論語詳解276先進篇第十一(23)季子然問う’

論語先進篇(23)要約:孔子塾生は人材の宝庫。筆頭家老家も興味を持ちます。忠実な人材を求める家老家の一人に、孔子先生は弟子を半ば推薦しながらも、謀反に荷担する弟子ではありませんよ、と釘を刺すのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

季子然問、「仲由冉求可謂大臣與。」子曰、「吾以子爲異之問、曾由與求之問。所謂大臣者、以道事君、不可則止。今由與求也、可謂具臣矣。」曰、「然則從之者與。」子曰、「弒父與君、亦不從也。」

校訂

定州竹簡論語

子然問:「仲由、冉求可謂[大臣]與?」曰a:「吾以子為異291問,增b由與求○之問。所謂大臣c○,以道[事君,不可]292[]止。曰與求也d,可[謂具臣]e○。」○「然則從之者與?」子[曰:「殺f]293[與君],弗從也g。」294

  1. 曰、於前空一格、脱”子”字、今本有”子”字。
  2. 增、今本作”曾”。
  3. 今本”臣”下有”者”字。此”臣”下原刳去一字、有一空格脱字。
  4. 曰與求也、今本作”今由與求也”。”曰”為”由”之誤。
  5. 今本”臣”下有”矣曰”二字。簡於此二字處空二格、似刳去二字。
  6. 殺、今本作”弒”。
  7. 弗從也、今本作”亦不從也”。

→季子然問、「仲由冉求可謂大臣與。」子曰、「吾以子爲異之問、增由與求之問。所謂大臣、以道事君、不可則止。由與求也、可謂具臣。」「然則從之者與。」子曰、「殺父與君、弗從也。」

復元白文

季 金文子 金文然 金文問 金文 仲 金文由 金文 冉 金文求 金文可 金文謂 金文大 金文 臣 金文与 金文 子 金文曰 金文 吾 金文㠯 以 金文子 金文為 金文論語 異 金文之 金文問 金文 曽 金文由 金文与 金文求 金文之 金文問 金文 所 金文謂 金文大 金文 臣 金文 㠯 以 金文道 金文事 金文君 金文 不 金文可 金文則 金文止 志 金文 由 金文与 金文求 金文也 金文 可 金文謂 金文論語 具 金文 臣 金文 然 金文則 金文従 金文之 金文者 金文与 金文 子 金文曰 金文 論語 殺 金文父 金文与 金文君 金文 弗 金文従 金文也 金文

※論語の本章は、文末の也の字を断定で用いているなら、戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

季子然きしぜんふ、仲由ちういう冉求ぜんきう大臣たいしんいはく、われもつあやしきをこれふとせり、いうきうとをかさねてこれふか。所謂いはゆる大臣たいしんは、みちもつきみつかへ、不可ふかなればすなはむ。いうきう具臣ぐしんし。しからばすなはこれしたがものいはく、ちちきみとをころさむには、したがかななり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

(魯国門閥筆頭家老家の一員、)季子然が問うた。「仲由(子路)冉求は立派な家臣と言えるか。」先生が言った。「私は、あなたが変わったことを訪ねると感じました。由と求について二人揃ってのご質問ですか。いわゆる立派な家臣とは、道理に基づいて主君に仕え、それが通らなければ辞職します。由と求は、頭数そろえの家臣とは言えます。」
(季子然が言った。)「では主君に従う者どもか。」先生が言った。「父や主君を殺すようなことには、従わないでしょうねえ。」

意訳

筆頭家老家の一人、季子然がやってきた。
季子然「子路と冉有は、デキる家臣ですかな。」
論語 孔子 とぼけ
孔子「これは異な事をおたずねになる。なんと人をお求めでしたか。デキる家臣とは、デキるだけに道理に従って働きます。主君が無茶を言えば、辞めるでしょうな。あれらはまあ、並には仕事をこなせましょうが。」
季子然「ほう。ではよく働いてくれましょうな。」
孔子「いや、謀反をたくらめば従いませんぞ。」

従来訳

論語 下村湖人

季子然がたずねた。――
「仲由と冉求とは大臣(たいしん)といってもいい人物でございましょうね。」
 先師がこたえられた。――
「私はまた誰かもつと非凡な人物についてのおたずねかと思っておりましたが、由や求のことでございましたか。お言葉にありました大臣と申しますのは、道をもって君に仕え、道が行われなければ直ちに身を退くような人をいうのでありまして、由や求にはまだ及びもつかないことでございます。二人はせいぜい忠実に政務を執るぐらいの、いわば具臣とでも申すべき人物でございましょう。」
 季子然がまたたずねた。――
「では、二人は主命には絶対に従うでしょうね。」
 すると、先師はこたえられた。――
「彼等といえども、まさか君父を弑するような命令には従いますまい。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

季子然問:「仲由、冉求可算大臣嗎?」孔子說:「我以為您問別人,哪知道您問此二人。所謂大臣,應以仁道輔佐君主,不行就不乾。現在他二人,可算充數的臣子了。」說:「那麽他們是否絕對聽話?」孔子說:「弒父和弒君,他們也不會服從。」

中国哲学書電子化計画

季子然が問うた。「仲由と冉求は大臣と言えますか?」孔子が言った。「私はあなたが別人について聞くものと思っていました。思わぬ事にこの二人ですか。いわゆる大臣とは、必ず仁道に従って君主を補佐し、うまくいかなければ辞めます。今あの二人は、頭数揃えの家臣であるに過ぎません。」言った。「それなら彼らは、必ず言うことを聞きますか?」孔子が言った。「父や主君を殺すようなら、彼らは絶対言うことを聞きません。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」() 、「 () ()、 。() ()。」(、)「 。」 、「() 、() () 。」


季子然

論語 季 金文 論語 子 金文 論語 然 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”季氏一族の一人”。具体的に何をした人かは、古来誰だか分からない。『論語集釋』は、『春秋世族譜』に「子然、平子、意如之子」とあるというが、『春秋世族譜』そのものが清代の撰だから、どこまで当てになるか分からない。

平子とは季平子で、すなわち季孫意如。孔子より一世代上の季孫家当主で、魯の昭公に粛清されかけたが、返り討って斉へ追い出した(『左伝』昭公二十五年)。次期当主が季桓子=季孫斯で、孔子と同世代で時に協力し、時に孔子の追い出しを陰で企んだとされる。その次の当主が季康子=季孫肥で、孔子を呼び戻し、その後冷や飯を食らわせた。

以上『春秋世族譜』が正しいとするなら、季子然とは孔子と同世代で、季孫家の重鎮の一人。これ以外にも『論語集釋』には儒者の御託がわんさか書いてあるのだが、九分九厘が後世のゴマスリで、記すに値しない。

大臣

論語 大 金文 論語 臣 金文
(金文)

論語時代は閣僚をそう呼ぶ習慣はないので、論語の本章では”大いなる家臣”・”有能な家臣”。

曾(曽)→增(増)

論語 曽 金文 論語 曽
(金文)

論語の本章では、「すなわち」と読んで”なんとまあ”という感嘆の意を表す。「曽」を「すなわち」と読み下す場合は、詠嘆・反語・疑問の意となる。定州竹簡論語による校訂後の「增」は、”かさねる”。二人揃って、ということ、詳細は論語語釈「曽」論語語釈「増」を参照。

吾以子爲異之問、增由與求之問

ここでの「之」は、「~をこれ…す」と読み、「~を…する」と訳す。倒置・強調の意を示す。詳細は論語語釈「之」を参照。

論語 道 金文 論語 道
(金文)

論語の本章では”方法・やり方”。何事にも正しい方法があって、その場限りの小細工を孔子は勧めなかった。「道」の詳細な語釈は、論語語釈「道」を参照。

具臣

論語 具 金文 論語 臣 金文
(金文)

論語の本章では”備品のように備わった家臣”。”員数そろえの家臣”と古来解する。

『学研漢和大字典』によると「具」は会意文字で、上部は鼎(カナエ)の形、下部に両手を添えて、食物を鼎にそろえてさし出すさまを示す。そろえる、ひとそろい、そろえた用具などの意を含む、という。詳細は論語語釈「具」論語語釈「臣」を参照。

然則從之者與

ここでの「之」は直前が動詞であることを示す記号で、意味内容を持たない。詳細は論語語釈「之」を参照。

亦不→弗

論語 亦 金文 論語 不 金文
(金文)

論語の本章では”必ず~ない”。「亦」は「また」ではなく「おおいに」。詳細は論語語釈「亦」論語語釈「弗」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章の史実性は、上掲の検証からは疑いないと言ってよい。ただし「殺す」うんぬんの発言は、季氏が魯国公・昭公を追放したことを踏まえており、後世の創作である可能性も捨てきれない。

後世の三桓=魯国門閥三家老家悪党伝説とは裏腹に、孔子一門と三桓との関係は決して悪くなく、孔子も弟子の子路・冉有も、季孫家に仕えていたことがある。

BC 魯昭公 孔子 魯国
517 25 35 内乱を避けて斉の高昭子のもとへ避難 闘鶏が原因で家老同士が私闘、乗じた昭公は季氏を討伐するが、返り討たれて斉に逃亡。
501 定公9 51 中都の宰=代官に任じられる  
500 10 52 司空=治水頭、次いで大司コウ=奉行職に昇進、家老格となる。斉との外交折衝を担任、定公を救出し占領地を取り戻す 定公、斉の景公と会談し、捕らわれかける

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 所謂大臣者、以道事君、不可則止。(『論語』先進) 〔謂わるる所の大臣者は、道を以いて君に事え、可なら不らば則ち止む。〕 […]