論語詳解042八佾篇第三(2)三家は雍を以て*

論語八佾篇(2)要約:孔子先生の魯国では、殿様はもはや形ばかり、門閥家老三家=三桓が、実権を握っていました。その力に驕った三家は、家老身分に許されぬ音楽を奏で、それを孔子先生が激怒して、口を極めて非難した、という作り話。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

三家者以雍徹*。子曰、「『相維辟公、天子穆穆。』奚取於*三家之堂。」

校訂

武内本

釋文、撤一本徹に作る。唐石経於の字あり。

定州竹簡論語

……□徹。子曰:「『相維闢公,天子穆穆a』,奚取於[三]37……

  1. 皇本「穆穆」下有「矣」字。

→三家者以雍徹。子曰、「『相維闢公、天子穆穆。』奚取於三家之堂。」

復元白文(論語時代での表記)

三 金文家 金文者 金文以 金文雍 金文徹 金文 子 金文曰 金文 相維 金文闢 金文公 金文 天 金文子 金文穆 金文穆 金文 奚 金文取 金文於 金文三 金文家 金文之 金文

※論語の本章は堂の字が論語の時代に存在しない。本章は後世の儒者による捏造である。

書き下し

三家さんかようもつとりされり。いはく、たすくるは闢公へきこう天子てんし穆穆ぼくぼくたりと。なんぞ三ざしきらん。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 肖像
三家は雍の歌で(食器を)取り下げた。先生が言った。「♪お助けするのは諸侯、天子様は慎ましく、だと? なぜ三家の庭で採用する?」

意訳

孔子 人形
三家がまた身分違いの歌で宴会を行った。食後に♪名君賢臣あい揃い、天子様はお平らに、だと? 家老ごときがちゃんちゃらおかしい。

従来訳

下村湖人
三家のものが、雍の詩を歌って祭祀の供物を下げた。先師がこれを非難していわれた。――
(よう)の詩には、『諸侯が祭りを助けている。天子はその座にあって威儀を正している。』という意味の言葉もあるし、元来三家の祭りなどで歌えるような性質のものではないのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

掌握魯國實權的三個家族在祭祖儀式結束時,唱著天子祭祖時所用的詩歌。孔子說:「歌詞中的『諸侯輔助,天子肅穆』,怎能唱於三家的廟堂?」

中国哲学書電子化計画

魯国の実権を握っている三家族が祖先の祭礼を締めくくるとき、天子が祖先を祀る時に用いる歌を歌った。孔子が言った。「歌に言う”諸侯が手助けし、天子は慎む深く恭しい”を、なぜ三家の祖先霊殿で歌えるのか?」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「『 ( 。』 。」

三家(サンカ)

三 甲骨文 家 甲骨文
(甲骨文)

論語の本章では、魯公室の分家で、門閥家老だったいわゆる三桓を指す。具体的には、司徒=宰相を務めた季孫家、司空=法相兼建設相を務めた孟孫家、司馬=陸相を務めた叔孫家の三家。

新興勢力である孔子を、門閥の三桓と互いに政敵だったとするのは、儒者のデタラメを真に受けた物言いで、孔子の政界デビューを後押ししたのは孟孫家、孔子や弟子を雇い入れたのは季孫家である。孔子が宰相代理を辞め放浪に出たのも、あまりにやり過ぎて貴族ばかりか庶民まで敵に回したので、居づらくなって出たに過ぎない。春秋政界では政争に敗れると殺されるのが普通だが、孔子は鼻歌を歌いながら悠々と出掛けたばかりか、有力弟子の冉有は季孫家に仕えたままだった。

「三」の初出は甲骨文。原義は横棒を三本描いた指事文字で、もと「四」までは横棒で記された。「算木を三本並べた象形」とも解せるが、算木であるという証拠もない。詳細は論語語釈「三」を参照。

