論語詳解275先進篇第十一(22)顔淵後れたり

論語先進篇(22)要約:孔子先生が最も期待した弟子、顔回は、革命の同志として先生の放浪に付き従った一人でもあります。ある日襲撃された一門から、顔回がはぐれてしまいました。身を案じた先生に、再会した顔回は言うのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子畏*於匡、顏淵後。子曰、「吾以女*爲死矣。」曰、「子在、回何敢死。」

復元白文

論語 子 金文論語 畏 金文於 金文論語 匡 金文 論語 顔 金文論語 淵 金文論語 後 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 論語 吾 金文㠯 以 金文論語 女 金文論語 為 金文論語 死 金文已 金文 論語 曰 金文 論語 子 金文論語 在 金文 論語 回 金文論語 何 金文論語 敢 金文論語 死 金文

※矣→已。

校訂

武内本:畏、史記拘に作る。汝、唐石経女に作る。

書き下し

きやうおそる。顏淵がんえんおくれたり。いはく、われなんぢもつす。いはく、います、くわいなんあへせむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 楽 論語 顔回
先生がキョウのまちで包囲された。顔淵が遅れた。先生が言った。「私はお前が死んだかと思った。」顔淵が言った。「先生が生きています。私はわざわざ死ぬようなことはしません。」

意訳

孔子一門が匡で包囲された時のこと。みな散り散りになって逃げ延び、はぐれた顔回が、先生に追いついた。
論語 孔子 変装
孔子「おお顔回! 生きておったか!」

論語 顔回 変装
顔回「先生が生きておわすうちは、死ぬようなまねは致しません。」

従来訳

論語 下村湖人

先師が匡の難に遭われた時、顔渕は一行におくれて一時消息不明になっていたが、やっと追いつくと、先師はいわれた。――
「私は、お前が死んだのではないかと、気が気でなかったよ。」
 すると、顔渕はいった。――
「先生がおいでになるのに、何で私が軽々しく死なれましょう。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子被困於匡地,顏淵最後才來。孔子說:「我以為你死了。」顏淵說:「您在,我怎敢死?」

中国哲学書電子化計画

孔子が匡の地で包囲されたとき、顔回が最後にやっと来た。孔子が言った。「私はお前が死んだかと思った。」顔淵が言った。「先生がおいでなのに、どうして私が死ぬようなことをしますか?」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

匡(キョウ)

論語 匡 金文
(金文)

論語の本章の事件については、論語の他の箇所にも記述があるが、匡を衛国領とする説と鄭国領とする説がある。衛国領とする説の場所は、やはり一門が遭難した蒲のまちと同じになってしまう。ところがさらに別説もあるので、実はどうでもいいとも思う。

ただし『史記』の記述通りなら、孔子は陽虎と間違われて受難したことになっており、陽虎はかつてこのまちで乱暴を働いたという。陽虎が魯国から逃亡した先は、はじめ斉、のちに晋(下の地図で言うと河水=黄河の北)だから、衛国領と考えたくなる。

当時衛国は晋国に、がりがりと領土を削り取られている最中だったからだ。衛がもと都城を置いた朝歌=かつての殷の首都はすでに晋に奪われ、晋国と斉国が取り合っている最中だった。

論語 地図 魯 宋 衛 鄭

Map via http://shibakyumei.web.fc2.com/

しかし『春秋左氏伝』には、以下のような記述がある。

論語 左丘明
『春秋左氏伝』筆者・左丘明

定公六年(BC504)…二月、定公は陽虎に命じて鄭を伐ち匡を取った。晋の指図で、鄭が胥靡ショヒを攻めたのに仕返ししたのである。

遠征軍の行きは衛国を通らなかったが、帰りは季氏・孟氏の軍勢は陽虎の指示で、衛の南門から入り、東門から出て行った。そのあと豚沢で陣を張ったが、勝手なことをされた衛の霊公は怒って、お気に入りの弥子瑕ビシカに命じて追い討ちしようとした。

この時公叔文子は老いて引退していたが、かごを担がせて霊公の所へ行き、諌めた。
「人をとがめておきながらその真似をするのは、礼に反します。先年魯の昭公さまが亡命なされた時、殿は我が衛国のご先祖・文公のかなえ、成公の亀の甲、定公の飾り帯を、もし昭公が帰国するなら贈ろうとなさいました。

また公子と二三の家老の子を人質に出してまで、諸侯の疑いを晴らし、魯の昭公さまの帰国を実現させようとなさいました。大変ご立派で、これは我ら家臣がしかと聞いたことでございます。今、ささいな怒りに駆られて過去に積んだ善事を台無しにするのは、おやめになるべきではありませんか。

しかも我が衛と魯は兄弟の国でござる。魯の開祖周公さまと、我が衛の開祖康叔さまは、たいそう仲睦まじゅうございました。陽虎ごとき悪党の真似をなさって、衛と魯の親善を台無しにするのは、陽虎にたぶらかされるも同じでございます。

陽虎は悪事を重ねておりますから、いずれ天罰を受けましょう。しばらくお待ちになるのがよいと存じます。」

霊公はこの言葉に従い、兵を引いた。(『春秋左氏伝』定公六年条)

つまり魯の定公六年(BC504)、魯は陽虎に命じて鄭を攻め、匡のまちを奪取した。その帰り、ことわりも無しに衛国を通って魯国に戻った。衛の霊公は怒って追撃しようとしたが、すでに引退していた公叔文子がわざわざ出てきて、「思い上がった陽虎はいずれ失脚します。放っておきなされ」と諌めて中止した、という。

となると上の地図通り、鄭国に赤字で記した場所で確定していいのではないか。なお諌めた公叔文子については、論語憲問篇14に言及がある。

畏(イ)

論語 畏 金文 論語 畏
(金文)

論語の本章では”包囲される”。『学研漢和大字典』による原義は、鬼が武器を持っておどすさまで、多くの漢和辞典が第一義に”おそれる”を挙げる。武内本では「とらわる」と読み下し、捕らえられた、と解している。古注では”包囲”、新注では遠回しに”捕らえられる”という。

論拠とは言えないが、中国のドラマでも、孔子が牢に繋がれて、後から顔回がやってくる話に描くものがある。新注で「顔回が自分が身代わりになって孔子を救おうとした」とあるのに合わせた演出だろう。また『学研漢和大字典』には「畏」の単語家族として、以下を挙げる。

論語 藤堂明保
威(押さえつける)・隈(ワイ)(押さえくぼんだ所)と同系。また鬱(ウツ)(押さえられた感じ)は畏の語尾がtに転じたことば。

単語家族とは藤堂博士の発案によるもので、漢字には音と意味共に似たまとまりがあるという説。くぼんだところ=牢屋に押さえつけられたなら、”捕らえられる”と解するのには根拠があるが、うるわしい師弟愛を描きすぎる感があるので、とりあえず”包囲される”と訳した。

孔子一行が襲撃され、ちりぢりになって包囲から逃げ延び、顔回がはぐれた、とする方があり得るけしきだからだ。

論語:解説・付記

ちなみに現代の中国では、歴史にちなんだ村おこしが盛んのようで、論語八佾篇24に出て来る儀のまちも、オラが村がそうだべ、と主張する自治体があちこちにあって、本当はどこだったか、もうわからないらしい。

となると中国のあちこちで、「ようこそ孔子受難のまちへ」とか看板が掛かって、「孔子せんべい」とか「顔回まんじゅう」を売っていたりするのだろうか。あるいは「子夏音頭」とかが一日中ガンガン鳴らされていたりして…。

日本ではかつて宗谷岬や襟裳岬がそうで、宗谷岬はあまりの不評にやめになったようだ。しかし襟裳岬の方は、以前十数年ぶりに訪れた所、バブル期と違って訪れる人の姿も絶え、ぼろぼろになった物売り小屋に例の演歌ばかりが空しく響き、さむざむとした覚えがある。

人間の考えることはどこも似たようなものらしいが、孔子せんべいを思うと楽しくはある。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)