論語詳解273先進篇第十一(20)論の篤きに°

論語先進篇(20)要約:意見が立派だからと言って、その人がどうかはわかりません。川の流れを眺めるのを好んだ孔子先生は、人にも時の勢いがあると知っていたからです。人は長い目で見なければ分からない、そんなお話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「論篤是與、君子者乎。色莊者乎。」

校訂

定州竹簡論語

張問善人之道。子[曰:「不淺跡,亦不入於室。」子]曰:「284[a是]與?君子者乎?亻亡 外字狀[者b]?」285

  1. 祝、今本作”篤”。音近、祝借為篤。
  2. 亻亡 外字狀者乎、今本作”色莊者乎”。

→子曰、「論祝是與、君子者乎。亻亡 外字狀者乎。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 侖 甲骨文論語 祝 金文是 金文与 金文 君 金文子 金文者 金文乎 金文 妄 金文象 金文者 金文乎 金文

※論→侖(甲骨文)・亻亡 外字→妄・狀→象。

書き下し

いはく、いふことあつきはくみするも、君子くんしなるものかたち亻亡 外字いつはもの

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
(前章からの続き)先生が言った。「重厚な発言には頼りたくなるが、君子か、取り繕いの激しい者か。」

意訳

子張 論語 孔子 悩み
(前章からの続き)ただし前の人の真似をしろと言っても、うっかりその人のこってりした意見に頼ってはいかん。貴族らしい技能や教養のある人ならいいが、ただのハッタリ者だとひどい目に遭う。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。
「いうことがしっかりしているということだけで判断したのでは、君子であるか、にせ者であるか、わからない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「贊賞忠誠的人,是君子?還是僞裝的?」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「忠誠を賞賛する人は、君子か?それともその振りだけか?」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 () 亻亡 外字 ( ) 。」


論篤是與(与)→論祝是與

論語 篤 金文大篆 論語 篤
「篤」(金文大篆)

論語の本章では”重厚な議論は自分に利益があると思っても”。

『大漢和辞典』によると「篤」の原義は”馬がゆっくり歩くこと”。まるでとろみのついた水の中を歩くように、どっしり・もっちりとした重みを感じさせる何か。従ってどっしりと言葉が積み重なり、こってりと主張されると、ついつい同意してしまいそうになる、ということ。

一方『学研漢和大字典』によると「篤」は全身申し分ないよい馬をいい、ゆきとどいた、ということ。ただしこの言葉は甲骨文・金文には見られず、古文は論語 篤・竺の形に書いている。武内本では特に異同を記さず「篤」と書いているから、古論語でどうなっていたかはわからない。詳細は論語語釈「篤」を参照。
論語 篤 古文
via http://xiaoxue.iis.sinica.edu.tw

なお「是」は”正しい”、「與」は”くみする・味方する”の語義があるから、「是與」で熟語の可能性がある。しかし論語は最古の古典なので、出来るだけ単漢字で理解した方がいい。

『学研漢和大字典』によると論語の本章での「是」は、「~は…だ」と訳す。認定の意を示す。英語のbe動詞にあたり、もとは主語をさしていたが、六朝から認定をあらわす繋詞(ケイシ)となり、現代中国語でも用いられている、という。詳細は論語語釈「是」を参照。

論語の時代は六朝よりはるか以前なので、「論篤」=重厚な議論が主部であり、「與」=協力するは述部。従って伝統的な論語の読み、「論のあつこれくみするも」は誤り。「論篤」に発言者が「與」するのはOVの倒置に見えるが、日本語の「この道は通れます」と同様、主語が動作の受け手となる例があり、中国語文法で受事主語と言う。

キハ(主部)(直前=主語を表す記号)スルモ(述語動詞)
論の篤きはこれ與するも

定州竹簡論語では「祝」(祝)となっているが、篤のカールグレン上古音はtのみ(入)、藤堂上古音はtok。祝のカ音はȶのみ(入)、藤音は”祝う・神官”の意ではtiok、”のりと”の意ではtiog。音通すると言ってよい。論語語釈「祝」も参照。

君子者乎

論語 君 金文 論語 子 金文
「君子」(金文)

論語の本章での「君子」は”貴族らしい技能教養のある人”。「君子者」とあえて「者」を補っているのは、”君子である者”、つまり”貴族らしい者”のことだぞ、とわざわざ言葉を補っている。詳細は論語語釈「君子」を参照。

色莊(荘)者→亻亡 外字狀者

論語 色 古文 論語 色
「色」(古文)

現伝本の論語の本章では、”外見を取り繕うことが激しい人”。元気な者、と解することも出来るが、武内本では「みえをつくろうひと」と読み下している。論語学而篇にある「巧言令色すくないかな仁」と合わせ考えると、武内本に従うのが適切と判断した。

『論語集釋』は「別解」としてこの解釈を取りあげている。

宋儒・鄭汝諧の『論語意原』は言う。「色壮者とは、実践しない者を言う。君子は、有言実行に努めるだけで、余計なことは考えない。”論説の重厚な者に従うとしても、そもそも君子に従うのか? 色壮者に従うのか?”答えは決まっている。君子だ。またこのように解するのは、何事も出しゃばりの子張(論語先進篇15)に対する答えだからだ。

定州竹簡論語の「亻亡 外字狀者」は解読不能。漢字亻+亡は『大漢和辞典』に無く、壮族の文字にあり、”やや・いくらか・少し”の意だというが、それではあるまい。グリフウィキの色の異体字にも無い。小学堂の色の異体字にも無い。発音はmbangj01という(グリフウィキ当該字)。

ところでにんべんの漢字に佯、偽、侜、㑟があり、ともに「いつわる」と読んで”だます”と解する。『学研漢和大字典』によると佯の羊は様子のヨウで、外面の姿をいつわることという。偽は人のつくりごとでだますことという。そして「亡」は”かくす・かくれる”ことという。

『大漢和辞典』には「亡」の語釈として、「なみする」と読んで”軽蔑する”を立てている。人類の半分である女を加えた「妄」には、やはり「いつわる」の語釈がある。となると亻亡 外字とは、有るものを無いもののように人の手で、あざけりいつわることではなかろうか。

狀(状)の初出は秦系戦国文字。論語の時代に存在しないが、カ音はdʐʰi̯aŋ(去)→ジャンクで、相si̯aŋ(平)・象dzi̯aŋ(上)と音通すると言え、いずれも”かたち”の語義を共有する。また莊(荘)のtʂi̯aŋ(平)→ツィァンクと音通すると言える。莊に「かざる」の語釈を『大漢和辞典』は立てている。

以上から仮説として、「亻亡 外字狀者」を「かたちをいつわるもの」と読むことを提示する。『漢語大字典』『異體字字典』を引ける環境にある諸賢のご指正を待つ。詳細は論語語釈「亻亡 外字を参照。

論語語釈「色」論語語釈「壮」論語語釈「状」も参照。

論語:解説・付記

論語本章は、定州竹簡論語の校訂により、前章「血気盛んな」子張の質問への答えの続きであり、「やりすぎ」と評された子張(論語先進篇15)を念頭に置いた発言。時に刃渡りのようなことをせねばならない論言時代の政界に(論語憲問篇4)、孔子は子張を進ませるべきではないと考えていた節がある。

論語 子張 論語 孔子
子張が仕官を孔子に問うた。

孔子「身の安全を保ったまま、名誉を受けることが難しい」

子張「どうすればいいですか?」

孔子「自分の能力を振り回すな。嫌われるぞ。教えてもどうしようもない連中と交わるな。仲間外れだぞ。他人の過去の間違いを言い立てるな。怨まれるぞ。失言して取り繕うな。笑われるぞ。出来る能もないことを追いかけるな。呆れられるぞ。

仕事を溜めるな。バカにされるぞ。この六つに気を付けている限り、身の安全を保ったまま、名誉を受けることができ、民も言うことを聞くのだ。」

(『大載礼記』子張問入官篇)

なお定州竹簡論語の発掘以前から、本章は前章の続きであるとする説があったようで、清末民初の程樹徳は、『論語集釋』で次のように言う。

清儒・梁章鉅の『論語集注旁證』は、『論語注疏』を参照してこの節を前の節と合わせて一章にまとめている。だから與の字を平声に読む(ことで、疑問や反語の意味とする)。それで「者乎」とならぶ例と解した(つまり「論篤是與」を論の篤きはただしき、と読んで、”重厚な論説だろうと正しいのだろか”と解した)。しかしこの一節は子張が問うた「善人」の例であり、ここだけ切り取って解するべきではない。だから朱子の『論語集注』はそう読まなかったのだ。

思うに、清の『潘維城集箋』ではこう言っている。「古注の『論語集解』では本章と前章を一緒にしている。皇侃の注疏にも”子曰くうんぬんは、これもまた善人の何たるかを答えたものだ。答えは同じだが、質問した時が違うので、だから”子曰く”がさらに付いているのだ。いずれも答えたのは善人の何たるかで、だから一つの章にまとめたのだ”。だがそうだろうか? 子曰く、とあるからには、質問への答えとは思えない。章を分けるべきではないのか?」

私としては、頭に「子曰く」があるのだから、別の章だと思っている。だから今は朱子の新注に従う。

いわゆる清朝考証学とはこういうもので、物証が無い所でああでもないこうでもないと論じる上に、数理という論者共通のOSも無いから、時にたいへんオトツイの方角へ行き「定説」となることがある。ITの出現で価値が暴落した技術同様、今では骨董品と言うべきかも知れない。

だがそのように偉そうな事を訳者が言えるのは、ひとえに定州竹簡論語という物証が出たためで、その発掘保存に何ら寄与していないからには、清儒を小ばかにして笑うのも不謹慎に思えてきた。訳者の「亻亡 外字狀者」の考証も、所詮同レベルに過ぎない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

関連記事(一部広告含む)