論語詳解059八佾篇第三(19)君、臣を使い

論語八佾篇(19)要約:殿様に君臣の道を問われた孔子先生。互いの真心がその心だと答えます。殿様をバカにする家臣も良くなければ、家臣をむやみに罰する殿様もいけません。その底にある相互不信を、先生は解こうとしたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

定公問、「君使臣、臣事君、如之何。」孔子對曰、「君使臣以禮、臣事君以忠。」

復元白文

論語 定 金文論語 公 金文論語 問 金文 論語 君 金文論語 使 金文論語 臣 金文 論語 臣 金文論語 事 金文論語 君 金文 如 金文之 金文論語 何 金文 論語 孔 金文論語 子 金文論語 対 金文論語 曰 金文 論語 君 金文論語 使 金文論語 臣 金文㠯 以 金文論語 礼 金文 論語 臣 金文論語 事 金文論語 君 金文㠯 以 金文論語 中 金文

※忠→中。論語の本章は、「忠」が忠義の意味ならば、戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

定公ていこうふ、きみおみ使つかひ、おみきみつかふる、これ如何いかん孔子こうしこたへていはく、きみおみ使つかふにれいもちゐ、おみきみつかふるにまごころもちふ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 定公
定公が問うた。「君主が臣下を使い、臣下が君主に仕えるには、どうすればいいか。」孔子が答えて言った。「君主は臣下を使うに当たって礼法に従い、臣下が君主に仕えるに当たっては真心に従うことです。」

意訳

論語 孔子 熱
家臣を礼法に従って鄭重に使いなされ。勝手気ままにコキ使うと、殿をだまそうと致しますぞ。

従来訳

論語 下村湖人
 定公(ていこう)がたずねられた。――
「君主が臣下を使う道、臣下が君主に仕える道についてききたいものだ。」
 先師がこたえられた。――
「君主が臣下を使う道は礼の一語につきます。臣下が君主に仕える道は忠の一語につきます。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

定公問:「上級怎樣對待下級?下級怎樣對待上級?」孔子答:「上級尊重下級,下級忠於上級。」

中国哲学書電子化計画

定公が問うた。「上司はどのように部下を扱うべきか? 部下はどのように上司を扱うべきか?」孔子が言った。「上司は部下を尊重し、部下は上司に忠義を尽くすべきです。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

定公

論語 定 金文 論語 公 金文
(金文)

論語では、孔子が仕えた魯国公。?ーBC495。魯の第26代君主。名は宋。襄公の子で昭公の弟。家老の闘鶏が元になったいさかいで、国外逃亡した昭公が晋の乾侯で客死すると、その後を受けて魯国の君主となった。

在位15年。 定公の時代の魯では陽虎が実権を握ったが、その後、三桓氏を排除しようとして失敗し、陽虎は最終的に晋の趙鞅(趙簡子)のもとへ出奔した。

おそらく孟氏の推薦を受けて、孔子を中都の宰(市長)に任命し、次いで大司冦(最高法官)に任じた。陝谷の会盟で斉の捕虜になりかけたが、孔子の機転で難を逃れた。その報償として孔子を宰相格に据えたが、斉の送った女楽団にふぬけ、孔子を遠ざけたと言われる。

論語 君 金文 論語 君主
(金文)

論語の本章では”君主”。

使

論語 使 金文 論語 仕 事 使
(金文)

論語の本章では”雇用して仕事をさせる”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、吏は、手に記録用の竹を入れた筒をしっかり持った姿を示す。役目をきちんと処理する役人のこと。整理の理と同系のことば。使は「人+吏」で、仕事に奉仕する人を示す。公用や身分の高い人の用事のために仕えるの意を含む。

また、他動詞に転じて、つかう、使役するの意に専用されるようになった。仕・事と同系のことば、という。詳細は論語語釈「使」を参照。

論語 臣 金文 論語 怨 臣
(金文)

論語の本章では”家臣”。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、下に伏せてうつむいた目を描いたもので、身をかたくこわばらせて平伏するどれい。臥(ガ)(ふせる)や臨(下をみる)に含まれる。上古にはギンと読み、緊(キン)(かたくしめる)・堅(ケン)(かたい)などと同系のことば、という。

論語 事 金文 論語 介護 事
(金文)

論語の本章では”仕える・奉仕する”。

如之何

論語 如 睡虎地秦墓竹簡 論語 如 字解
「如」(秦系戦国文字)

論語の本章では、”これをどうするか”。目的語の「之」が「如何」(いかん)の間に挟まった形。「如何」と「何如」は受験生の悩みの種だが、漢文は主語が前に、述語が後ろに来るという原則を覚えておけば済む。

如何之。 これを何の如くするか→これをどうするか(主語無し)
何如之。 何がこれの如きか→何に似ているか(主語は何)

「如」の原義は『字通』によると祝詞を前にして神に祈る姿。

禮(礼)

論語 礼 金文 論語 饌 礼
(金文)

論語では、孔子の夢想した仁フィギュア趣味のスペック。文字の原義はたかつきに盛ったお供え。詳細は論語における「礼」を参照。

論語 忠 金文 論語 ピーマン肉詰め 忠
(金文)

論語の本章では、”忠義”。原義は中身が充実していること。この言葉が出来たのは、春秋諸侯国の戦争が激化し、互いの潰し合いになった戦国時代になって、軍国主義を強化するため。つまり論語の時代に存在しない。詳細は論語語釈「忠」を参照。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
訳者は意図していなかったが、既存の論語本では吉川本によると、君主が礼に従って家臣を扱うと、家臣はまごころを抱く、と因果関係に解釈したのは、荻生徂徠だという。

本章が史実だとして、訳者は論語の本章に、孔子の無私を見ず、むしろ定公を取り込もうとする私心を見る。

臣→君の関係が忠ならば、どう仕えようが臣次第なのに比べ、君→臣が礼に拠るなら、その礼を知っているのは孔子だけだから、つまりは定公に、全面的に自分に従えと言っている。そしてその主張は、礼法を独占する後世の儒者にとっても、意見はまったく同じだった。

放浪して苦労する前の孔子は、自分の正しさを信じて疑わない人で、それゆえに厳罰主義で魯国を治めて、住民の口を封じた(『史記』孔子世家)。門閥家老家の根城を壊して回ったのも、礼=自分の好みに合わなかったからだ。しかし国防に必要と反対され、結局失敗。

自分を信じて疑わない理想主義者はテロリストも同じで、ジュネーブでむやみに処刑を行ったカルヴァンの類。現代人でも納得する論語の言葉は、多くが孔子晩年の言葉で、苦労を経て孔子は成長したのだ。「自分と違う正義を非難しても、意味がない」と(論語為政篇16)。

生涯成長をやめなかったことが、むしろ孔子の偉さと言っていい。

論語 カルヴァン

ジャン・カルヴァン1509年-1564年。宗教改革者の一人で、ジュネーブで神権政治を布き、教義に反する住民ばかりでなく旅行者まで処刑した。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)