論語詳解277先進篇第十一(24)子路子羔をして*

論語先進篇(24)要約:孔子先生の最初の弟子・子路は、兄弟子として弟弟子をよく可愛がる人でした。弟弟子の一人に仕官先を見つけた子路ですが、先生はまだ早いのではないかと危惧します。いえそんなことは、という作り話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子路使子羔爲費宰。子曰、「賊夫人之子。」子路曰、「有民人焉、有社稷焉、何必讀書、然後爲學。」子曰、「是故惡夫佞者。」

校訂

定州竹簡論語

路使子羔]……子路曰:「有295……[人焉,有社稷焉,何必讀書,然后a為]學?」子曰:「是故[惡]296……

  1. 后、今本作”後”。

→子路使子羔爲費宰。子曰、「賊夫人之子。」子路曰、「有民人焉、有社稷焉、何必讀書、然后爲學。」子曰、「是故惡夫佞者。」

復元白文

子 金文路 金文使 金文子 金文羔 金文為 金文弗 金文宰 金文 子 金文曰 金文 論語 賊 金文夫 金文人 金文之 金文子 金文 子 金文路 金文曰 金文 有 金文民 金文人 金文安 焉 金文 有 金文論語 社 金文安 焉 金文 何 金文必 金文書 金文 然 金文後 金文為 金文学 學 金文 子 金文曰 金文 是 金文故 金文亜 金文夫 金文者 金文

※焉→安・惡→亞。論語の本章は赤字が論語の時代に存在しない。本章は前漢以降の儒者による捏造である。

書き下し

子路しろ子羔しかう使さいらしむ。いはく、ひとそこなはむ。子路しろいはく、たみびとあり社稷しやしよくありなんかならずしもしよみて、しかのちまなべりとさむか。いはく、ゆゑくちうまものにくむと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子路 高柴
子路が弟弟子の子羔シコウを季氏の根城、費ユウ*の代官に推薦した。先生が言った。「あの人を悪くするだろう。」子路が言った。「領民がいます。祖先祭殿もあります。どうして必ず本を読んでそれが出来たら学ぶと言えるでしょうか。」先生が言った。「これが理由で、あの口のうまい者を憎むのだ。」

*邑はまちをぐるりと城壁で囲んだ城郭都市。論語時代の諸侯国は、こうした邑の連合体で、はっきりとした国境を引けない。

意訳

季氏に仕えた子路は、弟弟子の子羔を、季氏の根城・費邑の代官に推薦した。それを伝え聞いた先生は、子路に手紙を書いた。

孔子「前略。そなた弟弟子を思いやり、結構に候。しかれどあの者今だ若く、学成りたりとは言えずと思い候。却りてあの者のためにならじと案じ候。草々」
その返事。

子路「謹啓。花咲き鳥鳴く頃合い、先生には益々ご健勝のこととお慶び申し上げ候。子羔義、費邑には領地領民これあり候。実地にてまつりごとを学べば宜しく、本の虫だけが学者にはこれなく存じおり候。敬具」

孔子「子路めべらべらと書きおって…あいつのこういうところが嫌いだ。」

従来訳

論語 下村湖人

子路が子羔を費の代官に推挙した。先師は、そのことをきいて子路にいわれた。――
「そんなことをしたら、却ってあの青年を毒することになりはしないかね。実務につくには、まだ少し早や過ぎるように思うが。」
子路がいった。――
「費には治むべき人民がありますし、祭るべき神々の社があります。子羔はそれで実地の生きた学問が出来ると存じます。何も机の上で本を読むだけが学問ではありますまい。」
すると、先師はいわれた。――
「そういうことをいうから、私は、口達者な人間をにくむのだ!」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子路派子羔當費市市長。孔子說:「這是誤人子弟。」子路說:「有人民,有土地,何必讀書,才算學習?」孔子說:「這真是強詞奪理。」

中国哲学書電子化計画

子路が子羔を遣わして費市の市長にしようとした。孔子が言った。「これは人の子弟を勘違いさせる。」子路が言った。「人民がいて、土地があります。どうして本を読むだけが、学問をすることになるでしょう。」孔子が言った。「それはまったくの、言い逃れというものだ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子羔

論語 羔 金文大篆 高柴
「羔」(金文)

