論語詳解119公冶長篇第五(27)十室の邑、必ず*

論語公冶長篇(27)要約:ワシほどの学問好きはおらん。どうだ偉いだろう、と解されてきた一節。自分を誇るのは自信の無い者のすることで、儒者や漢学教授なら言いそうですが、孔子先生には無縁の行動です。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「十室之邑、必有忠信如丘者焉、不如丘之好學*也*。」

校訂

武内本

清家本により、學の下に者の字を補う。文末に已の字を補う。

定州竹簡論語

……曰:「十室之邑,必有忠[信]107……


→子曰、「十室之邑、必有忠信如丘者焉、不如丘之好學也。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 十 金文室 金文之 金文邑 金文 必 金文有 金文信 金文如 金文丘 金文者 金文 不 金文如 金文丘 金文之 金文好 金文学 學 金文也 金文

※論語の本章は、「忠」「焉」が論語の時代に存在しない。「之」「必」「信」「如」「也」の用法に疑問がある。本章は戦国時代以降の儒者による創作である。

書き下し

いはく、十しついふかなら忠信ちうしんきうごとものるも、きうがくこのむにかざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 肖像
先生が言った。「家十軒の村にも、必ず忠実で正直な者が居るに違いないが、丘の学を好むに及ぶ者はいないのである。」

意訳

論語 孔子 人形
家十軒の寒村にも、必ず私のような素直で忠実な者が居る。だが私並みに勉強する人はいない。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「十戸ほどの小村にも、まじめで偽りがないというだけのことなら、私ぐらいな人はきっといるだろう。だが、学問を愛して道に精進している点では、私以上の人はめったにあるまい。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「每十家必定有和我一樣講忠信的人,衹是不如我好學而已。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「家十軒あれば、どこにも私と同じように忠実で誠実に振る舞う者がいるが、ただし私の学問好きに及ぶ者はいない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子曰(シエツ)(し、いわく)

論語 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

子 甲骨文 曰 甲骨文
(甲骨文)

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間からお金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。

十(シュウ)

十 甲骨文 十 甲骨文
(甲骨文1)/(甲骨文2)

論語の本章では”数字のじゅう”。初出は甲骨文。甲骨文の字形には二種類の系統がある。横線が「1」を表すのに対して、縦線で「10」をあらわしたものと想像される。「ト」形のものは、「10」であることの区別のため一画をつけられたものか。「ジュウ」は呉音。論語語釈「十」を参照。

室(シツ)

室 甲骨文 室 字解
(甲骨文)

論語の本章では”家族”→”世帯”。初出は甲骨文。同音は「失」のみ。字形は「宀」”屋根”+「矢」+「一」”止まる”で、矢の止まった屋内のさま。原義は人が止まるべき屋内、つまり”うち”・”屋内”。甲骨文では原義に、金文では原義のほか”一族”の意に用いた。戦国時代の金文では、「王室」の語が見える。戦国時時代の竹簡では、原義・”一族”の意に用いた。「その室家に宜しからん」と古詩「桃夭」にあるように、もとは家族が祖先を祀る奥座敷のことだった。詳細は論語語釈「室」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では「の」と読んで”…の”・「これ」と呼んで”その”。前者の語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。字形は”足”+「一」”地面”。足を止めたところ。原義は”これ”。”これ”という指示代名詞に用いるのは、音を借りた仮借文字だが、甲骨文から用例がある。詳細は論語語釈「之」を参照。

邑(ユウ)

邑 甲骨文 邑 字解
(甲骨文)

論語の本章では”むら”。もとは城壁に囲まれた都市国家のうち、「都」と呼ばれた首邑以外のまちのこと。初出は甲骨文。同音に「揖」など。字形は「囗」”城壁”+「㔾」”隷属する人”で、都市国家とその住民のさま”。原義は”都市国家”。「鄕」(郷)と語義が近く、春秋時代の身分制度で言う「卿」は、もと「郷」=「邑」の領主を意味した。甲骨文では原義のほか人名に用い、金文では加えて区画の単位に用いた。詳細は論語語釈「邑」を参照。

中国文明の発祥は西洋文明同様、城壁に囲まれたポリスからで、中国語で「城」とは城壁で囲まれたまちのことだった。現代中国語でも”都市”を「チェンシィ」という。

必(ヒツ)

必 甲骨文 必 字解
(甲骨文)

論語の本章では”必ず”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。原義は先にカギ状のかねがついた長柄道具で、甲骨文・金文ともにその用例があるが、”必ず”の語義は戦国時代にならないと、出土物では確認できない。『春秋左氏伝』や『韓非子』といった古典に”必ず”での用例があるものの、論語の時代にも適用できる証拠が無い。詳細は論語語釈「必」を参照。

有(ユウ)

有 甲骨文 有 字解
(甲骨文)

論語の本章では”存在する”。初出は甲骨文。ただし字形は「月」を欠く「㞢」または「又」。字形はいずれも”手”の象形。原義は両腕で抱え持つこと。詳細は論語語釈「有」を参照。

忠(チュウ)

忠 金文 中 甲骨文
「忠」(金文)/「中」(甲骨文)

論語の本章では”忠実”。初出は戦国末期の金文。ほかに戦国時代の竹簡が見られる。字形は「中」+「心」で、「中」に”旗印”の語義があり、一説に原義は上級者の命令に従うこと=”忠実”。ただし『墨子』・『孟子』など、戦国時代以降の文献で、”自分を偽らない”と解すべき例が複数あり、それらが後世の改竄なのか、当時の語義なのかは判然としない。「忠」が戦国時代になって現れた理由は、諸侯国の戦争が激烈になり、領民に「忠義」をすり込まないと生き残れなくなったため。詳細は論語語釈「忠」を参照。

信(シン)

信 金文 信 字解
(金文)

論語の本章では、”正直”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は西周末期の金文。字形は「人」+「口」で、原義は”人の言葉”だったと思われる。西周末期までは人名に用い、春秋時代の出土が無い。”信じる”・”信頼(を得る)”など「信用」系統の語義は、戦国の竹簡からで、同音の漢字にも、論語の時代までの「信」にも確認出来ない。詳細は論語語釈「信」を参照。

如(ジョ)

如 甲骨文 論語 如 字解
(甲骨文)

論語の本章では”同程度になる”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。『大漢和辞典』の第一義は”ごとくす”。年代確実な金文は未発掘。字形は「女」+「口」。甲骨文の字形には、上下や左右に「口」+「女」と記すものもあって一定しない。原義は人の言葉に従うこと。詳細は論語語釈「如」を参照。

丘(キュウ)

丘 金文 孔子

(金文)

孔子の本名(いみ名)。いみ名は目上か自分だけが用いるのが原則で、論語の本章ではつまり自称。辞書的には詳細は論語語釈「丘」を参照。

者(シャ)

者 諸 金文 者 字解
(金文)

論語の本章では”(…である)者”。新字体は「者」。初出は殷代末期の金文。金文の字形は「木」”植物”+「水」+「口」で、”この植物に水をやれ”と言うことだろうか。原義は不明。初出では称号に用いている。春秋時代までに「諸」と同様”さまざまな”、”…は”の意に用いた。漢文では人に限らず事物にも用いる。詳細は論語語釈「者」を参照。

焉(エン)

焉 金文 焉 字解
(金文)

論語の本章では「ぬ」と読んで、”…に違いない”を意味する断定のことば。初出は戦国早期の金文で、論語の時代に存在せず、論語時代の置換候補もない。漢学教授の諸説、「安」などに通じて疑問辞と解するが、いずれも春秋時代以前に存在しないか、疑問辞としての用例が確認できない。ただし春秋時代までの中国文語は、疑問辞無しで平叙文がそのまま疑問文になりうる。

字形は「鳥」+「也」”口から語気の漏れ出るさま”で、「鳥」は装飾で語義に関係が無く、「也」は戦国時代以降では、疑問・反語・断定を意味した。詳細は論語語釈「焉」を参照。

不(フウ)

不 甲骨文 不 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…でない”。漢文で最も多用される否定辞。「フ」は呉音、「ブ」は慣用音。初出は甲骨文。原義は花のがく。否定辞に用いるのは音を借りた派生義。詳細は論語語釈「不」を参照。現代中国語では主に「没」(méi)が使われる。

好(コウ)

好 甲骨文 好 字解
(甲骨文)

論語の本章では”好む”。初出は甲骨文。字形は「子」+「母」で、原義は母親が子供を可愛がるさま。春秋時代以前に、すでに”よい”・”好む”・”親しむ”・”先祖への奉仕”の語義があった。詳細は論語語釈「好」を参照。

學(カク)

学 甲骨文 学
(甲骨文)

論語の本章では”学び”。「ガク」は呉音(遣隋使より前に日本に伝わった音)。初出は甲骨文。新字体は「学」。原義は”学ぶ”。座学と実技を問わない。上部は「コウ」”算木”を両手で操る姿。「爻」は計算にも占いにも用いられる。甲骨文は下部の「子」を欠き、金文より加わる。詳細は論語語釈「学」を参照。

也(ヤ)

也 金文 也 字解
(金文)

論語の本章では、「なり」と読んで断定に用いている。この語義は春秋時代では確認できない。初出は事実上春秋時代の金文。字形は口から強く語気を放つさまで、原義は”…こそは”。春秋末期までに句末で詠歎、疑問や反語に用いたが、断定の意が明瞭に確認できるのは、戦国時代末期の金文からで、論語の時代には存在しない。詳細は論語語釈「也」を参照。

必有忠信如丘者焉不如丘之好學也

ここの句読の切り方は二つある。

伝統的な切り分け
必有忠信如丘者焉、不如丘之好學也。
かなら忠信ちうしんきうごとものあらも、きうがくこのむにかざらむなり
きっとまごころと正直が私なみの人がいることが確定している。だが私ほど学問好きではない。
非伝統的な切り分け
必有忠信如丘者。焉不如丘之好學也。
かなら忠信ちうしんきうごとものあらん。いづくんぞきうがくこのむにかざらむ
きっとまごころと正直が私なみの人がいるだろう。なぜ私同様に学びたがらないと言えるか。

吉川本は、もちろん上を支持し、下について「突飛な読み方は、論語のどの条にも伏在するのであって…徂徠なども強くそれを主張するが、私は賛成することができない」という。だが吉川本は新注をコピペしているだけで、その記述の真偽を検討していない。

新注『論語集注』

焉,如字,屬上句。好,去聲。十室,小邑也。忠信如聖人,生質之美者也。夫子生知而未嘗不好學,故言此以勉人。言美質易得,至道難聞,學之至則可以為聖人,不學則不免為鄉人而已。可不勉哉?


焉は助辞で、上の句にくっつけて解釈すべし。好は尻下がりに読む。十室とは小さな村だ。聖人のような正直者は、生まれつき真人間なのである。先生は生まれてこの方、勉強ばかりしてきた。だからこう言って、人を励ましたのである。言葉は美しく解り易いが、実行は難しい。勉強し尽くせば聖人にもなれるが、勉強しなければただの田舎者だ。勉強しないでいられようか?

対して古注は両論を併記する。

古注『論語義疏』

子曰十室之邑必有忠信如丘者焉不如丘之好學也疏子曰至學也 丘孔子名也孔子自稱名言十室為邑其中必有忠信如丘者焉也但無如丘之好學耳孫綽曰夫忠信之行中人所能存全雖聖人無以加也學而為人未足稱也好之至者必鑽仰不怠故曰有顔回者好學今也則亡今云十室之學不速於己又曰我非生而知之好古敏而求耳此皆陳深崇於教以盡汲引之道也一家云十室中若有忠信如丘者則其餘焉不如丘之好學也言今不好學不忠信耳故衛瓘曰所以忠信不如丘者由不能好學如丘耳苟能好學則其忠信可使如丘也

古注 何晏 古注 皇侃
本文「子曰十室之邑必有忠信如丘者焉不如丘之好學也」

付け足し。先生は学びの極致を言った。丘は孔子の名である。孔子は自分から名言を言い出した。つまり「たったの家十軒で村が出来るが、その中には必ず私のように忠信な者がきっといる。ただし私ほど学問好きなのは絶対にいない」と言った。

孫綽「そもそも忠信がよく行われている場合は、聖人だろうと村人を申し分ないと評価せざるを得ないが、学問に関しては、そこまで誉めるに値する人間はいない。学問を好む者は必ず孔子を有り難がるのだが、それが実践できた顔回のような学問好きはもういない、と孔子自身が言っている。

だから家十軒の村程度では、自分ほど謹んで学問する者はいない、と孔子は言った。またこうも言った。私は生まれつきものを知っていたわけでは無い、好んで一生懸命昔を学んだだけだと。

これらはとてつもなく有り難い、人を導く教えだ。なぜなら、一家十室の中に、もし私のように忠信な者がいたら、他の者がどうして私ほど学問好きでないことがありえようか、と言ったことになるからだ。ところが実際にはそうでなかったから、昨今はどいつもこいつも勉強は嫌がる、ウソばかりつく連中だらけだ、と歎くに至った。」

だから衛瓘は言った。「こう言ったのだ。私ほど勉強しないから、どいつもこいつもウソツキだ。勉強すれば、私程度には正直になるのに、と。」

論語時代の語法として、「焉」は句頭では疑問・反語、句末では断定の意とされる。句頭なら”私程度の者がいないわけがない”であり、句末なら”…だが、私ほどの者はいない”となる。しかし相手が悪党ならともかく、孔子が非力な村人を見下すようなことを言うとは思えない。

被害を被った場合を除き、人を見下さねばならない者は、とどのつまり弱虫で無能だからに他ならない。だが孔子は身長2mを超す武術の達人で、当時の誰より知識人で、年収111億円。人を見下さなければ自我が保てないほど、孔子の頭も体も弱くない。

そんな孔子は「過去とキッパリ訣別するなら、誰でも受け入れて教えた」(論語述而篇7)と自慢し、いわく言い難い村から来た若者も差別せず入門させているからには(論語述而篇28)、どんな人間にも学を好む心はあるはずだ、という信仰に近い信条があったと訳者は解する。

後半「焉不如丘之好學也」は、「焉」が無くとも句末の「也」によって、疑問や反語に読み取れるが、「也」すら無くてもやはり疑問や反語に読み取れなくはない。ただし論語の本章は、前半は「忠」の存在によって、後半は引用・再録した者の不在によって史実が疑われる。

ゆえに本章全体が偽作とするなら、従来訳通りに「私ほどの学問好きはいない」と解することに理がある。その場合「焉」は前半に属することとなる。史実の孔子の信条はともかくとして、本章を理によって解するなら、従来の通説通りに理解すべきだ。

論語:解説・付記

中国歴代王朝年表

中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大

論語の本章は、春秋戦国の誰一人引用していないが、「十室の邑」は荀子が用いている。

禹見耕者耦、立而式,過十室之邑、必下。

荀子
いにしえの聖王禹は、畑仕事をしている者に出会うと必ず手伝い、まっすぐ立ってお辞儀をした。家十軒の小さな村でも、車で通り過ぎるには一度降りて歩いた。(『荀子』大略25)

定州竹簡論語も本章に関しては前半の「十室之邑,必有忠信」の部分があるだけで、学問を好む云々は残っていない。事実上論語の本章の成立は、後漢末から南北朝にかけて成立した古注、『論語集解義疏』からになる。漢儒の書き物では、前漢後期から前半が記されたのみ。

十室之邑,必有忠士。

劉向
十室の邑にも、必ず忠義のサムライがいる。(前漢後期・劉向『説苑』談叢16)

劉向はこの言葉を孔子の言葉としては記していないが、定州竹簡論語の埋蔵は劉向22歳ごろだから、論語の一部だと知って書いただろう。これが本章再録の初出、のはずだが、後漢前期に成立した『漢書』は、前漢中期の武帝が「十室之邑,必有忠信」と言ったと記す。

元朔元年冬十一月,詔曰:「…夫十室之邑,必有忠信…。」

漢書 班固 論語 前漢武帝
前漢武帝の元朔元年冬十一月、詔を出した。「…十室の邑にも、必ず忠義で正直な者がおる…。」(後漢前期・班固『漢書』武帝紀54)

この詔について、『史記』は全く記していない。この詔が史実だったとして、武帝の治世は定州竹簡論語の埋蔵前だから、武帝が孔子の言葉として本章の前半を知っていた事にはならない。つまり論語の本章の成立は、前半に限っても早くて前漢の中頃としか言えない。

前漢年表

前漢年表 クリックで拡大

後漢儒も前半を記すのみで、後半は記していない。

夫十室之邑,必有忠信若孔子。

王充
そもそも、十室の邑ですら、必ず忠義や正直が孔子のような人がいる。(後漢前期・王充『論衡』書虛54)

十室之邑,必有俊士。

王符
十室の邑にも、必ず才能に優れたサムライがいる。(後漢中期・王符『潜夫論』実貢2)

つまり「ワシほどの学問好きはいない」と読み取れるような本章後半を書いたのは、後漢が滅び、あらゆる人という人への相互信頼が消失した三国から南北朝の儒者という事になる。上掲の古注に漢儒までの「注」が無く、三国以降の「疏」”付け足し”しか無いのはそれを物語る。

本章の古注に”付け足し”が残ったシャク(314-371)は、三国の呉の政治家にも同姓同名がいるが別人28号で、南北朝時代・東晋の文人。カン(220-291)は、三国魏から西晋にかけての政治家とされる。どうも論語に書き足しそうな人物に思えないが、通説だからとりあえず紹介した。

後漢年表

後漢年表 クリックで拡大

さて孔子は弟子に「六芸リクゲイ」を教えたとされる。つまり孔子は師匠が務まるほどの六芸の達者だった。その六芸には、読み書き算盤や音楽や古典が入っていたが、弓術と戦車の操縦も入っていた。ということは、孔子は知力体力だけでなく、暴力にも自信があったことを表している。

自慢は自信の無い者のすることだ。自慢には二種類あり、相手の不得意なことを自慢するのがその一、自分の不得意を隠すために言うのがもう一である。従って孔子が本章の後半で、「ワシほどの学問好きはいない」と言ったのは、ウソだと考えるのが筋が通る。

『論語』公冶長篇おわり

お疲れ様でした。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする