論語詳解047八佾篇第三(7)君子は争う所なし*

論語八佾篇(7)要約:孔子先生は武術の達人。中でも弓術は塾の必須科目に入っていました。君子=貴族は戦時には出陣せねばならず、貴族に成り上がるには必須の教養だったからです。しかしその技術にも、やはり心は必要なのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子無所爭、必也射乎。揖讓而升、下而飮、其爭也君子。」

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 君 金文論語 子 金文論語 舞 金文論語 所 金文論語 争 甲骨文 論語 必 金文也 金文論語 射 金文論語 乎 金文 揖讓而 金文論語 升 金文 論語 下 金文而 金文論語 飲 金文 論語 其 金文論語 争 甲骨文也 金文論語 君 金文論語 子 金文

※爭→甲骨文。論語の本章は揖・讓が当時に遡れない。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、君子くんしあらそところきも、かならしや揖讓いうじやうのぼり、む、あらそひ君子くんしなり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「君子は争わない。争うなら必ず射礼だろうか。お辞儀して上り、下りて酒を飲む。その争いは君子らしい。」

意訳

ニセ孔子
君子はケンカしない。競うなら弓仕合にしなさい。お辞儀して射場に上り下りし、射終えたら清めの盃を交わす。上品でよかろう?

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「君子は争わない。争うとすれば弓の競射ぐらいなものであろう。それもゆずりあって射場にのぼり、勝負がすむと射場を下って仲よく酒をのむ。争うにしても君子らしく争うのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「君子沒有可爭的事情。要爭的話,就象射箭比賽:賽前互相行禮,賽後互相緻敬。這樣的競爭,具有君子風度。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「君子は争わねばならない理由を持たない。もし争うなら、それは必ず弓比べのたぐいだ。競う前に互いに礼を行い、終えたら丁寧に敬意を表す。このような競い合いなら、君子の雰囲気を保てる。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


爭(争)

論語 争 篆書 論語 争
(篆書)

論語の本章では、『大漢和辞典』の第一義と同じく”あらそう”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「爪(手)+━印+手」で、ある物を両者が手で引っぱりあうさまを示す。反対の方向に引っぱりあう、の意を含む。諍(ソウ)(言いあってあらそう)・箏(ソウ)(両方から引きあって弦を張った琴)などと同系のことば、という。

『字通』も、杖状の物を両端より引き合う形という。しかし甲骨文を見るとそうは思えない。だが正解も分からない。

論語 射 金文 論語 射
(金文)

論語のここでは”弓術”。原義は弓を手に持って構えた象形文字。君子=当時の貴族は戦時の将校を兼ねており、武芸として弓術は必須だった。孔子塾の必須科目、六芸にも入っている。また当時は弓競技が盛んであり、周王主催から村ごとの大会まで、各級の仕合が行われた。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、原字は、弓に矢をつがえている姿。のち寸(て)を添えたものとなる。張った弓の弦を放して、緊張を解くこと。赦(シャ)(ゆるめる)・捨(ゆるめて放す)と同系のことば、という。

揖讓(ユウジョウ)

会釈して譲ること。揖は両手を胸の前で合わせて行う礼。論語 八佾篇 揖讓

「揖」の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。同音と部品の咠に甲骨文・金文は存在しない。詳細は論語語釈「揖」を参照。

「讓」の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。論語の時代には恐らく部品の「」(のぼる・たすける:カ音sni̯aŋ)と書かれたと考えられるが、「襄」に”譲る”の意味は無い。詳細は論語語釈「讓」を参照。

下而飮(飲)

論語 飲 甲骨文 論語 飲 金文
「飲」(甲骨文・金文)

既存の論語本では、”負けた側が罰杯として飲む”とある例が多いが、互いに飲むとする史料もある。甲骨文を見ると、酒ツボをのぞき込んで飲んでいるように、また金文を見ると、酒ツボから飲んでいる人を、後ろから「早く代われよ!」と文句を言っているように見えて面白い。

『学研漢和大字典』によると「飲」は会意兼形声文字で、飮の左側はもと「今+酉(かたくふたをして酒をつぼに入れる)」。飮の本字はそれを音符とし、欠(口をあけた人の形)を加えた会意兼形声文字。今の字体は、左側をよく似た形の食にかえたもの。

こぼれないように、口の中に入れて、とじこめること。擒(キン)(とじこめて捕らえる)・酓(イン)(かたくふたをして酒をつぼの中に入れこむ)・陰(ふさぎこむ)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「飲」を参照。

論語:解説・付記

儒者のでっち上げを真に受ける傾向の強い漢学教授は、脳天気にも周代、論語の本章や礼記を引いて、村々のレベルから周王の御前試合まで、さまざまな「射礼」があったと力説する。だが論語の本章が孔子の肉声を伝えるものではない以上、それはとたんに怪しくなってくる。

詳細は大小の礼記の研究者に委ねたいが、論語以前に成立した儒教経典は存在しない。本章の史実を否定できる以上、本章を根拠にした射礼は、存在しなかったと言うべきだろう。

論語 八佾篇 射中国の弓は、和弓のように長大ではなく、西洋の狩人が持っているような半弓を用いる。それは論語時代も変わりなく、戦場では戦車長が弓を持って長距離攻撃を担当した。訳者の経験も交えると、弓とは当たるものではない。まして揺れる戦車から射るとなるとなおさらだ。

従って戦車に乗って戦う軍人は、武芸の稽古をする余裕の有る貴族に限られた。弓は熟達するのに時間がかかるのと引き替えに、連射が利く。従って戦時に徴兵される庶民は歩兵として戦い、主に長柄武器を持たされ、飛び道具の場合は器械仕掛けのである事が多かった。
論語 弩 戦車戦

弩は目当てが付いているから当てやすく、引き絞ったままの姿勢を保つ必要もないので、弓よりは稽古に時間がかからなかった。ただし弩機に貴重な青銅が要り、作りも精密なので弓ほど量産できなかった。だから普段から半弓を扱いなれている猟師は、戦場で重宝されただろう。

その弓術振興の意味もあってか、礼法では庶民に至るまで弓術大会=射礼が開かれたことになっている。現存の『儀礼』によると、君主が行う大射、庶民が地方で開く郷射の二つの項目が置かれ、それぞれ鳴り物や日程などに細かな規定があるが、史実とは言えない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)