論語詳解289顔淵篇第十二(11)斉の景公政を°

論語顔淵篇(11)要約:まだ若き日の孔子先生。すでに名高くなっていて、東方の大国・斉の殿様が、外遊ついでに政治を問います。君主は君主らしく、臣下は臣下らしく、と簡潔に答えた先生に、殿様は大いに満足したのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

齊景公問政於孔子。孔子對曰、「君君、臣臣、父父、子子。」公曰、「善哉。信如君不君、臣不臣、父不父、子不子、雖有粟、吾*得而食諸。」

校訂

武内本

清家本により、吾の下に豈の字を補う。

復元白文(論語時代での表記)

斉 金文京 金文公 金文問 金文政 金文於 金文孔 金文子 金文 孔 金文子 金文対 金文曰 金文 君 金文君 金文  臣 金文 臣 金文 父 金文父 金文 子 金文子 金文 公 金文曰 金文 善 金文哉 金文如 金文君 金文不 金文君 金文  臣 金文不 金文 臣 金文 父 金文不 金文父 金文 子 金文不 金文子 金文 雖 金文有 金文米 甲骨文 吾 金文得 金文而 金文食 金文者 金文

※景→京・粟→米(甲骨文)。

書き下し

せい景公けいこうまつりごと孔子こうしふ。孔子こうしこたへていはく、きみきみたり、しんしんたり、ちちちちたり、たり。こういはく、かなまこときみきみたらず、しんしんたらず、ちちちちたらず、たらずんば、ぞくありといへども、われこれくらはむや。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 斉景公 孔子 青年
斉の景公が政治を孔子に問うた。孔子が答えて言った。「君は君らしく、臣は臣らしく、父は父らしく、子は子らしくなさるよう。」景公が言った。「よろしい。まことに、君が君らしくなく、臣が臣らしくなく、父が父らしくなく、子が子らしくなければ、私に穀物があると言っても、それを取って食べるだろうか。」

意訳

景公「政治とは何じゃな。」
若き日の孔子「君臣父子、各自が自分の務めを果たすことです。」
景公「ほほ、その通りじゃ。そうでなければわしは、国君の身にありながら飯もおちおち食えぬわい。」

従来訳

論語 下村湖人

斉の景公が先師に政治について問われた。先師はこたえていわれた。――
「君は君として、臣は臣として、父は父として、子は子として、それぞれの道をつくす、それだけのことでございます。」
景公いわれた。――
「善い言葉だ。なるほど君が君らしくなく、臣が臣らしくなく、父が父らしくなく、子が子らしくないとすれば、財政がどんなにゆたかであっても、自分は安んじて食うことは出来ないだろう。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

齊景公問政。孔子說:「君象君、臣象臣、父象父、子象子。」齊景公說:「說得好極了!如果君不象君、臣不象臣、父不象父、子不象子,即使糧食再多,我能吃到嗎?」

中国哲学書電子化計画

斉の景公が政治を問うた。孔子が言った。「君主は君主らしく、臣下は臣下らしく、父は父らしく、子は子らしい(のが肝要です)。」斉の景公が言った。「よくぞ言った。もし君主は君主らしく、臣下は臣下らしく、父は父らしく、子は子らしくなかったら、もし食料が大量にあっても、私は食べられるだろうか?」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

景公

論語 景 金文
「景」(金文大篆)

?-BC490。BC547年即位。姓はキョウ、名はショキュウ。孔子と同時代の斉の君主で、論語にも名が見えるほど、孔子との縁が深かった。母親は魯国門閥三家老家の一家、叔孫氏の娘。名宰相の晏嬰アンエイを登用して国政を安定させた。おそらく孔子より一世代、15~20年ほどは年長と思われる。一度は孔子を登用しようとしたが、晏嬰の反対により取りやめている。

「景」の字の初出は前漢の隷書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はlki̯ăŋ(上)。同音は京(平)のみ。”大きい・さかん・めでたい”の語義の時のみ、「京」が論語時代の置換候補となる。詳細は論語語釈「景」を参照。

論語 政 金文
(金文)

論語の本章では”政治”。

『学研漢和大字典』によると、正とは、止(あし)が目標線の━印に向けてまっすぐ進むさまを示す会意文字。征(セイ)(まっすぐ進む)の原字。政は「攴(動詞の記号)+(音符)正」の会意兼形声文字でで、もと、まっすぐに整えること。のち、社会を整えるすべての仕事のこと。正・整(セイ)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「政」を参照。

『定州竹簡論語』で「正」と書くが、すでにあった「政」の字を避けた理由は、おそらく秦帝国時代に、始皇帝のいみ名「政」を避けた名残。加えて”政治は正しくあるべきだ”という儒者の偽善も加わっているだろう。詳細は論語語釈「正」を参照。

この時孔子はまだ30歳の若造であり、下級役人か仕官前の庶民で、景公との身分差は歴然としていた。年齢も景公の方が一世代は上。その孔子に、景公が具体的な政治の方策を問うたとは思えず、漠然と「政治とは何か」を問うてやった﹅﹅﹅、に違いない。

一説によるとこの時景公は魯国を訪問中だったが、かたや孔子は無位無冠、景公と対談できることがすでに奇跡に近い幸運。想像するに、孔子を保護下に置いていた門閥家老家の孟孫氏の当主・孟子が、宴席の雑談で”見どころのある若者がいます”と言って、景公に紹介したのではないか。

飛行機は離陸時に最もエンジンを吹かす。孔子の離陸には、既存の門閥の支援があったと考えたい。

論語 君 金文
(金文)

論語の本章では”君主・君主らしいこと”。詳細は論語語釈「君」を参照。

以下、「臣・父・子」も、それそのものと”らしいこと”の意味をかけて使っている。

粟(ゾク)

漢文 粟 金文大篆 論語 アワ 粟
(金文大篆)

論語の本章では”税収”。個別の語義としては”アワ”だが、税収や俸給を指す場合がある。論語の時代の華北では、主作物はアワだった。初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はsi̯ukで、同音は存在しない。部品の米の字には”穀物”の意があり、甲骨文より存在する。詳細は論語語釈「粟」を参照。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「西(ばらばらになる)+米」。小さくて、ぱらぱらした穀物をあらわす。縮(小さくちぢむ)と同系。

既存の論語本では宮崎本を参照すると、論語の当時、人一人につきアワ一日分は1.28リットルで、おそらく食費以外の生活費も含めた量。2018年の日本の平均年収は約420万円だから、アワ1リットルは約1万円の価値に換算できる。ずいぶん高価では無かろうか。

論語 諸 金文
(金文)

論語の本章では”これ”。「之於」(シヲ)に音が通じた用例。詳細は論語語釈「諸」を参照。

雖有粟、吾得而食諸

論語の本章では、”穀物があっても、食べる事ができるだろうか”。

「吾食諸」ではなく「得而(得て)」が入っている。論語では「得+名詞の類」、つまり後ろに目的語を持つ動詞「得」のほかに助動詞として「得+動詞の類」も見られる。

  1. 吾未嘗不得見也(論語八佾篇24’)
  2. 不得與於斯文也(論語子罕篇5′)
  3. 予不得視猶子也(論語先進篇10*)

だが後者の用法では、修飾する動詞との間に「而」を入れる例の方が多い。

  1. 可得而聞也(論語公冶長篇12*)
  2. 不得而見之(論語述而篇25*)
  3. 民無得而稱焉(論語泰伯編1’)
  4. 吾得而食諸(本章)
  5. 無得而踰焉(論語子張篇23)

論語子張篇の真偽判定を終えるまではなんとも言えないが、時代によって文法に何らかの変化があったか、平叙文と否定文で一定の規則があったことを想像できる。

論語:解説・付記

全く同じ話が『史記』孔子世家に載っている。つまり論語の本章は、前漢武帝期にはすでに成立していたことになる。それが定州竹簡論語に無いのは、墓泥棒が焼いてしまったか、考古学研究所に暴れ込んだ紅衛兵が粉みじんに壊してしまったか、のいずれかになる。

『史記』孔子世家ではBC517、孔子35歳で斉に一時逃亡していたときの話とするが、一説には『史記』斉世家にある、「〔景公〕二十六年(BC522)、(景公が)魯の近郊で狩りをし、ついでに魯に入り、晏嬰と共に魯の礼法を学んだ」時という(孔子30歳)。

『論語集釋』に記された儒者等のウンチクでは、当時斉国は陳国出身の権臣・陳氏(=田氏)に乗っ取られかけており、それを国公の景公も宰相の晏嬰も知りながら、どうすることも出来なかった。孔子はそれを見て取って、あるいはよく知らずに上記のようなことを言い、景公に感心された、としている。その斉国の様子を、『左伝』は以下のように伝える。

(孔子滞在中のBC516、)景公と晏嬰が国公宮の正殿で対座していた。景公がため息混じりに言った。

「あーあ。立派な宮殿じゃが、いったい誰の手に渡ってしまうのじゃろうか。」

晏嬰「お気を確かに。何を仰りたいのですか。」

景公「多分徳(=物理的力)のある奴が持って行ってしまうんじゃろうなー。」

晏嬰「はぐらかさないで下さい。陳氏(=田氏)のことでしょう。陳氏にものすごい徳があるわけではありませんが、着々と民に恩を売っています。我が斉の枡目は、豆(4升)・区(4豆)・釜(4区)・鐘(10釜)の順と決まっています。ところが行政を牛耳る陳氏は、納税の際には底上げした枡で取り、配給の際にはふちを足した枡で配っています。つまり税収でバラマキをやっているのですが、足りないからと言って殿は、改めて重く取り立ているではありませんか。そんな恨みの中で陳氏が厚くばらまけば、民の信望が陳氏に集まるのは当たり前です。詩に言うではありませんか。

何もお返しできませんが、
せめて歌を歌って舞いましょう。(小雅・車舝)

陳氏がバラマキをするたびに、民は歌い舞い踊っておりますぞ。殿のご子孫が政治を少しでも怠り、その時陳氏がまだ滅んでなければ、斉国は陳氏の国になるでしょうな。」

景公「言う通りじゃなあ。じゃが何とかワシの子孫が生き残る道は無いか。」

晏嬰「ただ礼の定めだけが、この動きを押しとどめられます。礼の定めが生きている間は、勝手に施しをしようと、国とは関係がありません。農民は夜明けから耕作にいそしみ、職人は手職を変えようとはせず、商人も商売替えしようとせず。役人は無茶な行政をせず、家老が殿より威張り返ることも無く、おおやけの税収を勝手に使うことは出来ません。」

景公「その通りじゃな。じゃが、ワシは今まで礼をないがしろにしてきた。今になってやっと、礼で国が治まると知ったぞ。」

晏嬰「礼で国が治まるのは、天地の始めからの道理です。俸禄を払う君主が命じ、貰う臣下が従う。父が可愛がり、子が孝行する。兄が愛し、弟が敬う。夫が気を遣い、妻が従う。姑が可愛がり、嫁が従う。お互い様の当たり前の関係が、礼なのです。だから殿が公約を反故にしなければ、役人は従いウソをつきません。見習って世の父親も子を可愛がって仕事を教え、子は孝行して行いに気を付けます。兄が弟を愛して助けになってやれば、弟は敬って従います。夫が妻に気を遣い言っている事に無理が無ければ、妻は穏やかになって言動を正しくします。姑が嫁を可愛がって言うことを聞けば、嫁も姑の願いを聞きいれて穏やかになります。これが礼の持つ、よき効果です。」

景公「その通りじゃな。今やっと、ワシは礼に使い道があるのを聞いた。」

晏嬰「これはいにしえの聖王が天から受けた教えです。それに従って民を治めたのです。だから礼を、最も尊いものとして従ったのです。」(『春秋左氏伝』昭公二十六年)

孔子の教説と、晏嬰の認識や左伝筆者の理解が必ずしも一致はしていないだろうが、ここから「礼」とはただの礼儀作法ではなく、この世の道理とか、原則といった何か、と感じられる。自然法、と呼ぶのが最も近いだろうか。ならば孔子の大げさな「礼」を晏嬰が嫌ったのは、当然と言える。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)