「家」の初出は甲骨文。「ケ」は呉音。字形は「宀」”屋根”+「豕」”ぶた”で、祭殿に生け贄を供えたさま。原義は”祭殿”。甲骨文には、「豕」が「犬」など他の家畜になっているものがある。甲骨文では”祖先祭殿”・”家族”を意味し、金文では”王室”、”世帯”、人名に用いられた。詳細は論語語釈「家」を参照。

者(シャ)

者 諸 金文 者 字解
(金文)

論語の本章では”…は”。新字体は「者」。初出は殷代末期の金文。金文の字形は「木」”植物”+「水」+「口」で、”この植物に水をやれ”と言うことだろう。つまり原義は”これ”。漢文では人に限らず事物にも用いる。春秋時代までに「諸」と同様”さまざまな”の語義を持ったが、”…は”の用法は、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「者」を参照。

以(イ)

以 甲骨文 以 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…で”。初出は甲骨文。人が手に道具を持った象形。原義は”手に持つ”。論語の時代までに、”率いる”・”用いる”の語義があったが、「もって」と読んで接続詞に用いる例は確認できない。詳細は論語語釈「以」を参照。

雍(ヨウ)

雍 甲骨文 不明 字解
(甲骨文)

論語の本章では、音楽の名。初出は甲骨文。同音は「雍」を部品とする漢字群、「邕」”川に囲まれたまち”、「廱」”天子の学び舎”、「癰」”できもの”。字形は「隹」”とり”+「囗」二つで、由来と原義は不明。甲骨文では地名・人名に用い、金文では”ふさぐ”、”煮物”、擬声音に用い、戦国の竹簡では”ふさぐ”に用いられた。詳細は論語語釈「雍」を参照。

食事が終わった後に奏でる。既存の論語本では天子専用の歌「ヨウ」であるという。「雝」は「雍」の古字。『大漢和辞典』にも「楽の名。食事が終わった時に奏でる」とあり、出典として論語の本章を載せる。

『詩経』周頌・雝

有來雝雝、至止肅肅。 相維辟公、天子穆穆。 於薦廣牡、相予肆祀。 假哉皇考、綏予孝子。 宣哲維人、文武維后。 燕及皇天、克昌厥後。 綏我眉壽、介以繁祉。 既右烈考、亦右文母。

雝雝と来る有り、至りて肅肅と止まる。相(たす)くるは維(こ)れ辟公(ヘキコウ)、天子穆穆(ボクボク)たり。於(ああ)廣(おおい)なる牡(いけにえ)薦(すす)め、予(われ)を相けて肆(ここ)に祀る。假(おお)いなる哉(かな)皇考(コウコウ)、予ら孝子を綏(たす)く。哲(さと)りを宣ぶる維の人、文あり武ある維れ后(きみ)。 燕(やす)んじるに皇天に及び、克(よ)く厥(そ)の後を昌(さか)んにす。我らに眉(なが)き壽(よわい)を綏(やす)んじ、以て繁き祉(さち)を介(ま)す。 既に烈(かがや)く考(ちち)に右(すす)め、亦た文なる母に右(すす)む。


ヨウヨウと和やかに来たり、シュクシュクと謹んで御前に侍る。祭祀を補助する諸侯たち、天子はにこやか。ああ、ここで大きな雄牛を犠牲に捧げよう、諸侯の助けを借りて祀ろう。大いなる我が父よ、我ら子孫を助ける父よ。真理を世に広めた人、文武を兼ねた我が主。天の神も安らいで、我ら子孫を栄えさせた。我らに長い寿命を賜い、大いなる幸せを下された。まずは輝ける父に捧げ、次いで文徳ある母に捧げん。

徹(テツ)

徹 甲骨文 徹 字解
(甲骨文)

論語の本章では”取り去る”。初出は甲骨文。ただし字形は「レキ」”三本足の鍋”+「又」”手”。火から鍋をおろすさま。原義は”取り去る”。現行字体の初出は秦系戦国文字。甲骨文では地名・人名に用い、金文では”統治する”に用いた。詳細は論語語釈「撤」を参照。

