論語詳解115公冶長篇第五(23)だれか微生高を’

論語公冶長篇(23)要約:孔子先生の時代は乱世。世間に名を売って暮らす世間師が出ます。先生もある意味その一人ですが、もともと辛口の人物評で鳴らした先生、商売敵にはコテンパンにやっつける言葉のタネを持っていたという話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「孰謂微生高直。或乞醯焉、乞諸其鄰而與之。」

校訂

定州竹簡論語

曰:「孰謂杘a生高直?或乞醯焉,乞諸其鄰而予b之。102

  1. 杘、今本作「微」字。
  2. 予、今本作「與」。

→子曰、「孰謂微生高直。或乞醯焉、乞諸其鄰而與之。」

復元白文

子 金文曰 金文 論語 孰 金文謂 金文徵 微 金文論語 生 金文論語 高 金文論語 直 金文 論語 或 惑 金文气 乞 金文安 焉 金文 气 乞 金文論語 者 金文其 金文鄰 金文而 金文論語 与 金文之 金文

※焉→安・予→與。論語の本章は醯の字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国の儒者による改造が加わっている。

書き下し

いはく、たれ杘生高ちせいかうなほしとふや。るひとるに、これとなりこれあたふと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「誰が微生高を実直だと言うのか。ある人が酢を請うた所、隣から借りて渡したという。」

意訳

ニセ孔子
微生高の奴のどこが実直だ。誰かが酢を求めた所、お隣から借りて渡したと言うではないか。無いなら無いと言えば良かろう。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「いったい誰が微生高(びせいこう)を正直者などといい出したのだ。あの男は、ある人に()を無心され、それを隣からもらって与えたというではないか。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「誰說微生直爽?有人向他要醋,他家沒有時,卻到鄰居家要來給人。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「誰が微生を爽やかだと言ったか?ある人が彼に酢を求めたら、彼は家に在庫が無いとき、すぐさま隣家に行って呉れてやるように求めた。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

孰(シュク)

論語 孰 金文大篆 論語 温 孰 字解
(金文)

論語の本章では”誰が”。ここでは反語。『大漢和辞典』の第一義は”煮る・煮える”。「誰」(スイ)に音が近いので転用されて、人を訪ねる疑問辞に。のち転用が止まらなくなって、”何”など疑問辞一般に転用された。詳細は論語語釈「孰」を参照。

微生高→杘生高

論語 微 篆書 論語 生 篆書 論語 高 篆書
「微生高」(篆書)

古来誰だかよく分からないが、藤堂本によると姓は微生、名は高、魯の人といい、論語憲問篇に見える微生畝ビセイボウかという。恐らく真相は、このラノベの作者である漢の儒者しか知るまい。

微生畝「お前は何をべらべら言い回ってるんだ。それを口車とは言わんのか。」
孔子「口車ではない。貴様のようにナニナニだけ、の専門バカになりたくないのだ。」
(論語憲問篇34)

「杘」はチまたはヂと読み、『大漢和辞典』による語義は”ずるい・あざむく”とすさまじい。初出は後漢の『説文解字』で、もちろん論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は不明。おそらく漢代儒者による勝手に貶めた書き換えで、微生高が正しいと思われる。

气 乞 金文
(金文)

論語の本章では”求める”。甲骨文から金文の時代、气と書き分けられていなかった。論語では本章のみに登場。

『学研漢和大字典』によると象形。ふたを押しのけてつかえた息が漏れ出るさまを描いたもの。氣(=気。いき)の原字。のどをつまらせて哀れな声を漏らすの意から、物ごいする意となった。吃(キツ)(どもる)と同系、という。

『字通』によると象形。雲気の流れる形。氣(気)の初文は气、その初形は乞。〔説文〕一上に「气は雲气なり。象形」とあり、乞字を収めない。乞はもと雲気を望んで祈る儀礼を意味し、乞求の意がある。金文に「用(もっ)て眉壽を乞(もと)む」のように、神霊に祈ることをいう、という。

醯(ケイ)

論語 醯 金文大篆 論語 醯
(金文)

論語の本章では”酢”・”酸っぱい酒”。論語では本章のみに登場。「かゆに酒を混ぜて発酵させたもの」と『大漢和辞典』に言う。他に『学研漢和大字典』によると「ひしお」と読み、”肉のしおから”をも意味する会意文字。右上は、かゆをあらわす字の略体。醯は、それと酒の略体と皿(さら)を合わせたもの、という。

この字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は不明。藤堂上古音はher。詳細は論語語釈「醯」を参照。

とはいえ、論語の時代に酢が無いわけがなく、後世になって文字が置き換わったのだろう。「酢」は春秋末期から存在している。

與→予

どちらも”あたえる”。「與」の字は論語の時代に存在するが、「予」の字の初出は後漢の『説文解字』。詳細は論語語釈「与」論語語釈「予」を参照。

論語:解説・付記

孔子は「似て非なるもの」を憎んだ。

紫色は嫌いだ。古風な朱色と紛らわしいではないか。(論語陽貨篇18)

論語の名言「紫の朱を奪うをにくむ」の出典だが、後世の儒者は輪を掛けて、儒家だけが存在価値のある学派だと主張するため、孔子だけが中華文明の正統な後継者であるとし、似たような立場の思想家を、ニセモノだと強く批判した。本章に出てくる微生高も、世間師の類と見なしたのだ。

論語 孟子
なお「似て非なる」と言ったのは、孔子の後継者を自認した孟子だが、孟子はそれを孔子の発言として取り上げている。

孔子曰:『惡似而非者:惡莠,恐其亂苗也;惡佞,恐其亂義也;惡利口,恐其亂信也;惡鄭聲,恐其亂樂也;惡紫,恐其亂朱也;惡鄉原,恐其亂德也。』

孔子曰わく、似て非なる者を憎む。イネ科の雑草を嫌うのは、穀物の苗と紛らわしいからだ。おべっか使いを憎むのは、正しい人間と紛らわしいからだ。口上手を嫌うのは、真実と紛らわしいからだ。鄭の音楽を憎むのは、まともな音楽と紛らわしいからだ。紫色を憎むのは、朱色と紛らわしいからだ。田舎の大将を憎むのは、正しい人格形成を邪魔するからだ。(『孟子』尽心下篇)

一方既存の論語本では吉川本で、微生高を「尾生の信」で知られる尾生高である可能性を挙げている。『荘子』雑篇・盜跖には以下の通りある。

論語 荘子
荘周(『荘子』の主人公)

孔子が大盗賊の盜跖のところへ出向き、説教した。盜跖は言い返してあれこれあれこれ…

尾生與女子期於梁下、女子不來、水至不去、抱梁柱而死。

尾生が橋の下で女の子と逢い引きの約束をした。尾生は早くから来て待っていたが、女の子は来なかった。そのうち雨が降り出して水かさが増したが、尾生は約束を信じ、と言うよりオレは実直な男で惚れる価値があるぞとアピールするため、橋脚に抱きついてそのまま溺れ死んだ。

此六子者,無異於磔犬、流豕、操瓢而乞者,皆離名輕死,不念本養壽命者也。

…アホウどもだ。女が来るわけなかろう。こいつらは生け贄の犬や豚、乞食同然だ。世間体を気にして、たった一つの命を粗末にした馬鹿者だ。…さっさと帰れ。この減らず口が!

論語の時代は動乱期で、動乱期の初期は思想家が走り回る。孔子の生きた春秋時代末期は戦乱の時代ではあったが、まだ国際関係がそれなりに維持されていた。戦国時代終盤のように、いきなり秦軍が押し寄せて皆殺し、となると、思想家は首をすくめて隠れているしかなかった。
論語 史記 秦軍

隠れていたのに無理やり連れ出されたのが韓非(子)で、秦軍が彼の住む韓国(韓非は韓の王族)に押し寄せて都城を包囲し、「韓非を出せ。出さねば丸焼きだ」と脅した。しかし論語時代はまだのんびりしており、後世に名を残せなかっただけで多数の思想家がいた。

もし本章が史実なら、微生高は孔子とは別の学派を立てて弟子もいたのだろう。孔子は商売敵の評を問われて、論語の通例通り辛口の評を返した。それだけで済んで微生高はよかったかも知れない。孔子が未熟で政権を握っていた時期なら、少正卯ショウセイボウのように処刑されたかも。

なお微生高→杘生高のような、貶めた書き換えは漢代儒者の好物で、儒者汁を煮染めたような男である王莽は、高句麗→下句麗、匈奴→降奴と書き換えて、要らぬ対外紛争を引き起こした。中国の役人は今でもこう言うことをしたがる。頭のおかしな連中だが、漢代儒者の精神年齢も、たかがこの程度である。真に受けてどうなろうか。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)