論語詳解272先進篇第十一(19)子張善人の道を°

論語先進篇(19)要約:何事もやり過ぎる弟子の子張は、もっと有能になりたいと願います。しかし彼の向き不向きを見抜いている孔子先生は、なりたいならお手本の人の、足跡をそっくり踏むようでないとダメだぞ、と教えるのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子張問善人之道。子曰、「不踐跡、亦不入於室。」

校訂

定州竹簡論語

張問善人之道。子[曰:「不淺a跡,亦不入於室。」子]曰:「284

  1. 淺、今本作”踐”。淺借為踐。

→子張問善人之道。子曰、「不淺跡、亦不入於室。」

復元白文

子 金文張 金文大篆問 金文善 金文人 金文之 金文道 金文 子 金文曰 金文 不 金文浅 金文𨒪 金文 亦 金文不 金文入 金文於 金文室 金文

※張→(金文大篆)。

書き下し

子張しちやう善人ぜんにんみちふ。いはく、あとまざらば、おほいしつらずと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子張 孔子
子張が有能な人のなり方を問うた。先生が言った。「その足取りをそのまま踏まないと、全くその内奥には入れない。」

意訳

論語 子張 論語 孔子 居直り
子張「どうやったらデキる人になれるでしょう。」
孔子「すぐ文句を言うお前には難しいぞ。デキる人の一歩一歩、その通りやらなくちゃいけない。」

従来訳

論語 下村湖人

子張がたずねた。――
「天性善良な人は、べつに学問などしなくても、自然に道に合するようになる、というようにも考えられますが、いかがでしょう。」
 先師がこたえられた。――
「どうなり危険のない道を進むことは出来るかも知れない。しかし、せっかく先人に開拓してもらったすばらしい道があるのに、その道を歩かないというのは惜しいことだ。それに、第一、そんな自己流では、所詮、道の奥義をつかむことは出来ないだろう。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子張問做善人的方法。孔子說:「不踏著前人的腳印走,學問也就難以精通。」

中国哲学書電子化計画

子張がよい人になる方法を聞いた。孔子が言った。「前の人の足跡を踏まないで歩くと、学問も精通するのは難しい。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

。」 、「 () 。」


善人

論語 善 金文 論語 人 金文
(金文)

論語では”有能な人”を意味し、従来訳のように「ぜんにん」=いい人、と考えるのは誤り。そのように解釈するのは、朱子の受け売り。

論語 朱子 新注
善人,質美而未學者也(善人は、たちの美しく未だ学ばざる者也)。
善人とは、性格がよいが、まだ学んでいない人をいう。(『論語集注』)

朱子がこのように、他者をマヌケに描きたがるのは、頭がアレな人だからで、現代の論語読者として生暖かい目で見るにしても、何事も出しゃばりな子張(論語先進篇15)が、「未だ学ばざる者」になりたがるかどうか、論語集注を読むに当たって注意した方がいいと思う。

詳細は論語語釈「善」を参照。

踐(践)跡→淺跡

論語 践 金文大篆 論語 跡 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では、”先人の行った通りに行う”。

「踐」は”踏む”。「跡」は”足跡”。足踏みゲームのように、先立つ「善人」の足跡をその通り踏まないと、「善人」にはなれないと孔子は言うのである。

「踐」は論語では本章のみに登場。初出は戦国末期の金文。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdzʰi̯an(上)。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「足+(音符)戔(セン)(小さい)」で小きざみに歩くこと。また、前もってきまっている位置に足をのせ、両足をそろえること。そろえるの意を含む。剪(セン)(切りそろえる)・前(足をそろえて進む)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「践」を参照。

「淺」の初出は春秋末期の金文。戔の字と書き分けられていない。カールグレン上古音はtsʰi̯an(上)→ツィアン。「踐」dzʰi̯an(上)→ヅィアンと音通すると考えていいだろう。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声。戔(セン)は、戈(ほこ)二つからなり、戈(刃物)で切って小さくすることを示す。柿(セン)(小さくけずる)の原字で、小さく少ない意を含む。淺は「水+(音符)戔」で、水が少ないこと、という。詳細は論語語釈「浅」を参照。

「跡」は論語では本章のみに登場。初出は不明。論語の時代に確認できない。カールグレン上古音はtsi̯ăk(入)。異体字「蹟」「𨒪」「迹」の初出は西周末期の金文

『学研漢和大字典』によると会意文字で、亦は、胸幅の間をおいて、両わきにあるわきの下を示す指事文字。腋(エキ)の原字。跡は「足+亦」で、○‐○‐○と間隔をおいて同じ形の続く足あと。類義語の痕(コン)は、根を残す傷あと。蹤(ショウ)は、縦に細長く続く足あと。址(シ)は建造物の土台が残ったもの、という。詳細は論語語釈「跡」を参照。

亦不

論語 亦 金文 論語 不 金文
(金文)

論語の本章では、”大いに~出来ない”=全く~出来ない。一つ覚えのように全ての「亦」を「また」と読むのは、現代ではもはや不具合と言うべきと思う。詳細は論語語釈「亦」を参照。

入於室

論語 入 金文 論語 於 金文 論語 室 金文
(金文)

論語の本章では、”先人のわざの奥義に入る”。中国家屋の最も奥は寝室であり、そこが「道」のゴール。外から門を入って階段を上って表座敷を通って居間を通っていかないと、寝室には入れない。詳細は論語語釈「室」を参照。

論語 中国家屋

『学研漢和大字典』によると「入」は指事文字で、↑型に中へつきこんでいくことを示す。また、入り口を描いた象形と考えてもよい。内の字に音符として含まれる。

甲骨 金文 篆書 楷書
論語 入  論語 入 論語 入 論語 入 論語 入

▽捉音語尾のpがtに転じたばあいはニッと読む。入と納は同系のことばだが、のち、入はおもに「はいる」意に、納は「いれる→おさめる」意に分用された。類義語の容は、器物の中にいれること、という。詳細は論語語釈「入」を参照。

論語:解説・付記

論語 子張
論語為政篇18では出世マニュアルをせっせと読み、論語の本章では有能人を望むように、子張は向上心が旺盛だったと思われる。それはあるいはウスノロと評された曽子も同じだったかも知れないが、曽子は子張を「共に仁を実践するのは難しい」(論語子張篇16)と言った。

戦国時代の後半を生きた儒者・ジュン子は、子張の派閥をこう評している。

論語 荀子
冠を縮こまらせて猫なで声で話し、大げさな歩き方や小走りをして人の機嫌を取る、これが子張氏のくされ儒者どもだ。(『荀子』非十二子篇)

勢いのよかった子張とはまるで違う。一体何があったんだろうか。

なお上記した新注儒者の頭がアレなことについて、日本では今なお新注を担ぎ回っているバカ者が学界のボスだったりするが、本家中国ではとうの昔におかしいと言われていた。清末から民国を生きた程樹德は、『論語集釋』の前文でこう書いている。

研究《論語》之法,漢儒與宋儒不同。漢儒所重者,名物之訓詁,文字之異同。宋儒則否,一以大義微言為主。惜程朱一派好排斥異己,且專宣傳孔氏所不言之理學,故所得殊希。陸王派雖無此病,然援儒入墨,其末流入於狂禪,亦非正軌。

論語を研究した方法は、漢代の儒者と宋代の儒者では異なっている。漢儒が重んじたのは、名前と物との正しい対応や、版本により違っている文字の、どれが正しいか求めることだった。宋儒はそうで無い。ひたすらに、些細な言葉から大げさな意義を引き出すことに熱心だった。残念ながら、朱子と程兄弟の一派は、他派閥を叩き潰すのを好み、孔子が言いもしなかったデタラメ、理学ばかりまき散らした。だから論語を理解するのに、ほとんど役に立たない。陸象山と王陽明にはこういう病気はないが、尻馬に乗った儒者たちが勝手な書き込みをし、はては𠮷外坊主のような事を言い出し、常軌を逸した。

そして論語学而篇5「千乗の国を」の新注について、こう書いている。

宋儒中如伊川之迂腐,龜山之庸懦,當時皆負有盛名,則以朱子標榜之力為多,讀《集注》者當分別觀之。

宋儒の中でも、程頤は回りくどいことばかり言う腐れ儒者で、楊時は馬鹿で頭が悪い。こいつらが当時有名人になれたのは、朱子が大いに宣伝してくれたおかげだ。新注を読む者は、このことに十分気を付けなければならない。

「中国哲学書電子化計画」の解釈は、ほぼ新注のコピペだが、日本と同様、論語をまじめに読もうとする人は至って少なく、デタラメがまともと信じられている節がある。だから「論語は暇つぶしに留めておけ」という訳者の確信は、一層深まったように感じる。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)