論語詳解227子罕篇第九(23)後生畏る可し’

論語子罕篇(23)要約:若者を馬鹿にしてはいけない。だが、老人になっても何の名声も無い人は、それはおそれるに足りない。そう言った孔子先生の世代論ですが、もちろん論語の編者は、顔回持ち上げ話として利用したのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「後生可畏*、焉知來者之不如今也。四十五十而無聞焉、斯亦不足畏也已*。」

校訂

武内本

清家本により、畏の下に也の字を補う。文末に矣の字を補う。

定州竹簡論語

……[可畏也a,□知來]者之不如今也?卌、五下而無235……[此b亦不可畏也c]。236

  1. 也、阮本無、皇本、高麗本有。
  2. 此、今本作”斯”。
  3. 阮本”也”下有”已”、皇本、高麗本”也”下有”已矣”。

→子曰、「後生可畏也、焉知來者之不如今也。卌五十而無聞焉、此亦不足畏也。」

復元白文

子 金文曰 金文 後 金文生 金文可 金文論語 畏 金文也 金文 安 焉 金文智 金文来 金文者 金文之 金文不 金文如 金文今 金文也 金文 卌 金文五 金文十 金文而 金文無 金文聞 金文安 焉 金文 斯 金文亦 金文不 金文足 金文論語 畏 金文也 金文

※焉→安。論語の本章は也の字を断定で用いているなら、戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

いはく、うまおくれたるものおそかないづくんぞたるものいまかざるをらむ。卌五十にしきこゆるかりらば、おほいおそるるにらざるかな

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「若者は貴ぶべきだ。どうしてあとから来た者が今の者に及ばないと分かるか。ただし四十五十になっても噂が聞こえないなら、それほど尊ぶ必要は無い。」

意訳

論語 孔子 ぐるぐる
若者を侮ってはならない。若いからといって自分より劣りとどうして分かる。四十五十になって何のいい話もないなら別だが。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。
「後輩をばかにしてはならない。彼等の将来がわれわれの現在に及ばないと誰がいい得よう。だが、四十歳にも五十歳にもなって注目をひくに足りないようでは、おそるるに足りない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「年輕人值得敬佩,怎知後代不如今人?四五十歲還默默無聞的人,就沒什麽前程了。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「若者は敬服するに値する。あとに生まれた人が今の人に及ばないとどうして分かる?四十五十になってもまだとんと名が聞こえない人は、それはもうどんな未来も無い。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語の本章では”~すべきだ”。当然・勧誘の意を示す。日本語の「べし」は、推量・意志・可能・適当や勧誘・当然・命令の語義をもつが、漢語「可」は、可能・当然・勧誘・認定の語義を持つ。

漢語「可」 日本古語「べし」
  〔推量〕…にちがいない。きっと…だろう。(当然)…しそうだ。
  〔意志〕(必ず)…しよう。…するつもりだ。…してやろう。
〔可能〕…できる。 〔可能〕…できる。…できそうだ。…できるはずだ。
〔勧誘〕…(する)のがよい。 〔適当・勧誘〕…(する)のがよい。…(する)のが適当である。…(する)のがふさわしい。
〔当然〕…すべきだ。 〔当然・義務・予定〕…するはずだ。当然…すべきだ。…しなければならない。…することになっている。
  〔命令〕…せよ。
〔認定・認可・評価〕…にあたいする。…してもよい。  

論語 畏 金文 論語 畏 解字
(金文)

論語の本章では、恐れると言うより、気圧されると言った方が正しい意味に近い。原義は暴力や得体の知れなさで脅される「恐」「懼」と同じで、鬼の首とバケモノを組み合わせた会意文字。詳細は論語語釈「畏」を参照。

亦(エキ)

論語 亦 金文 論語 学而 亦 エキ
(金文)

論語の本章では”たいそう”。論語の冒頭学而篇1「学びて…」の章と同様、「また」と読んではわけがわからない。漢文でこのことばに出くわした時は、「大いに」と読めないか先ず考えるのがコツ。『学研漢和大字典』による原義は人間の両脇。詳細は論語語釈「亦」を参照。

四十→卌

卌 金文
「卌」曶鼎・西周中期

「四十」をまとめて「卌」で記す例は甲骨文から見られる。「卌」は『新字源』によると、会意文字で「十+十+十+十」の省略形。

四十五十而無聞焉、斯亦不足畏也

句読を切り変えて、「焉」を後の句頭に持ってくると、以下の通り意味が変わる。

四十五十にしてきこゆるきも、いずくんぞおほいおそるるにらざる
(四十五十になっても噂にならなくとも、どうしてたいそう取るに足らないだろうか。)

仮に論語の本章が顔回追悼ばなしだとすると、無名のまま四十ほどで死んでいった顔回を孔子がおとしめるとは思えず、この切り分けには理がある。また孔子は「聞人」=”目立ち者”を嫌っており、論語では顔淵篇20で「一人前ではない」と言い切り、『史記』『孔子家語』では、「聞人」(有名人)として有名だった少正ボウを処刑している。

一方、孔子は51歳で中都の代官に任命され、政界デビューを果たした。それを思うと、遅くとも五十代で有名にならなくちゃいかんよと説いたのかも知れず、どちらが正しい解釈か訳者は迷っている。

也已(ヤイ)

論語 也 金文 論語 已 金文
(金文)

也矣(ヤイ)と同じで、強い断定を表す助字。だが断定だとすると、たちどころに論語の本章はニセモンということになってしまう。実体は上掲『定州論語』の校訂にあるとおり、後漢の儒者がもったいを付けて取って付けた語である。

論語:解説・付記

論語の本章が孔子の肉声であると言う立場で考えると、若者に対して悪夢にうなされるようなおそれの感情を抱いて当然である、と言っているのであり、孔子の一般的世代論に過ぎない。だがこの論語子罕篇の編者は、明らかに顔回を追想して孔子が言ったと読ませる意図がある。

それが妥当かどうかは判断の材料が無い。恐らくは、無関係だろう。それを仮定するなら、論語の本章は漢帝国になってから論語が膨らまされるに当たって、どこか別の資料から取られて論語に編入されたと考えるのが適切で、その意味で史実性は怪しくなってくる。

だが漢字の歴史的には、本章の史実性を疑わせるものはほぼ無く、一点のみ言うなら、「也」の用法に疑問が付けられなくは無い、と言った程度。従って本来論語からは漏れていたが、孔子の肉声を伝える文書が別にあって、そこから取り入れられた話だとするのが妥当だろう。

論語の成立史を考えるに当たって、孔子個人が及ぼした影響は小さいとは言えない。なぜなら孔子は弟子にも、自分の死や世に出るまでの半生を語ることを禁じたと思えるからだ。だから孔子に最も近い史料である論語に、それらがほぼ皆無と言ってよいほど含まれていない。

孔子は恐らく、自分の前半生をほとんど語らなかっただろうが、それでも付き合いの長い弟子のうち、子貢のように孔子没後の活動が史料に残る弟子もいる。子貢は孔子の前半生を、相当に知っていたはずだが、現伝の論語にはそれが無い。つまり孔子が語るのを禁じたのだ。

孔子が語るのを禁じたエピソードは、おそらく現伝の『孔子家語』に列なる文書に記されていただろう。定州竹簡のおかげで偽作の疑いが晴れた家語だが、もちろんその全てが史実でないこと、この論語と同じである。だが論語ほどではなくても、孔子に近づく史料には違いない。

それでは以下、儒者の感想文。

古注『論語集解義疏』

子曰後生可畏也焉知來者之不如今也註後生謂年少也四十五十而無聞焉斯亦不足畏也已矣疏子曰至已矣 云後生可畏者後生謂年少在已後生者也可畏謂有才學可心服者也云焉知云云者焉安也來者未來事也今謂我今師徒也後生既可畏亦安知未來之人師徒教化不如我之今日乎言不可誣也云四十云云者又言後生雖可畏若年四十五十而無聲譽聞達於世者則此人亦不足可畏也孫綽云年在知命蔑然無聞不足畏也

本文「子曰後生可畏也焉知來者之不如今也」。
注釈。後生とは若者を言う。

本文「四十五十而無聞焉斯亦不足畏也已矣」。

付け足し。先生は限定の極みを言った、「後生可畏」とあり、後生とはすでに生まれている者より若い者のことである。「可畏」とは、才能や学問があるなら恐れ入るべきだという事である。「焉知うんぬん」とあり、焉とはなぜということである。「来者」とはまだ来ていないもののことである。「今」とは今の自分たち師弟という事である。若者をおそれるべきであるなら、それならどうしてまだ生まれていない者の師弟が我ら師弟より劣っていると言えるか、ということである。馬鹿にしてはいけないと言ったのである。「四十うんぬん」は、若者を恐れるべきだけれども、四十五十になっても世間に名声が無い者は、おそれるに足りないという事である。

孫綽「年齢が知命=五十(→論語為政篇4)になってもぼんやりとして名が聞こえないなら、おそれるに足りないのである。」

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント