論語詳解111公冶長篇第五(19)季文子三たび°

論語公冶長篇(19)要約:孔子先生の当時、魯国の権力を握った筆頭家老家の季氏。先生とは潜在的な政敵ですが、過去には立派な当主もいました。何事にもワケはあるものです。しかしその人物にも、先生は辛口の評価を下すのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

季文子三思而後行。子聞之曰、「再*、斯可矣。」

校訂

武内本

清家本により、再の下に思の字を補う。

定州竹簡論語

文子三思而後行。子聞之,曰:「再,斯可矣a。」100

  1. 再斯可矣、唐石経作「再思可矣」、皇本、高麗本作「再思斯可矣」。

復元白文(論語時代での表記)

論語 季 金文論語 文 金文子 金文三 金文思 金文而 金文論語 後 金文行 金文 子 金文論語 聞 金文之 金文曰 金文 論語 再 金文 斯 金文可 金文已 矣金文

※矣→已。

書き下し

季文子きぶんしたびおものちおこなふ。これきていはく、ふたたびせば、これよろしきなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
季文子は三度考えてから事を行った。先生がこれを聞いて言った。「二度で、これはすっかりよい。」

意訳

かつて魯の家老季文子は、思いつきを三度考えてから実行した。
論語 孔子 ぼんやり
先生が言った。「二度で充分だ。」

従来訳

論語 下村湖人
 季文子(きぶんし)は何事も三たび考えてから行った。先師はそれをきいていわれた。――
「二度考えたら十分だ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

季文子遇事總要思考三次,然後才行動。孔子聽說後,說:「思考兩次就可以了。」

中国哲学書電子化計画

季文子は事あるごとに三度考えてから、その後でやっと行動した。孔子がその話を聞いて言った。「二度考えただけで仕舞いだろう。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

季文子

論語 季 金文 論語 文 金文 論語 子 金文
(金文)

BC651?-BC568。魯の大夫。姓は姫、氏は季(当主は尊称して季孫)、名は行父。魯の門閥三家老筆頭・季氏の当主。孔子と同時代の季氏当主・季桓子から三代前にあたる。軍事・外交を何度か担った(→wiki)。

吉川本によると、前々章の臧文仲の次代を担った家老であり、慎重さで知られたという。その在任中、東南の新興国・呉との接触があり、将来軍事的な脅威になると警告を残した。孔子誕生の頃の魯国公・襄公が四歳の幼さで即位すると、事実上の宰相として補佐した。

質素に暮らし、死去に当たって葬礼を簡素にせよと遺言し、「文」の諡を遺贈された。まずまずの名家老と言っていい。

論語 再 金文
(金文「𠫑羌鐘」)

論語の本章では”二度”。金文は上掲戦国早期のものしか見つかっていないが、甲骨文の時代より存在する。詳細は論語語釈「再」を参照。

論語 可 金文 論語 可
(金文)

”どうにかこうにか、やっと言い出せた”が原義で、積極的に”よい”と誉める意味はない。論語の本章では、”それでどうにかいいだろう”、または”それだけでいいだろう”の意。詳細は論語語釈「可」を参照。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では吉川本に、古注によると本章の読みは「季文子ほどの賢者であれば、二度考えれば充分だっただろうに、三度とはまた丁寧なことだ」と言い、孔子は感心していたと解せるという。しかしそれでは、「可」の意味を正しく読み取ったことにならない。

また続けて、「季文子は…孔子よりも一世代前の人物であり、同時代の人物ではない。…あだママかも同時代人の人物の事跡を伝聞したような書き方をしているのは、どういうことなのであろうか」とも書く。しかし本章は別段、「同時代人」であるかのような文体ではない。

吉川は「聞」(間接伝聞)と「聴」(直接聴取)に意味の違いがあることを知らなかったので、「聞」を直接聴取のように感じたのだろうか。何を考えてそう言ったかは知る手立てが無いし、知りたくも無い。

孔子は「学びて思わざらばすなわちくらし」(論語為政篇15)と孔子塾の初学者には言ったが、政治の場に出て行くについては、「君子は行いに敏なるを欲す」(論語里仁篇24)と言った。論語衛霊公篇17では、もっとはっきりと、行動のノロい者を罵倒している。

論語 孔子 不愉快
愚物が一日中わあわあと集まって相談し、まっとうなやり方は誰ひとり言わず、小細工ばかり自慢し合っている。どうしようもないな。

それを踏まえての「二度でよかろう」であって、慎重であることをおとしめたわけではない。自身は非常に饒舌な孔子が、弟子には寡黙を求めたのも、「わあわあと集まって」の類にならぬよう諭したのであって、現に子貢の弁舌は讃えこそすれ、たしなめた話は論語にない。

本章についてはこれで終わりだが、ついでに儒者の感想文を見ておこう。

古注『論語義疏』

季文子三思而後行子聞之曰再思斯可矣註鄭𤣥曰季文子魯大夫季孫行父也文諡也文子忠而有賢行其舉事寡過不必及三思也疏季文子至可矣 云季文子三思而後行者言文子有賢行舉事必三過思之也云子聞之曰再思斯可矣者孔子美之言若如文子之賢不假三思唯再思此則可也斯此也有一通云言再過二思則可也人季彪曰君子之行謀其始思其中慮其終然後允合事機舉無遺算是以曾子三省其身南容三復白圭夫子稱其賢且聖人敬慎於教訓之體但當有重耳固無緣有减損之理也時人稱季孫名遇其實故孔子矯之言季孫行事多闕許其再思則可矣無緣乃至三思也此蓋矯抑之談耳非稱美之言也

本文「季文子三思而後行子聞之曰再思斯可矣」。
注釈。鄭玄「季文子は魯の大夫であり季孫行の父である。文は送り名である。季文子は忠義者で賢者であり、言動を起こす前に必ず三度考えたから間違いが少なかった。

付け足し。季文子はまあまあの出来だと記された。季文子三思而後行とは、季文子には行動を起こす前に必ず考える賢さがあったことを言う。子聞之曰再思斯可矣とは、孔子は季文子のような行いを誉めはしたが、賢者ゆえに三度も考える必要は無く二度で十分だと言ったのである。一説に、間違いを二度仕出かしてその結果二度考えれば良いとも言う。

季彪「君子の行動とは、先によく考え、行動中も考え、終えてからも考える。そうすれば時宜にもかなうし思い残すことも無い。だから曽子は日にその身を三省し、南容は玉磨きの歌を三度歌って先生に誉められた。また聖人は教えに慎重であり、教えの言葉を本体とするが、時宜に応じて教えたことの優先順位が変わる。だから教えには損な話が無いのである。当時の人は季孫の実績によりその名を讃えた。だから孔子はやり過ぎを指摘し二度考えれば良い、三度も考えるのは無用だと言った。だから多分、季文子を誉めたのではなく、良くない事例として語っただけだろう。」

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)