論語詳解271先進篇第十一(18)回やそれちかきか

論語先進篇(18)要約:辛口の人物評論家だった孔子先生も、顔回はべた褒めです。対して子貢には言いたいことがいくらでもあったはずですが、どこか口ごもるような評論。お金の工面を子貢に頼っていたことは、ほぼ間違いありません。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「回也其庶乎、屢空。賜不受命而貨殖焉。億*則屢中。」

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 回 金文也 金文論語 其 金文論語 庶 金文論語 乎 金文 論語 屢 金文大篆 婁 金文論語 賜 金文論語 不 金文論語 受 金文論語 命 金文而 金文貨殖焉 億論語 則 金文婁 金文論語 中 金文

※屢→婁。論語の本章は上記の赤字が論語の時代に存在しない。本章は漢代の儒者による捏造である。

校訂

武内本:清家本により、億を憶に作る。唐石経、億に作り、漢書引意に作る。億憶意同義。

書き下し

いはく、くわいちか屢〻しばしばむなし。めいけずし貨殖くわしよくおもんばかればすなは屢〻しばしばあたる。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 ぼんやり 論語 顔回
先生が言った。「顔回は近いが、いつも空っぽだ。子貢は命じないのに金を儲け、予想はいつも当たる。」

意訳

顔回はまあ完全に近い男だが、いつも貧乏している。

論語 子貢 大当たり
子貢は頼みもしないのに金を儲け、バクチを張ればいつも当たる。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「囘の境地は先ず理想に近いだろう。財布が空になることはしばしばだが、いつも天命に安んじ、道を楽しんでいる。賜はまだ天命に安んじないで、財を作るのにかなり骨を折っているようだ。しかし、判断は正しいし、考えさえすれば、道にはずれるようなことはめったにないだろう。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「顏回的學問不錯了吧?可他卻受窮。子貢不相信命運,卻能經商緻富,對市場行情判斷準確。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「顔回の学問は悪くないよな? だが彼は貧乏を押し付けられている。子貢は運命を信じず、かえって商売で大儲けをした。市況判断が正確だ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

回也其庶乎

論語 庶 金文 論語 庶
「庶」(金文)

論語の本章では、”完全に近い・ほぼ完璧”。

何に”近い”のか古来議論があるが、前章からの続きと考えて、あれこれ癖が強かったりマヌケだったりする弟子と比べ、「完全」に近い、と訳者も解した。しかし顔回が論語時代で唯一仁者だと孔子が評したことから、”仁者に近い”と解することも出来る。

しかし論語雍也篇7で「回はその心が三ヶ月で仁に違わなかった。そのほかは、一日または一ヶ月で至った。」と言っている事から、仁だけではなくそれ以外も、と解するのが適切だろうか。

『学研漢和大字典』によると「庶」は会意文字で、この字の下部は動物の頭(廿印)のあぶらを燃やすさまで、光の字の古文。庶はそれに广(いえ)を添えたもので、家の中で火を集め燃やすこと。

さらにまた、諸(これ)と同様に、近称の指示詞にあて「これこそは」と強く指示して、「ぜひこれだけは」の意をあらわす副詞に転用された。

煮(にる)・暑(あつい)と同系のことば。また、集める意を含み、摭(セキ)(集める)・諸(もろもろ)とともに、多くの物が集まった意に用いられる。貯(チョ)(多く集めてたくわえる)と同系のことば、という。

屢(ル)

論語の本章では”しばしば”。この文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。ただし部品の婁(ロウ)に”しばしば”の意があり、論語時代以前の金文が確認できる。

賜不受命

論語 命 金文論語 命
「命」(金文)

論語の本章では、”子貢は命じもしないのに”。

「命」と聞けば条件反射のように”天命”と解釈するのはどうかと思う。孔子が命じないのに、ということと解した。新古の注でも”天命”と解しているが、諸家の説を集めた古注が異説をさまざま挙げるのに対して、朱子は”天命”と断定している。

論語 朱子 新注
命,謂天命(命は天命を謂う)。(『論語集注』)

論語子罕篇1にあるように、孔子はめったに天命を言わない人だった。ただし武内義雄『論語之研究』によると、子罕篇は成立が新しいと言うし、また孔子が必ずしも全く天命を言わなかったわけではないだろうが、あえて天命と解する必要もまた無いのではないだろうか。

また下の「貨殖焉」と合わせ考えれば、”言わなくても金を稼いでくる頼もしい弟子だ”と孔子が言った可能性もある。

貨殖焉

論語 貨 金文大篆 論語 殖 金文大篆
(金文)

論語の本章では”金儲け”と訳したが、論語当時は貨幣のまだ広まる前で、貨幣はあるにはあったが、穀物や宝飾品などが貨幣の代わりだった。しかし意訳でそこまで原文に忠実にする必要は無いと判断した。断定の「焉」が句末にあることから、”金儲けをしてしまっている”。詳細は論語語釈「焉」を参照。

「貨」の初出は楚・秦の戦国文字で、論語の時代に存在しない。「殖」の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。

『学研漢和大字典』によると「貨」は会意兼形声文字で、「貝+(音符)化」。化(姿をかえる)・花(うつろいやすいはな)と同系のことば、という。

「殖」は会意兼形声文字で、直は、目をまっすぐに向けるさま。植(木をまっすぐたててうえる)と同系。殖は「歹(ほね)+(音符)直」で、植物をうえてふやすように、子孫をふやすこと、という。

億則屢中

論語 億 金文 論語 屢 金文大篆
「億」(年代不明金文)「屢」(金文大篆)

論語の本章では、”バクチを張るとよく当てる”。

「億」は「憶測」の「憶」に同じ。しかし共に甲骨文や年代の確定した金文に見られず、論語の時代に存在したとは言いがたい。

論語時代の漢文では、音が通じれば意味が同じになる例が非常に多い。つまり”推量する”こと。「屢」は「しばしば」と読み下すが、”時々”の意と”常に”の意がある。ここでは間に「則」=AならばとりもなおさずB、が入っていることから、”いつも”。

『学研漢和大字典』によると「億」は会意兼形声文字で、意は「音(口をつぐむ)+心」の会意文字。黙って心で考えるの意を示す。憶の原字。意や憶は、考えて胸がいっぱいにつまるの意を含み、抑(おさえる、いっぱいにおしこむ)と同系のことば。

億は「人+(音符)意」で、胸いっぱいに考えうるだけ考えた大きな数のこと。▽かつては、実在の物としては存しない想像上の数であった、という。

「屢」は会意兼形声。婁(ル)は「母+中+女」の会意文字で、女性をとらえてじゅずつなぎにすることを示す。屢は「尸(ひと)+(音符)婁」で、連なっておこること、という。

論語:解説・付記

以下は脳天気にも、論語の本章が史実だとして書いたあれこれである。

論語 子貢
論語の本章に示されているように、子貢は一門きってのアキンドだった。だからといって即、子貢が孔子の政治資金を調達していたとは言えないが、他の弟子伝のどれを見ても貧乏の話はあっても儲かった話はない。政治とは金がかかるものだから、子貢こそ調達役にふさわしい。

古注では論語の本章を、前章とまとめて扱っている。文意から見てその通りと訳者も思うが、このサイトでは章立てを朱子のそれに統一しているので、ここでは分割した。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)