論語詳解048八佾篇第三(8)巧笑倩たり*

論語八佾篇(8)要約:孔子一門のカタブツである子夏くん、本章では儒者の大売り出しバーゲンに引き出され、キャッチコピーを言う生き人形にされています。人間の締めくくりは礼法だ! 化粧の締めくくりが紅を差すのとおんなじだ!

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子夏問曰、「『巧笑倩兮、美目盼*兮、素以爲絢兮。』何謂也。」子曰、「繪*事後素。」曰、「禮後乎。」子曰、「起予者*商也、始可與言詩已矣。」

校訂

武内本

盻(ケイ、にらむ・かえりみる)は盼の誤、釋文盼に作る。釋文、繪一本繢(カイ、おりあまり・いろどる)に作る。者、漢石経なし。

定州竹簡論語

……事後素。」曰「禮後乎?」子曰:「起予a[商]也!始可與言《詩》42……

  1. 起予商也、阮本、皇本、鄭本均作「起予者商也」、漢石経同簡本。

→子夏問曰、「『巧笑倩兮、美目盼兮、素以爲絢兮。』何謂也。」子曰、「繪事後素。」曰、「禮後乎。」子曰、「起予商也、始可與言詩已矣。」

復元白文

論語 子 金文論語 夏 金文論語 問 金文論語 曰 金文 論語 工 金文笑 金文論語 兮 金文 論語 美 金文目 金文論語 兮 金文 論語 素 金文以 金文論語 為 金文論語 兮 金文 論語 何 金文論語 謂 金文也 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 論語 会 金文論語 事 金文論語 後 金文論語 素 金文 論語 曰 金文 論語 礼 金文論語 後 金文論語 乎 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 論語 余 金文論語 商 金文也 金文 論語 始 金文論語 可 金文論語 与 金文論語 言 金文論語 辞 金文已 金文㠯 以 金文

※巧→工・笑→关 外字・繪→會・予→余・詩→辭・矣→以。論語の本章は上記の赤字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

子夏しかうていはく、巧笑かうせうせんたり、美目びもくはんたり、しろいものあやつくるをもちうとは、なんいひぞや。いはく、くわいこともといおくると。いはく、れいはたおくと。いはく、おこす(もの)はしやうなりはじめてともふべきのみなりと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子夏 論語 孔子
子夏が質問して言った。「巧みな笑顔が凛々しい、美しい眼が際だっている、素肌に化粧を施している、この歌は何を言っているのですか」。先生が言った。「絵を描くのは下地の白を塗った後で、ということだ」。子夏が言った。「礼法も後ですか」。先生が言った。「私の名を高めるのは商くん(=子夏)だな。やっと初めて共に詩を語れるようになった。」

意訳

石頭の子夏「(棒読み)凛々シイ笑顔ニパッチリマナコガ、素肌ノ化粧ガ美シイ。コノ歌ノ意味ハ何デスカ。」
孔子「あーそれはだな、絵を描く前に下地を塗るという話だな、うん。」
「礼法モ化粧ト同ジ、人タル者ノ締メククリ、トイウコトデショウカ。」
「いやあ、よくぞ言った! その通り! 子夏くん君は偉い! 文学の才は君が一番だあ!」

従来訳

論語 下村湖人
子夏(しか)が先師にたずねた。――
「笑えばえくぼが愛くるしい。
眼はぱっちりと澄んでいる。
それにお化粧が匂ってる。
という歌がありますが、これには何か深い意味がありましょうか。」
先師がこたえられた。――
「絵の場合でいえば、見事な絵がかけて、その最後の仕上げにごふんをかけるというようなことだろうね。」
子夏がいった。――
「なるほど。すると礼は人生の最後の仕上げにあたるわけでございましょうか。しかし、人生の下絵が立派でなくては、その仕上げには何のねうちもありませんね。」
先師が喜んでいわれた。
(しょう)よ、お前には私も教えられる。それでこそいっしょに詩の話が出来るというものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子夏問:「『笑臉真燦爛啊,美目真嫵媚啊,天生麗質打扮得真高雅隘。是什麽意思?」孔子說:「先有宣紙,然後才能繪畫。」子夏問:「先有仁義,後有禮法嗎?」孔子說:「子夏,你啟發了我,可以開始同你談詩了!」

