論語詳解168述而篇第七(21)三人行かば必ず*

論語述而篇(21)要約:教師と反面教師はどこにでも居る。賢い人に会ったら真似をしろ。バカに会ったら真似するな、と従来読まれてきたこの章。しかし世の中、愚か者はどこにでもいますが、優れ者はなかなかいないもので…。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「*三人行、必有*我師焉。擇其善者而從之。其不善者而改之。」

校訂

武内本

三の上に我の字を補う。釋文云、一本我の字なく、得を有に作る。疏本は一本に同じく、此本(=清家本)及唐石経は釋文に同じ。

定州竹簡論語

曰:「我a三人行,[必得b我師]焉:澤c其善者而從[之,其]163……善者而改164……

  1. 我、阮本無、皇本・唐石経・高麗本・『釋文』等有「我」字。
  2. 得、阮本作「有」、皇本・唐石経・高麗本・『釋文』等有「得」字。
  3. 澤、今本作「擇」。澤借為擇。

→子曰、「我三人行、必得我師焉。澤其善者而從之。其不善者而改之。」

復元白文

子 金文曰 金文 論語 我 金文三 金文人 金文行 金文 必 金文論語 得 金文我 金文師 金文論語 安 焉 金文 擇 金文其 金文善 金文者 金文而 金文従 金文之 金文 其 金文不 金文善 金文者 金文而 金文論語 改 金文之 金文

※焉→安・澤→擇。論語の本章は、「我」を主格で用いている。本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、われにんかば、かならなん)。(いづくんぞ)ものえらこれしたがひ、からざるものをしこれあらたむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「私が三人と共に行けば私の師が見つかる(に違いない)。(なぜ)そのよい者を選んでそれに従う(のか)。そのよくない者を選んでそれを改める。」

意訳

甲:焉の字を句末

誰だろうと人が三人いれば自分を高める助けになる。良い所は手本にして見習い、悪い所は反面教師にして真似ないようにする。

乙:焉の字を句頭

誰だろうと人が三人いれば自分を高める助けになる。だがまれにしかいない優れ者に見習うより、どこにでもいる馬鹿者を見て、ああならないようにしようと心掛けよう。

従来訳

論語 下村湖人
先師がいわれた。――
「三人道連れをすれば、めいめいに二人の先生をもつことになる。善い道連れは手本になってくれるし、悪い道連れは、反省改過の刺戟になってくれる。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「三人走路,必有人可作為我的老師。選擇他的優點向他學習,借鑒他的缺點進行自我改正。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「三人が道を行けば、必ず自分の師となるべき人物がいる。彼の優れた点を見習い、欠点を反省材料にして自分の向上に役立てる。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語の時代、一人称主格と所有格には「吾」を用い、「我」は所有格・目的格に用いられた。詳細は論語語釈「我」を参照。

論語 師 金文 論語 師
(金文)

論語の本章では”手本”。詳細は論語語釈「師」を参照。

擇(択)

論語 択 金文 論語 択
(金文)

論語の本章では”選ぶ”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、睪(エキ)は「目+幸(てかせ)」の会意文字で、手かせをはめた容疑者を次々と並べて、犯人をえらび出す面通(メンドオ)しのさまを示す。擇は「手+(音符)睪」で、次々と並べた中からえらび出すこと。驛(=駅。次々と並んだ宿場)・澤(=沢。次々と水沼の並んださわ)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「択」を参照。

從(従)

論語 従 金文 論語 従
(金文)

論語の本章では”真似る”。詳細は論語語釈「従」を参照。

必有我師焉。擇(択)其善者而從(従)之

従来の論語本の読み下しと訳は上記の通り。しかし句読を切り改めると以下のようになる。

…必有我師。焉擇其善者而從之。其不善者而改之。

…必ず我が師あり。焉(いずく)んぞ其の善き者を擇(えら)び而(て)之(これ)に従わんや。其の善からざる者をし而之に従え。
(必ず我が師がいる。しかしどうして優れ者ばかりを見習って従おうか。愚か者に従って改める方が合理的だ。)

こちらに従ったのが意訳の乙。

なお最終の二句は、後句の動詞が省略されている。当時の口語を記録したのだろう。

其善者而從之其不善者而改之

論語語釈「焉」も参照。

論語:解説・付記

論語里仁篇17とほとんど同じ。となると論語の前十篇と後十篇でおおむね編者が違うという従来の説にほぼ賛成ではあるものの、もっと複雑に入り組んでいると考えたくなる。

論語 焉 字解
論語では「焉」の扱いで解釈が大きく変わることが多い。なぜか従来の論語の解説では、できるだけ焉を句末に置きたがる。しかし大体の傾向として、訳者の感覚では句頭に置いた方が、むしろ無理な訳をせずに済むことが多い。

漢字の系統で言えば、焉は安の字に音通するから、論語の時代に存在したと言える。

例えば直後に「曰く」がある場合で、これは話者がそこで切り替わっているのだから、焉は句末で意味は断定と取るしかない。しかし本章のように、句頭に置いても差し支えない場合、まず「焉んぞ」と読んで疑問の意味ではないかと考えた方がいい。翻訳も創作なのだ。

過去の句読や解釈を、疑わずに読むのも論語の読み方ではあるが、その結果読者は恐ろしくつまらない思いを論語に感じる場合が多い。儒者の悪口は繰り返さないが、彼らは立場上孔子を神聖な人として扱わなければならなかったのであり、現代の論語読者は自由であっていい。

なお本章で「三人」というのは、必ず数が三である意味ではない。漠然と少なくない数を、漢文では三と書く場合が多い。従って訳をさらに丸めると、「人と交われば必ず手本がいる。しかし賢者はめったにいないから、馬鹿者を見て真似しないよう気を付けなさい。」

三で”たくさん”を意味するのは、漢字の成り立ちも同じで、「衆」の現代中国語簡体字「众」は、古い書体に先祖返りした形で、人三つで”たくさんの人”を意味している。同様に木なら「森」、物体なら「品」、石なら「ライ」で、石がゴロゴロしているさまをいう。

では儒者の感想文。

古注『論語集解義疏』

子曰我三人行必得我師焉擇其善者而從之其不善者而改之註言我三人行本無賢愚擇善從之不善改之故無常師也疏子曰至改之 此明人生處世則宜更相進益雖三人同行必推勝而引劣故必有師也有勝者則諮受自益故云擇善而從之也有劣者則以善引之故云其不善者而改之然善與不善即就一人上為語也人不圓足故取善改惡亦更相師改之義也故王朗曰于時道消俗薄鮮能崇賢尚勝故託斯言以厲之夫三人之行猶或有師沉四海之內何求而不應哉縱能尚賢而或滯於一方者又未盡善也故曰擇其善者而從之其不善者而改之或問曰何不二人必云三人也荅曰二人則彼此自好各言我是若有三人則恒一人見二人之有是非明也 註言我至師也 云言我三人行本無賢愚者就注意亦是敵者也既俱非圓徳則遞有優劣也云擇善云云者我師彼之長而改彼之短彼亦師我之長而改我之短既更相師法故云無常師也

本文「子曰我三人行必得我師焉擇其善者而從之其不善者而改之」。
注釈。「我三人行」と言ったのは、もとは賢愚の話では無かった。孔子は善を選んで従い、不善を改めたから、「決まった師匠がいなかった」(論語子張篇21)のである。

付け足し。先生は改める事の極致を言った。これは人の生き方を明らかにした話で、だから互いに高め合うなら、たった三人の同行者でも、優れた者が優れていないものを教えその逆もある。だから必ず参考になる。優れた者は問われることで一層自分を高め、だから”善を選んでこれに従う”と言った。劣った者は優れた者に引き上げてもらい、だから”不善は改める”と言った。

だが善不善は、一人の人間にも言えることだ。人には足りない点があるから、善を取って悪を改めるなら、善悪がそれぞれの参考になって高め合うことが出来るのだ。だから王朗が言った。「時代によって道徳が衰えることはある。賢者や善人に学ぶ機会が減ることもある。だからこの話をして、人を励ましたのだ。たった三人でも参考になるなら、広い世界のどこでも学ばずにはいられないでは無いか。賢者を尊び従うあまり、人格に片寄りが出てしまえば、それも善を尽くしたとは言えないではないか。だから”善人を敬って従い、不善人は改める”と言ったのだ。」

ある人「どうして二人でなく三人なのですか?」
答えた人「二人だと互いに、自分が正しいと言い張って参考にならない。第三者がいるなら、どちらが正しいか判断して貰えるからだ。」

注釈。これは自分にとっての最高の師を言ったものだ。「我三人行」と言ったのは、もとは賢愚の話では無かった、とあるのは、対等の者にも学ぶべき点があることを指摘したものだ。一緒に行動しても、人格的に足りない点があるなら、お互いの優れた所で劣った所を補うのである。「善を選び」うんぬんは、同行者の優れた点に学び、劣った点を改めてやる、そして逆もまた同じということだ。互いに弟子となり師匠となる、この変転があるから、常の師は居ないのである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)