論語詳解013学而篇第一(13)信のただしきに*

論語学而篇(13)要約:架空の有若が、またもやお説教。当たり前の事をもったい付けて話したがるのは、自信のなさの表れでもあって。孔子先生の直弟子とされるからと言って、有り難がる必要は必ずしも無い、というお話。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

有子曰、「信近於義、言可復也。恭近於禮、遠恥辱也。因不失其親、亦可宗也。」

校訂

定州竹簡論語

(なし)


→有子曰、「信近於義、言可復也。恭近於禮、遠恥辱也。因不失其親、亦可宗也。」

復元白文(論語時代での表記)

有 金文子 金文曰 金文 信 金文幾 金文於 金文義 金文 言 金文可 金文復 金文也 金文 共 金文幾 金文於 金文礼 金文 遠 金文辱 金文也 金文 因 金文不 金文失 金文其 金文親 金文 亦 金文可 金文宗 金文也 金文

※近→幾・恭→共。本章は「恥」が論語の時代に存在しない。「信」「於」「也」「辱」「因」「其」「親」の用法に疑問がある。有若は架空の人物である。論語の本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

有子いうしいはく、まことただしきちかきは、ことのはなりゐやおきてちかきは、恥辱はづかしめとほざくなりたよるのみうちうしなるは、おほいあつまるべきなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

有若
有先生が言った。「正義に近い事実なら、言葉に出した約束は守ることが出来る。礼法にかなった恭しさは、恥から自分を遠ざける。身内の範囲で親しむなら、よりよく結束出来る。」

意訳

有若 説教
事実を言うにも正義が伴っていると、言ったことを実現しやすい。作法に従って謙虚に振る舞うと、恥ずかしい思いをしないで済む。親族の範囲で付き合うなら、内輪もめをせずに済む。

従来訳

下村湖人

有先生がいわれた。――
「約束したことが正義にかなっておれば、その約束どおりに履行出来るものだ。丁寧さが礼にかなっておれば、人に軽んぜられることはないものだ。人にたよる時に、たよるべき人物の選定を誤っていなければ、生涯その人を尊敬して行けるものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

有子說:「信譽符合道義,才能兌現諾言;恭敬符合禮法,才能遠離恥辱;任用可信賴的人,才會取得成功。」

中国哲学書電子化計画

有子が言った。「信用が道徳と一致していて、やっと約束を果たすことが出来る。敬虔が礼法と一致していて、やっと恥辱から遠ざかることが出来る。信頼の置ける人に任せて、やっと成功をつかみ取ることが出来る。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


有子(ユウシ)

有若

論語の本章では、孔子の弟子とされる架空の人物。詳細は論語の人物:有若子有を参照。

曰(エツ)

曰 甲骨文 曰 字解
(甲骨文)

論語で最も多用される、”言う”を意味する言葉。初出は甲骨文。原義は「𠙵」=「口」から声が出て来るさま。詳細は論語語釈「曰」を参照。なお「曰」を「のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間から金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。詳細は論語と日本儒教史を参照。

信(シン)

信 金文 信 字解
(金文)

論語の本章では、”他人を欺かないこと”。初出は西周末期の金文。字形は「人」+「口」で、原義は”人の言葉”だったと思われる。”信じる”・”信頼(を得る)”など「信用」系統の語義は、同音の漢字にも、論語の時代までの「信」にも確認出来ない。詳細は論語語釈「信」を参照。

近(キン)

近 秦系戦国文字 近 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”近い”。初出は楚系戦国文字。戦国文字の字形は「チャク」(辶)”みちのり”+「斤」”おの”で、「斤」は音符、全体で”道のりが近い”。同音には”ちかい”の語釈を持つ字が『大漢和辞典』にない。論語時代の置換候補は「幾」。部品の「斤」も候補に挙がるが、”ちかい”の用例が出土史料にない。詳細は論語語釈「近」を参照。

ただし本章の場合は後世の偽作が確定しており、そもそも置換候補を求める必要が無い。

於(ヨ)

烏 金文 於 字解
(金文)

論語の本章では”…に”。初出は西周早期の金文。ただし字形は「烏」。現行字体の初出は春秋中期。その鳴き声を示し、”ああ”という感嘆詞に用いられた。”…において”の用法は、春秋時代末期から見られる。おそらく現行字形の出現と共に、その語義を獲得したとみられる。「オ」は”…において”の場合の呉音。詳細は論語語釈「於」を参照。

義(ギ)

義 甲骨文 義 字解
(甲骨文)

論語の本章では”筋が通っていること”。初出は甲骨文。

青銅 我

「我」全長24.3cm・幅10.3cm・重量300g 陝西省扶風県法門郷荘白村出土 扶風県博物館蔵

字形は「羊」+「我」”ノコギリ状のほこ”で、原義は儀式に用いられた、先端に羊の角を付けた武器。春秋時代では、”格好のよい様”・”よい”を意味した。詳細は論語語釈「義」を参照。

言(ゲン)

言 甲骨文 孔子
(甲骨文)

論語の本章では”ことば”。初出は甲骨文。字形は諸説あってはっきりしない。「口」+「辛」”ハリ・ナイフ”の組み合わせに見えるが、それがなぜ”ことば”へとつながるかは分からない。原義は”言葉・話”。甲骨文で原義と祭礼名の、金文で”宴会”(伯矩鼎・西周早期)の意があるという。詳細は論語語釈「言」を参照。

可(カ)

可 甲骨文 可 字解
(甲骨文)

論語の本章では”できる”。積極的に認める意味ではない。初出は甲骨文。字形は「口」+「屈曲したかぎ型」で、原義は”やっとものを言う”こと。日本語の「よろし」にあたるが、可能”…できる”・勧誘”…のがよい”・当然”…すべきだ”・認定”…に値する”の語義もある。甲骨文で”できる”の意と地名を意味したが、”もし”の意は、戦国時代まで下る。詳細は論語語釈「可」を参照。

復(フク)

復 甲骨文 復 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”言ったことをなぞるように行う”。初出は甲骨文。ただしぎょうにんべんを欠く「复」の字形。両側に持ち手の付いた”麺棒”+「攵」”あし”で、原義は麺棒を往復させるように、元のところへ戻っていくこと。ただし本章の”繰り返す”や”覆る”の用法は、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「復」を参照。

なお武内本に、「復とはいえることをふみ行う意」とある。

也(ヤ)

也 金文 也 字解
(金文)

論語の本章では、「なり」と読んで断定の意に用いている。初出は春秋時代の金文。原義は諸説あってはっきりしない。「や」と読み主語を強調する用法は、春秋中期から例があるが、「也」を句末で断定に用いるのは、戦国時代末期以降の用法で、論語の時代には存在しない。詳細は論語語釈「也」を参照。

恭(キョウ)

恭 楚系戦国文字 恭 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”つつしみ”。初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。近音の「共」に、”謹んで従う”の用例が論語の時代までにある。「共」の初出は甲骨文。字形は「廿」”もの”+「共」+「心」で、ものを捧げるような心のさま。詳細は論語語釈「恭」を参照。

禮(レイ)

礼 甲骨文 礼 字解
(甲骨文)

論語の本章では”礼儀作法”。新字体は「礼」。しめすへんのある現行字体の初出は秦系戦国文字。無い「豊」の字の初出は甲骨文。両者は同音。現行字形は「示」+「豊」で、「示」は先祖の霊を示す位牌。「豊」はたかつきに豊かに供え物を盛ったさま。具体的には「豆」”たかつき”+「牛」+「丰」”穀物”二つで、つまり牛丼大盛りである。詳細は論語語釈「礼」を参照。

孔子の主張する「礼」は、論語の時代では、ものすごく妙ちきりんに見えて、笑いものにされたことが他学派の証言などからわかる。孔子もそれは自覚していたらしい。

孔子 不愉快
礼儀作法通りに主君に仕えると、まわりからバカにされてしまう。(論語八佾篇18

遠(エン)

遠 甲骨文 遠 字解
(甲骨文)

論語の本章では”遠ざかる”。初出は甲骨文。字形は「彳」”みち”+「袁」”遠い”で、道のりが遠いこと。「袁」の字形は手で衣を持つ姿で、それがなぜ”遠い”の意になったかは明らかでない。ただ同音の「爰」は、離れたお互いが縄を引き合う様で、”遠い”を意味しうるかも知れない。詳細は論語語釈「遠」を参照。

恥(チ)

恥 楚系戦国文字 恥 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”はずかしめ”。初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補も無い。字形は「耳」+「心」だが、「耳」に”はじる”の語義は無い。詳細は論語語釈「恥」を参照。

辱(ジョク)

辱 甲骨文 辱 字解
(甲骨文)

初出は甲骨文。甲骨文の字形は「辰」”大鎌”+「又」”手”で、原義は「くさぎる」、つまり大ガマで草を刈ること。現在ではその意味には「耨」を用いる。”はじ”の語義は春秋早期の金文からで、音を借りた転用だが、字形は「言+辱」。「辱」だけでその語義を持ったのは、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「辱」を参照。

同じく「はじ」と訓む漢字には次のようなものがある。

  1. 羞は、はじて心が縮まること。
  2. 愧は、はずかしくて心にしこりがあること。「慚愧(ザンキ)」と熟して用いる。
  3. 辱も柔らかい意を含み、はじて気おくれすること。
  4. 怍(サク)は、心中で強くはじらうこと。
  5. 忸(ジク)は、心がいじけて、きっぱりとしないこと。
  6. 恧(ジク)は、強い心でいられず、おずおずすること。
  7. 慙(ザン)は、心にじわじわと切りこまれた感じ。

因(イン)

因 甲骨文 因 字解
(甲骨文)

初出は甲骨文。カールグレン上古音はʔi̯ĕn(平)。

因 字形
甲骨文の字形は「囗」”寝床”+「大」”人”だが、異形字体に寝床が掻い巻きや寝袋になっているものがある。原義は”床に就く”。甲骨文では”南方”を意味し、金文では西周中期に接続詞”…だから”の用例がある。ただし”…によって”の用例は、戦国時代の竹簡まで時代が下る。詳細は論語語釈「因」を参照。

不(フウ)

不 甲骨文 花の構造
(甲骨文)

漢文で最も多用される否定辞。初出は甲骨文。原義は花のがく。否定辞に用いるのは音を借りた派生義。詳細は論語語釈「不」を参照。現代中国語では主に「没」(méi)が使われる。

失(シツ)

失 金文 失 字解
(金文)

初出は殷代末期の金文。同音は「室」のみ。字形は頭にかぶり物をかぶり、腰掛けた人の横姿。それがなぜ”うしなう”の意になったかは明らかでないが、「キョウ」など頭に角型のかぶり物をかぶった人の横姿は、隷属民を意味するらしく(→論語語釈「羌」)、おそらく所属する氏族を失った奴隷が原義だろう。詳細は論語語釈「失」を参照。

其(キ)

其 甲骨文 其 字解
(甲骨文)

論語の本章では”その”という指示詞。初出は甲骨文。原義は農具の。金文になってから、その下に台の形を加えた。のち音を借りて、”それ”の意をあらわすようになった。”それ・その”のような指示詞に用いられるようになったのは、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「其」を参照。

親(シン)

親 金文 親 字解
(金文)

論語の本章では、”親族”。初出は西周末期の金文。字形は「辛」”針・小刀”+「見」。おそらく筆刀を使って、目を見開いた人が自分で文字を刻む姿。金文では”みずから”の意で、”おや”・”したしむ”の語義は、論語の時代では確認できない。詳細は論語語釈「親」を参照。

論語の本章では、語順から「因」は動詞、「親」は名詞と解するしかない。

因不失其親 因るに其の親を失わざらば

従って「因」は”たよる・したしむ”、「親」は”身内”と解釈した。

亦(エキ)

亦 甲骨文 学而 亦 エキ
(甲骨文)

論語の本章では”おおいに・たいそう”。初出は甲骨文。原義は”人間の両脇”。詳細は論語語釈「亦」を参照。ただし本章は後世の創作が確定しているので、”それもまた”と解しても構わない。

宗(ソウ)

宗 甲骨文 宗 字解
(甲骨文)

論語の本章では”集まる”。初出は甲骨文。甲骨文の字形は「宀」”屋根”+「示」”先祖の位牌”。原義は一族の祖先を祀った祭殿。西周中期から、”祖先の霊”の用法があり、戦国時代の竹簡から”尊ぶ”、また地名の用例がある。詳細は論語語釈「宗」を参照。

”尊ぶ”と解釈する論語本が多い。これは儒者の受け売りで、「因不失其親=身内同士で親しく付き合うことを「亦可宗也」=大いに尊ぶ事が出来る、と解する。では儒者が何と言っているか参照してみよう(論語学而篇13注釈)。

古注

註孔安國曰因親也言所親不失其親亦可宗敬也

孔安国
孔安国曰く、宗とは尊ぶ事だ。この章は、親族と親しむことを語っている。つまり親族間の和気が失われないことこそ、尊び敬うべきことなのだ。

新注

宗,猶主也。言約信而合其宜,則言必可踐矣。致恭而中其節,則能遠恥辱矣。所依者不失其可親之人,則亦可以宗而主之矣。此言人之言行交際,皆當謹之於始而慮其所終,不然,則因仍苟且之間,將有不勝其自失之悔者矣。

朱子 新注
宗とは、お仕えするようにする、ということだ。親しむべき人と疎遠にならないよう、尊びお仕えするのだ。これは交際の要点を語っている。初めからおしまいまで、よく注意するのだ。さもないと、ほんの些細なことから、親しむべき人を失ってしまうではないか。

どちらも、注釈者の個人的信念の表明ではあっても、そう解釈する根拠を言っていない。真に受けないでいいだろう。よって”大いに集まることができる”と解した。「宗」は語源としては屋根の下の祭壇で、それを共にする”一族”、祭祀だから”尊ぶ”・”集まる”の意味が出来た。

論語:解説・付記

論語の本章は定州竹簡論語に無く、前漢の『史記』が有若の言葉として再録するまで誰も引用せず、その後劉向が『説苑』で「孔子曰、恭近於禮、遠恥辱也」を記すに止まる。『史記』と発言者が異なり、その理由をつ突き始めるとキリが無いので、紹介するに止める。

さて話の前に、すごい言葉を一つ。ノーベル物理学賞を受けた朝永振一郎博士は、「自分はなんて頭が悪いのだろう」と悩み続けたそうだ。これは、知りたいと願う人を励まし続けると同時に、そうでもない人にとって、ハッタリを言う馬鹿者どもを笑い飛ばす貴重な土台になる。

サーラ 授業
既存の論語本では吉川本に、最終句を「具体的に何を意識しているかよくわからぬ」とする。これは事実上無試験で京都帝國大學文学部に入ってしまった、吉川の頭の悪さが祟ったもので、未知の公式が要る数学の証明問題を解くたぐいの根気が無いと、漢文は読めない。

どうしたら漢文が読めますか、と問われて、訳者が中高の数学の復習を答えるのはそれゆえだ。吉川でなくとも、一般的に漢文の意味が分からない場合は、読み下しの不十分に原因がある。つまり辞書を引くのをおっくうがり、語義の順列組み合わせが済んでいない。

因不失其親、亦可宗也。インするにシンうしなわざらば、シュウなり

このような、読み下したようで音読みをそのままにして実は読み下していないのを、訳者はジョーバンキシ読みと命名した。音だけ聞いて常盤ときわ貴子たかこ氏のことだと分かるだろうか? 読み下しとは中国古文を日本古文に直す作業で、日本古文は現代日本語に直訳出来ねばならない。
常盤貴子

つまり「因」「親」「宗」の意味が分からなければ、何を言っているか分からない。本章は「有子」と架空の有若を神格化していることから、漢帝国以降の創作と思われるが、論語学而篇2と同様、本章での有若は身分秩序の大家としての役割を負わされている。

