論語詳解170述而篇第七(23)二三子我を以て’

論語述而篇(23)要約:弟子の諸君に隠し事はしない、いつも君たちと共にある、それが私だ、という孔子先生の自分語り。言われた弟子はさぞかし嬉しかったのでしょう。うれしさ余ってのでっち上げか、そもそもでっち上げたか。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「二三子、以我爲隱*乎。吾無隱乎爾。吾無*行而不與二三子者、是丘也。」

校訂

武内本

清家本により、隱の下に子の字を補う。無の下に所の字を補う。

定州竹簡論語

曰:「二三子以我為隱子a乎?吾無隱乎壐。吾無行而166……二三子b,是丘也。」167

  1. 子、阮本無、皇本有。
  2. 今本「子」下有「者」字。

→子曰、「二三子、以我爲隱子乎。吾無隱乎壐。吾無行而不與二三子、是丘也。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 二 金文三 金文子 金文 㠯 以 金文我 金文為 金文陰 金文子 金文乎 金文 吾 金文無 金文陰 金文乎 金文爾 金文 吾 金文無 金文行 金文而 金文不 金文与 金文二 金文三 金文子 金文 是 金文丘 金文也 金文

※隱→陰・壐→爾。論語の本章は「以」「乎」「行」「與」「也」の用法に疑問がある。本章は戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

いはく、二三われもつかくせりとわれかくすこと乎壐のみわれおこないにし二三ともにせざるはし。きうかななり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 切手
先生が言った。「諸君、私が諸君に隠し事をしていると言うのか。私には全く隠すことはない。私には、諸君と共に行わない事はない。これがわたし丘だぞ。」

意訳

孔子 熱
知りたければ何でも聞きなさい。もったいつけたりせんよ。知とはそういうものだ。それが私の信念だから。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「お前たちは、私の教えに何か秘伝でもあって、それをお前たちにかくしていると思っているのか。私には何もかくすものはない。私は四六時中、お前たちに私の行動を見てもらっているのだ。それが私の教えの全部だ。(きゅう)という人間は元来そういう人間なのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「學生們,你們以為我教學有保留嗎?我沒有保留,我沒什麽不是同你們一起做的,孔丘就是這樣的人。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「学生諸君、お前達は私の教えに隠し事があると思っているのか?私には隠し事など無い、私には、お前達と共にしないことなど無い。孔丘とはそのような人物だ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


以(イ)

以 甲骨文 以 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…を”。初出は甲骨文。人が手に道具を持った象形。原義は”手に持つ”。論語の時代までに、”率いる”・”用いる”の語義があったが、「もって」と読んで接続詞や助詞に用いる例は確認できない。詳細は論語語釈「以」を参照。

隱/隠(イン)

隠 金文大篆 隠
(金文大篆)

論語の本章では”隠す”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はʔi̯ən(ʔは空咳の音に近い)で、同音に殷”さかん”・慇”ねんごろ”と、隱を部品とした漢字群。置換候補は陰ʔi̯əm。詳細は論語語釈「隠」を参照。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、隱の右側の上部は「爪(手)+工印+ヨ(手)」の会意文字で、工形の物を上下の手で、おおいかくすさまをあらわす。隱はそれに心をそえた字を音符とし、阜(フ)(壁や、土べい)を加えた字で、壁でかくして見えなくすることをあらわす。

隠は工印をはぶいた略字。穩(オン)(=穏。動きをかくす→おだやか)・湮(イン)(かくす)・殷(イン)(かくして中にこもる)などと同系。衣(からだをかくすころも)・依は、その語尾のnが転じたことば、という。

以 金文 以 字解
(金文)

論語の本章では前置詞で、”…で”・”…を”の意。「もって」と訓む。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「手または人+(音符)耜(シ)(すき)の略体」の会意兼形声文字で、手で道具を用いて仕事をするの意を示す。何かを用いて工作をやるの意を含む、…を、…で、…でもってなどの意を示す前置詞となった、という。詳細は論語語釈「以」を参照。

我・吾

論語の本章では、「我」を目的格に、「吾」を主格にと、春秋時代の文法に沿って記されている。詳細は論語語釈「我」論語語釈「吾」を参照。

以我爲隱乎・吾無隱(隠)乎爾

孔子 ぼんやり

『大漢和辞典』では、「乎」を「ノ(声の上がり揚がる意を示す)と兮とを合わせて、声を長く引いて意を尽くす義を表す」という。詳細は論語語釈「乎」を参照。

しかし中国語音韻学の権威・藤堂明保博士の学研『大漢和辞典』を引くと「乎」は以下の通り。

「下部の伸びようとしたものが、一線につかえた形と、上部の発散する形とからなる会意文字で、胸からあがってきた息がのどにつかえて、はあと発散することをあらわす。感嘆・呼びかけ・疑問・反語など、文脈に応じて、はあという息でさまざまのムードをあらわすだけで、本来は一つである。呼(はあとのどをかすらせて呼ぶ)の原字。」

従って

以我(え?私が)爲隱(隠してるって?)(ハァ)

吾無(私にはないよ)(隠す事なんて)(ハァ)(本当に)

という、孔子のため息が聞こえるような句と分かる。

「以」について詳細は論語語釈「以」を参照。

乎(コ)

乎 甲骨文 乎 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”はあ、本当に”と訳し、感嘆の意を示す。文末・句末におかれる。初出は甲骨文。甲骨文の字形は持ち手を取り付けた呼び鐘の象形で、原義は”呼ぶ”こと。甲骨文では”命じる”・”呼ぶ”を意味し、金文も同様で、「呼」の原字となった。句末の助辞として用いられたのは、戦国時代以降になる。詳細は論語語釈「乎」を参照。

伝統的読み下しでは「乎爾」を合わせて「のみ」と読んで、断定の意。「爾」については論語語釈「爾」を参照。

行(コウ)

行 甲骨文 行 字解
(甲骨文)

論語の本章では”行う”。初出は甲骨文。十字路を描いたもので、真ん中に「人」を加えると「道」の字になる。甲骨文や春秋時代の金文までは、”みち”・”ゆく”の語義で、”おこなう”の語義が見られるのは戦国末期から。「ギョウ」は呉音。詳細は論語語釈「行」を参照。

與(ヨ)

与 金文 與 字解
(金文)

論語の本章では”共に”。新字体は「与」。初出は春秋中期の金文。金文の字形は「牙」”象牙”+「又」”手”四つで、二人の両手で象牙を受け渡す様。初文の字形には「口」が加わる。「口」は臣下を意味し、「與」全体でみごとな奏上を行った臣下に対する、王の象牙の下賜。従って原義は”(褒美を)あたえる”。”共に”や”…と”など接続詞の用法は、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「与」を参照。

丘 金文 孔子
(金文)

孔子の本名。文字については論語語釈「丘」を参照。

論語:解説・付記

既存の論語本では吉川本で、孔子の教説が余りに広大なため、弟子が不満を言ったとする。それこそもったいを付けた解釈で、本章の真意ではない。孔子の教説は広大だったが、それは「教える事が多すぎた」からではない。知るべきと知らざるべきの区別が厳しかったのだ。

上掲の検証に拘わらず、論語の本章は恐らく孔子の肉声だろう。「我」と「吾」の使い分けが春秋時代の文法に叶っていることと、孔子の教説に沿っているからだ。その教説とは、「知るを知ると為し、知らざるを知らざると為せ、これ知るなり」(論語為政篇17)である。

「怪力乱神を語ら」なかった孔子は(論語述而篇20)、学びや稽古によって、知らない事を無くしていくことが、世の中を明るくすると言う信念を持っていた。分かることによって恐れや引け目が消える。だから隠し事はオカルトを語るのと同様に、孔子の信念に反するのである。

もちろん孔子が隠し事をしなかったわけではない。政治工作については、普通の学徒だった一般の弟子には隠しただろう。だがそれは自分のためであると同時に、相手のためでもある。「基礎も学ばないのに、いきなり奥義を聞こうというのか」とはそういうことだ。

知るべきでないことを知ることも知るの範疇にある。幼児の火遊びが危険なように、見込みの無いまま戦を起こす当時の貴族を見て、孔子はその思いを強くしただろう。現実とはえげつないものであり、そのえげつに耐えうる者のみが知っていい事がある。

宮崎アニメのように、綺麗なものだけ見せるのもよいが、人間が一呼吸毎に、粘膜で万単位の微生物を殺していることもまた事実で、それを思うと夜も寝られなくなったり、無いことにして忘れるのは「知る」ことではない。知とはそんな生やさしいものではない。

中国史上初めて「知」を発明した孔子は、そんな知の硬く厳しい側面に無論気付いていた。だから弟子に何を聞かれても答えられた。だが相手を見て言葉を選んでいる事は明白で、同じ質問でも答えを変えているのが論語雍也篇22上掲為政篇17の違いとなって現れている。

最後にちょっと辞書の話を。

訳者が三冊の辞書を引きながら論語を読んでいるのは、諸橋徹次『大漢和辞典』は、分厚い分冊で全十四冊組という、つい最近中国政府が国家事業として作った『漢語大詞典』が出るまで、世界最大の中国語辞典だったから。
『大漢和辞典』

次に藤堂明保『学研漢和大字典』は、古代音から現代音まで、ありとあらゆる漢字の、時代ごとの音を全て収録した大部な辞書だからで、音から漢文や論語の意味に迫るには、今でも最も優れているから。現在は名を変えた後継版があるが、旧版で十分である。

白川静『字通』を使うのは、諸橋・藤堂両博士と異なり、漢字の形の研究に生涯を費やした成果だからであり、両博士の研究が及ばなかった、金文(青銅器に鋳込んだ古い文章)や甲骨文にまで考察が及んでおり、漢字の形から漢文や論語の意味に迫るには、最も優れているから。

辞書といえども漢文を扱うことから、儒者や漢学者の狂信から来るハッタリから関係皆無とはいかないが、少なくとも漢字の意味に客観的な根拠があって、論語の解説本よりよほど信用できる。そもそも辞書を書けるというのは、調べることに怠惰では、出来ることではないから。

漢和辞典ソフトの比較も参照。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする