論語詳解225子罕篇第九(21)惜しいかな*

論語子罕篇(21)要約:これもまた顔回神格化のための作り話。『定州論語』にあることから、前漢の時代には既に作られていたようです。それにしても論語のあちこちにちりばめられた顔回ばなし、一体誰がやらせたのでしょうか。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子謂顏淵、曰、「惜乎。吾見其進也、未見其止也。」

校訂

定州竹簡論語

□□□□□□□吾見其進也,未見其止也。」233

復元白文

論語 子 金文論語 謂 金文論語 顔 金文論語 淵 金文 論語 曰 金文論語 乎 金文 論語 吾 金文論語 見 金文論語 其 金文論語 進 金文也 金文 論語 未 金文論語 見 金文論語 其 金文止 金文也 金文

※論語の本章は惜が論語の時代に存在しない。也の字を断定で用いている本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

顏淵がんえんひていはく、をしかなわれすすむをなりいまむをざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が顔回について言った。「惜しいことだ。私は顔回が学習を進めるのを見たが、止まるのを見たことがない。」

意訳

ニセ孔子
顔回は進歩し続けた。

従来訳

論語 下村湖人

先師が顔淵のことをこういわれた。――
「惜しい人物だった。私は彼が進んでいるところは見たが、彼が止まっているところを見たことがなかったのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子評論顏回:「可惜啊!我衹見他前進,沒見他停止。」

中国哲学書電子化計画

孔子画顔回を評論した。「惜しいなあ。私は彼がただ前進するのを見ただけで、彼が止まったのを見たことが無い。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


惜乎

論語 惜 古文 論語 惜
「惜」(古文)

論語の本章では”惜しいなあ”。「乎」は詠嘆の助辞。この文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、昔(セキ)は、日が重なることで、重なる意を含む。惜は「心+(音符)昔」で、一度きりでは忘れ去らず、心中に残り重なって思いがつのること。類義語の吝(リン)は、けちけちすること。嗇(ショク)は、自分の手に取りこんで出さないこと。愛は、おしくて胸の詰まる思いのすること、という。詳細は論語語釈「惜」を参照。

吾見其進也、未見其止也

論語 進 金文 論語 進
「進」(金文)

伝統的には「われその進むを見たり。いまだその止まるを見ざりき」と読み下し、顔回没後に回想しているとする。「惜しいかな」とあるからには、そう読んだ方がいいかも知れない。また前章から顔回ばなしが続くので、一層そう見える。ここでも新注を見てみよう。

進止二字,說見上章。顏子既死而孔子惜之,言其方進而未已也。

「進・止の二字は、前章にもある。顔先生が既に死んで、孔子は惜しまれて、常に進んで止まなかった事を申されたのだ。」

いくら儒者でも、似たような話に違うおとぎ話を考えるのは苦痛だし、できなかったに違いない。

論語:解説・付記

漢帝国に入ってからの顔回神格化キャンペーンを考えるに当たり、まず前漢の時代に著名となった顔氏の末裔と思しき人物を調べてみる。もし顔氏の姓を名乗る者が権力者に居れば、自分の箔付けのために顔回を神格化するのは、動機として十分考えられるからだ。

ところが、『史記』『漢書』をひっくり返しても、それらしき人物が見当たらない。

ただ一人、武帝時代の経済官僚で、顔異という人物が記されている。残念ながら『史記』『漢書』ともに伝記を立てておらず、他の篇の断片からその人物を再構成するしかない。その一つを記すが、中華帝国とは、およそろくなものではないことがわかる。

『史記』平準書

自造白金五銖錢後五歲,赦吏民之坐盜鑄金錢死者數十萬人。其不發覺相殺者,不可勝計。赦自出者百餘萬人。然不能半自出,天下大抵無慮皆鑄金錢矣。犯者眾,吏不能盡誅取,於是遣博士褚大、徐偃等分曹循行郡國,舉兼并之徒守相為(吏)[利]者。

而御史大夫張湯方隆貴用事,減宣、杜周等為中丞,義縱、尹齊、王溫舒等用慘急刻深為九卿,而直指夏蘭之屬始出矣。

而大農顏異誅。初,異為濟南亭長,以廉直稍遷至九卿。上與張湯既造白鹿皮幣,問異。異曰:「今王侯朝賀以蒼璧,直數千,而其皮薦反四十萬,本末不相稱。」天子不說。張湯又與異有卻,及有人告異以它議,事下張湯治異。異與客語,客語初令下有不便者,異不應,微反脣。湯奏當異九卿見令不便,不入言而腹誹,論死。自是之後,有腹誹之法(以此)[比],而公卿大夫多諂諛取容矣。

(天下から金属を召し上げ、あまりに額面より軽い金属で)白金と五銖銭を鋳造してから五年後(武帝元鼎元年=BC116)、銭貨を私鋳した死刑囚のうち、庶民や小役人十万人が特赦された。発覚しないまま闇に消えた私鋳は、数え切れない。自首した者百余万人も特赦された。だが自首した者は半分にも満たないだろう。天下こぞって、せっせとニセ金造りに没頭したのだ。私鋳の罪を犯す者があまりに多かったので、おまわりも取り締まり切れなかった。そこで博士官の猪大と徐偃らが特捜隊を率いて天下を巡り、金回りの良すぎる者や地方高官でニセ金と思しき利益を得ている者を検挙した。

その当時は御史大夫(=最高監察官。事実上の宰相)張湯が権勢を振るって政治を切り盛りしており、減宣と杜周らがその次官となり、義縱、尹斉、王温舒らが残酷な刑罰をちらつかせて閣僚になっていた。特務隊長の夏蘭のような者どもが出てきたのもこの頃である。

そんなおり、大農(=財務大臣)の顔異が処刑された。もともと顔異は、済南(山東省)の亭長(駐在所のおまわりと宿場の世話役を兼ねる)だったが、まじめな勤務が認められて少しずつ出世して閣僚にまでなった。そんな折、(金に困った)武帝が張湯とつるんで鹿の革で作った超高額革幣を造ろうとして、顔異に意見を聞いた。その答え。

「とんでもありません。例えば今、陛下に挨拶申し上げる王侯は、蒼い宝石を献上しますが、その値は銅数千文でしかありません。その包装でしかない鹿の革が、四十万銭もするとあっては、まったくの滅茶苦茶でございます。」

武帝は機嫌を悪くした。悪いことに宰相の張湯は顔異と仲が悪く、それに目を付けたチクリ者が、顔異に罪有りと密告した。しかも監察長官を兼ねる張湯が審理に当たることになった。その調書。

「顔異が客と話をした。客が”こたびのお触れは無茶苦茶ですね”と言った所、顔異は知らんふりをしたが、かすかに唇をひるがえした。」

張湯は顔異の罪を奏上した。「顔異は閣僚でありながら、お上のおふれに不満を抱いた。口には出さなかったが腹の中で批判した。死刑に処すべきであります。」

こののち、「腹誹の法」(腹で思っただけで罪になる)が常態化し、政府高官はこぞってへつらい者ばかりになり、表情を取り繕うようになった。

この『史記』の記述を真に受けるなら、顔異は住所から顔氏一族の末裔である可能性はあるが、至って真面目なお役人で、顔回神格化キャンペーンとは無縁のように見える。引き続き、史料を読んでいくしかなさそうだ。では最後に儒者の御託。

古注『論語集解義疏』

子謂顔淵曰惜乎吾見其進也未見其止也註馬融曰孔子謂顔淵進益未止痛惜之甚也疏子謂至止也 顔淵死後孔子有此歎也云見進未見止惜其神識猶不長也然顔淵分已滿至於屢空而此云未見其止者勸引之言也故殷仲堪云夫賢之所假一語而盡豈有彌進勖實乎葢其䡄物之行日見於跡夫子從而咨嗟以盛德之業也

本文「子謂顔淵曰惜乎吾見其進也未見其止也」。
注釈。馬融「孔子は、顔淵がひたすら進歩し続け、早世したことが痛恨の極みだったのである。」

付け足し。先生は止まることの窮極を言った。顔淵の死後、孔子はこのような嘆きを言った。「見進未見止」とは、その精神がまだ成長しきっていない事を惜しんで言ったのだ。ところが顔淵は自分の持ち前に満足しきってたびたび貧乏しても気にしなかった。そこへこの「未見其止」と言ったのは、まだまだ進めると思っていたのだ。だから殷仲堪が言った。「そもそも賢者にとっては、一なる原理を悟れば十分で、本当に更なる進むべき境地があったのだろうか。人の模範となるような人物の行跡は、毎日目に出来るもので、だから孔子先生は、顔淵の盛んな徳の有様をうめくように歎いたのだ。」

要は前章と同じ、おべんちゃらに過ぎず、まじめに文意を追う価値も無い。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 惜乎、吾見二其進一也未見二其止一也。(『論語』子罕) 〔惜しい乎、吾れ其の進むを見る也、未だ其の止るを見ざる也。〕 […]