論語詳解338憲問篇第十四(6)南宮适孔子に問うて

論語憲問篇(6)要約:玉磨きの歌を歌って、みごと孔子先生の親戚になった弟子の南宮适ナンキュウカツ。今度は伝説の武芸の達者二人の話を先生に語ります。しかし先生は何も言いません。先生は南宮适が下がった後で、適当な感想を述べたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

南宮适*問於孔子曰、「羿善射、奡盪舟、俱不得其死然。禹稷躬稼而有天下。」夫子不答。南宮适出、子曰、「君子哉若人。尙德哉若人。」

校訂

武内本:釈文、适一本括に作る。史記弟子伝一本と同じ。

書き下し

南宮适なんきうかつ孔子こうしふていはく、羿げいがうふねうごかす、ともしかるをず。禹稷うしよくみづかたがや天下てんかたもてりと。夫子ふうしこたへず、南宮适なんきうかつづ。いはく、君子くんしなるかなかくのごとひととくたつとかなかくのごとひと

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 南宮括 子容 論語 孔子

南宮适ナンキュウカツが孔子に問うて言った。「羿ゲイは弓の達者で、ゴウは舟を動かすほどの力士だったが、いずれもふさわしい死に方ができなかった。ショクは自ら田仕事をして天下を保有した。」先生は黙っていた。南宮适が先生の部屋から出た。先生が言った。「貴族らしいなあ、このような人は。人格力を尊んでいるなあ、このような人は。」

意訳

南宮适「羿ゲイは並ぶ者無き弓の達人、ゴウは舟を揺らすほどの無双の力士、しかしどちらも、まともな死に方をしませんでした。一方ショクは王でありながら、自分も田仕事をして天下の主でした、ね。」

論語 孔子 遠い目
孔子「…。」
南宮适は出て行った。

孔子「やはり貴族だよ、地に足がついた人格力にあこがれているんだなあ。」

従来訳

論語 下村湖人

南宮适が先師にたずねていった。――
「羿は弓の名手であり、盪は大船をゆり動かすほどの大力でありましたが、いずれも非業の最期をとげました。しかるに、禹と稷とは自ら耕作に従事して、ついに天子の位にのぼりました。これについての先生の御感想を承りたいと存じます。」
 先師はこたえられなかった。しかし、南宮适がその場を去ると、いわれた。
「あのような人こそ、まことの君子だ。あのような人こそ、まことに徳を尊ぶ人だ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

南宮适(ナンキュウ/ナングウ・カツ)

論語 南 金文 論語 宮 金文
「南宮」(金文)

孔子の弟子。『史記』仲尼弟子列伝によると、生没年未詳、姓は南宮、名は括、字は子容。

誰なのか二説あって、古注では論語時代の魯の門閥の一人、南宮敬叔とする。孔子と同世代で、兄は孟孫氏の当主だった孟懿子モウイシ(論語為政篇5の語釈を参照)。孔子を後援して共に周の都・洛邑に留学し、老子に教えを受けた。孔子が南方を放浪中に、魯の公宮で火事があり、火消しに活躍した。

『史記』では上記の通り、論語先進篇5に見える南容で、玉を磨く歌を歌っていたら、孔子が感心して兄の娘を妻合わせたという。論語公冶長篇1では、孔子に「国の政道がまともなら捨てられないし、まともでなければ、死刑を免れるだろう」と評された。

では南容とは誰かと言えば、誰だか全く分からない。いずれにせよ確かなのは、孔子の弟子であること。ただ、門閥貴族の南宮敬叔が、成り上がり者でしょっちゅう国外逃亡している孔子の縁戚になるとは考えがたく、南容とは別人と訳者は考える。

すると南宮という姓から、南宮括=南宮敬叔と考えたい。

羿(ゲイ)

論語 羿
神話上の弓の名手。もともと太陽は十人兄弟で、順番に天を回っていたのだが、ある日共謀して、十人同時に天に上がった。たちまち大地は乾いて日照りになり、困った黄帝=神話上の帝王が、羿に九つを射落とさせた。一説には歴史学上実在が確認された最初の王朝・夏の王となったが、寒浞カンサクに殺されたという。

奡(ゴウ)

神話上の王。夏の王・寒浞カンサクの子で、父の寒浞はクーデターによって王位に就いた。一説にその際殺した夏王が羿だったという。奡は父の命を受けて、寒浞に従わない部族を討伐したという。しかし羿の子孫によって殺されたという。舟を揺らしたゆえんについては不明。

死然

武内本に「然は焉と音近くして通用」という。すると「俱不得其死然」は「ともに其の死にるを得ず」と読み下すが、語義としては形容詞につける助詞で、状態を表す。つまり「死焉」は”死んでいる状態”。「死然」と意味は変わらず、”(望ましい)死に様”ということ。

禹(ウ)・稷(ショク)

論語 禹 論語 后稷
ともに神話上の王。禹は夏王朝の開祖。稷は后稷ともいい、周王室の先祖という。

この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。部品の身の字は存在した。詳細は論語語釈「躬」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章に登場する南宮适が誰かについて、まずその候補1である南容については、孔子はこう言っている。

先生が南容を言った。「国の政道がまともなら捨てられないし、国の政道がまともでなければ、死刑を免れるだろう」。自分の兄の娘をめとらせた。(論語公冶長篇1)
南容は白ケイを磨く歌を三度繰り返した。孔子はその兄の娘を妻合わせた。(論語先進篇5)

訳者としては論語の本章を、孔子一門の革命運動と関連づけ、南宮适を志士だったと解釈したいが、南宮敬叔なら門閥孟孫氏の出だから考えにくいし、南容でも話の筋立てが考えにくい。「国の政道が…」という評は、隣国の家老についても言っているからだ(論語公冶長篇20)。

大したものだ、ネイ武子は。政道がまともなら賢者として活躍し、まともでなければバカのふりをして丸く収めた。賢者の真似は出来るが、バカのふりは真似できない芸当だ。

玉磨きの歌を歌って感心されたというのも妙な話で、それなら孔子の縁戚になりたい者がこぞって、玉磨きを歌いそうだ。結局リンク先の論語の章も含めて、よく分からないというのが正直なところで、いつも通り辞書で岩盤を掘削する手も使えなかったと、白状するしかない。

ただ言えるのは、南宮适は通説の南容ではなく南宮敬叔ではないかと思えること。本文は「孔子」と書いており、この用法は論語では通常、孔子より格上の人物との対話に用いられる。だから南宮适はただの弟子ではなく、上級貴族、すなわち南宮敬叔と思われる。

となると昔なじみがやってきて、孔子に昔話をした。孔子は論語時代の人物の通例として、神話と史実とを分けなかったが、どこまで史実やら、と疑っていた可能性が弟子の宰我との対話から伺える。そんな孔子に無邪気におとぎ話を語る旧友に、何も言えなかったのかも。

「君子なるかな」という評も、当たり障りのない、言い換えると実にいい加減な物言いで、孔子の油断のならない人物評が論語に数多く記されていることを思うと、まともに相手をしなかったのだろう。慇懃無礼とはこのことで、南宮敬叔は気付いたかどうか。

孔子がリアリストの武人として、本章のような怪力話を嫌ったについては、論語述而篇20を参照。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)