論語詳解261先進篇第十一(8)ああ、天われを゚

論語先進篇(8)要約:最も期待した弟子の顔回が亡くなり、孔子先生は我が事のように嘆きます。優れた弟子に恵まれていた先生は、それは天の恵みと思っていたのです。しかし顔回を亡くした今、天に見放されたと嘆くのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

顏淵死、子曰、「噫。天喪予。天喪予。」

復元白文

論語 顔 金文論語 淵 金文論語 死 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 意 金文 論語 天 金文論語 喪 金文論語 余 金文 論語 天 金文論語 喪 金文論語 余 金文

※噫→意・予→余。

書き下し

顏淵がんえんす。いはく、ああてんわれほろぼせり、てんわれほろぼせりと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 顔回 論語 孔子 哀
顔淵が死んだ。先生が言った。「ああ、天は私を滅ぼした。滅ぼした。」

意訳

顔回に先立たれるとは…私はもうおしまいだな。天に見放された。

従来訳

顔渕が死んだ。先師がいわれた。――
「ああ、天は私の希望を奪った。天は私の希望を奪った。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

顏淵死,孔子說:「哎!老天要我的命啊!老天要我的命啊!」

中国哲学書電子化計画

顔淵が死んで孔子が言った。「ああ! 天は私の命をお召しだ! 天は私の命をお召しだ!」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

噫(イ)

論語 噫 金文大篆 論語 噫
(金文大篆)

論語の本章では”ああ”。詠嘆の発語だが、悲しむ際の嘆きの声を言う。この文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。同義語の唉(アイ)、同音同訓の猗、近音同訓の嘻・誒・𡃰(キ)には甲骨文・金文ともに存在しない。

カールグレン上古音は、”ああ”の場合平声でʔi̯əɡ。同音に意。”ああ”の語釈が『大漢和辞典』にある。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、意は、「音(口をふさぐ)+心」の会意文字。黙って心の中におさめたため、胸がつかえることを示す。憶の原字。噫は「口+(音符)意」で、胸がつまって出る嘆声。噯・唉と同系のことば、という。

論語 予 篆書 豫 金文
「予」(篆書)・「豫」(金文)

論語の本章では”私”。初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdi̯o。同音に、野などで、「余・予をわれの意に用いるのは当て字であり、原意には関係がない」と『学研漢和大字典』はいう。旧字の「豫」は春秋末期から存在するが、”わたし”の意では使われない。”あらかじめ”を意味する。

天喪予

論語 喪 金文 論語 喪 廃
「喪」(金文)

論語の本章では”天が自分を滅ぼす”。

『学研漢和大字典』によると、「喪」の語義としては以下を載せる。

  1. {名詞}も。死者の別れ去ることを悲しむ礼儀作法。▽「三年の喪」とは、父母が死んだときから二十五か月、足かけ三年の間、服する喪をいう。「喪中」「服喪=喪に服す」。
  2. (ソウス)(サウス){動詞}うしなう(うしなふ)。離れ去る。分離して自分のものでなくなってしまう。▽去声に読む。「喪明(失明する)」「喪地於秦七百里=地を秦に喪ふこと七百里」〔孟子・梁上〕
  3. {動詞}ほろびる(ほろぶ)。ほろぼす。見放される。見捨てられる。▽去声に読む。「天喪予=天予を喪ぼせり」〔論語・先進〕

既存の論語本では吉川本によると、さまざまな解釈が古来あるという。

  1. 天が孔子の政治的抱負の補助者を失わせた。
  2. 天が孔子の学問の後継者を失わせた。

論語 吉川幸次郎
そして博士自身の説として、本来人間の善意の保護者であるべき天への、孔子の信頼が揺らいだ、という。

訳者の個人的感想ではいずれも見当違いで、孔子は同好の士である顔回を惜しんだのであって、政治の補助者とか学問の後継者などと言うのは、儒者のごますりに過ぎない。天が善意の保護者というのも同列の話で、後ろ暗い政治工作をたくましくした孔子に言える話ではない。

また論語時代の平均寿命が30歳前後であったことを考えると、40ほどで死んだ顔回は早死にとは言えず、しかも生活は困窮していたと言うからなおさらで、孔子にもその覚悟はあったはず。しかしそんな常識的覚悟を吹き飛ばすほど、顔回の死は孔子にとって打撃ではあった。

…と、そう伝説を儒者はでっち上げたのである。

論語:解説・付記

論語 天 金文 論語 天
「天」(金文)

古代中国における天とは何か、につながる章。「天が私に徳を与えた」(論語述而篇22)、「天が私に文明を与えた」(論語子罕篇5)とあるように、孔子には天に愛されている確信があったが、顔回に先立たれて孔子は天にも絶望したらしい。

繰り返して恐縮だが、孔子にとっての顔回は、現代の造形師が理想の異性を求めて日夜粒々辛苦し、深夜に髪色の塗料を調合しながら寝てしまい、はっと気付いたら床が塗料にまみれていた、というぐらいの熱心さで求めた、理想の仁フィギュアで不世出の弟子だった。

しかも、そのフィギュア趣味は孔子と寸分違わないという(論語先進篇3)、現実的にはあり得ないほどの確立で成り立った奇蹟だった。その奇蹟を失った孔子が、いくら今まで天に愛された自覚があったとは言え、絶望せずにはいられなかっただろう。

論語 神
その一方で、孔子が神に対する礼儀作法をやかましく言ったのは、時として洪水や疫病のような恐ろしい罰を下す存在だったからだろうが、同時に天から与えられた愛情への感謝をこめたこともあるだろう。しかし孔子のような天賦の才に恵まれない者が、論語時代の通例だった。

そのような人にとっては、孔子の感謝は空々しい見せ物にしか見えなかったと思われる。孔子が死去して論語の時代が終わると、古代中国の思想界は儒学の独占ではなくなって、天の解釈にも異論が出てきた。『老子』では天を、「万物を芻狗スウクと見なす」と言っている。

芻狗の「芻」は稲などのわらで、「狗」は犬。わらで編んだ犬の人形を指し、祭りに用いられるが祭りが終わると捨てられるか燃やされる。天は人間に関心など持たないのだ、勝手な都合で動いている、というわけ。対して帝政時代の儒者は、やかましく天と人の関連を主張した。
論語 天

「天人感応説」というのがそれで、君主が善政を行えば天はそれに応え、豊作や平和をもたらす。対して悪政には天災や戦乱をもたらす。これは暴君の出現にある程度歯止めを掛けたが、儒者自身は天命を言い立てることで自分は免責だとしたので、なんとも身勝手な話。

論語 天 甲骨文
「天」(甲骨文)

なお『学研漢和大字典』によると、「天」は指事文字で、大の字にたった人間の頭の上部の高く平らな部分を━印で示したもの。もと、巓(テン)(いただき)と同じ。頭上高く広がる大空もテンという。高く平らに広がる意を含む、といい、漢文での語義として以下を載せる。

  1. {名詞}あめ。頭上に高く広がる大空。《対語》⇒地。「天穹(テンキュウ)(まるく地上をおおう空)」「天油然作雲=天に油然として雲作る」〔孟子・梁上〕
  2. {名詞}天「1.」にいます最高の神。▽宇宙を支配するものと考えられた神。殷(イン)代には帝(上帝)といい、周代には天といい、荘子は造物者という。「天帝」「獲罪於天無所偃也=罪を天に獲(う)れば偃(いの)る所無きなり」〔論語・八佾〕
  3. {名詞}人間界に対して、自然界すべて。「天然」。
  4. {名詞}天の神がくだす運命。天命。「天生(うまれつきの性質)」「天之亡我=天の我を亡ぼすなり」〔史記・項羽〕
  5. {名詞}天の神の命を受けて、人間界をおさめる者。天子のこと。「天顔(天子の顔)」「九重天(キュウチョウノテン)(奥深い天子の宮殿)」。
  6. {名詞}夫に対する尊称。▽今日でも夫の死を嘆いて「我的天」という。
  7. {名詞}《俗語》日。「今天(チンティエン)(今日)」「三天(サンティエン)(三日間)」。
  8. 「天上」とは、人間(ジンカン)(人間社会)に対して、天にあるという世界をいう。祖先神や仙人(センニン)の住む所と考えられた。「天上人間会相見=天上人間会ず相ひ見えん」〔白居易・長恨歌〕

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 顔淵死、子曰噫●天喪レ予天喪レ予。(『論語』先進) 〔顔淵死す、子曰く、噫、天予を喪せり、天予を喪せり、と。〕 […]