論語詳解119公冶長篇第五(27)十室の邑、必ず’

論語公冶長篇(27)要約:ワシほどの学問好きはおらん。どうだ偉いだろう、と解されてきた一節。自分を誇るのは自信の無い者のすることで、儒者や漢学教授なら言いそうですが、孔子先生には無縁の行動です。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「十室之邑、必有忠信如丘者、焉不如丘之好學*也*。」

校訂

武内本

清家本により、學の下に者の字を補う。文末に已の字を補う。

定州竹簡論語

……曰:「十室之邑,必有忠[信]107……

復元白文

子 金文曰 金文 十 金文論語 室 金文之 金文論語 邑 金文 必 金文有 金文中 金文信 金文如 金文丘 金文者 金文 安 焉 金文不 金文如 金文丘 金文之 金文論語 好 金文論語 学 學 金文也 金文

※忠→中・焉→安。論語の本章は、もし忠が忠実の意味なら、戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

いはく、十しついふかなら忠信ちうしんきうごとものらん。いづくんぞきうがくこのむにかざらむ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「家十軒の村にも、必ず自他共に正直なこと丘のような者が居る。どうして丘の学を好むに及ばない者が居るだろうか。」

意訳

論語 孔子 熱
家十軒の寒村にも、必ず私のような素直で実直な者が居る。その実直さがあるなら、私並みに一から勉強しようと考える人がいて当然ではないか。

従来訳

論語 下村湖人
先師がいわれた。――
「十戸ほどの小村にも、まじめで偽りがないというだけのことなら、私ぐらいな人はきっといるだろう。だが、学問を愛して道に精進している点では、私以上の人はめったにあるまい。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「每十家必定有和我一樣講忠信的人,衹是不如我好學而已。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「家十軒あれば、どこにも私と同じように忠実で誠実に振る舞う者がいるが、ただし私の学問好きに及ぶ者はいない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語の本章では家の数詞”軒”。「その室家に宜しからん」と古詩「桃夭」にあるように、もとは家族が祖先を祀る奥座敷のことだった。詳細は論語語釈「室」を参照。

論語の本章では”むら”。もとは城壁に囲まれた都市国家のこと。詳細は論語語釈「邑」を参照。

この文字は戦国時代にならないと現れず、論語の時代では「中」と書いた。ただし語義が違い、”忠実”ではなく、”まごころ・正直”の意。詳細は論語語釈「忠」を参照。

丘(キュウ)

論語 丘 金文 論語 孔子

(金文)

孔子の本名。つまり自称。詳細は論語語釈「丘」を参照。

必有忠信如丘者焉不如丘之好學也

ここの句読の切り方は二つある。

「訳者の切り分け」
必有忠信如丘者。焉不如丘之好學也。
かなら忠信ちうしんきうごとものあらん。いづくんぞきうがくこのむにかざらむ
きっとまごころと正直が私なみの人がいるだろう。なぜ私同様に学びたがらないと言えるか。
「伝統的な論語の解説本による切り分け」
必有忠信如丘者焉、不如丘之好學也。
かなら忠信ちうしんきうごとものあらきうがくこのむにかざらむなり
きっとまごころと正直が私なみの人がいることが確定している。だが私ほど学問好きではない。

吉川本は、もちろん下を支持し、上について「突飛な読み方は、論語のどの条にも伏在するのであって…徂徠なども強くそれを主張するが、私は賛成することができない」という。吉川は自分の考えが無い男で、これは儒者のデタラメを真に受けているだけで当てにならない。

古注『論語義疏』

子曰十室之邑必有忠信如丘者焉不如丘之好學也疏子曰至學也 丘孔子名也孔子自稱名言十室為邑其中必有忠信如丘者焉也但無如丘之好學耳孫綽曰夫忠信之行中人所能存全雖聖人無以加也學而為人未足稱也好之至者必鑽仰不怠故曰有顔回者好學今也則亡今云十室之學不速於己又曰我非生而知之好古敏而求耳此皆陳深崇於教以盡汲引之道也一家云十室中若有忠信如丘者則其餘焉不如丘之好學也言今不好學不忠信耳故衛瓘曰所以忠信不如丘者由不能好學如丘耳苟能好學則其忠信可使如丘也

論語 古注 何晏 論語 古注 皇侃
本文「子曰十室之邑必有忠信如丘者焉不如丘之好學也」

付け足し。先生は学びの極致を言った。丘は孔子の名である。孔子は自分から名言を言い出した。たったの家十軒で村が出来るが、その中には必ず忠信なること私のような者がきっといる。ただし私ほど学問好きなのは絶対にいない、ということだ。

孫綽「そもそも忠信がよく行われている場合は、聖人だろうと完璧と評価せざるを得ないが、学問に関しては、そこまで誉めるに値する人間はいない。学問を好む者は必ず孔子を有り難がるのだが、それが実践できた顔回のような学問好きはもういない、と孔子自身が言っている。だから、家十軒の村程度では孔子ほど謹んで学問する者はいない、と言った。またこうも言った。私は生まれつきものを知っていたわけでは無い、好んで一生懸命昔を学んだだけだと。これらはとてつもなく有り難い、人を導く教えであり、一家十室の中に、もし忠信なること私のような者がいたら、他の者がどうして私ほど学問好きでないことがありえようか、ということだ。ところが昨今はどいつもこいつも勉強は嫌がる、ウソばかりつく連中だらけだ、と言ったのだ。」

だから衛瓘は言った。「こう言ったのだ。私ほど勉強しないから、どいつもこいつもウソツキだ。勉強すれば、私程度には正直になるのに、と。」

古注は「焉」の句読について両論併記で、吉川は参照していないと思われる。

それにしても知識人の悪癖で、一般人を馬鹿にしているのだが、いくら何でも言い方というものがあるだろう。後述するように吉川もこうした精神医学上の病にかかっているが、ものを知っていることと、正直は全く別で、こんな儒者の放言を真に受ける神経が分からない。

新注『論語集注』

焉,如字,屬上句。好,去聲。十室,小邑也。忠信如聖人,生質之美者也。夫子生知而未嘗不好學,故言此以勉人。言美質易得,至道難聞,學之至則可以為聖人,不學則不免為鄉人而已。可不勉哉?


焉は助辞で、上の句にくっつけて解釈すべし。好は尻下がりに読む。十室とは小さな村だ。聖人のような正直者は、生まれつき真人間なのである。先生は生まれてこの方、勉強ばかりしてきた。だからこう言って、人を励ましたのである。言葉は美しく解り易いが、実行は難しい。勉強し尽くせば聖人にもなれるが、勉強しなければただの田舎者だ。勉強しないでいられようか?

朱子は、まだましなことを言っている。吉川の弁はおそらく新注に従っている。

論語時代の語法として、「焉」は句頭では反語、句末では断定の助字とされる。句頭で読むなら”私ほどの者がいないわけが無い”であり、句末に読むなら”私ほどの者はいない”となる。しかし相手がよほどの悪人ならともかく、孔子が誰かを見下すようなことを言うとは思えない。

被害を被った場合を除き、人を馬鹿にしたようなことを言わなければならない者は、とどのつまり弱虫で無能だからに他ならない。だが孔子は身長2mを超す武術の達人で、当時の誰より知識人だった。人を見下さなければ自我が保てないほど、孔子の頭も体も弱くない。

そんな孔子は「過去とキッパリ訣別するなら、誰でも受け入れて教えた」(論語述而篇7)と自慢し、いわく言い難い村から来た若者も差別せず入門させているからには(論語述而篇28)、どんな人間にも学を好む心はあるはずだ、という信仰に近い信条があったと訳者は解する。

論語:解説・付記

従来のような解釈をした儒者も漢学教授も、まるで孔子の教説が分かっていないに等しい。孔子は頭と体を鍛えることで、人格力とそこから発揮される機能=徳を養い、その徳でどんな階層の者でも貴族の仲間入りできることを実践して見せ、のちにはその道筋を教えた。
(→論語における徳)

徳とは孔子の生前ではこのような意味で、道徳的な面倒くさい意味を塗り付けたのは、孔子から一世紀後の孟子で、世間師として儒教を売り出すためのハッタリに過ぎない。孟子は強がりやおのれ誇りを言わざるをえない程度に無能でひょろひょろだったが、孔子はまるで違う。

素人はもちろん、子路のような武人でさえぶちのめしてしまえる巨人で武術の達人だった。そして当時の誰より学識があった。心身両面共に、自分と並ぶ者が居ないと確信できた孔子が、「私ほどの学問好きはいない」などという、くだらない自慢をする必要がどこにあるのか。

対して儒者も漢学教授も、箸とワイロと筆より重い物を持とうとせず、持つ能も無い連中だから、こんなバカげた解釈をした上に、疑う事すら出来ない。「聖賢の書を読まねば善悪が分からないようでは、人として終わっている」と訳者が言う、その一つの表れだろう。(もう時効だから書くが、訳者は東大の教授がワイロを取る現場を、何度もこの目で見ている。)

人はよく生きるために生きている。人生の目的は、よい人になることだ。「本来備えた道徳を輝かし、他人と親しみ良き人となることだ。…これら以外に、人生の目的はないだろう。」(河上肇)。「忠信丘の如き者あらん」とはそういうことで、本など読まねど分かる人には分かる。

そういう人なら、きっと勉強したがるはずだ。孔子が言ったのはそれで、他人の金で山ほど本を読んだ儒者や漢学教授は、実ははじめからこれが分からないような神経の造りになっている。だから本を読んでも無駄。気軽に人を馬鹿にする。度しがたい連中と言うほかない。

論語本章の訳について、訳者のような切り分けを、吉川本では上記のように、「突飛な読み方」と言う。その理由を吉川は、言外に孔子ほどの学問好きは、世に存在しないと固く信じていることにあるようだ。それを伺わせるように吉川はこう記す。

論語 吉川幸次郎
「すなわち孔子によれば、素朴なひたむきな誠実、それだけでは完全な人間ではないのである。学問をすることによって、人間ははじめて人間である。人間の任務は、”仁”すなわち愛情の拡充にある。また人間はみなその可能性をもっている。

…しかしそれは学問の鍛錬によってこそ完成される。愛情は盲目であってはならない。人間は愛情の動物であり、その拡充が人間の使命であり、また法則であるということを、たしかに把握するためには、まず人間の事実について、多くを知らなければならない。」

これをどう読むかは読者次第だろう。しかし訳者は、吉川が「学問をしないと人間ではない」と言っていると解する。学問とは何かの定義は曖昧だが、吉川の専攻したような学問を指すのだろう。そうすると日本人のほとんどは、人間ではないことになる。

または孔子が九分九厘のホモサピエンスを、人間ではないと言った事になる。それならば論語などは焼き捨ててしまえばいい。文化大革命で実際に起こったように、孔子廟など片端から叩き壊し、四書五経は溶かして便所紙に供し、サーバ上のデータは消してしまうがいい。

論語に話を戻せば、こういう病人が、現在日本の「論語の権威」なのだ。本サイトを作る前に、ネット上の論語サイトはできるだけ読んだが、この病人は疑われないままだ。どういう人かと言えば、まず無邪気に人を差別する。「人間の事実について」知らない事が多すぎる。

つまり人間が幼稚なのだが、その学識や解釈が世間に寄与するならまだいい。しかし吉川の間違いは、これまでいくつか指摘した通り。原文から孔子の怒りを読み取れないようでは、本当にこいつ学者としてダメだと思う。その根本には事大主義(強い者に媚びへつらう)がある。

自分の脳みそで考えない。仕事は儒者のコピペで済ませる。これは吉川に限らない。そして少なからぬ漢籍和訳は盗作で、教授は自分で原文を読みもせず、学生に訳をさせて横取りし、自分の名を付けて名を売り金を取った。ただし吉川もそうだったかはわからない。

その代わり人文が科学でない=実験で誰でも同じ結論が得られないのをいいことに、京都大学教授という肩書きを背景に、唐音のような一般人には理解しかねるものごとや、聞いたこともない儒者の名前を取り出して、読者に同意を迫る。それを漢語で虚喝キョカツ(ハッタリ)という。

それは自信のなさを表すが、だからこそ無抵抗の受験生相手に、学習範囲を大幅に逸脱した設問を課し、その出来が悪いからと言って嘆かわしいと言う。嘆かわしいのは世の中や受験生でなくて、地位をいい事に嗜虐に走るこのような人物を、地位から駆除する手続きが無い事だ。

頭も悪いし人も悪い。地位に応じた仕事もしない。訳本なのに「であらう」としか記さず逃げを打つ。そのくせ学生が新説を唱えると、頭ごなしに怒鳴りつけたと聞いている。現場を見たわけでは無いが、恨まれるようなことばかりしておきながら、自分は善人のつもりでいる。

税金で高禄を食み、快適な研究室と社会的地位を与えられながら、他人には公職を前にした遠慮を説く。儒教にかこつけ説教する。一体どういう神経だろう。良識ある人間のすることではない。加えて高校生並みの知識も無い。知らないことを調べる脳みそも無く、その気も無い。

訳者はその道を取らない。儒者や漢学者、大学教授を盲信しない。役に立たない解説本や論文は読まない。自己宣伝には付き合わない。差別と迫害を平気で言う人は信じない。その代わり、自力で論語を読み、孔子が何を言ったか探っていく。人さまに勧められることではない。

『論語』公冶長篇おわり

お疲れ様でした。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)