論語詳解261先進篇第十一(8)ああ、天われを°

論語先進篇(8)要約:孔子先生が最も期待していたとされる弟子、顔回が亡くなります。ふだんは、天に意志などあるものか、と無神論を確信していた先生でしたが、この時ばかりはうろたえて、天に恨み言を言うのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

顏淵死、子曰、「噫。天喪予。天喪予。」

復元白文

論語 顔 金文論語 淵 金文論語 死 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 意 金文 論語 天 金文論語 喪 金文論語 余 金文 論語 天 金文論語 喪 金文論語 余 金文

※噫→意・予→余。

書き下し

顏淵がんえんす。いはく、ああてんわれほろぼせり、てんわれほろぼせりと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 顔回 論語 孔子 哀
顔淵が死んだ。先生が言った。「ああ、天は私を滅ぼした。滅ぼした。」

意訳

顔回に先立たれるとは…私はもうおしまいだな。天に見放された。

従来訳

論語 下村湖人

顔渕が死んだ。先師がいわれた。――
「ああ、天は私の希望を奪った。天は私の希望を奪った。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

顏淵死,孔子說:「哎!老天要我的命啊!老天要我的命啊!」

中国哲学書電子化計画

顔淵が死んで孔子が言った。「ああ! 天は私の命をお召しだ! 天は私の命をお召しだ!」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


噫(イ)

論語 噫 金文大篆 論語 噫
(金文大篆)

論語の本章では”ああ”。詠嘆の発語だが、悲しむ際の嘆きの声を言う。

初出は後漢の説文解字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はʔi̯əɡ(平)またはʔæɡ(去)。前者の同音に醫、醷”梅酢”、意、鷾”ツバメ”。後者の同音は存在しない。”ああ”の音は前者。「意」に”ああ”の語釈が大漢和辞典にある。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、意は、「音(口をふさぐ)+心」の会意文字。黙って心の中におさめたため、胸がつかえることを示す。憶の原字。噫は「口+(音符)意」で、胸がつまって出る嘆声。噯・唉と同系のことば、という。詳細は論語語釈「噫」を参照。

論語 予 篆書 豫 金文
「予」(篆書)・「豫」(金文)

論語の本章では”私”。初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdi̯o。同音に、野などで、「余・予をわれの意に用いるのは当て字であり、原意には関係がない」と『学研漢和大字典』はいう。旧字の「豫」は春秋末期から存在するが、”わたし”の意では使われない。”あらかじめ”を意味する。詳細は論語語釈「予」を参照。

天喪予

論語 喪 金文 論語 喪 廃
「喪」(金文)

論語の本章では”天が自分を滅ぼす”。

『学研漢和大字典』によると、「喪」の語義としては以下を載せる。

  1. {名詞}も。死者の別れ去ることを悲しむ礼儀作法。▽「三年の喪」とは、父母が死んだときから二十五か月、足かけ三年の間、服する喪をいう。「喪中」「服喪=喪に服す」。
  2. (ソウス)(サウス){動詞}うしなう(うしなふ)。離れ去る。分離して自分のものでなくなってしまう。▽去声に読む。「喪明(失明する)」「喪地於秦七百里=地を秦に喪ふこと七百里」〔孟子・梁上〕
  3. {動詞}ほろびる(ほろぶ)。ほろぼす。見放される。見捨てられる。▽去声に読む。「天喪予=天予を喪ぼせり」〔論語・先進〕

詳細は論語語釈「喪」を参照。

既存の論語本では吉川本によると、さまざまな解釈が古来あるという。

  1. 天が孔子の政治的抱負の補助者を失わせた。
  2. 天が孔子の学問の後継者を失わせた。

論語 吉川幸次郎
そして吉川自身の説として、本来人間の善意の保護者であるべき天への、孔子の信頼が揺らいだ、という。

訳者の個人的感想ではいずれも見当違いで、孔子はかけがえのない弟子の顔回を惜しんだのであって、政治の補助者とか学問の後継者などと言うのは、儒者のごますりに過ぎない。天が善意の保護者というのも同列の話で、後ろ暗い政治工作をたくましくした孔子に言える話ではない。

下記するように、政治の補助者というのが秘密工作の助手を意味するなら話が通るが、儒者のでっち上げた顔回神格化キャンペーンを疑いもしない漢学教授は、そのつもりではあるまい。そもそも顔回には、代官就任ばなしすら一切残っていない。表の政治には縁が無かったのだ。

また論語時代の平均寿命が30歳前後であったことを考えると、40ほどで死んだ顔回は早死にとは言えず、しかも生活は困窮していたと言うからなおさらで、孔子にもその覚悟はあったはず。しかしそんな常識的覚悟を吹き飛ばすほど、顔回の死は孔子にとって打撃ではあった。

論語:解説・付記

論語の本章は史実を疑うべき理由がない。またこの論語先進篇の原形は、郷党篇と共に前漢代に編まれたこと、それにもかかわらず本章が定州竹簡論語に存在しないことを合わせ考えると、後漢になってからの挿入かとも言えるが、そこまで時代は下らないように思う。

さて顔回が、現伝儒教が持ち上げるような聖者でなかっったのはもちろんで、顔回神格化を行った董仲舒のでっち上げに過ぎないが、それでもその死が、孔子にとって大打撃だったのは疑えない。というのも、孔子がからきし信じていなかった天を持ち出しているからだ。

「天は私に徳を与えた」(論語述而篇22)、「天が私に文明を預けた」(論語子罕篇5)と言っているように、孔子は天を信じて右往左往する他人には天を持ち出したハッタリをかけているが、自身は意志ある人格神としての天を、全く信じていなかった(→孔子はなぜ偉大なのか)。

その孔子が、”天が私を滅ぼした”と歎くからには、普段の無神論が吹き飛んで、あられも無いことを言っているのだと解せる。これは自分に言っている恨み言であり、他人へのハッタリではないからだ。しかしそれにしても、なげきの程度がひどすぎる。

上記のように顔回の困窮や、年齢を孔子は十分知っていたはずであり、自然死ならば、顔回の死への覚悟も出来ていただろう。現代の先進国に住む者だけが例外なのだが、人間にとって死は珍しいものではなく、日常の風景だったからだ。古代人の孔子も無論その一人である。

ゆえに顔回は、暗殺されたのではないか。

孔子の弟子の宰我、公冶長、南容は、生前に何をやったか、まるで記録が残っていない。顔回も同様で、歯の浮くような神格化伝説はあるものの、それは後世のでっち上げというものだ。こうした孔子一門のほの暗い弟子こそが、おそらく一門の後ろ暗い工作員だったと思われる。

孔子が生前、政治的陰謀を逞しくしたことは、孔子とすれ違うように戦国の世を生きた墨子が証言している。だから史実と考えていいが、ならばそれに従った弟子がいたはずで、そしてその記録が一切無い。後世の儒者にとって、孔門が陰謀家の集まりだと都合が悪いからだ。

公的な記録の管理を独占した儒者は、孔門のそうした記録を徹底的に消して回ったはずだが、それでも消しきれない話は残る。公冶長の伝説は、旅をしている話だった(論語公冶長篇1)。工作員にふさわしい話である。宰我もまた、次のような旅ばなしが残っている。

宰我使于齊而反,見夫子,曰:「梁丘據遇虺毒,三旬而後瘳。朝齊君,會大夫,眾賓而慶焉。弟子與在賓列。大夫眾賓並復獻攻療之方。弟子謂之曰:『夫所以獻方,將為病也。今梁丘子已瘳矣,而諸夫子乃復獻方,方將安施?意欲梁丘大夫復有虺害當用之乎?』眾坐默然無辭。弟子此言何如?」夫子曰:「汝說非也。夫三折肱為良醫。梁丘子遇虺毒而獲瘳,諸有與之同疾者必問所以已之之方焉。眾人為此故,各言其方,欲售之以已人之疾也。凡言其方者,稱其良也。且以參據所以已之之方優劣耳。」(『孔叢子』嘉言4)

宰我が斉へ使いに出て、帰ってきて孔子に報告した。

「家老の梁丘據どのが毒蛇に噛まれまして、三十日ほど寝込んだ後にやっと回復しました。そして殿様へ挨拶に出向き、ご家老衆ともお会いになり、皆様方のお祝いを受けました。私もその席にいたのですが、お歴々はどなた様も、ヘビ毒の療治法を梁丘どのに語っておりました。そこで私は申し上げたのです。

”療治というのは、病の最中に必要なものでしょう。すでに回復なさった梁丘さまに、一体何の役に立つのです? もういっぺんヘビに噛まれろ、とでも仰るのですかな?”

皆様方、黙ってしまわれました。まずかったでしょうか。」

孔子「まずいぞそりゃ。世間でも言うだろう、三度患者の腕を折るようなヘマを仕出かして、やっと名医が出来上がる、と。梁丘どのは噛まれても治ったが、今後も噛まれる者は必ず出るし、噛まれたら療治法を求めるだろう。みなさん方はそこまで思って言ったのだ。それぞれの療治法も、人を治そうとして言ったことで、療治方を人に言う者は、それだけで善人と言って良い。ただそれらを試してみて、療治法の優劣が決まるだけだよ。」

対して顔回の旅ばなしは、寡聞管見にして知らない。顔回は工作団の司令役だったのでは?

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 顔淵死、子曰噫●天喪レ予天喪レ予。(『論語』先進) 〔顔淵死す、子曰く、噫、天予を喪せり、天予を喪せり、と。〕 […]