中国哲学書電子化計画

子夏が問うた。「”笑顔が実に輝くようだ。綺麗な瞳がなまめかしい。生まれつきの美質が、まことにみやびな境地に装い得ている”。これはどういう意味ですか?孔子が言った。「絵を描くにはまず画用紙を用意して、やっと描き始めることが出来る、ということだ。」子夏が問うた。まず仁による正義があって、その後に礼法があると言うことですか?」孔子が言った。「子夏よ、お前は私にものを気付かせてくれた。お前と詩を語ることが出来るようになった。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「『 。』 。」 、「 。」、「 。」 、「 。」


子夏

子夏

孔子の弟子。文学に優れると孔子に評された、孔門十哲の一人。詳細は論語の人物:卜商子夏を参照。

論語の本章では”たくみな”。初出は戦国文字だが、部品の「工」に”たくみな”の語義がある。詳細は論語語釈「巧」を参照。

笑 楚系戦国文字
(楚系戦国文字)

論語の本章では”笑顔”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はsi̯oɡで、同音に「小」と、「肖」を部品とする漢字群。論語時代の置換候補は关 外字(ショウ)。詳細は論語語釈「笑」を参照。

倩(セン)

論語 倩 金文大篆 論語 倩
(金文大篆)

論語の本章では、(口元が)”うるわしい”。元は美男子に対する美称という。この文字は後漢の『説文解字』が初出。論語の時代には存在しない。カールグレン上古音は不明。藤堂上古音は、”うるわしい”・”頼む”の場合いずれもts’ieŋ。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「人+〔音符〕靑(セイ)」で、清らかに澄んだ人のこと。▽センはセイの転音。青(澄みきったあお色)・清(澄んだ水)・晴(澄んだ空)と同系のことば、という。

藤堂漢字学では、漢字の成り立ちとして、同じつくりを共有する漢字は、同じ意味をも共有する。「靑(青)」(セイ)とは、すっきりと澄み切ったことであり、それが天候であればへんに日を付けて「晴」、水であればさんずいを付けて「清」、穀物であれば「精」となる。

同様に「倩」とは”すっきりと澄み切った人”であり、転じて婿の美称とされた。言わば”花婿”にあたる。それゆえに、美男子に対する美称となったわけ。

盼(ハン/フン)

論語 盼 金文大篆 論語 盼
(金文大篆)

論語の本章では、”目元が涼しい”。白目と黒目がくっきり分かれて美しいこと。この文字は後漢の『説文解字』が初出。論語の時代には存在しない。カールグレン上古音はpʰænで、同音は存在しない。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「目+〔音符〕分」で、黒と白のわかれた目。すずしい、はっきりした目つき、という。

兮(ケイ)

論語 兮 金文 論語 兮
(金文)

論語の本章では、語調を整える助字。詳細は論語語釈「兮」を参照。

論語 素 金文 論語 素
(金文)

論語の本章では、”おしろい”。

『字通』によると、原義は染め上げた糸の、染まらない上部を指すと言う。糸を染める時、糸束の上部の結んだ部分は、締められているので染まらず、そこだけが白くなる。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「垂(スイ)(たれる)の略体+糸」で、ひとすじずつ離れてたれた原糸。疏(ソ)(一つずつ離れる)・索(ひとすじずつ離れた糸)などと同系のことば、という。詳細は論語語釈「素」を参照。

絢(ケン)

論語 絢 金文大篆 論語 絢
(金文大篆)

論語の本章では”文様”。この文字は後漢の『説文解字』が初出。論語の時代には存在しない。カールグレン上古音はxiwenで、同音は眴”またたく”のみ。

”円い打ち紐”の意もある。「豪華絢爛ケンラン」の「絢」。「絢爛」とは、”絢=模様が、爛=明らか”のことで、輝くように華やかで美しい事を言う。「爛」は”ただれる”の意味で使う事が多いが、「絢爛」の場合は”明らか・あざやか”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「糸+旬(めぐらす)」という。詳細は論語語釈「絢」を参照。

素以爲絢兮

論語の本章では、”素肌が化粧を施すなあ”。現伝の『詩経』衛風「碩人」では、この句が抜け落ちている。本章がでっち上げとなればそれもむべなるかな。

文法は次の通り。「以」は三つの意味でしかあり得ない。

  1. 後ろに目的語がある場合、…で。
  2. 後ろに目的語がある場合、…を使って。
  3. 後ろに目的語が無い場合、それで。

論語の本章の場合は2.に相当する。主語の「素」=素肌が、「以」=”用いる”、「為」=”施すこと”。何をかと言えば「絢」=”化粧”。句末の「兮」は詠嘆だ。まとめると”素肌がそれで化粧を完成させるなあ”。

繪/絵

論語 絵 金文大篆
「絵事」(金文大篆)

論語の本章では”絵”。この文字は楚系戦国文字が初出で、論語の時代には存在しない。カールグレン上古音はɡʰwɑdで、同音に部品の會(=会)があり、”絵”の語釈を『大漢和辞典』が載せる。詳細は論語語釈「繪」を参照。

繪(絵)事後素

論語の本章では、”白い下地を塗ってから絵を描く”。「絵事は素を後にす」と読み、描き終えてから白色を塗るとする例があるが、「白い文様を描くのだ」と無理に解するなど、理屈に合わない。なお武内本にいう異説「カイ」には、”絵・描く”の意があるので、文意は変わらない。

吉川幸次郎 吉川幸次郎 論語
吉川本は「禮後乎」を”礼はのちです”と訳しておきながら、「繪事後素」は”白という色彩を、一ばんあとに加える”と訳している。両者共に「後」(遅れる)という動詞を用いたSVO構造なのに、「後」の語義を前者では”遅れる”、後者では”後にする=先立つ”と違えている。

吉川のデタラメの臭いの元は、例によって儒者の駄ボラだ。

古注『論語集解義疏』

註鄭𤣥曰繪畫文也凡畫繪先布衆采然後以素分其間以成其文喻美女雖有倩盼美質亦須禮以成也

論語 古注 鄭玄
注釈。鄭玄「絵を描く際には、先に絵の具で描いてから、白い線で輪郭を付けて完成させる。例えば美女もそうで、顔つきが整っていても素肌が美しくなければ、美人と認められないのである。」

新注『論語集注』はこの点合理的で、「素」を”白い下地”と正確に読み解いている。吉川も読んだはずだが、頭が悪いのでオトツイの選択をして、古注の猿真似を繰り返したに過ぎない。

起 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では”気付かせる”。この文字は秦・楚の戦国文字が初出で、論語の時代には存在しない。カールグレン上古音はkʰi̯əɡで、同音に欺”あざむく”・僛”酔って踊る”・杞”木の名・国名”・屺”はげ山”・芑”白い穀物”。詳細は論語語釈「起」を参照。

初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補は余。詳細は論語語釈「予」を参照。

禮(礼)後乎

論語 後 金文 論語 後
「後」(金文)

論語の本章では、”礼法はその後ですか”。「後」の原義は足が遅れること。

論語顔淵篇15などに見られるように、孔子は知識の運用や人生の行動原則を「礼」に従えと教えた。子夏は歌詞にある化粧になぞらえて、礼法は人間の締めくくりという、いかにも儒者が好きそうな模範解答を言ったわけ。

なぜ好きかと言えば、礼法の教師は儒者に他ならず、わしら儒者に頭を下げて習いなさい、ということ。石頭だけにお勉強熱心だった子夏は、孔子が「諸君は幅広く知識を学んで、それをまとめるのに礼法を用いれば」(論語雍也篇27)と教えたのを覚えていたかもしれないが、いくら何でもこの物言いは、キャッチコピーの匂いが強すぎる。

詩 楚系戦国文字 論語 詩 字解
(楚系戦国文字)

論語では『詩経』を指すことが多い。カールグレン上古音ɕi̯əɡで、論語の時代に存在しない。当時の置換候補は、「辭(=辞)」。詳細は論語語釈「詩」を参照。

已矣(イイ)

論語 已 金文 論語 矣 金文
(金文)

「已矣」で「やんぬるかな」と読み下し、”もうおしまいだ”の意となる場合があるが、論語の本章では分割して「已」を「のみ」と読み下し、限定の意。「矣」は「なり」と読み下し、断定・確定の意を表す。論語の時代は区別せず、二字ともに已 金文と書いたか、以㠯 以 金文を用いた。

論語:解説・付記

論語の本章は定州竹簡論語にあることから、前漢の儒者による捏造はほぼ決定だが、その意図は上述の通り、礼法にありがたみを持たせ人間必須の教養であるかの如く人々に信じ込ませることにある。漢代、儒者の手練手管を儒術と言ったが、儒者は礼法以外に取り柄がなかった。

まるで実務能力がなかったからである。その代わり、今日の中国にまで息づいているでっち上げ政治、つまり事実でなく権力に都合のよい仮想を人々にすり込み操る技術には長けていた。荘厳で大規模な儀式の執行はその一つであり、こんにちの軍事パレードはその変形である。
中国軍 パレード

パレードがキリリとした軍隊ほど実戦に弱いのはもはや歴史的事実だが、キリリと見せるための足の揚げ方手の振り方、その一々うるさい作法こそ、儒家の言う礼法に他ならない。これを「礼儀千百、威儀三千」といい、ものすごくめんどうくさいものだった。

なお本章引用詩は以下の通り。

碩人其頎、衣錦褧衣。 齊侯之子、衛侯之妻、東宮之妹、邢侯之姨、譚公維私。
(見目よき人はすらりと高く、あや絹をまとい単衣を羽織る。斉侯の子、衛侯の妻、斉太子の妹、邢侯の義妹、譚公は義兄。)

手如柔荑。 膚如凝脂。 領如蝤蠐。 齒如瓠犀。 螓首蛾眉。 巧笑倩兮。 美目盼兮。
(手はなずなのごとく柔らかく、膚はかたまった脂のごとく白く、襟筋は白い長虫のごとく、歯並びは瓜の実のごとく、ひたいは蝉の羽を広げたごとく、眉は蛾のはねのごとく、巧みな笑顔は凛々しく、美しいまなこはくっきりと浮かぶ。)

碩人敖敖、說于農郊。 四牡有驕、朱幩鑣鑣、翟茀以朝。 大夫夙退、無使君勞。
(見目よき人はごうごうとたわむれる、喜ぶその場は郊外の別荘。四頭のオス馬は高ぶり、赤いくつわの飾りはヒョウヒョウと鳴る。羽根で覆われた車でお輿入れ。家老は既に御前を下がり、主君を煩わせるものはない。)

河水洋洋、北流活活。 施罛濊濊、鱣鮪發發、葭菼揭揭。 庶姜孽孽、庶士有朅。
(黄河の水はヨウヨウと盛んに流れる。北へ向かってホワホワとひたすらに。網に何かかかった音がする、竜の如き大魚がかかった。葦が乱れてざわざわと鳴る。姉妹は子宝に恵まれよう、腰元たちの凛々しい顔よ。)

詩の主人公はBC720に斉公室から輿入れし衛公の妻となった荘姜。美人だが子が生まれず、お付きの腰元に衛公が手を出して生まれた子を引き取って育てた。衛公には他にも子があって乱暴者で、それが反乱を起こし…と歴史事実はこの際どうでもいい。

どう読んでもこの詩は、男女の行為を扱っている。石頭の子夏がその意味を問うて、孔子がはぐらかしたというラノベである。詩の形から見れば、「素以爲絢兮」を省いて四言句×七句と整っている。それでいいのだ。この句を含め、本章がでっち上げなのだから。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)