だから個人は自由に生きてはならず、祖先祭祀を共にする一族の枠=宗法に縛られるべきだ、と解釈した。前二句も、約束を守る・へりくだるという「行為」よりも、定められた正義や礼法といった”書き物・タテマエ”の方を優先する主張と解釈した。

  1. 信近於義、言可復也。
    正義に近い事実なら、言葉に出した約束は守ることが出来る。
  2. 恭近於禮、遠恥辱也。
    礼法にかなった恭しさは、恥から自分を遠ざける。
  3. 因不失其親、亦可宗也。
    身内の範囲で親しむなら、よりよく結束出来る。

つまりどんなに事実であろうとも、正義=イデオロギーに叶っていないと何の力も無く、礼儀作法も書き物通りに、そしてひたすら身内を贔屓ひいきせよ、そう宣言している。これは儒者の利益にも叶う主張で、要するにお作法の教師である我ら儒者を優遇しなさい、ということ。

だが多数派原理に基づかないイデオロギーは、緻密であるほど壮大なウソでっち上げの構築物に他ならない。

冷戦下のモスクワで、初のストリップショーを企画した男がいた。各方面にワイロを撒いて、やっと許可を取り付けた。しかし興行成績はさんざんだった。

所管の官僚「なぜだね?」と酷薄そうに責任を追及する。

企画男「はあ、さっぱり分かりません。踊り子の思想にも問題はありませんでした。みな、十月革命前からのボルシェビキから選んだのですが…。」(ソ連時代の政治小咄アネクドート

そもそも本章で有若の言う通り、「謙虚さも孔子の言う礼法に従って行」えば、「辱めを免れ」られなかったことが、論語の時代を生きた斉の宰相、晏嬰アンエイの証言によってわかる。

晏嬰
孔子とその弟子どもは、葬儀を尊びわあわあと嘘泣きし、遺族に財産をはたかせて厚く葬るので、習俗とすべきではありません。諸侯を転ばせて金をせびり取るので、国を治めさせるべきではありません。…孔子は見た目を飾り立て、上り下りの礼や作法を面倒にしましたから、世代を重ねても覚え切ることはできません。(『史記』孔子世家)

「滑稽」の語源となった発言だが、元の意味は”口が回ること”であるにしても、孔子の言う礼法は当時の常識から見て著しく珍妙だったのだ。呆れられたり笑われたりするのが当然で、もし論語の本章が史実なら、その通りに振る舞ってひどい目に遭うこと必定である。

ただし、ことが儒教が国教化された帝政期の中国だと違ってくる。珍妙な作法にも権力のお墨付きがあるから、人に笑われるどころか恐れられた。「辱めに遠ざか」って不思議は無い。何が正しいかの正義も儒教が与えたから、それに従った事実なら鬼に金棒だったろう。

「約束を守」れて当然だった。なにせ反対者の口を閉ざしたからだ。戦前の日本で胡乱な神主が恐れられたように、国教とはそういうものだ。また儒教に頼らなくとも、中国の氏族は結束が固かった。何もしない政府を上に頂いて、社会保障の一切をを引き受けていたからだ。

核融合
「因不失其親」は、その事実の反映。だから身内びいきは悪事ではなく道徳として捉えられたし、人はまるで万有引力のように一族=宗族の元に結集した。電荷なら同族は反発するが、それとは逆の現象が起きた。官職の世襲など身内びいきは、今なお中国の宿痾となっている。

ついでに言えば吉川も、息子に京大教授を世襲させている。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 攻純仁黨確:林本は「純仁の確に党するを攻む」とジョーバンキシ読みした上で、”純仁が確に味方することを攻撃した”と訳しているが、語訳ではなかろうか。蔡確を非難した呉処厚(反・蔡確)を弁護した范純仁(反・蔡確)を、蔡確の一派だと弾劾するのはおかしいと思う。 […]

  2. […] 『史記』も論語学而篇12「和をもって貴しとなす」と、論語学而篇13「信義に近からば」を有若の言葉として伝えても、本章は伝えていない(『史記』仲尼弟子列伝97)。有若の存在は前漢に知られていても、論語の第二章に据えるような大人物とは思われていなかった。 […]