論語の人物:冉耕伯牛(ぜんこう・はくぎゅう)

伝染病に倒れた最も初期の弟子

至聖先賢半身像「冉伯牛」
国立故宮博物院蔵

略歴

生没年未詳だが、BC544-?とwikipediaにある。典拠不明ながら、そうなると孔子より7年少。姓は冉、名は耕、字は伯牛。『孔子家語』によれば魯国出身で、冉雍仲弓冉求子有とは同族という。また冉有とその名を記しているので、冉求子有と紛らわしい。論語では単に伯牛とも記載される。徳行を孔子に評価され、孔門十哲の一人。おそらくは伝染病により、孔子より先に世を去ったと思われる。

論語での扱い

論語の記載は二ヶ所で、孔門十哲に関する記述(先進篇)と、冉伯牛が伝染病にかかり、窓越しに孔子が見舞った(雍也第六)記述がある。

他の典籍での扱い

『史記』『孔子家語』『論衡』『中論』などに記載があるが、論語以上の情報は記されていない。

論語での記述

  1. 伯牛有疾、子問之、自牖執其手、曰、「亡之、命矣夫。斯人也、而有斯疾也。斯人也、而有斯疾也。」
  2. 子曰、「從我於陳蔡者、皆不及門也。德行、顏淵、閔子騫、冉伯牛、仲弓。言語、宰我、子貢。政事、冉有、季路。文學、子游、子夏。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)