論語詳解099公冶長篇第五(7)子路は仁なるか’

論語公冶長篇(7)要約:いつも仁を口にする孔子先生。門閥家老家の若家老が、それでは先生の弟子はどうなのだと尋ねます。ここぞとばかり先生は、弟子の行政能力を持ち上げますが、仁については答えをはぐらかすのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

孟武伯問、「子路仁乎。」子曰、「不知也。」又問、子曰、「由也、千乘之國、可使治其賦也。不知其仁也。」「求也何如。」子曰、「求也、千室之邑、百乘之家、可使爲之宰也。不知其仁也。」「赤也何如。」子曰、「赤也、束帶立於朝、可使與賓客言也。不知其仁也。」

校訂

定州竹簡論語

a武伯問:「子路仁乎?」子對b曰:「不智c也。」有d問。子曰:「由也82……之國,可使治其賦e也,不智其仁也。求也f,[千室之邑],83……乘之家,可使為之宰也,不智其仁也。」「赤也[何]?」84…… 

  1. 子、今本作「孟」。
  2. 對、今本無。
  3. 智、今本作「知」。※訳者注:𣉻ではなく「智」のママ。
  4. 有、今本作「又」。
  5. 賦、『釋文』云、「梁武云”魯論作傅”」。
  6. 今本「求也」之前有「求也何如子曰」。

→子武伯問、「子路仁乎。」子對曰、「不智也。」有問、子曰、「由也、千乘之國、可使治其賦也。不智其仁也。求也、千室之邑、百乘之家、可使爲之宰也。不智其仁也。」「赤也何如。」子曰、「赤也、束帶立於朝、可使與賓客言也。不知其仁也。」

復元白文

論語 子 金文論語 武 金文論語 伯 金文論語 問 金文 論語 子 金文論語 路 金文論語 仁 甲骨文論語 乎 金文 論語 子 金文論語 対 金文論語 曰 金文 論語 不 金文智 金文也 金文 論語 有 金文論語 問 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 論語 由 金文也 金文 論語 千 金文論語 乗 金文之 金文論語 国 金文 論語 可 金文論語 使 金文智 金文論語 其 金文論語 賦 金文也 金文 論語 不 金文智 金文論語 其 金文論語 仁 甲骨文也 金文  論語 求 金文也 金文 論語 千 金文論語 室 金文之 金文論語 邑 金文 論語 百 金文論語 乗 金文之 金文論語 家 金文 論語 可 金文論語 使 金文論語 為 金文之 金文論語 宰 金文也 金文 論語 不 金文智 金文論語 其 金文論語 仁 甲骨文也 金文 論語 赤 金文也 金文論語 何 金文如 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 論語 赤 金文也 金文論語 束 金文帯 金文論語 立 金文於 金文論語 朝 金文 論語 可 金文論語 使 金文論語 与 金文賓 金文論語 客 金文論語 言 金文也 金文 論語 不 金文智 金文論語 其 金文論語 仁 甲骨文也 金文

※仁→(甲骨文)・治→知。論語の本章は也の字を断定で用いているとするなら、戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

孟武伯まうぶはくふ、子路しろじんなるいはく、らざるかななりまたふ。いはく、いう、千じようくにをさ使なりじんらざるかななりきう、千しついふ、百じよういへこれさいたら使むべきなりじんらざるかななりせき如何いかんいはく、せき束帶そくたいしててうたつて、賓客ひんかく使むべきなりじんらざるかななり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孟武伯 論語 孔子
孟武伯が問うた。「子路さんは貴族らしいか」。先生が言った。「わかりませんなあ」。また問われたので先生が言った。「由は戦車千乗の国の軍務官なら務まるでしょうが、貴族らしいかはわかりませんなあ。冉求ゼンキュウは家千軒の町、戦車百乗をあずかる家の執事なら務まるでしょうが、貴族らしいかは分かりませんなあ」。「公西赤はどうか」。「赤は正装させて朝廷に出仕させ、外交交渉は務まるでしょうが、貴族らしいかはわかりませんなあ」。

意訳

論語 孔子
若家老「じいさま、これから政界に打って出るのに、お弟子方の力を借りたいのですが。」
孔子「ふむ。子路なら我が国の軍事が、冉求ならお館の執事が、公西赤なら外交官か務まりますな。」
若家老「みなさん、一人前の貴族として通用しますか?」
孔子「はて、それは分かりませんなあ。」

従来訳

論語 下村湖人
 孟武伯(もうぶはく)が先師にたずねた。――
「子路は仁者でございましょうか。」
 先師がこたえられた。――
「わかりませぬ。」
 孟武伯は、しかし、おしかえしてまた同じことをたずねた。すると先師はいわれた。――
(ゆう)は千乗の国の軍事を司るだけの能力はありましょう。しかし仁者といえるかどうかは疑問です。」
「では、(きゅう)はいかがでしょう。」
 先師はこたえられた。――
「求は千戸の邑の代官とか、百乗の家の執事とかいう役目なら十分果せましょう。しかし、仁者といえるかどうかは疑問です。」
(せき)はどうでしょう。」
 先師はこたえられた。――
「赤は式服をつけ、宮庭において外国の使臣の応接をするのには適しています。しかし、仁者であるかどうかは疑問です。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孟武伯問:「子路的品行到達了仁的境界嗎?」孔子說:「不知道。」又問。孔子說:「子路可以做大將,不知他仁否。「冉求怎樣?」孔子說:「冉求可以當市長,不知他仁否。「公西赤怎樣?」孔子說:「公西赤可以當外長,不知他是仁否。」

中国哲学書電子化計画

孟武伯が問うた。「子路の人柄は仁の境地に至ったと言えるか?」孔子が言った。「知りません。」また問うた。孔子が言った。「子路は軍の大将が務まりますが、仁と言えるか知りません。」「冉求はどうか?」「冉求は市長が務まりまが、仁と言えるか知りません。」「公西赤はどうか?」「公西赤は外相が務まりますが、仁と言えるか知りません。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」 、「 。」 、「 使 。」「 。」 、「 使 。」「 。」 、「 使 。」


孟武伯→子武伯

論語 孟 金文 論語 武 金文 論語 伯 金文
「孟武伯」(金文)

論語では、魯国門閥三家老(三桓)の一家、孟(孫)氏の跡取り息子。姓は姫、氏は仲孫、名はテイ。『左伝』によると、BC481に第10代当主となってからはさらに公室への圧力を強め、哀公が「私を殺す気か」と聞いたところ「知りません」と答え、恐れた哀公は国外逃亡して越国で客死した。

孟武伯の父は先代当主の孟懿子であり、孟懿子は孔子と同世代で、孔子の政界入りを後押しした。つまり孟孫家は孔子にとって、恩のある家であり、その部下として働いた主家でもある。武伯にとって孔子は「じいや」であり、孔子にとって武伯は「坊や」だった。

文中、孔子が平然と弟子の子路を「由」と呼び捨てしているのに、門閥家老当主の孟武伯が、「子路」と敬称している。また論語の他の章では、孔子と、殿様・家老との対話で、孔子を孔子と呼んでいる。「子」と敬称しないことで、殿様や家老への敬称を兼ねるとされる。

だから季孫家の若家老である季康子との対話では、「孔子」と記されているのに、本章の孟武伯では「子」と敬称している。これは、孔子と孟武伯との間の、特別に親しい関係を反映しており、若い当主として政界に出るに当たり、武伯が孔子一門の力を借りたかったからだ。

なお「子武伯」は「武伯」への敬称で、”武伯どの”と言った程度の意味。いずれにせよ孟武伯を意味する。

子路

論語 子 金文 論語 路 金文
(金文)

BC543-BC481。孔子の弟子で、政治の才を評価された孔門十哲の一人。孔子一門の長老で、だからこそ武伯も敬称を使っている。詳細は論語の人物:仲由子路を参照。

論語 仁 金文大篆 論語 貴族
(金文大篆)

論語の本章では”貴族(らしさ)”。道徳的な意味になったのは、戦国時代から。詳細は論語における「仁」を参照。

又→有

論語の本章では”さらにもう一度”。共にカールグレン上古音がgi̯ŭɡであり、音通する。同音には尤、疣”いぼ”、郵”詰め所”、右、友、佑”たすける”などがある。詳細は論語語釈「又」論語語釈「有」を参照。

千乘之國(千乗之国)

論語 乗 金文 論語 乗
「乗」(金文)

論語では戦車千乗を持つ国。規模中ほどの国。魯国などの中原諸侯国が相当する。『孫子』を真に受けてはならない。『左伝』では魯国の門閥が、自国を「千乗」と言っている例があるし、千乗程度の動員力はあった。

治 秦系戦国文字
(秦系戦国文字)

この文字は論語の時代に存在しない。初出は戦国文字から。カールグレン上古音はdʰi̯əɡ。同音は持。論語の時代の置換候補は持、または知ti̯ĕɡ。詳細は論語語釈「治」を参照。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、古人は曲がった棒を耕作のすきとして用いた。以の原字はその曲がった棒の形で、工具を用いて人工を加えること。台は「口+(音符)塊(イ)(=以)」の会意兼形声文字で、ものをいったり、工作をするなど作為を加えること。治は「水+(音符)台」で、河川に人工を加えて流れを調整すること。塊・以・台・治などはすべて人工で調整する意を含む。

飴(イ)(麦や米に加工したあめ)と同系。類義語の修は、すらりとよい形にととのえること。御(=馭)は、押さえていうことをきかせること。斂(レン)は、引きしめること。理は、すじを通してととのえること。

賦(フ)

論語 賦 金文 論語 史記 秦軍
(金文)

論語の本章では”軍事”。論語では本章のみに登場。

初出は下記『字通』の言う西周晩期の金文。カールグレン上古音はpi̯woで夫、斧、父、傅”もりやく”と同じ。なお「武」はmi̯wo。『大漢和辞典』の第一義は”納める”。税の一種でもあり、吉川本は”財政”、加地本は”国政”と解する。文字の成り立ちから”兵役・軍事”と解する場合もあり、宮崎本、藤堂本、宇野本はこれに従う。

古注は「兵賦なり」とし、軍事または軍事財政を指すとし、新注は「賦は兵也。古は田賦を以て兵を出だし、故に兵を謂いて賦と為す、春秋傳うる所謂る「悉く敝賦を索める」は是れ也」と言い、軍事と解する。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、武は「止(あし)+戈(ほこ、武器)」の会意文字。敵を探し求めて、むりに進むの意味を含む。賦は「貝+〔音符〕武」で、乏しい財貨を、むりに探り求めること。▽詩をつくるという意味の場合は、布・敷(しきのべる、展開する)に当てて、自分の心情を敷きのべること、という。

『字通』賦条

[形声]声符は武(ぶ)。〔説文〕六下に「斂(をさ)むるなり」と訓し、賦斂(ふれん)の意とする。金文の〔毛公鼎〕に「命を尃(し)き、政を尃き、小大の楚賦(ふそママ)を外字 おさめる(をさ)めよ」とあり、政令の実質は賦斂を徴することにあった。賦斂の意より分賦・賦予の意となり、天性のものを天賦・賦稟(ふりん)という。文学としての賦は、その対象を詩的な言語で賦陳することによって、その内的な生命との交感を目的とする、一種の魂振り的な言語呪術から発したもので、いわゆる辞賦の文学はその系統に属する。〔万葉〕の「寄物陳思(きぶつちんし)」も、本来はそのような呪誦文学の系列に属するものであった。

冉有(ゼンユウ)

冉 金文 論語 有 金文
(金文)

BC522-?。孔子の弟子で、政治の才を評価された孔門十哲の一人。詳細は論語の人物:冉求子有を参照。

千室之邑

論語 邑 金文 論語 邑
「邑」(金文)

卿大夫(家老格の領主貴族)の所領。

「邑」は『学研漢和大字典』によると会意文字で、「□(領地)+人の屈服したさま」。人民の服従するその領地をあらわす。中にふさぎこめるの意を含む。のち阝(おおざと)の形となり、町や村、または場所をあらわすのに用いる、という。詳細は論語語釈「邑」を参照。

百乘之家(百乗之家)

論語 家 金文 論語 家
「家」(金文)

論語の本章では大夫(下級家老格)の所領。宮崎本では”戦車百乗の小国”と解する。

「家」は『学研漢和大字典』によると会意文字で、「宀(やね)+豕(ぶた)」で、たいせつな家畜に屋根をかぶせたさま。廈(カ)(大屋根をかぶせたいえ)と最も近い。仮(仮面をかぶせる)・胡(コ)(上からかぶさってたれる肉)とも同系のことば。

類義語の房は、両わきのへや。舎は、からだをゆるめて休む所。宿は、からだを縮めてとまる所。屋は、上からたれるおおい・屋根。宅は、じっと定着する住居。室は、いきづまりの奥べや。宇は、大きな建物。宮は、いくむねもある大きな屋敷、という。詳細は論語語釈「家」を参照。

論語 宰 金文 論語 宰
(金文)

論語の本章では”執事”。『大漢和辞典』の第一義は”室内で仕事をする罪人(の頭領)”。論語時代にはすでに罪人ではなく、組織のマネージャー。一家なら執事、都市なら代官に当たる。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「宀(いえ)+辛(刃物)」。刃物を持ち、家の中で肉を料理することを示す。広く、仕事を裁断する意に用いられる。栽(木をきる)・裁(衣をきる)などと同系のことば、という。詳細は論語語釈「宰」を参照。

公西赤

論語 公 金文 論語 西 金文 論語 赤 金文
(金文)

BC509-?。孔子の弟子。姓は公西、名は赤、字は子華。魯の出身。『史記』によれば孔子より42年少。比較的裕福な家の出と思われる記述が論語にある。詳細は論語の人物:公西赤子華を参照。

束帶(帯)

論語 束 金文 論語 帯 金文
(金文)

論語の本章では、官吏の正装時に締める帯。転じて、正装のこと。「帯」は論語では本章のみに登場。

『学研漢和大字典』
①礼服にしめる帯。
②転じて、朝廷での礼装。また、その礼装を着用すること。「束帯立於朝=束帯して立つ朝に」〔論語・公冶長〕
③《日本語での特別な意味》昔、天皇以下、中央・地方の役人が朝廷の政務や儀式のときに着た礼装。▽衣冠は略式の礼装。
『字通』
朝服をいう。〔論語、公冶長〕孟武伯問ふ、~(公西)赤は何如(いかん)と。子曰く、赤や、束帶して朝に立ち、賓客と言はしむべきも、其の仁を知らざるなりと。

『大漢和辞典』
束帯 大漢和辞典

論語 朝 金文 論語 朝
(金文)

論語の本章では”朝廷”。春秋時代、官吏の出勤は朝夕二回で、朝に朝議を行った。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、金文は「草+日+水」の会意文字。草の間から太陽がのぼり、潮がみちてくる時を示す。篆文(テンブン)は「幹(はたが上がるように日がのぼる)+〔音符〕舟」からなる形声文字で、東方から太陽の抜け出るあさ。抽(抜き出す)・冑(チュウ)(頭が抜け出るよろい)と同系。潮は、朝日とともにさしてくるあさしお。

類義語の旦(タン)は、太陽が地上に顔を出すあさ。晨(シン)は、万物が生気をおびて振るい立つあさ、という。詳細は論語語釈「朝」を参照。

賓客

論語 賓 金文大篆 論語 客 金文
(金文)

賓は敬うべき外来の人、対して客は一般の外来の人。『史記』孔子世家の「四方之客、至乎邑者、不求有司、皆予之以歸」に言う「客」は”郊外からやって来る行商人”のことであり、取り立てて地位身分のある者ではない。詳細は論語語釈「賓」論語語釈「客」を参照。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
吉川本ではこの問答を、仮に孔子が諸国放浪から帰ったBC484の事とすれば、孔子69、子路60、冉求40、公西赤27歳という。吉川本に言う通り、当時すでに冉求は千室之邑である季氏の執事であり、事実を述べている。また公西赤は論語の中で、斉に使いしたことが記されており(論語雍也篇4)、これも事実の裏付けがある。

論語 白川静
一方白川静『孔子伝』によると、「孔子亡命前ならば子華はまだ十三、四の少年であり」とあり、亡命前である可能性はないとする。加えて「帰国後ならば求はすでに季氏の宰となっている…孟武伯が問うはずがない」と本章を後世の創作とする。

訳者の個人的感想では、孟武伯の問いはありえるし、もしかしたら冉有を季氏から引き抜きたいのかも知れない。全面的に白川博士に賛成するのはためらう。ただし論語でのこうした人物評は、その人物を印象づけたい意図があるとは感じる。

『孔子伝』に言うように、論語はなかなか油断のならない本であることは確かだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)