論語詳解156述而篇第七(9)子、喪有る者の側に*

論語述而篇(9)要約:まともな人なら、肉親を失って悲しんでいる人の横で、ガツガツ食ったりはしません。孔子先生もまた。そうしたごく普通の常識人だったという、弟子の回想。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子食於有喪者之側、未嘗飽也。子於是日*哭、則不歌。

校訂

武内本:清家本により日の下に也の字を補う。

復元白文

子 金文論語 食 金文於 金文有 金文論語 喪 金文者 金文之 金文側 金文 未 金文嘗 金文也 金文 子 金文於 金文是 金文論語 日 金文論語 哭 金文 則 金文不 金文歌 金文

※論語の本章は、飽の字が論語の時代に存在しない。歌の字が存在しなかった可能性がある。也の字を断定で用いている本章は漢帝国以降の儒者による加筆である。

書き下し

ものかたはらくらはば、いまかつかざるなりおいかば、すなはうたはず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生は喪中の人のそばでは、これまで飽きるほど食べたことがない。先生は死者への礼として泣いた日は、歌わなかった。

意訳

ニセ孔子
葬儀に呼ばれてガツガツ食わない。葬儀のあった日には歌わない。

従来訳

論語 下村湖人
 先師は、喪中の人と同席して食事をされるときには、腹一ぱい召しあがることがなかった。先師は、人の死を弔われたその日には、歌をうたわれることがなかった。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

有戴孝人在旁時,孔子從未吃飽過。子於是日哭,則不歌。

中国哲学書電子化計画

喪服を着た人のそばでは、孔子は厭きるほど食べたことが無い。先生は泣きの礼を行った日には、必ず歌わない。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 食 金文
(金文)

論語の本章では”食べる”。詳細は論語語釈「食」を参照。

喪(ソウ)

論語 喪 金文 論語 喪 廃
(金文)

論語の本章では”葬儀”。『大漢和辞典』の第一義は”失う”。『学研漢和大字典』による原義は死者を送って口々に泣くこと。詳細は論語語釈「喪」を参照。

論語 之 金文 サーラ 取り舵一杯
(金文)

原義は”ゆく”。論語の本章では”…の”。直前を所有格化する助辞だが、原義ではなく時代が下る。ただし代名詞としては甲骨文から例がある、と『字通』は言う。しかし助辞として用いられたのは『詩経』『書経』からといい、孔子の在世当時に通用した証拠がない。詳細は論語語釈「之」を参照。

側 金文
(金文)

論語の本章では”かたわら”。『学研漢和大字典』によると会意兼形声。則は「鼎(カナエ)の略形+刀」の会意文字で、食器の鼎のそばに食事用のナイフをくっつけたさま。則が接続詞や法則(ひっついて離れないおきて)の意に転用されたため、側の字がその原義をあらわすようになった。側は「人+(音符)則」で、そばにくっつければ一方にかたよることから、そば、かたよるの意をあらわす、という。詳細は論語語釈「側」を参照。

嘗(ショウ)

論語 嘗 金文 論語 味見 嘗
(金文)

論語の本章では”かつて”。詳細は論語語釈「嘗」を参照。

飽(ホウ)

論語 飽 甲骨文 論語 飽 金文大篆
(甲骨文・金文)

論語の本章では、”食べ飽きる・満腹する”。初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は子音のpのみ。論語時代の置換候補は無い。部品の「包」は妊娠の象形であり、”はらいっぱい”を意味しうるが、初出は戦国文字

論語 飽
『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「食+〔音符〕包(中に物をつつみこむ、まるくふくれる)」。詳細は論語語釈「飽」を参照。

哭(コク)

論語 哭 金文 論語 哭 字解
(金文)

論語の本章では、”声を上げて泣く”こと。

論語の当時では「哭礼」と言って、死者への礼法として、当時声を上げて泣いた。なお中国人はかつて人をののしる際、「死んでも哭(な)く者の居ない奴」と言ったらしい。本当に悲しんで泣くのかどうかは問題ではなく、現実的に残された者の耳に音波が届けばいいのである。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「口二つ+犬」で、大声でなくこと。犬は大声でなくものの代表で、口二つは、やかましい意を示す。

一方『字通』では、「吅(ケン)+犬」で、口は祝詞を収めた𠙵さい器。犬は清めに用いるいけにえで、葬儀の際に泣くことを言う。詳細は論語語釈「哭」を参照。

春秋時代では訶と書き、語義は”どなりつける”。歌の意味に用いられるのは音通によるもので、論語の時代に歌として用いられたかは定かでない。歌の字そのものの初出は、戦国末期の文字からになる。カールグレン上古音はkɑ。同音に柯”斧の柄”・哥”こえ・うた”・哿”よい”・笴”矢柄”。哥の字の初出も戦国文字。詳細は論語語釈「歌」を参照。
訶 大漢和辞典

論語:解説・付記

上掲の検証結果でありながら、論語の本章は、史実である可能性を残している。内容的にあり得ない話ではない事が最大の理由で、次いで儒者が得をする話でもない。孔子にまつわる伝承として本章があり、漢帝国の時代に論語に収録された可能性がある。

論語 読経
孔子塾の財政は厳しく、弟子は普段の生活費稼ぎのためにも、葬礼があると呼ばれて祭司を務めた。要するに現代日本の坊さんである。孔子が葬儀の祭司を務めたという記録はないが、もしあったとすれば、まるで大僧都大阿闍梨の引導による国葬の如き盛観だったろう。

少なくとも前近代の中国人の死生観は日本人とは違っていて、死んでも生活の場をあの世へ移すだけと考えていた。それゆえ生活用具や仕える殉葬者を棺と共に埋めるのだが、論語の時代には生活用具は明器と呼ばれた模型に取って代わられ、殉葬も廃れつつあった。

その代わりに出現したのが俑=土人形だが、人の代わりをする俑を孔子は逆に考えて、俑を作るから人を生き埋めにするようになるのだ、と怒っている。

論語 孔子 説教
孔子が言った。「自分のために副葬品を作らせた者は、葬儀の何たるかをきっと知っていたのだろう。作らせても実用品ではなかった」。悲しいことだ、死者が生者の道具を使うとは。生者を殉葬するのとほとんど同じだ。そもそも明器とは、神の明らかに見通す力そのものだ。車のはにわ、お供えのわら人形、これらが昔からあるのは、副葬品のあるべきことわりを示すものだ。だから孔子は言った、「つたないわら人形を作らせた者はよろしい。だが写実的な土人形を作らせた者にはあわれみの心がない。いずれ本物の人を生き埋めにするようになるぞ!」(『礼記』檀弓下)

論語 古注 皇侃 論語義疏
なお皇侃オウガンの『論語義』によると、本章はもと文が違っていたという。

(現伝)子食於有喪者之側、未嘗飽也。子於是日哭、則不歌。

(古本)於是日哭、則不歌。不食於喪側。
是の日かば、則ち歌わ不。喪の側於食わ不。

また本章そのものが、前漢武帝の時代に発掘された、古論語にはなかったという。現伝の論語は古論語の系統を引くから、もし本章が偽作なら、本章は漢代の儒者がつけ加えた事になる。

ところで孔門十哲の一人である子游は、彼自身はどうだったか分からないが、その派閥は開き直って冠婚葬祭業に徹し、「この日に哭いて歌い、喪の側で飲み食いした」と荀子が証言している。

偷儒憚事,無廉恥而耆飲食,必曰君子固不用力:是子游氏之賤儒也。(『荀子』非十二子篇)

どこかで葬儀があると聞けば、大喜びでわらわらと集まってきて、恥知らずにも腹が膨れるほど飲み食いし、「君子たるもの、力仕事なんかしない」と言い張る。これが子游氏の系統である腐れ儒者どもだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 子於是日哭則不歌:論語述而篇9の引用。 […]