論語詳解267先進篇第十一(14)由の瑟をひくや*

論語先進篇(14)要約:孔子先生の最初の弟子・子路は、政治の才能はありましたが、音楽の方はダメでした。先生がそれをからかうと、弟弟子までが子路を小ばかにします。いかんと思った先生は、弟弟子をたしなめた、という作り話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「由之鼓*瑟、奚爲於丘之門。」門人不敬子路。子曰、「由也升堂矣。未入於室也。」

校訂

武内本

唐石経鼓の字なし。此本(=清家本)鼓瑟、蓋し注文によりて衍する所、削るべし。

武英殿十三経注疏本を参照の上従った。

定州竹簡論語

……矣,未278……


→子曰、「由之瑟、奚爲於丘之門。」門人不敬子路。子曰、「由也升堂矣。未入於室也。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 由 金文之 金文瑟 甲骨文 奚 金文為 金文於 金文丘 金文之 金文門 金文 門 金文人 金文不 金文敬 金文子 金文路 金文 子 金文曰 金文 由 金文也 金文論語 升 金文已 矣金文 未 金文入 金文於 金文室 金文也 金文

※瑟→(甲骨文)・矣→已。論語の本章は堂の字が論語の時代に存在しない。本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、いうしつなんきうもんおいさん。門人もんじん子路しろゐやまはず。いはく、いうだうのぼいましつらざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 不愉快
先生が言った。「由(子路)の琴は、どうして私の塾で弾くのか。」弟子たちは子路を敬わなくなった。先生が言った。「由は表座敷に上がっている。奥座敷に入っていない。」

意訳

子路「♪ジャジャジャーン!」
孔子「子路や、お前の琴にはうんざりするな。いっそよそで弾いてくれんか。ウチで弾かれると恥になる。」
弟弟子「子路さんってボンクラだよね-。」「ねー。」
孔子「こりゃお前達。子路は基礎は出来ておるんだ。奥義を知らないだけだぞ。」
論語先進篇14子路 琴

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「由の瑟は、私の家では弾いてもらいたくないな。」
 それをきいた門人たちは、とかく子路を軽んずる風があった。すると、先師はいわれた。――
「由はすでに堂にのぼっている。まだ室に入らないだけのことだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「子路彈琴,乾嘛要在我這裏彈?」學生因此不尊敬子路。孔子知道後,說:「子路的彈得很不錯了,衹是還不精通而已。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「子路が琴を弾く、なんで私の所で弾こうとするのか?」弟子がこれを理由に子路を敬わなくなった。孔子はそれを知ったあとで、言った。「子路の琴は実に悪くない。ただしまだ精通していないだけだ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「  () 。」 、「 。」


鼓瑟(コシツ)→瑟

論語 鼓 金文 論語 孔子
「鼓」(金文)

論語の本章では”琴を弾くこと”。

「鼓」は打楽器を叩くだけでなく、弦楽器を弾く際にも動詞として使う。「瑟」は大琴。「琴」は膝に載せて弾けるが、「瑟」は床や座卓に据えて弾く。

論語 三才図絵 琴 瑟

『三才圖會』所収「琴・瑟」。東京大学東洋文化研究所蔵

『学研漢和大字典』によると「鼓」は会意文字で、「上にひも飾り、下に台があるたいこのかたち+攴(棒をもってたたく)」。▽正しくは、鼔と書く。瓠(コ)(まるくふくれたうり)・壺(まるくふくれたつぼ)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「鼓」を参照。

「瑟」は会意文字で、「ことの形+必(びっしりくっつく)」で、多くの弦をびっしりと並べて張った楽器。おおごと(おほごと)と読み下し、弦楽器の一つ。琴の大形のもので、弦を指でつまんで演奏する。古くは五十弦であったが、のち、二十五弦・十九弦・十五弦などになった、という。詳細は論語語釈「瑟」を参照。

堂・室

論語 堂 金文
(金文)

論語の本章では”奥義”。図を参照。部屋の最も奥は寝室だから、ここでは”奥座敷”と解した。

論語 中国家屋

初出は戦国晩期の「兆域圖銅版」で、論語の時代までさかのぼることが出来ない。詳細は論語語釈「堂」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、歴代、論語に注釈を付けた儒者が子路に貼り付けたがるような、子路は武術だけの男ではなかったことを示す一節。子路は人並み以上には琴が弾けたのであって、音楽に並外れた才能を持つ孔子ほどではなかったと言うこと。だが人が聞きたがるほどではなかった。

孔子塾の必須科目は『周礼』で六芸と言われ、音楽は礼法に次いで数え上げられている。論語先進篇2で挙げられた孔門十哲の全部が、六芸に達者だったとは言えないが、武道で言えば初段程度には通じたと言うこと。だから孔子は本章で、「表座敷には入っている」と言った。

ただ惜しむらくは、本章が史実と言えないことだ。朱子の新注には論語の本章をこう言う。

程子曰:「言其聲之不和,與己不同也。」家語云:「子路鼓瑟,有北鄙殺伐之聲。」蓋其氣質剛勇,而不足於中和,故其發於聲者如此。

程子曰く、「言うは其の声之れ和せず、己と同じからざる也」と。家語に云く、「子路の瑟を鼓くや、北鄙殺伐之声有り」と。蓋し其の気質剛勇にし而、中和に足らず、故に其の声を発するや此の如し。

程子曰く、「論語の本章の意味は、瑟の音色が調和せず、自分の心を表現できていないということだ。」
孔子家語に云く、「子路が瑟を弾くと、北の果ての田舎のような、殺伐とした音がした」。私・朱子の個人的感想では、子路の性格が剛直剛勇だったので、何事にもほどほどということが出来なかった。だから琴を弾くとそうなったのだ。(『論語集注』)

「北鄙之声」とは、紂王が好んだ音色とされるが、そんなものが伝わっていたとは思えないし、子路がそれを引くとも思えない。ただの儒者の尻馬乗りだろう。

もう一つ、本章が史実と言えない理由は、「瑟」が甲骨文からは出土しているのに、金文には無く、戦国時代の楚の文字から見られる事だ。つまり春秋時代に通用していない。そういうものが過去にあったという伝承はあったのだろうが、実物は存在しなかったのではないか。

殷は中原=大行山脈以東の黄河下流域から興った農業国、周は西方の渭水流域で羊飼いをして暮らしていた部族、両者の間には、英語とフランス語程度の違いはあっただろう。文化的にも大きく違ったはずで、その一つが人身御供の廃止。「瑟」も同様だったかも知れない。

それを復活させたのが南方の楚国というのも合点がいく。楚は黄河文明を代表する殷周とは違い、長江文明を代表とする連合国家で、その始まりはあるいは殷より古いかも知れない。殷代に受け入れられた「瑟」が楚で保存され、戦国時代に復活した、という筋書きは立つ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)