論語の人物:宰予子我(さいよ・しが)

合理主義で孔子一門を陰で支えた謎多き悲劇の弟子

至聖先賢半身像「宰我」
国立故宮博物院蔵

略歴

生没年未詳。姓は宰、名は予、字は子我。ゆえに宰我とも呼ばれる。『孔子家語』によると魯国出身。弁舌(言語)の才で孔子に評価され、孔門十哲の一人。実利を重んじて礼法や道徳を軽視したため、たびたび孔子から批判されている、と一般に言われる。とりわけ昼寝をして孔子から激しく叱責された話は、その筋では有名になっている。

しかし、同時代人にしては極めて合理的で、理知的でもあったことから、いわば孔子一門から「浮いてしまった」逸材であったと解することも出来る。孔子の諸国放浪にも同行しているから、ただの本の虫ではありえない。しかも子貢と並んで弁説の才を褒められながら、遊説話が論語になく、他の史料もほとんど沈黙している。

下記する、事実が疑われる話の他は、官界での出世話や自分の学派を残した記録もない。当時南方の楚国にまで名を知られた才子なのに、一体どんな活動をしたのだろう。このように、孔門十哲ではとりわけ謎の多い人物である。

想像するに宰我は、革命政党としての孔子一門の暗黒面、地下活動やウラ工作を担っていたのでは。だから事情を知っている子貢のような者は沈黙し、知らない曽子有若は、叱られた話だけ大げさに取り上げて、合理的でウマが合わない宰予をけなして、得意がったのだろう。

つまり宰我は、「陽の当たらない子貢」だったのでは。

それなら昼寝も理解できる。つまり「お前が昼寝すると、夜中に何してたのかと、何も知らん弟子や世間が疑うだろうが!」ということである。丁度日本で豊臣秀吉が黒田如水と茶室に入り、「俺とお前がサシで会うと、世間はどんな陰謀かと騒ぐだろう。茶会と言えば安心するだろうが!」と言ったようなものだ。

論語での扱い

全部で五ヶ章にしか登場せず、孔門十哲を挙げた先進篇以外の四ヶ章は、全て礼法や道徳を軽視した宰我と、それを批判する孔子の組み合わせになっている。

他の典籍での扱い

先秦両漢(=古代)までの史料では、儒教関係に論語に記されない孔子との問答が記されている。ただそもそも数が少ない上に、その多くは論語の焼き直しのような話で、宰我の新たな側面を伝えていない。『大載礼記』五帝徳より一例のみ引く。

宰我問於孔子曰:「昔者予聞諸榮伊,言黃帝三百年。請問黃帝者人邪?亦非人邪?何以至於三百年乎?」孔子曰:「予!禹、湯、文、武、成王、周公,可勝觀也!夫黃帝尚矣,女何以為?先生難言之」宰我曰:「上世之傳,隱微之說,卒業之辨,闇昏忽之,意非君子之道也,則予之問也固矣。」

宰我孔子に問うて曰く、昔、予は榮伊にこれを聞きたり。黃帝は三百年と言うと。請い問う、黃帝は人か、はた人にあらざるか。何を以て三百年に至るかと。孔子曰く、予よ、禹、湯、文、武、成王、周公、勝(あ)げて観る可き也。夫(そ)れ黃帝は尚(とうと)き矣(なり)、女(なんじ)何を以て為さんとするか。先生(センジョウ)之を言い難きなりと。宰我曰く、上世の伝え、隱微の說、卒業の弁(はなし)、闇昏(アンコン)之を忽(たちまち)になし、意は君子の道にあらざる也、則ち予の問いや、固(かたくな)矣と。

論語 宰我 宰予 論語 孔子 激怒
宰我「昔、栄伊どのに聞いたのですが、黄帝の寿命は三百歳だったそうですね。ということはあれですか、黄帝は人でなくて、何かバケモノのたぐいですか。そうでないなら、どうやって三百まで生きたのですか。」

孔子「宰予よ、禹・湯・文・武・成王・周公なら、ひとつふたつと業績を数え上げて人物像を語れる。しかし黄帝はあまりに貴い。そんなことは知っておろうが。お前は一体何を言いたいのだ? バチ当たりめ。我らのご先祖様も、黄帝については憚って言わなかったんだぞ。」

宰我「ははあ、神代の話、大人の事情の隠し事、昔の人は偉かった式のお説教というのは、やはりでっち上げが付きものなのですな。君子たる者、笑い飛ばして済ますべきでした。こりゃ失礼しました、またつまらないことを尋ねてしまいました。」

その他、「鬼神の名は知っていますが正体が分かりません」と問うたり、しつこく孔子に太古の聖王伝説を聞きただす役として宰我は登場する。ただし聖王と言っても、堯の字は甲骨文からあるが舜は戦国時代以降にしか現れないから、全ては作り話。

また宰我は『史記』によると斉国に仕えたが、BC481年の田恒の乱に巻き込まれ、一族皆殺しにされたという。『説苑』もこの説を取っているが、『左伝』にはその人物を子我と書いてあり、宰予・子我であるとは断定しがたい。

戦国時代に儒家を再興した孟子は、宰我を子貢と並んで、孔子の偉さが分かる程度の小ヂエしか無い奴、とけなした(『孟子』公孫丑上)。孔子の直弟子だったかも怪しい曽子の系統を引く孟子は、自分の正当性・正統性を言うためにけなしているだけ。従って『孟子』に収録された、宰我が孔子を「尭舜の偉さにはとても及ばない」という話は、でっち上げである。

論語での発言

1

鎮守の森に、夏王朝ではマツを植えました。殷王朝ではヒノキを植えました。我が周ではクリを植えることになっています。民をビックリさせるんですねえ。(八佾篇)

2

それでは我らが目指すべき仁者さまというのは、「人が井戸に落ちた!」と叫べば、のこのこやってきて井戸に入るような、マヌケ者ですな。(雍也篇)

3

親の喪中が三年とは、長すぎますよ。その間稽古しないままでは、礼法も音楽も忘れてしまいます。穀物だって一年で古びます。その一年で十分では?(陽貨篇)

論語での記述

  1. 哀公問社於宰我。宰我對曰、「夏后氏以松、殷人以柏、周人以栗。曰、『使民戰栗。』子聞之、曰、「成事不說、遂事不諫、既往不咎。」(八佾篇)
  2. 宰予晝寢。子曰、「朽木不可雕也、糞土之牆、不可杇也。於予與何誅。」子曰、「始吾於人也、聽其言而信其行。今吾於人也、聽其言而觀其行。於予與改是。」(公冶長篇)
  3. 宰我問曰、「仁者雖吿之曰、『井有仁焉。』其從之也。」子曰、「何爲其然也。君子可逝也、不可陷也。可欺也、不可罔也。」(雍也篇)
  4. 子曰、「從我於陳蔡者、皆不及門也。」德行、顏淵、閔子騫、冉伯牛、仲弓。言語、宰我、子貢。政事、冉有、季路。文學、子游、子夏。(先進篇)
  5. 宰我問、「三年之喪、期已久矣。君子三年不爲禮、禮必壞。三年不爲樂、樂必崩。舊穀既沒、新穀既升、鑽燧改火、期可已矣。」子曰、「食夫稻、衣夫錦、於女安乎。」曰、「安。」「女安、則爲之。夫君子之居喪、食旨不甘、聞樂不樂、居處不安、故不爲也。今女安、則爲之。」宰我出。子曰、「予之不仁也。子生三年、然後免於父母之懷。夫三年之喪、天下之通喪也。予也、有三年之愛於其父母乎。」(陽貨篇)

論語の人物・付記

『史記』孔子世家

昭王將以書社地七百里封孔子。楚令尹子西曰:「王之使使諸侯有如子貢者乎?」曰:「無有。」「王之輔相有如顏回者乎?」曰:「無有。」「王之將率有如子路者乎?」曰:「無有。」「王之官尹有如宰予者乎?」曰:「無有。」「且楚之祖封於周,號為子男五十里。今孔丘述三五之法,明周召之業,王若用之,則楚安得世世堂堂方數千里乎?夫文王在豐,武王在鎬,百里之君卒王天下。今孔丘得據土壤,賢弟子為佐,非楚之福也。」昭王乃止。其秋,楚昭王卒于城父。

訳は論語詳解・雍也篇(26)を参照。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 宰我:後世、弁説を評価された孔子の弟子。詳細は論語の人物・宰予子我を参照。 […]

  2. […] このころ、初期の弟子を取る。魯に来た斉の景公と問答。弟子の冉雍ゼンヨウ、冉求ゼンキュウ、宰我生まれる […]