論語015学而篇第一(15)貧しくしてへつらわず

論語学而篇(15)要約:弟子一番のお金持ち、子貢が、弟子一番の出来物、顔回との比較を先生に問う話。しかし「お前は所詮小金持ちだ」とぺしゃんこにされてしまいます。孔子先生は落ち込んだ子貢を、また持ち上げ励ましたのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子貢曰、「貧而無諂、富而無驕、何如。」子曰、「可也、未若貧而樂、富而好禮者也」。子貢曰、「詩云如切如磋、如琢如磨。其斯之謂與。」子曰、「賜也、始可與言詩已矣。吿諸往而知來者。」

書き下し

子貢しこういはく、まづしくしへつらく、おごる無きは、如何いかんいはく、なるも、いままづしくしたのしむにごとかざり、れいこのものなり子貢しこういはく、いはく、せつするがごとするがごとく、たくするがごとするがごとしとは、これくのいひいはく、はじめてとも已矣のみこれわうらいものなり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子貢 論語 孔子
子貢が言った。「貧しくてへつらわない。富んでおごらない。こういうのはどうでしょう。」
先生が言った。「悪くない。しかし貧しくて楽しむ者には及ばず、富んで礼法を好む者に過ぎない。」

子貢が言った。「『詩経』にあります。切るようにこするように磨くように研ぐように、と。人もそうやって自分を磨くのですか。」
先生が言った。「賜よ。共に詩を語ることが出来るようになったな。お前は過去の事情を告げて、未来を知ったのだな。」

意訳

論語 子貢 問い
子貢「プライドの高い貧乏人(=顔回)と、威張らない金持ち(=子貢)。こういうのをどう思います?」
論語 孔子 たしなめ
孔子「悪くない、が、貧乏を楽しむ貧乏人(=顔回)には及ばない。富んだ金でウチのような礼法教室に通ってくる者(=子貢)に過ぎないね。」
「ははあ。顔回は♪原石は~、よ~く磨くと玉になる~。みたいに自分を磨いたんですかね。」
「よしよし。お前も歌ごころが分かるようになったな。あの歌の通りに磨くと、お前も立派な人間になれるぞ。」

従来訳

子貢が先師にたずねた。――
「貧乏でも人にへつらわない、富んでも人に驕らない、というほどでしたら、立派な人物だと思いますが、いかがでしょう。」
先師がこたえられた。――
「先ず一とおりの人物だといえるだろう。だが、貧富を超越し、へつらうまいとか驕るまいとかいうかまえ心からすっかり脱却して、貧乏してもその貧乏の中で心ゆたかに道を楽しみ、富んでもごく自然に礼を愛するというような人には及ばないね。」
すると子貢がいった。――
「なるほど人間の修養には、上には上があるものですね。詩経に、

るごとく、
るごとく、
つごとく、
みがくがごとく、
たゆみなく、
道にはげまん。

とありますが、そういうことをいったものでございましょうか。」
先師は、よろこんでいわれた。――
よ、お前はいいところに気がついた。それでこそ共に詩を談ずる資格があるのだ。君は一つのことがわかると、すぐつぎのことがわかる人物だね。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子貢

論語 子 金文 論語 貢 金文
(金文)

孔子の弟子。論語の人物:端木賜子貢参照。

貧而無諂

論語 貧 篆書 論語 顔回
「貧」(篆書)

”貧乏だがヘコヘコしない”。古注によれば、子貢は暗に顔回を指している。ところが孔子にとって顔回は、ただプライドが高いだけの貧乏人ではなく、貧乏そのものを楽しめる、とんでもなく上出来の人物だった。ゆえに「貧而樂」(貧しくして楽しむ)と言った。

諂(テン)

論語 諂 金文大篆 論語 落とし穴 諂
(金文)

論語の本章ではこびへつらいのうち、”相手を落とし穴にはめるようなへつらい”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「言+〔音符〕臽(カン)・(タン)(くぼむ、穴におとす)」。わざとへりくだって、相手を穴におとすこと、という。

富而無驕

論語 富 篆書 論語 子貢
「富」(篆書)

”金持ちだが威張らない”。古注によれば、子貢は暗に自分を指している。子貢が孔子や塾生たちの経済支援をしつつも驕らない人だったことは、孔子没後反対派閥が後継となったにもかかわらず、「子」という敬称を取り払われず、十哲からも外されなかったことから想像できる。

しかし孔子はそんな子貢を、「カルチャーとかに通ってくる小金持ち(富而好禮者=富みて礼を好む者)のたぐいだ」とやりこめたわけ。

驕(キョウ)

論語 驕 睡虎地秦墓竹簡 論語 プライド 驕
(秦系戦国文字)

論語の本章では”おごり高ぶる”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「馬+(音符)喬(キョウ)(高くのびて先が曲がる)」。背の高い馬。また、高く上に出て、他を見さげること。橋(高く曲がったはし)・撟(キョウ)(高くかかげる)と同系のことば、という。

なお「驕」の字は甲骨文・論語時代の金文は未発掘で、戦国時代の秦の国で初めて現れる。

未若貧而樂、富而好禮者也

論語 楽 金文 
「楽」(金文)

論語本章の読み方には二種類ある。

従来の読み:未若貧而樂、富而好禮者也。
未だ貧しくして楽しみ、富みて礼を好む者に若かざる也。
貧しくても楽しみ、かつ富んだら礼を好む者に及ばない。
役者の読み:未若貧而樂富而好禮者也。
未だ貧しくして楽しむに若かざり、富みて礼を好む者也。
貧しくても楽しむ者に及ばない。富んだら礼を好む者だ。

古注を参照すると、論語の本章は、子貢が自分と顔回とを比較したものという。しかし上下どちらの読みでそう判断したのかははっきりしない。ただ、もし顔回との比較とするなら、貧しくても楽しむ顔回と、富んで礼を好む子貢との対比になると読むには、下しかない。
論語 顔回 論語 子貢 礼

新注は上を支持しているようだ。「子貢はかつて貧しく、金儲けに励んで富んだのだろう」と朱子の個人的感想を言っている。しかしそうするなら、「貧しくても楽しみ、富んだら礼を好む者に」子貢はすでになっているわけで、「及ばない」わけではないから理屈が通らない。

それともあれだろうか、新古の儒者はそろって、子貢は富んだが礼を好まない愚か者だとでも言いたいのだろうか。「人は過去の人物を言いたい放題言う。だから君子はそういうゴミ溜めには近寄らないものだ」(論語子張篇20)と子貢が言った通りの結果になった?

漢文は対句を重んじる言語。五文字五文字で釣り合いを取った読みの方に理がある。いずれにせよ従来の読み下しは、句読は間違っていないが返り点を付け間違っている。これはまるまる中国の儒者のせいではなく、朱子とそれを有り難がった日本の儒者と漢学者の怠慢。
論語 朱子

従来訳がどんな読み下しをして、上記のような現代語訳に至ったかは不明なので、筆者の下村氏が教育を受けた戦前の、論語の権威で東京帝国大学教授・宇野哲人博士の本を参照する。

論語 宇野哲人
「未だ貧しうして楽しみ、富んで礼を好む者に若かざるなり。」
しかし、まだ貧富を超越してはいない。貧乏しても貧乏を忘れて泰然自得して楽しんでおり、富んでも富を忘れて善にり理にしたがって礼を好む者には及ばない。(『論語新釈』)

孔子が言ってもいない超越だの泰然だの善に拠りだのは、新古の注の受け売りだが、上の読みをしている。しかし顔回は一生貧乏だったから、「富んで礼を好む」者ではない。子貢と顔回の対比話はどこへ? つまり儒者の受け売りをするにもいいとこ取りをしたということだ。

しかしだからこそ、余計なごてごてを付けざるを得ないハメになった。読者は余計にわけが分からない。おそらくは、江戸儒者あたりの返り点が間違っていたのと、新古注の儒者の個人的感想の間にある断絶を無理に混ぜて、どうにか繕ってみました、ということだろう。

帝国大学教授で文学博士なのに、自分で考えようとはしていない。それも時代の制約だ。

論語 可 金文 論語 言わざる
(金文)

論語の本章では”悪くない”。積極的に褒める意味はない。日本古語の「よろし」に相当する。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「屈曲したかぎ型+口」。訶(カ)や呵(カ)の原字で、のどを屈曲させ声をかすらせること。屈曲を経てやっと声を出す意から、転じて、さまざまの曲折を経てどうにか認める意に用いる。

河(┓型に曲がる黄河)・荷(┓型に物をになう)・何(のどをかすらせて誰何(スイカ)する)・喝(カツ)(のどをかすらせる)と同系のことばという。

論語 詩 金文 論語 詩 字解
(金文)

論語では『詩経』を指すことが多い。この書は約三千の詩から孔子が選び、約三百にまとめたとされる。詩は眺めるものではなくて歌うもので、”歌詞”と解した方がいい。

「詩」の語源は『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、之(シ)(いく)は、止(とまる)と同じく、人の足を描いた象形文字で、直線状に進む、直下に停止する、の意を含む。寺は「寸(手)+〔音符〕之」からなり、手でおし進める、手をじっととめる(持)の両方の意を含む。

詩は「言+〔音符〕寺」で、心の進むままをことばであらわしたもの(叙情詩)、心の中にとまった記憶をことばにしてとどめたもの(叙事詩)の両方の意を含む、という。

切・磋・琢・磨

論語 切 金文
「切」(金文)

『詩経』の「伝」(注釈)によれば、それぞれ、骨、象牙、玉、石の加工。詳細は論語語釈「切磋琢磨」を参照。
論語 切磋琢磨

賜(シ)

 論語 賜 金文2 論語 子貢 遊説
(金文)

論語の本章では、子貢の本名。姓は端木タンボク
論語 端 金文 論語 木 金文
(金文)

「賜」の語源は『字通』によると酒器の爵に注ぐ象形という。

論語 爵

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「貝+〔音符〕易(イ)・(シ)(おしのばす、おしやる)」で、自分の前にある物を相手の前におしやること。転じて、たまわる意となった。
錫(セキ)(うすくおしのばす金属)と同系のことばという。

論語:解説・付記

論語 子貢
子貢は一門きってのアキンドであり、財産家だった。したがって本章は、「私は金持ちですがこうやって、先生の前でへりくだっています。どうでしょうか」というニュアンスを含むと見るべき。それに対して孔子は、「それでは足りぬ」と言った。

これを従来の論語本では、「文化人になれ」という教えだと吉川本は解する。また「吿諸往而知來者」は、”私の教えを聞いて即座にふさわしい詩の引用をしたお前は偉い”と解している。しかし博士は常に断言しない。論語業界は京大教授も口ごもる、怖い世界でもあるらしい。

ところで「プライドの高い貧乏人」として、論語では二人が挙げられる。一人は顔回であり、孔子が感心するほど貧乏暮らしを楽しんだ。もう一人は原憲であり、孔子没後に困窮していた原憲を、子貢が訪ねるエピソードがある。

元 趙孟頫 甕牖図 国立故宮博物院蔵

また論語の本章で、子貢が引用した詩は以下の通り。読み下しは吉川本による。

瞻彼淇奧、綠竹猗猗。
(彼のの川の奧をれば、綠の竹の猗と美し)
有匪君子、如切如磋、如琢如磨。
にもあざやけき君子は、切するが如く磋するが如く、琢するが如く磨くが如し)
『詩経』衛風 淇奧 第一章

論語 宇野哲人
さて最後に宇野博士のために、少し書いておかねばならない。戦前は訳者が使っている『字通』『学研漢和大字典』どころか、『大漢和辞典』もまだなかった。自力で漢文を読もうという発想が、そもそもあり得なかった時代。漢学者はただ、師匠の解釈を暗記するのみ。

「古いから」「中国人が書いたから」という理由だけで、無批判に受け入れざるを得ない時代だった。だから記憶力さえ抜群ならば、それで帝国大学教授が務まった。戦前の漢学とは、反面その程度でしかなかったのだ。博士はそうした蓄音機付きの自動筆記器械に過ぎない。

論語 自動手記人形
それが『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のヒロインのような自動手記人形なら、訳者も喜ぶがそうもいかない。漢学はどうにも抹香臭い。いずれにせよ、今や戦前の論語解釈は参考にならない。儒者のデタラメを早急に取り除かないと、いつまでたっても漢学は役立たず。

だが、それでいいような気もする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)