論語詳解182述而篇第七(35)奢らば則ち不遜°

論語述而篇(35)要約:運不運はまさに時の運。運のいい時には図々しくなりがちだから、不運の方がまだまし、という孔子先生の自分語り。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「奢則不孫*、儉則固。與其不孫*也、甯固。」

校訂

武内本

遜、唐石経孫に作る。

定州竹簡論語

……曰:「奢則不孫a,儉則固。□□不孫也,寧固。」187

  1. 孫、皇本作「遜」。『釋文』云「不孫、音遜」。

→子曰、「奢則不孫、儉則固。與其不孫也、甯固。」

復元白文

子 金文曰 金文 論語 奢 金文則 金文不 金文論語 孫 金文 僉 金文則 金文股 金文 与 金文其 金文不 金文論語 孫 金文也 金文 論語 寧 金文股 金文

※儉→僉・固→股・甯→寧。

書き下し

いはく、おごらばすなは不遜ふそんまばすなはかたくななり。不遜ふそんなるむしかたくななれ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 ぼんやり
先生が言った。「順境の時はふてぶてしくなり、逆境の時はかたくなになる。ふてぶてしいよりはかたくなの方がいい。」

意訳

長者は威張っているのが普通で、貧乏人はツンケンしているのが普通だ。(役人や儒者が)ツンケンしているのにも、それなりの道理があるのじゃぞよ。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「ぜいたくな人は不遜になりがちだし、儉約な人は窮屈になりがちだが、どちらを選ぶかというと、不遜であるよりは、まだしも窮屈な方がいい。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「奢侈就會驕狂,節約就會寒酸,與其驕狂,寧可寒酸。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「贅沢すれば威張り返った馬鹿になるに決まっているし、節約すれば貧乏たらしくなるに決まっている。威張り返った馬鹿になるより、むしろ貧乏たらしい方がいい。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


奢(シャ)

論語 奢 金文 論語 奢
(金文)

論語の本章では”贅沢・高ぶる”。『大漢和辞典』の第一義は”張る”。『学研漢和大字典』による原義は”おおげさに充実し過ぎること”。詳細は論語語釈「奢」を参照。

孫→遜(→孫)

論語 孫 金文 論語 孫
「孫」(金文)

論語の本章では、「遜」に音が通じて”ゆずる”。

「遜」の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。結局唐石経に戻って、カールグレン上古音swənを共有する「孫」が論言時代の置換候補。詳細は論語語釈「孫」を参照。

儉(倹)

論語 倹 金文大篆 論語 倹
(金文大篆)

論語の本章では”つつましい”。この文字の初出は秦帝国期の金文大篆で、論語の当時は「剣」「険」などと共に「僉」と書かれていたと考えられる。詳細は論語語釈「倹」を参照。

論語 固 金文 論語 固
(金文)

論語の本章では、閉じこもったように”かたい”。戦国時代末期の金文が初出で、論語の時代に遡れない。「瞽」”目が見えない”と音通するが、論語の本章をそう解していいかは微妙。音と語義を「股」が共有する。詳細は論語語釈「固」を参照。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、古は、かたくひからびた頭蓋骨(ズガイコツ)を描いた象形文字。固は「囗(かこい)+(音符)古」で、周囲からかっちりと囲まれて動きのとれないこと。枯(かたく乾いた木)・各(かたくつかえる石)・個(かたい物)などと同系のことば、という。

既存の論語本では吉川本で、古注・新注を引いて、「固」を「いやし」と読み、”礼の生活水準に達しない”と解する。

甯(ネイ)

論語 甯 金文大篆 論語 甯
(金文大篆)

論語の本章では「寧」に音が通じて”~よりはむしろ”。初出は後漢の『説文解字』で、カールグレン上古音は不明だが、藤堂音では寧と同音neŋで、”やすい・むしろ”の意で音通する。

『学研漢和大字典』によると形声文字で、「用+(音符)寧(ネイ)の略体」。副詞としては”むしろ”。二つのもののうち、一方を選ぶ、また、片方になることを願うの意をあらわすことば。いっそのこと。▽訓の「むしろ」は、「もし(若し)+ろ(接尾語)」からできたことば、という。詳細は論語語釈「甯」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、曽子一派による子貢一派への論難とも解釈出来る章で、論語時代を代表するアキンドだった子貢の一派と比べ、曽子一派は頭と人の出来が悪かったから、就職にずいぶん苦労したらしい。曽子はついに仕官できず、晩年食うに困って、兄弟弟子を巡回している。

論語 曽子 論語 子貢
曽子派と子貢派はまるで水と油で、実務能力に大幅な差があるほか、学問的にも差があった。心情的には曽子に近い子夏が、わざわざ遠い北方の魏国にまで出向いて塾を開いたのは、曽子とその一派の、あまりの頭の悪さと人の悪さにうんざりしたとしか考えられない。

孔子の孫というご本尊を抱えつつ、魯国で頑張っていた曽子一派だが、当然生活には困窮しただろうし、官途以外の道で食うしかなかった。それゆえに孔子の神格化を図ったのであり、冠婚葬祭を大げさに行ってお布施を吊り上げ、行ったことは現代の新興宗教と変わらない。

しかし彼らは思っただろう。「何で我らばかりがこんなに困窮するのか! みじめすぎる!」と。孔子の放浪に従った子貢たちなら、「君子もとより窮す。小人窮すればすなわち乱る」(論語衛霊公篇1)との苦労と説諭を経験しているから、何のこともなかっただろう。

ところが弟子の多くは、官途を目当てに入門したのであって、しかも孔子没後は在世当時のように、孔子が就職の口利きをしてくれるでもない。頭領の曽子が浪人であるからには、官界へのつてがなかったのである。本章のようにつぶやいて、自らを慰めるしかなかっただろう。

論語の前半にこれでもかと曽子の自己宣伝が載り、子貢や宰我が叱られた話を載せているのは、その恨み妬みが積み重なったもので、決して孔子の本意ではない。本章の言葉を孔子は言ったかも知れないが、貧乏推奨の言葉ではなく、ましてかたくなを勧めたわけではない。

それは論語の次章を見れば明らかだろうが、ついでに儒者の御託を記しておく。

古注『論語集解義疏』

子曰奢則不遜儉則固與其不遜也寜固註孔安國曰俱失之也奢不如儉奢則僭上儉則不及禮耳固陋也疏子曰至寜固 云奢則不遜儉則固者不遜者僭濫不恭之謂也固陋也人若奢華則僭濫不恭若儉約則固陋不及禮也云與其不遜也寜固者二事乃俱為失若不遜陵物物必害之傾覆之期俄頃可待若止復固陋誠為不逮而物所不侵故與其不遜寜為固陋也

本文「子曰奢則不遜儉則固與其不遜也寜固」。
注釈。孔安国「両方共にダメということである。思い上がれば慎みが無いし、目上を馬鹿にする。だが慎みすぎると礼法に外れる。固とは、卑しいということだ。」

付け足し。先生はどちらかなら頑固である方がよい極致を言った。「奢則不遜儉則固者不遜」とは、目上をバカにしやりたい放題で腰の低さが無いことを言う。固とは卑しいことである。人がもし思い上がると、必ず目上を馬鹿にしやりたい放題して腰が低くなくなる。もし困窮すると、卑しくなって礼法に外れるようなこともする。「與其不遜也寜固」とは、両方ともダメではあるが、思い上がると何事にも高をくくるようになり、その結果必ずしっぺ返しを受ける。その時はいきなりやって来るぞという警告である。もし思い上がらず却って頑固で卑しくなっても、本当に物事に対して高をくくらないでいれば、しっぺ返しがない。だから思い上がるよりは、頑固で卑しい方が良い、というのである。

新注『論語集注』

孫,去聲。孫,順也。固,陋也。奢儉俱失中,而奢之害大。晁氏曰:「不得已而救時之弊也。」

孫の字は尻下がりに読む。孫とは従うことである。固とは卑しいことを言う。思い上がりも堅苦しさも、どちらも偏ってダメではあるが、思い上がった方が害が大きい。

晁説之「当時の乱れた世相に、やむを得ず言った言葉である。」

晁説之→Wikipedia

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)