論語の人物:冉雍仲弓(ぜんよう・ちゅうきゅう)

君主に据えてもいいとまで言われた高徳の弟子

至聖先賢半身像「冉雍」 国立故宮博物院蔵

略歴

生没年未詳。姓は冉、名は雍、字は仲弓。孔子からは「君主に据えてもいいほどだ」と雍也篇に記された。子からは徳行を評価され、孔門十哲の一人(孔門十哲の謎)。『孔子家語』七十二弟子解によれば、冉耕伯牛冉求子有とは同族で、父親は出来の悪い人だったという。

冉雍の属する冉一族は、おそらく孔子の時代に勃興した新興氏族で、その長老である冉耕伯牛が孔子の人となりを見定めた後で、一族の素質に優れた若者として冉雍と冉求(子有)を入門させた。のち冉雍と冉求は季孫家の家宰となり、冉求は孔子の帰国運動に一役買っている。

詳細は侮りがたい冉氏一族を参照。

主要弟子の中で目立つ点は、同族の長老冉耕伯牛と同じく、あざ名に「子」が付かず「仲弓」であることで、「仲」とは次男を意味する。年長から「伯仲叔季」の順に呼ぶ習いだが、これを排行といい、二人の他には仲由子路のまた一つのあざ名として、「季路」があるのみ。

「子○」式のあざ名と比べ、仲弓は”次男坊のキュウ”という意味で、若干軽い扱いであると同時に、若干親しみを増した呼び名でもある。「弓」のカールグレン上古音はki̯ŭŋ(平)で、同族の冉求と日本語音は同じだが、「求」のカールグレン上古音はɡʰ(平)でかなり異なる。

いみ名の雍のカールグレン上古音はʔi̯uŋ(平/去)、ʔは咳の音に近い。いみ名とあざ名が対応する論語の時代の通例として、音に共通性があるのは頷ける。「雍」は”やわらぐ”こと「弓」は”ゆみ”だが、春秋時代では何らかの語義の共有があったと思われる。

論語での扱い

論語雍也篇第六(6)によれば、生まれの身分が低かったと思われる。また魯国筆頭家老家の季氏に、執事として仕えた事が論語子路篇(2)に見える。

他の典籍での扱い

『後漢書』肅宗孝章帝紀によれば、『論語』と同じく魯国門閥三家老家筆頭の季氏に仕えたという。『孔子家語』弟子行・『大戴禮記』衛將軍文子によれば、「貧しきこと客(放浪者)の如く、その臣を使うこと借りるが如く(使用人を優しく取り扱っていじめなかった)、怒りを移さず(八つ当たりしなかった)、怨みを探さず、旧罪を記さざる(他人の悪行をすぐに忘れた)は、これ冉雍の行い也」という。

論語での発言

1

先生は、子桑伯子どのが大らかであるとご教示下さいましたが、かのお人は、縮むような敬いの心を秘めた上で、あえて大らかな態度で民の前に出る。大変よろしいのではないですか。心も態度も大らかでは、ただの不真面目になりませんか。(雍也篇)



広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする