論語詳解225子罕篇第九(21)惜しいかな*

論語子罕篇(21)要約:孔子先生が最も期待した弟子、顔回没後の先生の回想。何事も道を行ったり来たりして、人は向上するものですが、顔回は生前ついに、落ちたり引き下がったりした事がなかった、と先生は言うのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子謂顏淵、曰、「惜乎。吾見其進也、未見其止也。」

復元白文

論語 子 金文論語 謂 金文論語 顔 金文論語 淵 金文 論語 曰 金文論語 乎 金文 論語 吾 金文論語 見 金文論語 其 金文論語 進 金文也 金文 論語 未 金文論語 見 金文論語 其 金文止 金文也 金文

※論語の本章は惜が論語の時代に存在しない。也の字を断定で用いている本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

顏淵がんえんひていはく、をしかなわれすすむをなりいまむをざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が顔回について言った。「惜しいことだ。私は顔回が学習を進めるのを見たが、止まるのを見たことがない。」

意訳

論語 孔子 微笑み
顔回はいつもせっせと仁者の造形に励んでいたな。

従来訳

論語 下村湖人

先師が顔淵のことをこういわれた。――
「惜しい人物だった。私は彼が進んでいるところは見たが、彼が止まっているところを見たことがなかったのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子評論顏回:「可惜啊!我衹見他前進,沒見他停止。」

中国哲学書電子化計画

孔子画顔回を評論した。「惜しいなあ。私は彼がただ前進するのを見ただけで、彼が止まったのを見たことが無い。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

惜乎

論語 惜 古文 論語 惜
「惜」(古文)

論語の本章では”惜しいなあ”。「乎」は詠嘆の助辞。この文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、昔(セキ)は、日が重なることで、重なる意を含む。惜は「心+(音符)昔」で、一度きりでは忘れ去らず、心中に残り重なって思いがつのること。

類義語の吝(リン)は、けちけちすること。嗇(ショク)は、自分の手に取りこんで出さないこと。愛は、おしくて胸の詰まる思いのすること、という。

吾見其進也、未見其止也

論語 進 金文 論語 進
「進」(金文)

伝統的には「われその進むを見たり。いまだその止まるを見ざりき」と読み下し、顔回没後に回想しているとする。「惜しいかな」とあるからには、そう読んだ方がいいかも知れない。また前章から顔回ばなしが続くので、一層そう見える。ここでも新注を見てみよう。

進止二字,說見上章。顏子既死而孔子惜之,言其方進而未已也。

「進・止の二字は、前章にもある。顔先生が既に死んで、孔子は惜しまれて、常に進んで止まなかった事を申されたのだ。」

いくら儒者でも、似たような話に違うおとぎ話を考えるのは苦痛だし、できなかったに違いない。

論語:解説・付記

以下は脳天気にも、論語の本章を史実として書いたあれこれである。

既存の論語本では、珍しいことに吉川本も従来訳を支持する。ただ、「仁の造形」は違う。そもそも仁の解釈が異なり、訳者の解釈は訳者のオリジナルだから、違うのももっともだ。

論語 フィギュア 魔法少女
本章も、孔子のフィギュア話と理解すればたやすい。孔子にもなりきれなかった(論語述而篇33)等身大仁フィギュアだが、顔回はせっせと衣装を縫ったりアクセサリを自作したりアマゾンに注文したりして、コスプレ趣味に余念がなかったのだ。それは一つの幸福と言っていい。

顔回が趣味人であって、現代の論語読者が有り難がる理由にならないと訳者が考える理由は、生涯仕官しなかったから。本来仁フィギュアは完成後、仕官して善政を行い太平の世を導くという使命を持っていたはずなのだが、顔回は仕官にも善政にも全く興味を持たなかった。

論語 顔回 喟然
それは「偉い」のではなく「ヲタが激しい」のであって、ファンタジーにあこがれてコスプレでなりきっている趣味人を、例えばアフガンあたりの戦場に送り込もうとしたと想像すればいい。断るに決まっている。夢想の世界と現実政治を混同するから、儒者は読み間違えたのだ。

儒教が帝国統治の道具になった以上、その前提から儒者は自由でいられないわけだが、以前も紹介したように、儒者にもまともな頭を保った人はいて、なにごとにももったいを付けて、孔子や弟子の顔回の神格化をせっせと進める儒者の姿も、またヲタが激しいと言うべきだろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 惜乎、吾見二其進一也未見二其止一也。(『論語』子罕) 〔惜しい乎、吾れ其の進むを見る也、未だ其の止るを見ざる也。〕 […]