論語詳解257先進篇第十一(4)孝なるかな閔子騫

論語先進篇(4)要約:孔子先生の弟子の閔子騫ビンシケンは、継母にいじめられ、あわや家族離散になりかけたところを、自分が耐えればいいのだから、と鎮めた人格者でした。その噂は世間に広がり、孝行者の模範になったのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「孝哉閔子騫。人不間於其父母昆*弟之言。」

校訂

武内本:兄、唐石経昆に作る。釈文同じ。

書き下し

いはく、かうなるかな閔子騫びんしけんひと父母ふぼ昆弟こんていことばそしらず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 褒める
先生が言った。「親孝行だなあ、閔子騫は。人はその父母兄弟の言葉に悪口を言わない。」

意訳

閔子騫は継母にいじめられたというのに、孝行を尽くしたから家族は丸く収まった。世間でも評判らしい。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「閔子騫は何という孝行者だろう。親兄弟が彼をいくらほめても、誰もそれを身びいきだと笑うものがない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 孝 金文 論語 孝
(金文)

論語の本章では”家族思い”。「好」(たいせつにする)の意味で使われており、親孝行に限っていない。『学研漢和大字典』による原義は、老人と子供の組み合わせで、年長者や祖先を大切にすること。詳細は論語語釈「孝」を参照。

論語 間 金文 論語 間
(金文)

論語の本章では”悪口”。超多義語だが、本義は”すきま”。人と人との間に隙間を作るような言葉という事。『学研漢和大字典』による原義は、門のすき間から月が見えるさま。

昆弟

論語 昆 金文 論語 弟 金文
(金文)

論語の本章では”兄弟”。『大漢和辞典』で「昆」の第一義は”おなじ・ともに”。”兄”の意がある。

論語 昆
『学研漢和大字典』によると「昆」は会意文字で、「日+比(ならぶ)」。「日+人三人」は衆の字で、昆もまた多くの者が日光のもとに並んだことを示す。まるく一群を成した仲間のことで、混(まるく一つにまとまる)・渾(コン)(まるく一つにまとまる)・群などと同系のことば。

あに。なかま。もと、なかまのこと。転じて、なかまをなす兄弟を昆といい、のち、特に兄をさす、という。

其父母昆弟之言

論語の本章を素直に読むと、人々が悪口を言わなかったのは、「閔子騫に」でもなく「その家族に」でもなく、「父母兄弟の言葉に」だった。一体どのような言葉で、どうしてそれが孔子が褒め讃えるほどの、親孝行の証拠になるのだろう?

その疑問から、「人その父母昆弟をそしるの言あらず」(人々が閔子騫の父母兄弟を悪く言う言葉は無かった)と読み替える風習が日本に出来た。主語や述語が入れ替わっても、同様に読み下し解釈するなら、漢学教授サマの言うことはごもっともだが、そうでないから始末が悪い。

これは古注の受け売り。

古注『論語義疏集解』

註陳群曰言閔子騫為人上事父母下順兄弟動靜盡善故人不得有非閒之言也疏子曰呈之言 閒猶非也昆兄也謂兄為昆昆明也尊而言之也言子騫至孝事父母兄弟盡於美善故凡人物論無有非閒之言於子騫者也故顔延之云言之無閒謂盡美也

註。陳群曰く、閔子騫の人と為りや上は父母に事え下は兄弟に順い動靜善を盡す、故に人之を非閒そしるの言有るを得不る也と言う。疏。子之を呈する言を曰う。閒は猶お非るのごとき也。昆は兄也。兄を謂いて昆と為す。昆は明也。尊び而之を言う也。子騫孝を至して父母兄弟に事え美善於盡す。故に凡そ人物は論じて子騫於非閒る之言有る者無き也と言う。故に顔延之云わく、之を言いて閒る無きを美を盡くすと謂う也と。

論語 古注 皇侃 論語 儒者
注釈。陳群「閔子騫の人柄は上は父母に仕えて下は兄弟に従い行動は善いことばかりだった。だから人は彼をそしる言葉を言うことが出来なかった。」
付け足し。孔子様は隠れた善行を褒め称えたのだ。間とは悪口を言うことだ。昆とは兄だ。兄を昆と言ったのだ。昆とは明るいことだ。尊んで兄をそう呼んだのだ。閔子騫は孝行を実践して父母兄弟に仕えて善行ばかり行った。だからその人柄は評論されても彼の悪口を言う者が居なかった、と書いてある。顔延之「悪口を言う者がいない者を、善行ばかりの人と言う。」

善行ばかりの人間などいるものか。新注はもう少し理性的になっている。

新注『論語集注』

胡氏曰:「父母兄弟稱其孝友,人皆信之無異辭者,蓋其孝友之實,有以積於中而著於外,故夫子歎而美之。」

胡氏曰く、父母兄弟其の孝友を稱え、人皆な之を信じてことばを異しむ者無し。蓋し其の孝友之實は、中於積み而外於著わるるを以いる有れば、故に夫子歎じ而之をたたう」と。

論語 胡寅
胡寅「父母兄弟が閔子騫の孝行と兄弟思いを讃えたが、人々はみなそれを信じて怪しむ者がいなかった。たぶん閔子騫の孝行とは、隠れた善行が表に現れたものだったのだろう。だから孔子先生が褒め讃えたのだ。」

文字列の読解としては新注の方に理があるが、ではなぜ家族の言葉を世間が疑わなかったのか、それが親孝行の証拠になるのかは、分からないとしか言いようが無い。下記する閔子騫の継母にいじめられ伝説も、漢代の儒者が論語の本章の解釈に困って捏造したのかも知れない。

儒者=孔子が褒めた理由が分からないと困る儒教の司祭、でもない者が、無理に分かる必要は無い。中国古典にしぶとく染みついて、洗っても洗っても落ちない、うそ・大げさ・まぎらわしい、でっち上げ・書き換え・事実隠蔽を行わなければ、食えないわけでは無いのだから。

それは漢学教授も同じで、儒者の狂信と黒魔術に、付き合う必要は無いと思うのだが。

「其」は”その”。詳細は論語語釈「其」を参照。

論語:解説・付記

意訳、または従来訳のようになったいきさつについては、論語の人物:閔損子騫を参照。

論語先進篇は、閔子騫を複数箇所で記述しており、いずれも、いみ名=本名の「閔損」ではなく敬称の「閔子騫」との記載であることから、本篇を閔子騫の弟子による編集とする説がある。閔子騫の家族に関する苦労話は、『説苑』佚文によると以下の通り。

閔子騫に兄弟が二人いた。母が死んで父は再婚した。継母に連れ子が二人いた。子は合計四人。ある日子騫は父のために車を御して轡(くつわ)を失った。父が子騫の手を持つと、衣がなはだ粗末だった。

父はすぐさま帰って、継母とその子を呼び、それらの手を持つと、衣はたいそう厚くて暖かいものだった。父はその場で妻に言った。「私がお前をめとったのは、子のためなのに、今お前は私をあざむいた。すぐに出て行け。」

そこへ子騫が進み出て言った。「母がいて私の衣が粗末なのは、母が去って四人の子が凍えるよりはましです。」父は黙ってしまった。だから孔子は言った。「孝行者だな、閔子騫は。たった一言で母を家に止め、また三人の子が暖く過ごせた。」

なお論語の本章が孔子の肉声かどうか、判断が難しい。武内義雄『論語之研究』によると、この論語先進篇は、斉で活躍した子貢派の手による編集とされる。しかしその古い斉伝論語(≠斉論語)の言葉がそのまま伝えられたとは限らないし、上掲の「閔子騫」という表記もある。

短い章であることから、訳者としては孔子の言葉だと思いたい所だが、決めかねている。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)