍衣糧不時,而冗食者坐享富貴。災異謫見而朕不悟;衆庶怨懟而朕不知。追惟己愆,悔之何及!…咨爾萬方、體予至意!


朕が気に入った者ばかりをひいきしたので、そやつ等が得たりとばかりに社会を食い荒らし、世を善導すべき儒者たちも、派閥争いばかりに身をやつした。政治は放置されてしまい、時運の上がり下がりも干支次第というありさまで、政府は何の役にも立たなかった。むごい取り立てに諸君は苦しみ、むやみにその身をこき使われたので、戦いに耐える者とてなく、国軍はガタガタになってしまった。政府のやることなすこと無駄ばかりで、そればかりか浮ついた風潮ばかりが世に流行った。社会の資源は尽き果てたのに、暴利を貪る連中がはびこって、さらなる取り立てを激しくした。それゆえ国軍には兵粮も軍衣も行き渡らず、なのに何一つしない連中ばかりがますます富み栄えた。天災人災が度々起こり、朕の目を覚まさせようとしたにもかかわらず、朕は悟らず放置した。諸君に怨まれていることすら気が付かず、ついにこの有様だ。今になってどんなに悔やもうとも、もう取り返しがつきそうにない。…ああ民百姓の諸君、どうか予(わたし)を許してくれ!(北宋徽宗「罪己詔」)

徽宗だけではない。朱子の仕えた宋の開祖趙匡胤も、主君だった高宗も、政治の不行き届きを民にわびた。それゆえだろう、北宋の滅亡を救わんと、民百姓はこぞって義勇軍に参加した。政府との信頼が徹底的に損なわれている現代中国には、あり得べからざる壮観があったのだ。

なお論語の本章は、『書経』サイ仲之命に「その初めを慎み、その終わりをおもわば、終に以てくるしまざらん」とあるパクリかもじりかも知れない。曽子は頭の回転は悪かったが、その分本は読んだと思われ、今日で言えば訳者のような私立文系バカのような人物と思われるから。

慎厥初,惟厥終,終以不困。(『書経』蔡仲之命)

ただしその「蔡仲之命」は、はるか時代が下った三国時代に、当時儒教の権威だった鄭玄をおとしめるために偽作された、いわゆる偽古文尚書と言われる。儒者が自分のメシのためには何でもする生き物という事実を、見せつけられるようで肌にアワが立つ思いがする。

それでもなお、曽子には自分で新説を立てる才はなく、孔子の教説すら表面的にしか理解できなかった。だが既存の書き物をオウム返しにするには、却ってこのような人物の方がいい。だから当時からこの一文はあって、曽子もパクリと思わず無邪気に論語に書き付けたのだろう。

論語 曽子 ウスノロ
自分もいつか死ぬのだ。悪事を働いている場合じゃない。

ゆえに意訳乙のように自分事として解したのは、むしろ曽子への好意に過ぎる訳である。論語を通読すると、孔子やその弟子たちは、民という存在を徹頭徹尾いじくる対象として捉えており、その愛護を言うのは、羊飼いが羊を可愛がるのと同じで、いわば民は経済動物だった。

それでも論語時代までの歴史をよく知る孔子は、民とは時に一揆や反乱に走り、為政者の首を落とす恐ろしいものと認識していただろう。従って民主/民本主義といった感覚は無いが、だからといって古代人の孔子を責められない。「下民」と言わない程度の良心があったからだ。

それゆえ孔子塾はどんな階層の出身だろうと、差別なしで受け入れたことが論語述而篇28から知れるし、当の孔子が庶民の中でも、最底辺の出身。その意味で孔子塾はある種のフィルターで、ここを通過すれば民=小人ではなく、貴族の一員=君子になれる中国唯一の場だった。

だが孔子は実際に司政の経験がある政治家で、くもの巣臭い書斎に引き籠もっていた曽子や朱子とは違う。為政者が立派に振る舞ったからと言って、民が感化されるなどとは期待しなかった。いくら古代人だろうと、悪事は千里を走るが善事ははかないふにゃチ○だと知っていた。
論語 士 字解 論語 士 字解

論語 孔子 居直り
君子は人の美点を言いそやす。だが凡人は人の悪口を言いはやす。(論語顔淵篇16

中国の庶民は、そんな可憐な生き物ではない。先史時代の遺蹟から、殺された女王が発掘されたことがある。その模様はあまりにむごたらしいのでここには書かない。有史以降も、民は食えなければ群がって襲いかかった。経済動物扱いの歴代政府と、ものすごく息が合っている。
論語 械闘

だから曽子はありもしないことを言っている。本気で言っているなら、頭がおかしいと言うしかない。もし気は確かで偽善を他人に押し付けているなら、とんでもない悪党と言わねばならない。お前らはおとなしく食い物にされろ、そう言い放っているに他ならないからだ。

仮に論語の本章が史実だったとして、生前は誰にも相手にされなかったのではないか。

本章の言葉は、そうした日陰者の妄想に過ぎない。その手のまちのその手の店では、ヲタの諸君が大勢集まり、楽しそうにヲタ話をしている。まことに人畜無害なけしきで結構だ。だがヲタにしか通じぬからヲタ話で、世間一般にはヨタ話だ。決して賢者の格言ではない。

それを論語業界は格言だと主張する。とても如何わしく感じる。現代中国での解釈もまた、人民純情説に立っているように、民を経済動物としかみない強固な意志が、今も業界人に根付いているらしい。だが日本は口を閉ざさぬと命が危ない国ではなく、ヨタを与太と言っていい。

なのに業界人は何を恐れているのだろう。古典の解釈は原文と、読者に誠実であるべきだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)