論語の人物:閔損子騫(びんそん・しけん)

官職は手放さぬが身を挺して出来の悪い家族をかばった人情家の弟子

至聖先賢半身像「閔子騫」
国立故宮博物院蔵

略歴

BC536ーBC487。孔子の弟子。姓は閔、名は損、字は子騫。『史記』によれば孔子より15年少。徳行を孔子に評価され、孔門十哲の一人。

閔の字の初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はmi̯wænで、同音は存在しない。騫の字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkʰi̯anで、同音は遣など。いずれも固有名詞のため、置換候補は特定できず、かつ後世の捏造とは断定できない。

名について『字通』は次の通り言う。

孔門の閔損は字(あざな)は子騫(しけん)。騫は蹇足(けんそく)。員はもと圓(円)の初文で円鼎の意であるから、損とはその鼎足などを損する意であろう。
蹇 大漢和辞典

論語での扱い

魯国門閥家老筆頭の季氏から、その根拠地費邑の代官にと望まれたが、断ったと雍也篇にある。しかし『孔子家語』には、費の代官になったと記されている。下記の通り出来の悪い家族に囲まれたが、閔子騫の徳行で世間の悪口を防いだと論語の先進篇にいう。また魯国の宮殿改築を批判した言葉を孔子が評して、「夫人(かのお人)」と尊称しており、若いながら師から敬意を持たれていたと思われる。

他の典籍での扱い

『二十四孝』に継母とその子に虐待されたが耐えたという伝説がある。

後漢の劉向が書いた『説苑』佚文では以下の通り。

閔子騫兄弟二人,母死,其父更娶,復有二子。子騫為其父御車,失轡,父持其手,衣甚單。父則歸,呼其後母兒,持其手,衣甚厚溫,即謂其婦曰:「吾所以娶汝,乃為吾子,今汝欺我,去,無留!」子騫前曰:「母在一子單,母去四子寒。」其父默然。故曰:「孝哉閔子騫,一言其母還,再言三子溫。

閔子騫に兄弟ありて二人なり、母死してその父更にめとる。また二子あり(継母に子が二人いた。合計四人)。子騫その父のために車を御し轡(くつわ)を失う。父、子騫の手を持つに、衣はなはだ粗末なり。父すぐさま帰りて、継母とその子を呼び、それらの手を持つに、衣はなはだ厚くして暖かなり。父すぐさまその妻に曰く、われ汝(なんじ)をめとるは、すなわち子のためなるに、今汝は我をあざむけり、去りて止まるなかれ。子騫進み出て曰く、母ありて我が衣粗末なるは、母去りて四子凍えるにすぐれたり。父沈黙せり。故に孔子の曰く、孝なるかな閔子騫、一言をもってその母をかえし、また三子暖かなり。

劉向
劉向

閔子騫に兄弟が二人いた。母が死んで父は再婚した。継母に連れ子が二人いた。子は合計四人。ある日子騫は父のために車を御して轡(くつわ)を失った。父が子騫の手を持つと、衣がなはだ粗末だった。父はすぐさま帰って、継母とその子を呼び、それらの手を持つと、衣はたいそう厚くて暖かいものだった。父はその場で妻に言った。「私がお前をめとったのは、子のためなのに、今お前は私をあざむいた。すぐに出て行け。」そこへ子騫が進み出て言った。「母がいて私の衣が粗末なのは、母が去って四人の子が凍えるよりはましです。」父は黙ってしまった。だから孔子は言った。「孝行者だな、閔子騫は。たった一言で母を家に止め、また三人の子が暖く過ごせた。」(『説苑』佚文)

後漢の『漢詩外伝』では、「閔子騫はじめて孔子にまみえるに、菜色(菜食したような飢えて青白い顔色)あり。後に芻豢之色(芻豢=まぐさを食べる家畜を食べたような、血色の良い顔色)あり。子貢問うて曰く、子(あなた)は始め菜色あり、今は芻豢之色あり、何ゆえなるか。閔子曰く、われ蒹葭(ヨシの類で建てた苫屋)の中より、孔子先生の門に入るに、一門は内に切磋琢磨し、外に王道の法を述べたり。心ひそかにこれを楽しむに、出でて羽蓋(羽根で飾った王侯の車)、龍旂(龍の描かれた王侯の旗)、裘旃(皮衣と毛織物)相い従うを見る(王侯の行列を見た)。心にまたこれを楽しむ(将来はああなろうと思った)。二者は互いに胸中にせめぎ合い、是を以て菜色ある也(貧しくとも精進して自分を高めることと、出世の道とどちらがいいか迷った)。今や孔子先生の文寖深(ふかぶか)たるを被り、また諸君と切磋琢磨して学を進め、内に去就之義(立ち居振る舞い)を明らかならしめたれば、出でて羽蓋龍旂旃裘相い従うを見るも、これを視て壇土(くされ土)に思いなしたり、是を以て芻豢之色あるなり」とある。

論語での発言

1

ご家老さまが私を費邑の代官に、ですと? お使者どの、私に代わって、よくお断り下さい。再びお招きがあれば、私は汶水を渡って斉国に逃げさせて頂きます*。(雍也篇)

*ただし『孔子家語』によれば、ちゃっかり代官に収まっている。

2

お殿さまが別邸をお建てになると? もとのおやかたを改築すればよろしいのに。どこにそんな金がありますか。(先進篇)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)