『史記』現代語訳:貨殖列伝・子貢(子贛)

論語時代史料:『史記』原文-書き下し-現代日本語訳

子贛既學於仲尼,退而仕於衛,廢著鬻財於曹、魯之閒,七十子之徒,賜最為饒益。原憲不厭糟糠,匿於窮巷。子貢結駟連騎,束帛之幣以聘享諸侯,所至,國君無不分庭與之抗禮。夫使孔子名布揚於天下者,子貢先後之也。此所謂得埶而益彰者乎?
子贛、既に仲尼に学び、退きて衛に仕う。鬻ぎたる財を曹・魯之間に廃つること著し。七十子之徒にありて、賜は最も饒(と)み益(ま)せりと為る。原憲は糟糠を厭わず、匿れて巷に窮しむに、子貢結うに駟つたりの騎を連ね、束帛之幣は以て諸侯に聘(まね)かれ享(う)く。至る所、国君の庭を之と分かち、抗禮せ不るもの無し。夫れ孔子を使て名を天下に布き揚ぐらしむる者は、子貢之を先後とする也。此れ所謂(いわゆる)埶(いきお)いを得て益(ますます)彰かなる者か。

子贛*は孔子塾を卒業して、衛国に仕えた。稼いだ財産を曹国や魯国あたりでおびただしくバラ撒いた。六芸を学び終えた高弟七十人の中で、子貢は最も富み栄えた。原憲が穀物のくずやぬかを美味しそうに食べて暮らす一方で、子貢は四頭立ての馬車を乗り回し、諸侯から招かれて雨あられと褒美を貰った。子貢の行く所、諸侯は政治を子貢に分担させただけでなく、対等の礼を認めない者はなかった。そもそも孔子が天下に有名になったのも、子貢から始まったことである。こういう人を、いわゆる時流に乗ってますます有名になる人、というのだろうか。

*子贛=同音同義の「子貢」。ただし「贛」には「貢」にはない、”おろか”の意がある。詳細は論語の人物:端木賜子貢を参照。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする