論語詳解268先進篇第十一(15)師と商とは°

論語先進篇(15)要約:過ぎたるはなお及ばざるがごとし。誰でも知っている故事成句の出典になった章。孔子先生は、ほどほど=中庸の徳を説く先生でした。それは同時代の賢者、ブッダとも共通しています。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子貢問、「師與商也孰賢*。」子曰、「師也過、商也不及。」曰、「然則師愈與。」子曰、「過猶不及*。」

校訂

武内本

清家本により、賢の下に乎の字を補う。文末に也の字を補う。

定州竹簡論語

……師也隃與a?」子曰:「過[猶不及也b]。」279

  1. 今本”師”下無”也”字、”隃”作”愈”。
  2. 也、阮本無、皇本有”也”字。

→子貢問、「師與商也孰賢。」子曰、「師也過、商也不及。」曰、「然則師也隃與。」子曰、「過猶不及也。」

復元白文

子 金文江 金文問 金文 師 金文与 金文論語 商 金文也 金文孰 金文賢 金文 子 金文曰 金文 師 金文也 金文過 金文 論語 商 金文也 金文不 金文及 金文 曰 金文 然 金文則 金文師 金文也 金文愈 金文与 金文 子 金文曰 金文 過 金文猶 金文不 金文及 金文也 金文

※貢→江・隃→愈。論語の本章は、文末の也の字を断定で用いているなら、戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

子貢しこうふ、しやういづれかまされる。いはく、ぎたり、しやうおよばずと。いはく、しからばすなはまされるいはく、ぎたるはおよばざるがごときかな

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子貢 孔子
子貢が問うた。「師(子張)商(子夏)では、どちらが優れていますか。」先生が言った。「師はやりすぎる。商はやり足りない。」子貢が言った。「ではつまり、師の方がまさっていますか。」先生が言った。「過ぎたのは足りないのと変わらないなあ。」

意訳

論語 子貢 遊説 論語 孔子 キメ
子貢「子張と子夏って、どっちがデキますかね。」
孔子「子張はやり過ぎ、子夏は足りない。」
論語 子張 論語 子夏

論語 子貢 問い 論語 孔子 ぼんやり
子貢「じゃ子張の方が上ですか。」
孔子「あのな、”過ぎたるはなお及ばざるがごとし”って言うだろう。」

従来訳

論語 下村湖人

子貢がたずねた。――
「師と商とでは、どちらがまさっておりましようか。」
先師がこたえられた。――
「師は行き過ぎている。商は行き足りない。」
子貢が更にたずねた。――
「では、師の方がまさっているのでございましょうか。」
すると、先師がこたえられた。――
「行き過ぎるのは行き足りないのと同じだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子貢問:「子張與子夏誰能幹些?」孔子說:「子張做事總是過頭,子夏總是差點火候。」說:「那麽是子張強些嘍?」孔子說:「過頭和差點一樣。」

中国哲学書電子化計画

子貢が問うた。「子張と子夏はどちらが仕事が出来るでしょうか?」孔子が言った。「子張はやること全てやり過ぎ、子夏はすべて程度がやや足りない。」言った。「では子張の方が優れていますかね?」孔子が言った。「やり過ぎは足りないのと同じだ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」 、「 。」、「 () 。」 、「 。」


師・商

論語 師 金文 論語 商 金文
(金文)

それぞれ子張子夏のことだが、詳細はリンク先の論語人物図鑑を参照。共に若い弟子グループの一員で、子貢にとっては弟弟子だから、呼び捨てにしているのである。

論語 商 甲骨文
「商」(甲骨文)

『学研漢和大字典』によると「商」は形声文字で、「高い台の形+(音符)章の略体」。もと、平原の中の明るい高台。殷人は高台に聚落(シュウラク)をつくり商と自称した。周に滅ぼされたのち、その一部は工芸品を行商する放浪民と化し、中国に商業がはじまったので、商国の人の意から転じて、行商人の意となった。陽(明るい高台)・敞(ショウ)(広く高い所)・場(広い台地)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「商」を参照。

與(与)

論語 与 金文 論語 与
(金文)

論語の本章では”~と”と、”~か”の疑問符の両方で用いられている。おおかたの漢和辞典では、第一義が”与える”だが、漢文では”~と~”・”ともに”と読む場合の方が多い。『学研漢和大字典』による原義は、力を合わせること。詳細は論語語釈「与」を参照。

論語 也 金文 論語 也 字解
(金文)

論語の本章、文末以外では、文頭の主語・副詞を強調する意を示す。『学研漢和大字典』による原義はサソリの姿。詳細は論語語釈「也」を参照。

師與商孰賢。子張と子夏についてですが、どちらが優れていますか。

孰(シュク)

論語 孰 金文大篆 論語 孰
(金文大篆)

論語の本章では”どちらが~か”という疑問辞。『学研漢和大字典』による原義は、煮ること。詳細は論語語釈「孰」を参照。

論語 賢 金文 論語 賢
(金文)

論語の本章では”優れている”。論語では”賢い”というより、”優れる”の意味の方が用例が多いように思える。『学研漢和大字典』による原義は、きちんと財産を管理すること。詳細は論語語釈「賢」を参照。

愈(ユ)→隃

論語 愈 金文大篆 論語 愈
(金文大篆)

論語の本章では『大漢和辞典』の第一義通り”すぐれる・まさる”。他には”癒す”・”いよいよ”を憶えておくと漢文では便利。『学研漢和大字典』による原義は、病巣を取り除いて気分がよくなること。詳細は論語語釈「愈」を参照。

「隃」の初出は秦代の隷書で、論語の時代に存在しないが、ほとんど音が同じだから混用されたに等しい字で、論語の本章での意味は愈と同じ。詳細は論語語釈「隃」を参照。

猶(ユウ)

論語 猶 金文 論語 猶
(金文)

論語の本章では、”~のようだ”。「なお~のごとし」と読む再読文字の一つ。詳細は論語語釈「猶」を参照。

論語:解説・付記

論語を読む限り、一門きってのアキンドで外交の才に優れた子貢だが、唯一の弱点と言えるのは、自分や他人に対する孔子の評価が気になって仕方がない点。論語憲問篇31では、孔子にそれをたしなめられている。変転止まない相場や外交の世界を子貢は生きたからこその不安。
論語 子貢

何か絶対的な基準になるものを、子貢は求めたのだ。だから卓越した才を持ちながら、生涯孔子の下を離れず、孔子死去の際は他人の倍、六年の喪に服した

本章は子貢が自分と顔回の比較を尋ねた、論語学而篇15の続きである可能性がある。あるいは孔子が子貢に、「お前と顔回ではどちらが…」と尋ねた、論語公冶長篇8の続きである可能性もある。子貢は孔子に批評されるのを好み、また他人の評も聞きたがる弟子だった。

子張は孔門十哲からは漏れているが、それは同世代で性格が反対の曽子が子張の悪口を言ったからで(論語子張篇16)、孔門十哲を並べ挙げた後世の儒者が、曽子の系統を引くからに過ぎない。子夏は子張と同世代で、ともに孔門の学徒であり、政治的工作とは無関係と思われる。

だからもし、孔門の後ろ暗い部分も熟知している子貢が、顔回や子路の抜けた後の孔門政治部門を維持するため、新人のリクルートとして孔子に問うているなら、なるほど「過ぎたる」も「及ばざる」も、生き馬の目を抜く政治の世界には向かないと評するのはもっともだ。

孔門を学徒の集まりと見るのは、少なくともその風貌の半分しか捉えていない。

「王が諸侯に遣わす使者で、子貢ほどの者がいますか。」王は言った。「おらぬ。」
「王を補佐する大臣で、顔回ほどの者がいますか。」王は言った。「おらぬ。」
「王が軍を任せる将軍で、子路ほどの者がいますか。」王は言った。「おらぬ。」
「王の官吏の目付役で、宰予ほどの者がいますか。」王は言った。「おらぬ。それゆえ孔子を招くのじゃ。」(『史記』孔子世家)

これは楚王と宰相の問答だが、孔門が外交・情報・軍事・監察といった、近代国家の組織と同様な機能を持っていたことを示している。ただ領土と徴税する民を欠いていただけで、裏返すとこうした機能を諸侯に提供することで、孔門は活動資源を得ていたと見てよい。

ただ孔門を採用したが最後、衛のように国を乗っ取られかけるおそれがあり、それゆえ諸侯に恐れられ、受けて孔門も、乗っ取りは控えるようになったのかも知れない。衛の霊公が一度は追い出した孔門を受け入れたのは、太っ腹もあろうが孔子に念書を一札書かせたのだろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント