論語詳解224子罕篇第九(20)これに語りて

論語子罕篇(20)要約:孔子先生の弟子の顔回は、まるで奇蹟のような人で、学問も礼法も武術も素早く習得しただけでなく、なにより人格者で、若い弟子の集まった孔子塾の、時として殺伐になりがちな空気を和らげたと言います。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「語之而不惰者、其回也與。」

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 語 金文之 金文而 金文論語 不 金文論語 者 金文 論語 其 金文論語 回 金文也 金文論語 与 金文

※論語の本章は惰が論語の時代に存在しない。也を断定の意で用いている。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、これものうからざるものは、くわいなる

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 論語 顔回
先生が言った。「教えを語ってもまじめに聞き続けるのは、顔回だ。」

意訳

論語 孔子 微笑み 論語 顔回 輝き
顔回だけは、いつも私の話をうんざりしないで聞いてくれるな。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「何か一つ話してやると、つぎからつぎへと精進して行くのは囘だけかな。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「聽我說話毫不懈怠的人,衹有顏回吧!」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「私の説教を聞いて全くだらけなかった人は、ただ顔回がいただけだな。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 語 金文 論語 語
(金文)

論語の本章では”語り合う”。一方的にしゃべっているのではない。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、吾(ゴ)は「口+(音符)五(交差する)」からなり、AとBが交差して話しあうこと。のち、吾が我(われ)とともに一人称をあらわす代名詞に転用されたので、語がその原義をあらわすこととなった。語は「言+(音符)吾(ゴ)」、という。

論語 惰 古文 論語 惰
(古文)

論語の本章では”うんざりする”。古い字体ではへんが女になっている。この文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。類語の堕も同様。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、墮(ダ)(=堕。落ちる)の原字は、「左印二つ(不整合なこと)+阜(おか)」からなり、丘がくずれ落ちることを示す。惰は「心+(音符)墮の略体」で、緊張を抜いてだらりと落ちるような気持ちを示す。

垂(たれ落ちる)・朶(ダ)(だらりと下がる)と同系のことば。類義語の懶(ラン)は、力弱く人にたよる気持ち。怠は、張りのないこと。懈(カイ)は、心の緊張がとけてだらけること、という。

「惰性」の「惰」。”おこたる・おこたり”。ここから従来訳のように、「怠けないでさらに精進する」というSゑむ的解釈が生まれるが、本章の場合は文法語法的にも飛躍ではない。

『論語集注』(新注)を見てみよう。朱子は范氏(范祖禹)の言葉をそのままコピペして言わせている。

新注
范氏曰:「顏子聞夫子之言,而心解力行,造次顛沛未嘗違之。如萬物得時雨之潤,發榮滋長,何有於惰,此群弟子所不及也。」

論語 朱子 新注
「顔先生は至聖孔子のお言葉を、心を費やし努めて行い、寸時も非常時も全く違わなかった。これは万物が時の雨の恵みを受けてうるおい、成長するようなもので、怠惰などあるわけがない。これは他の有象無象の弟子どもには及びも付かないことだった。」

なんだか祝詞か賛美歌の歌詞を読んでいるような気分になる。当然だろう、でっち上げなのだから。

論語:解説・付記

以下は脳天気にも、論語の本章を史実として書いてしまったあれこれである。

既存の論語本では吉川本に、顔回はあまりに頭がいいので理解が早く、退屈しなかったのだ、と新古の儒者が言っているとある。訳者の見解は全然違う。これは仁フィギュア趣味の好みの問題で、趣味を熱く語る孔子と同好の士である顔回は、退屈しようにも出来なかったのだ。
論語 仁 フィギュア 単体

どんなに頭がポンコツな者でも、好みや趣味はあって、だからこそおよそ全てのメディア人は、それで飯を食えている。顔回の場合は孔子塾のその他教科についても、一ヶ月ほどで習得したと言うから(論語雍也篇7)、確かに俊才であったには違いない。

しかしそれにも裏はあると訳者は考えている。孔子が同時代の思想家と比べて、今日まで名前を残せたのは、一つには政界にきっかけを作った孟孫家、二つには優れた弟子、そして三つめに、世俗で勢力を張るに当たって、顔氏一族の協力は決して小さくなかったと考える。

その詳細はいずれ記すとして、顔回も父の顔路も、孔子の母・顔徴在と同じく、呪術者集団の一員ではなかったか。そうなると顔回の智力形成は、孔子と極めて似た経路を通ったわけであり、知っていること・考えることが、孔子と似通ってくるのは不思議ではない。

ただし顔回は孔子と違って、化け物じみた体躯と体力を持たなかった。しかしこんにちアキバに集うその筋の諸兄諸姉が、概しておとなしいなりをしているように、体躯に恵まれなくとも趣味人にはなれる。いや余計な体力がないだけに、一層のめり込むことも出来そうだ。

同好の士は同好の士を知る。論語の本章は、ただそれを言っているに過ぎない。

なお儒者による孔子の神格化・ごますりのような媚びへつらいは、中国人の抜きがたい病巣と言ってよく、現中国でも文化大革命中は、毛沢東はいやが上にも神格化された。

毛沢東賛歌「東方紅」
东方红,太阳升, 中国出了个毛泽东。 他为人民谋幸福, 呼儿咳呀 他是人民的大救星。

(トンファホン、タイヤンシャオ。チュンクオチュウリャカマオツオトン。ターウェイレンミンモウシンフー、ホーアヘイリャオ、ターシレンミンタアチュウシン)

「東の空が赤い。太陽が昇った。中国には出現した、毛沢東が。彼は人民の幸福をはかる。ああ、そうだよ。彼は大いなる、人民の救いの星だ。」
論語 毛沢東

曲はyoutubeで引けばいくらでも出てくるから、お好きな方は見て頂くとして、もとは「ごま油」と題する民謡の替え歌だった。本歌を歌うとあのような国ではどんな目に遭うか分からないから、こちらはほとんどネット上に上がっていない。

訳者が唯一見たのは、「文革でひどい目に遭いました」というような悲しげな顔をしたおじさんが、悲しそうに歌っていたものだけである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)