論語の本章では、子路の弟弟子。孔子より30歳年下。この論語先進篇17で、「柴や愚」=あいつは間抜けだ、と孔子は評している。

『史記』の記述によると、のちに子路が衛国に仕えた際も同行し、やはり衛で仕官しており、衛国の内乱に巻き込まれそうな子路を、門前で押しとどめている。

論語 費 金文
(金文)

論語の本章では、魯国門閥家老筆頭・季氏の根城(地図右手中央)。論語語釈「費」も参照。
論語 魯国 地図

出典:http://shibakyumei.web.fc2.com/

論語 賊 金文
(金文)

論語の本章では”そこなう”。

初出は西周末期の金文。カールグレン上古音は不明。藤堂上古音はdzək(入)。「ゾク」は呉音。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、戎は「戈(ほこ)+甲(かぶと)」の会意文字。ほこや、かぶとでおどしつけること。賊は「貝+戎」で、凶器で傷つけて財貨をとることをあらわす。詳細は論語語釈「賊」を参照。

夫人・夫佞者

論語 夫 金文 論語 人 金文
「夫人」(金文)

「夫(か)の人」と孔子が言っていることから、この対話は直接の面会でのことではなく、手紙のやりとりと思われる。「佞」については下記を参照。

『学研漢和大字典』によると「夫」は「おっと」「おとこ」で、それが「あの」という指示代名詞になった理由については、『学研漢和大字典』も『字通』も説明していない。

藤堂先生風に言うなら、「フーッ」というため息を表して、まず句末の詠嘆の意となり、詠嘆して婉曲に人を「フーッの人」と呼んで指示詞になったのでは、と想像するが、あくまで訳者の個人的感想。

なお『字通』によると、「夫」は労役に借り出された男を言い、その管理者を大夫と言うとある。論語の時代の大夫は家老階級を言い、まず貴族の呼称として大夫が定着したのだろう。「夫の人」も現代日本で宛名に「殿」を使うように、派生して敬称になったのかも。

なお指示詞としての『学研漢和大字典』による語法は以下の通り。

  1. 「それ」とよみ、「そもそも」「さて」と訳す。文のはじめや話題の転換の意を示す。文頭におかれる。「夫秦王有虎狼之心=それ秦王虎狼の心有り」〈だいたい秦王は虎や狼のような残忍な心を持っている〉〔史記・項羽〕
    ▽「且夫=かつそれ」は、「夫」を強調する場合に用いる。
  2. 「かの」とよみ、「あの」「例の」と訳す。共通に知る人・物・事を指示する。「楽夫天命=かの天命を楽しむ」〈皆も知る天から与えられた運命を楽しむ〉〔陶潜・帰去来辞〕
  3. 「か」「かな」とよみ、「~だなあ」と訳す。推定・感嘆の意を示す。文末・句末におかれる。
    《同義語》哉・与。「亡之、命矣夫=これを亡(ほろぼ)せり、命なるかな」〈おしまいだ、運命だねえ〉〔論語・雍也〕

詳細は論語語釈「夫」を参照。

社稷

論語 社 金文 論語 稷 金文
(金文)

「社」は土地神の祭殿。「稷」は穀物神の祭殿。合わせて”国家”を意味することが多いが、ここでは”領地”のこと。

ただし「稷」の初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。部品の畟ですら初出は後漢の説文解字で、儒者の言う「社稷」なる大げさな物言いは、漢帝国になってからの製造品である可能性がある。ただし『孟子』『荀子』にもこの言葉が見られる事から、仮説に止まる。

『学研漢和大字典』によると「社」は会意兼形声文字で、土(ド)・(ト)は、地上につちを盛った姿。また、その土地の代表的な木を、土地のかたしろとしてたてたさま。鏈は「示(祭壇)+(音符)土」で、土地の生産力をまつる土地神の祭り。地中に充実した物を外にはき出す土の生産力をあがめること。詳細は論語語釈「社」を参照。

「稷」は会意兼形声。畟(ショク)は「田+人+夂(あし)」からなり、人が畑を足でふんで耕すことを示す。稷は「禾(穀物)+(音符)郵」、という。詳細は論語語釈「稷」を参照。

讀/読

論語の本章では”読む”。論語では本章のみに登場。

初出は前漢の隷書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdʰuk(入)。同音は賣・蜀とそれらを部品とする漢字群多数。『大漢和辞典』で”よむ”の語釈があるのは讀・訓(初出は西周早期の金文・カ音xi̯wən去)、詁(初出は燕の戦国文字・カ音ka上)、籀(初出は後漢の説文解字・カ音dǐu去)で、いずれも音が通じない。白川博士は「籀」を「讀」と「声義が近い」というが、義はともかく声はデタラメ。詳細は論語語釈「読」を参照。

佞(ネイ)

論語 佞 金文大篆 論語 佞
(金文大篆)

論語の本章では、”口車が回ること”。初出は前漢の篆書で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はnieŋで、同音に寧、寍(寧の古字)、濘(ぬかるみ、清い)。寧は丁寧の寧で、”ねんごろ”の意がある。つまり置換候補になりうるものの、”口車”としか解せない本章では不可。詳細は論語語釈「佞」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、いろいろとツッコミどころ満載の章。

まず自省から。意訳で手紙形式としたのは、孔子が子羔を「かの人の子」と遠くにある者のごとく記したことからそうしたが、子羔の親を敬って「かの人」の子、と言っているのかも知れず、今となっては余計な工夫だった。

さて孔子が五十前後で魯国の政権を握った頃、子路は季孫家に雇われて費邑の代官になったことは史記に見え、史実と考えてよい。しかし孔子が55で亡命の旅に出ると、当然付き従った子路は代官を辞職しただろう。その後任としてどうか、と言われて閔子騫が断った話は、論語雍也篇9に見える。

そして本章に見える子羔は、孔子家語によると孔子より40年少、史記によると30年少。史記に従うとしても、25で孔子の放浪に付き合ったなら大した若者だ。ただし当時の平均寿命が30程度だったことを思うと、そうでもないかもしれない。ともあれ放浪に同行した記録は無い。

どちらも史記に従うと子羔は孔門十哲の子夏より4年長で、同年グループと言ってよい。また史記によると、衛国に仕えていたことが知られる。上記論語雍也篇によると、費邑の代官には閔子騫が収まっているはずであり、わざわざ「どいてくれ」と子路が言うとは考えがたい。

しかも孔子の帰国は68の時だが、その4年後に子路は衛国で戦死しており、それまでは衛国の一邑の領主だった。子路は帰国したとしても孔子と同時であるはずで、たった4年の間に弟弟子を代官に推薦し、辞めさせて衛国に連れて行ったことになる。慌ただしすぎないか?

しかも子路が与えられたのは蒲といって、衛国でも札付きに刃向かいたがる厄介な邑で、たった4年で鎮撫できただけでも凄い政治力だ。なんぼ子路が孔門きっての筋肉ダルマとは言え、精力絶倫が過ぎるというのものだ。どうにも仕事が粗雑な儒者の作文としか思えない。

それなりに緻密な前漢儒者のしわざではなく、呆れるほど頭の悪い後漢儒者のしわざだろう。

BC 哀公 孔子 孔子の記事 魯国の記事 その他
484 11 68 孔文子に軍事を尋ねられる。衛を出て魯に戻る。のち家老の末席に連なる。弟子の冉求、侵攻してきた斉軍を撃破 呉と連合して斉に大勝 呉・伍子胥、呉王夫差に迫られて自殺
483 12 69 もう弟子ではないと冉有を破門 季康子、税率を上げ、家臣の冉求、取り立てを厳しくする
482 13 70 息子の鯉、死去 呉王夫差、黄池に諸侯を集めて晋・定公と覇者の座を争う。晋・趙鞅、呉を長と認定(晋世家)。呉は本国を越軍に攻められ、大敗
481 14 71 斉を攻めよと哀公に進言、容れられず。弟子の顔回死去。弟子の司馬牛、宋を出奔して斉>呉を放浪したあげく、魯で変死 孟懿子死去。麒麟が捕らわれる 斉・簡公、陳成子(田常)によって徐州で殺され、平公即位。宋・桓魋、反乱を起こして曹>衛>斉に亡命
480 15 72 弟子の子路死去 子服景伯と子貢を斉に遣使。大干魃(『魯邦大旱』) 斉、魯に土地を返還、田常、宰相となる。衛、出公亡命して蒯聵=荘公即位。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント