論語詳解148述而篇第七(1)述べて作らず*

論語述而篇(1)要約:古代から現代に至るまで中国のインテリは、実利はことのほか重視しますが、事実は好き放題にねじ曲げ、でっち上げてきました。しかし孔子先生は、それでは信頼そのものが無くなるとし、述べて作らずと言いました。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「述而不作、信而好古、竊比於我*老彭。」

校訂

武内本

清家本により、我の下に於の字を補う。於字は衍文。

定州竹簡論語

……[而不作,信而好古,竊比]我於a老彭。」138

  1. 我於、今本作「於我」。

→子曰、「述而不作、信而好古、竊比我於老彭。」

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 述 金文而 金文論語 不 金文論語 作 金文 信 金文而 金文論語 好 金文論語 古 金文論語 比 金文論語 我 金文於 金文論語 老 金文彭 金文

※論語の本章は竊が論語の時代に存在しない。本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、つくらず、しんいにしへこのむ。ひそかわれ老彭らうはうくらぶ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「記録して創作しない。信じて昔を好む。密かに自分を老彭ロウホウと並べる。」

意訳

ニセ孔子
過去の良い所を選んで記録に残すが、でっち上げはしない。良いと信じて過去を好む。ふふ、これで私も老子先生と肩を並べるぞ。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「私は古聖の道を伝えるだけで、私一箇の新説を立てるのではない。古聖の道を信じ愛する点では、私は心ひそかに自分を老彭(ろうほう)にも劣らぬと思っているのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「傳授知識而不從事創作,相信先人而又愛好古代典籍,我可以自比於商朝時的老彭。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「知識を伝え授けるだけで、創作には関わらない。個人と信頼し合って古代の格調高い本を好む。私は自分を、殷王朝の頃の老彭と並んだと見ていいと思っている。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

述而不作

論語 述 金文 論語 述
「述」(金文)

論語の本章では、”昔の言い伝え・書き伝えをそのまま記すこと”。「述」は『大漢和辞典』の第一義に”のべる=先人のあとに従う”とある。

『学研漢和大字典』によると「述」は会意兼形声文字で、朮(ジュツ)は、穂の茎にもちあわのくっついたさまを描いた象形文字で、中心軸にくっついて離れないの意を含む。述は「辶+(音符)朮」で、従来のルートにそっていくこと。

術(だれもがそっていく道、伝統的なやり方)と同系。また、順・循(ジュン)(したがう)とも同系。順や循は、述の語尾がnとなったことば。類義語の陳(チン)は、ならべること、という。詳細は論語語釈「述」を参照。

竊(窃)(セツ)

論語 竊 窃 金文大篆 論語 窃
(金文大篆)

論語の本章では、副詞として”ひそかに”。この文字の初出は戦国文字で、異体字の「窃」と共に論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はtsʰiatで、同音は存在しない。近音同訓も存在しない。

『大漢和辞典』の第一義は”ぬすむ”。『学研漢和大字典』による原義は、穴に貯蔵した穀物を虫が食い荒らすこと。詳細は論語語釈「窃」を参照。

論語の本章では”比べる”。詳細は論語語釈「比」を参照。

老彭(ロウホウ)

古来誰だか分からない。古注やそれを引いたとみられる武内本によると、殷王朝時代の賢者と言うが、人物像不明。鄭玄の説によると、老子と、彭祖(ホウソ)=800年以上も生きたという伝説上の人物、の組み合わせという。

論語の本章では、孔子が青年期に学んだ、何代目かの老子と解した。『大漢和辞典』によると、清の趙翼が著した『陔余叢考』という書物に、彭祖、すなわち老聃(ロウタン、老子のこと)の論があるという。いずれにせよ仙人のたぐいで、実証的な研究は不可能。

論語 三才図会 彭祖

なお現代日本の中国史学では、老子は居なかったことになっている。史料をまじめに読むと寿命が人間離れしているのが理由。そして『史記』に言う、孔子の洛邑留学時に老子に学んだというのは、道家が儒家に対抗するためにでっち上げた伝説だという。

しかし訳者の見解は異なり、歌舞伎役者や落語家のように、老子というのは代々受け継ぐ名跡のようなものであって、その何代目かの老子が周王朝に仕え、王室アーカイブの長官を務めていたと考える。

趙翼の言うように、儒家の経典にも数多く、孔子の言葉として「これを老聃に聞けり」とあるからだ。

なおこの孔子の留学は、魯国門閥三家老家の一家、孟孫氏の推挙によって、時の魯国公昭公から奨学金を貰い、孟孫氏当主の弟・南宮敬叔と共に赴いたと『史記』にある。身分低く生まれた孔子が大出世する当初には、こうした門閥家老家の後ろ盾があった。

竊比於我老彭→竊比我於老彭

論語の本章では、”ひそかに老彭と比較する・肩を並べたと夢想する”。

論語での「われ」の用例は、主格では「吾」、目的格では「我」が多い。所有格でも「我」の独擅場ドクセンジョウ(独檀場ドクダンジョウの誤用が定着しているが文字も読みも誤り。擅=ほしいまま、檀=まゆみ、木製の祭壇)とまでは言えないが、圧倒的に多い。詳細は論語における「われ」を参照。

従って伝統的な論語の解釈では、「ひそかに我老彭に比す」と読み下すが、それでは各種の論語本が言うような現代語訳にならない。孔子が偉大な先達を、”我がもの”と思ったとも思えない。”私敬愛する先達”と、好意的に解釈することは可能だが、やや無理がある。

ゆえにここでの「我」は、「老彭」と対等に並立する目的格と解すべきで、「ひそかわれ老彭らうはうくらぶ」と読んだ。

(adv.)(V)(prep.)(O1) 老彭(O2)

しかも定州論語による校訂により、語順が変わったため、従来の読み下しには根拠が無くなった。定州論語は前漢宣帝期の史料で、現伝の論語が固まるのは後漢から南北朝にかけてだが、それまでの間で、何らかの書き写し間違いがあったのだろうか。

(adv.)(V)(O1)(prep.) 老彭(O2)

次に「於」の語法に、AX於Bで、”AはBよりX”というのがある。論語先進篇16の、「季氏富於周公=季氏周公より富めり」というのがその例。おそらく春秋時代の文法では、現伝の論語本章のように、「於」の直後に比較対象を二つ並べておくのではなく、比較するものとされるものの間に、「於」を入れたように見受けられる。つまり「於」の直後は目的語が一つ。

論語を通読する限り、「於」の直後に目的語を二つ持つ例は、現伝の本章のみで、後は全て、一つ持つだけである。

子曰、「天生德予、桓魋其如予何。」
子曰く、天はわれ徳をさづけたり。桓魋それ予を如何。(論語述而篇22)

もっともこれは、「比AB」という、比較の表現が本章以外に無いからであり、安易な一般化は差し控える。ただ先秦両漢の文書史料では、「比A於B」”AとBを比べる”が圧倒的で、「比於AB」は”AやBのたぐいと比べる”であって比較表現ではない。金石文ではどうなっているのだろうか。

論語:解説・付記

現代中国語で「老…」と言えば「…さん」の意味で、若い人にも使う。論語時代にその用法が通用するかとなると訳者にもわからない。だから老彭という人が論語時代にいたか、あるいは孔子の読んだ古記録にあったかのどちらかだろうと思うが、やはり誰だかわからない。

本に「太郎君」とあって、読み手が太郎君を知らないから大騒ぎして、これはきっと近所のタローという犬のことだろう、とやいやい議論しているのが儒者の言う「考証」で、論理的には意味が無いどころか有害ですらある。分からないものは分からないとしておくのがいい。

これにつき藤堂博士はこう言う。

論語 藤堂明保
孔子の尊敬した老彭という賢者がいたらしい。老子の名は聃であるというが、聃とは耳たぶが大きく垂れていることだ。老彭・老聃の老とは、申すまでもなく長老のことである。この二人がはたして同じ人物であったかどうかは、今では知る由もない…。(『漢文入門』老子のこころ)

上掲の趙翼が生きた清代は、満州人皇帝の下で、現在を研究すると収監獄死の憂き目に遭いかねなかったから、儒者は過去の記述を題に選び、重箱の隅をつつくような難癖を付けて「考証」と称した。しかしのちに考古学が盛んになると、ブツが出てあっさり覆った「考証」も多い。

つまるところ文系学問は、理系のように数学というOSを持たないから、何が正しいのかは決めようが無く、言い出した者の権力で決まってしまうしかない。数理を知らぬ野蛮人ならともかく、現代日本で漢文を教える者が、その諦観を持ち合わせぬとは不勉強も甚だしい。

だが現実には裸族の如き脳みその漢学教授は少なくない。用心するが肝要だ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)