論語詳解262先進篇第十一(9)子、これを哭して°

論語先進篇(9)要約:顔回に死なれた孔子先生は、思わず身震いして嘆きました。それは礼法にそむく行為で、生きた礼法の模範であった先生にとっては、してはならないことでした。しかしもはや構わないと、先生は嘆き続けるのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

顏淵死、子哭之慟。從者曰、「子慟矣。」*曰、「有慟乎。非夫人之爲慟而誰爲*。」

校訂

武内本

清家本により、文末に慟の字を補う。曰の前に、子の字を補う。

定州竹簡論語

[顏淵死,子哭之動a。從者曰:「子動矣!」曰b]:269……

  1. 動、今本作”慟”。動借為慟。
  2. 皇本、”曰”上有”子”字。

→顏淵死、子哭之動。從者曰、「子動矣。」曰、「有慟乎。非夫人之爲慟而誰爲。」

復元白文

論語 顔 金文論語 淵 金文論語 死 金文 論語 子 金文論語 哭 金文之 金文論語 動 金文論語 従 金文論語 者 金文論語 曰 金文論語 子 金文論語 動 金文已 金文論語 曰 金文論語 有 金文論語 動 金文論語 乎 金文論語 非 金文論語 夫 金文論語 人 金文之 金文論語 為 金文論語 動 金文而 金文誰 金文論語 為 金文

※慟→動・矣→已。

書き下し

顏淵がんえんす。これきてわななく。從者じうしやいはく、わなないはく、わなならむひとためわななくにあらずしたれためにせむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 顔回 論語 孔子 慟哭
顔淵が死んだ。先生はそれを泣き、わなわなと震えた。そばの者が言った。「先生は震えています。」先生がが言った。「震えるようなことをしたか。この人のために震えないなら、誰のために震えるのか。」

意訳

顔回が死んだ。先生は泣き、悲しみのあまりわなわなと震えた。
弟子「先生。礼法にそむきます。」
孔子「顔回が死んだんだぞ。礼法など知ったことか。」

従来訳

論語 下村湖人

顔渕が死んだ。先師はその霊前で声をあげて泣かれ、ほとんど取りみだされたほどの悲しみようであった。お供の門人が、あとで先師にいった。――
「先生も今日はお取りみだしのようでしたね。」
 先師がこたえられた。――
「そうか。取りみだしていたかね。だが、あの人のためになげかないで、誰のためになげこう。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

顏淵死,孔子痛哭。身邊的人說:「您不要過於悲痛了!」孔子說:「過於悲痛了嗎?不為他悲痛為誰悲痛?」

中国哲学書電子化計画

顔淵が死んで孔子がひどく泣いた。近くの者が言った。「先生あまりお嘆きになりますな。」孔子が言った。「悲しみすぎか? 彼のために悲しまないで、誰のために悲しむのだ?」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


()。 、「 () 。」、「 。」

哭(コク)之慟

論語 哭 金文 論語 慟 金文大篆
「哭」(年代不明金文)・「慟」(金文大篆)

論語の本章では”泣いてわななくこと”。「哭」の初出は甲骨文。

「慟」は論語では本章のみに登場。初出は後漢の『説文解字』であり、論語の時代に存在しないが、部品の「動」が「慟に通ず」と『大漢和辞典』は言う。

「哭」は人の死を悼んで声を上げて泣くこと。礼法の定めでは、死者とどのような関係であれ、「哭」はとがめられず、逆にそうすべきと孔子はした。一方「慟」はわなわなと震えることで、目上ならともかく、目下である弟子の死には行き過ぎと孔子はしていたのだろう。

孔子は無自覚に、わなわなと震えたのである。

ただし、論語の時代は礼法の解釈にも多様性があり、のちに儒教が絶対的な権威を持ってから、死者との関係でどう悲しみを表すかについて、細かな規定が出来た。従って従者が必ずしも礼法破りをとがめたとは言えない。ただ孔子も従者も、行き過ぎとは思っただろう。

『学研漢和大字典』によると「慟」は会意兼形声文字で、動は、上下に突きぬけるようにうごかすこと。慟は「心+(音符)動」で、からだを上下に動かして悲しむこと。痛(トウ)(上下に突きぬけるほど心を痛める)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「哭」論語語釈「慟」を参照。

非夫人之爲(為)慟而誰爲(為)

論語 夫 金文 論語 人 金文
「夫」「人」(金文)

論語の本章では、”あの人の為にしないなら、誰のために泣いてわななくのか”。

「夫人」は”の人”=”あの人”で、漢文では敬語の一種として扱われる。人を名指ししないことは敬意を示すことであり、従って本名は目上しか呼ぶことが出来ず、呼び名としてのあざ名が通用した。「夫人」もそれの一種で、人の魂が持つ超自然的な力へのおそれを示す。論語語釈「夫」も参照。

「人」は象形文字で、人のたった姿を描いたもの。もと身近な同族や隣人仲間を意味した。二(ニ)・(ジ)(二つくっついて並ぶ)・爾(ニ)・(ジ)(そばにくっついている相手、なんじ)・尼(ニ)(相並び親しむ人)・仁と同系のことば、という。詳細は論語語釈「人」を参照。

論語 非 金文 論語 誰 金文
「非」「誰」(金文)

「非」は象形文字で、羽が左と右とにそむいたさまを描いたもの。左右に払いのけるという拒否の意味をあらわす。扉(ヒ)(左右にわかれて開くとびら)・排(ハイ)(左右におしのける)などと同系のことば。類義語の不は、あとの動詞や形容詞を否定して「不行(行かない)」「不良(よくない)」のように用いる。弗(…せず)・拂(=払。はらいのける)は、非の語尾がtに転じたことば、という。詳細は論語語釈「非」を参照。

「誰」は形声文字で、「言+(音符)隹(スイ)」。惟(イ)・維(イ)は、「これ」の意をあらわす指示詞に用い、その変形した誰は、だれの意をあらわす疑問詞にして用いる。言語の助詞なので、言べんを加えた。現代中国語で、那(ナ)(それ)の変形を哪(ナ)(どれ)という疑問詞に用いるのと似ている、という。詳細は論語語釈「誰」を参照。

論語:解説・付記

すでに顔回ばなしが何度か続いているからには、論語の本章について語りうることは少ないが、本章独自の特徴として、顔回を「夫人」と敬称していることを指摘できる。孔子が夫人と呼んだのは、他に閔子騫(論語先進篇13)と子羔の親(論語先進篇24)のみである。

ここを重大に捉えると、孔子にとって顔回は、遠慮せねばならぬほどの存在だった、ということになるが、それならば他の章で、「回」と呼び捨てにしているのをどう説明するのか、という問題が生じる。論語にすでに出てきた、それらの章を検討しよう。

これだけでは何かを断じるわけにはいかないが、随分と怪しい、とは言えそうだ。

ところで前回チラと語った、顔回が孔門情報部の司令塔だったのでは、という仮定だが、仮定ながらも僅かな論拠はある。孔子の母を顔徴在といい、職業は流浪の巫女の一人、孔子が放浪で最も頼ったのが任侠道の大親分。顔濁鄒だった。どちらも多国籍企業の走りである。

詳細は孔子の生涯(1)で述べたが、孔子は当時の国際裏ネットワークに乗ったから、放浪も出来たし政治工作も出来た。それを担ったのが揃って顔氏を名乗る一員で、顔回もそれに数えられる。三人とも同族と考えた方が、無名の孔子に入門したり、亡命の世話を焼いた理屈に合う。

母親の縁故である、諸国放浪の巫女集団。顔濁鄒親分と、その手下の山賊たち。どちらも情報収集や工作にはうってつけであると同時に、容易に他人が入っていけない秘密結社の性格を併せ持つ。ただし例外はあり得て、それは同族だった場合だろう。

すると顔回が孔門情報部のトップだったとする仮定にも、それなりに理屈が付くのである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)