”つらねる”と読んで、祭器を並べた時に歌わせた、と解することも出来るが、「雍」が”食後の音楽”だから、料理を盛りつけた器を一旦配膳して、宴会が終わって雍を歌わせながら食器を”取り去る”の方が可能性がある。

『学研漢和大字典』は語義としては以下を挙げ、”つらねる”の意は挙げていない。

  1. {動詞}とおる(とほる)。するりと突き抜ける。つらぬきとおす。
  2. {動詞}とる。すっと抜きとる。とり去る。場にある物をとり去る。

『大漢和辞典』で”つらねる”の出典として挙げられているのは、一つは方言であり、もう一つは後漢末にサイヨウが書いた『独断』に出てくる一節で、漢代最高位の爵位、徹侯の説明のために用いている。論語の本章で”つらねる”と読むのは無理がある。

子曰(シエツ)(し、いわく)

論語 君子 諸君 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

子 甲骨文 曰 甲骨文
(甲骨文)

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間から金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。詳細は論語と日本儒教史を参照。

相(ショウ)

相 甲骨文 相 字解
(甲骨文)

初出は甲骨文。「ソウ」は呉音。字形は「木」+「目」。木をじっと見るさま。原義は”見る”。甲骨文では地名に用い、春秋時代までの金文では原義に、戦国の金文では”補佐する”、”宰相”、”失う”の意に用いられた。戦国の竹簡では、”相互に”、”補助する”、”遂行する”の意に用いられた。詳細は論語語釈「相」を参照。

維(イ)

維 金文 維 字解
(金文)

初出は殷代末期または西周初期の金文。ただし字形は「隹」”とり”。現行字体の初出は西周末期の金文。「ユイ」は呉音。字形は「糸」+「隹」。鳥をひもでゆわえるさま。原義は”つなぐ”。金文では人名に用いられた。詳細は論語語釈「維」を参照。

辟公(ヘキコウ)→闢公(ヘキコウ)

辟 甲骨文 公 甲骨文
(甲骨文)

論語の本章では”諸侯”。魯公など、周王の直臣で領地として国を持つ者。大名にあたる。武内本も「辟公は諸侯」という。

「辟」の初出は甲骨文。字形は「卩」”うずくまった奴隷”+「口」”さしず”+「辛」”針または小刀で入れる入れ墨”で、甲骨文では「口」を欠くものがある。原義は指図に従う奴隷で、王の側仕え。甲骨文では原義のほか人名に用い、金文では”管理”、”君主”、”長官”、”法則”、”君主への奉仕”の意に用いられた。”たとえる”の語義は、「比」と通じ、戦国時代以降に音を借りた仮借。詳細は論語語釈「辟」を参照。

「公」の初出は甲骨文。字形は「八」+「口」で、命令で世の中を開発するさま。原義は”君主”。甲骨文では”先祖の君主”の意に、金文では原義、貴族・古人・父への敬称に用いられ、戦国の竹簡では男性への敬称、諸侯への呼称に用いられた。詳細は論語語釈「公」を参照。

闢 金文 闢 字解
「闢」(金文)

定州竹簡論語「闢」の初出は西周早期の金文。但し字形は「門」+「又」”手”二つ。現行字体の初出はおそらく定州竹簡論語。確実な初出は後漢の『説文解字』。「ビャク」は呉音。同音に「辟」。初出の字形は手で門を開くさまで、原義は”ひらく”。春秋時代までの金文では”とりぞのぞく”に、戦国の金文では原義に用いられた。詳細は論語語釈「闢」を参照。

天子(テンシ)

天 甲骨文 子 甲骨文
(甲骨文)

論語の本章では”周王”。天命を受けて全人界を統治する君主を言う。

「天」の初出は甲骨文。字形は人の正面形「大」の頭部を強調した姿で、原義は”脳天”。高いことから派生して”てん”を意味するようになった。甲骨文では”あたま”、地名・人名に用い、金文では”天の神”を意味し、また「天室」”天の祭祀場”の用例がある。詳細は論語語釈「天」を参照。

穆穆

穆 甲骨文 穆 字解
(甲骨文)

論語の本章では”安らか・にこやか”。初出は甲骨文。字形はイネ科の実ったさまで、原義はイネ科の”穂”。甲骨文では地名に、金文では周王のおくり名に、”よい”、”敬いつつしむ”の意に用いられた。戦国の竹簡では、楚王のおくり名に用いられた。「穆穆」は三種に解釈されている。一つは”おそれつつしむ”(師朢鼎・西周中期)、二つは”盛んなさま”(大克鼎・西周末期)、三つは”音楽の調和”(許子鐘・春秋中期)。詳細は論語語釈「穆」を参照。

奚(ケイ)

奚 甲骨文 奚 字解
(甲骨文)

初出は甲骨文。カールグレン上古音はɡʰieg(平)。字形は「𡗞」”弁髪を垂らした人”+「爪」”手”で、原義は捕虜になった異民族。甲骨文では地名のほか人のいけにえを意味し、金文では”女奴隷”の意に用いられた。古文献では春秋時代を記した『国語』に疑問辞としての用例があり、論語の時代の語義として確定は出来ないが否定も出来ない。詳細は論語語釈「奚」を参照。

取(シュ)

取 甲骨 取 字解
(甲骨文)

論語の本章では”用いる”。初出は甲骨文。字形は「耳」+「又」”手”で、耳を掴んで捕らえるさま。原義は”捕獲する”。甲骨文では原義、”嫁取りする”の意に、金文では”採取する”の意(晉姜鼎・春秋中期)に、また地名・人名に用いられた。詳細は論語語釈「取」を参照。

於(ヨ/オ)

烏 金文 於 字解
(金文)

論語の本章では”…で”。初出は西周早期の金文。ただし字体は「烏」。現行字体の初出は春秋中期の金文。「ヨ」は”…において”の漢音、呉音は「オ」。「オ」は”ああ”の漢音、呉音は「ウ」。西周時代では”ああ”という感嘆詞だったが、春秋時代末期になると”…において”の語義を獲得した。詳細は論語語釈「於」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…の”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。原義は進むこと。”これ”という指示代名詞に用いるのは、音を借りた仮借文字だが、甲骨文から用例がある。「…の」や、直前の動詞を強調する用法は、戦国時代以降にならないと現れない。詳細は論語語釈「之」を参照。

堂(トウ)

堂 金文 堂
(金文)

論語の本章では、”座敷”。確実な初出は戦国中期の金文。「ドウ」は呉音。同音に「唐」とそれを部品とする漢字群、「湯」を部品とする漢字群など、「宕」”岩屋”。字形は「八」”屋根”+「ケイ」”たかどの”+「土」で、土盛りをした上に建てられた比較的大きな建物のさま。原義は”大きな建物”。戦国の金文では原義、”見なす”の意に用い、戦国の竹簡では”…に対して”の意に用いられた。詳細は論語語釈「堂」を参照。

中国家屋

論語:解説・付記

論語の本章は、儒家だけが音楽の管理権を持つことを主張するための捏造。こんにちで言えば、jasrac騒動とよく似ている。

儒家にとって音楽とはただの娯楽ではなく、政治の一部分だった。こんにちでも独裁国家が派手な軍事パレードをやらかすように、音楽は民を躾けるための重要な手段と見なされていた。従って儒学を別名、礼楽(作法と音楽)と言った。音楽を重視したのは、孔子も変わらない。

孔子は政治工作として、楽団を組織して派手にあちこちでぶんがぶんがドンドンや、わ~あ~をやらせたらしい。孔子と入れ替わるように生きた墨子が、晏嬰の口を借りてそれを証言している。そういえば真っ赤になった団塊も、ロシア民謡を「うたごえ喫茶」で歌っていた。

ただし日本語でしか歌えない。

団塊だろうと思想信条は当人の勝手だが、アカを名乗って公共物を破壊し、デモで道を塞ぎ、角材で殺人傷害に励んだりしたのは迷惑千万だし、アカのくせにロシア語も中国語も読めない連中がほとんどだった。学校サボってデモばかりやっていたから、頭が悪すぎるのだろう。

晏嬰
いくら金を掛けても、彼らの言う楽団の楽器は揃えきれません。言葉を飾ってよこしまな企みで国君を惑わし、合唱団を巡業させて愚かな民を惑わしています。(『墨子』非儒下篇)

孔子の生前はこの程度で済んだ。諸侯も真に受けなかった。だが帝国の儒者は、論語に「鄭声は淫ら」(論語陽貨篇18)とあるのを利用し、気に食わない音楽を「鄭声だ」と言って弾圧した。利権争奪でない弾圧は、権力を握った者の娯楽である。どこまでも迷惑な連中だった。

なお通説では雍の歌で”祭祀の器具を取り去った/配置した”と解するが、祭祀にこだわらねばならない理由はない。論語の本章が後世の偽作であるにしても、やはり祭祀に限定して解する理由はない。

諸橋轍次 大漢和辞典 後漢儒
『大漢和辞典』は「雍」について、前漢武帝期の『淮南子』の注「雍、已食之楽也」を引いて”食事の終わったときに奏する”と記し、祭祀のさの字も書いてない。注記者が高誘か許慎かは不明だが、いずれにせよ後漢儒であり、当時も祭祀に限定してはいなかったと知れる。

原文は次の通り。

當此之時,鼛鼓而食,奏《雍》而徹,已飯而祭灶,行不用巫祝,鬼神弗敢祟,山川弗敢禍,可謂至貴矣。

漢儒
当時は太鼓や鼓を叩いて食事し、雍の歌で食器を下げた。食事が終わってからかまどを祭ったが、その時にみこも神主も呼ばなかった。それでも亡者の亡霊や自然界の精霊は祟りを起こさず、山川の神も災害を起こさなかった。だからこそ貴いと評価できる。(『淮南子』主術訓)

通説の理由はいつも通り、古注のデタラメと、それをコピペする漢学教授の一つ覚えが原因。

三家者以雍徹註馬融曰三家者謂仲孫叔孫秀孫也雍周頌臣工篇名也天子祭於宗廟歌之以徹祭今三家亦作此樂者也子曰相維辟公天子穆穆矣奚取於三家之堂註苞氏曰辟公謂諸侯及二王之後也穆穆天子之容也雍篇歌此曲者有諸侯及二王之後來助祭故也今三家但家臣而已何取此義而作之於堂耶

馬融 包咸
本文「三家者以雍徹」。
注釈。馬融「三家とは季孫・叔孫・孟孫家のことだ。雍は周の典礼歌で、『詩経』臣工篇にある名だ。天子が宗廟で祭祀を行うときこれを歌わせる。それで祭祀を締めくくる。対して三家もまたこの歌を歌わせたのだ。

本文「子曰相維辟公天子穆穆矣奚取於三家之堂」。
注釈。包咸ホウカン「辟公とは諸侯と、夏・殷の末裔の当主のことだ。穆穆とは天子のようすを言う。雍の合唱曲は、諸侯や夏殷の末裔が周王の祭祀を補助するさまを歌う。対して三家が諸侯の家臣に過ぎないのに、その邸宅で歌わせても、どうしてこの歌詞が当てはまるだろうか。」(『論語義疏』)

新から後漢初期の包咸は、まだまじめな儒者と言えるのだが、馬融は鄭玄と並び後漢の馬鹿たれ儒者の代表で、その言い分は全く信用ならない。そう断じうるまで古注も読まないで論語を説教し、世間から金をせびり取る日本の漢学教授は、輪をかけて微塵も信用ならない。

読者諸賢も注意なされるとよろしい。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする