論語詳解219子罕篇第九(15)われ衛より魯に°

論語子罕篇(15)要約:孔子先生は国外での活動拠点を、主に隣国の衛に置きました。しかし最晩年には故国の魯に戻り、国政の相談役になります。言わば第一線を退いた身、好きな音楽の知識で、魯国の音楽界発展に尽くすのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「吾自衞反*魯、然後樂正、雅頌各得其所。」

校訂

武内本

清家本により、反の下於の字を補う。

定州竹簡論語

……曰:「吾自衛反於a魯,然□□正,《雅》《頌》各得[其所]。」229

  1. 於、阮本無、皇本、高麗本有。

→子曰、「吾自衞反於魯、然後樂正、雅頌各得其所。」

復元白文

子 金文曰 金文 吾 金文自 金文衛 金文反 金文於 金文魯 金文 然 金文後 金文楽 金文正 金文 牙 金文頌 金文各 金文得 金文其 金文所 金文

※雅→牙。

書き下し

いはく、われゑいかへりて、しかのちがくただしく、雅頌がしよう各〻おのおのところたり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手

先生が言った。「私が衛から魯に帰って、やっと音楽は正しくなり、雅・頌部門の曲も、ふさわしい時に演じられるようになった。」

意訳

論語 孔子 ぼんやり
亡命前にやり残したことと言えば、古曲の整理だった。放浪の旅で音楽の知見も増えたから、その精華を生かして、帰国後やっと、「雅」「頌」といった古曲の整理を行うことが出来た。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「音楽が正しくなり、雅も頌もそれぞれその所を得て誤用されないようになったのは、私が衛から魯に帰って来たあとのことだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「我從衛國返回魯國,才把音樂整理好,《雅》、《頌》都安排妥當。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「私が衛国から魯国に帰ると、やっと音楽が正しく整理され、雅や頌の曲は全て妥当な場所に収まった。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 反 金文 論語 反
(金文)

論語の本章では、”帰る”。『学研漢和大字典』による原義は、手で板を反らせたさま。

初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はŋɔで、同音に牙とそれを部品とする漢字群。『大漢和辞典』によると、牙は雅と音通。詳細は論語語釈「雅」を参照。

雅頌

論語 頌 金文
「頌」(金文)

『詩経』に収められた歌のうち、雅=西周時代の王室の歌、頌=周王室のその他の典礼歌と一般に解する。注の多くはこれらの歌を、孔子が帰国して整理した、と解すると吉川本にあるが、訳者の見解は上記の通り。

『学研漢和大字典』『字通』による「頌」の原義は”となえる”こと。論語では本章のみの登場。詳細は論語語釈「頌」を参照。

論語:解説・付記

ニセ孔子
門閥三家老家の分不相応を孔子が怒った作り話のうち、音楽に関しての話が論語八佾篇2にあるが、そこでは周王室の盛時を歌った雍の歌が問題とされた。その歌も本章と同じく、『詩経』の周頌篇に収められている。礼法違反を孔子が許さないという事に儒者がしたのである。

それに対して論語の本章は、孔子の肉声を疑うべき理由がない。つまり礼法がどうたらという話ではなく、音楽に詳しい孔子の帰国によって、それまで何かとわけの分からぬまま演奏されていた古曲が、整理され本来有るべき姿を取り戻した、ということ。

呉の武力沙汰の中で帰国した孔子は、論語八佾篇23で魯の楽師長に音楽のウンチクを語ったように、得意として好きな音楽方面の政策に関わったのだろう。本章で「正しくなった」というのは、孔子自らが口うるさく音楽関係者に指図して回ったことを示している。
論語 孔子 説教

だが哀公十三年(BC482、孔子70歳)に呉が留守を越に襲われて大敗すると、孔子は政権から外され、同年亡くなった息子の鯉の葬儀の費用にも事欠く有様となった(論語先進篇7)。孔子が呉を裏から操っていた証拠と訳者は見ているが、門閥の三桓もほっとしたのではなかろうか。

従って論語の本章は、孔子が帰国したBC484から呉が大敗するまでの約2年間に限った孔子の発言と思われる。

以下に儒者の感想文を示す。

古注『論語集解義疏』

子曰吾自衛反於魯然後樂正雅頌各得其所註鄭𤣥曰反魯魯哀公十一年冬也是時道衰樂廢孔子來還乃正之也故曰雅頌各得其所也疏子曰至其所 孔子去魯後而魯禮樂崩壞孔子以魯哀公十一年從衛還魯而删詩書定禮樂故樂音得正樂音得正所以雅頌之詩各得其本所也雅頌是詩義之美者美者既正則餘者正亦可知也

本文「子曰吾自衛反於魯然後樂正雅頌各得其所」。
注釈。鄭玄「魯に帰ったのは魯の哀公十一年(BC484)の冬である、この時正道は流行らず、音楽はデタラメになっていたが、孔子が帰ると、秒でまともになった。だから”雅頌各得其所”と言ったのである。」

付け足し。先生はあるべき場所の窮極を言った。孔子が魯から逃げ出したあと魯の礼法や音楽は崩壊した。孔子は魯の哀公十一年に衛から魯に帰って、『詩経』『書経』の重複を削り礼法と音楽の基準を定めた。だから楽譜が正しくなった。正しくなったから雅や頌もそれぞれ本来の場所へ収まった。雅頌とは詩の一種であり美しいものである。美しいものが既に正しくなったのだから、それ以外は言わなくても分かるだろう。

分かるか、たわけ者め。デタラメばかり言いふらしやがって。ともあれ本章については以上でしまいだが、物足りないから『孔子家語』にある孔子の礼法と音楽のウンチクを記す。「頌」の参考になるだろうか。

邾隱公既即位,將冠,使大夫因孟懿子問禮於孔子。子曰:「其禮如世子之冠。冠於阼者,以著代也。醮於客位,加其有成,三加彌尊,導喻其志。冠而字之,敬其名也。雖天子之元子,猶士也。其禮無變,天下無生而貴者故也。行冠事必於祖廟,以祼享之禮以將之,以金石之樂節也;所以自卑而尊先祖,示不敢擅。」懿子曰:「天子未冠即位,長亦冠也。」孔子曰:「古者,王世子雖幼,其即位則尊為人君。人君治成人之事者,何冠之有?」懿子曰:「然則諸侯之冠異天子與?」孔子曰:「君薨而世子主喪,是亦冠也已。人君無所殊也。」懿子曰:「今邾君之冠非禮也?」孔子曰:「諸侯之有冠禮也,夏之末造也,有自來矣。今無譏焉。天子冠者,武王崩,成王年十有三而嗣立。周公居冢宰,攝政以治天下。明年夏六月,既葬,冠成王而朝于祖,以見諸侯,示有君也。周公命祝雍作頌,曰:『祝王達而未幼。』祝雍辭曰:『使王近於民,遠於年,嗇於時,惠於財,親賢而任能。』其頌曰:『令月吉日,王始加元服。去王幼志,心袞職,欽若昊天,六合是式,率爾祖考,永永無極。』此周公之制也。」懿子曰:「諸侯之冠,其所以為賓主何也?」孔子曰:「公冠則以卿為賓,無介,公自為主,迎賓揖,升自阼,立于席北。其醴也,則如士,饗之以三獻之禮。既醴,降自阼。諸侯非公而自為主者,其所以異,皆降自西階,玄端與皮弁異。朝服素畢,公冠四加,玄冕祭。其酬幣于賓,則束帛乘馬。王太子庶子之冠擬焉,皆天子自為主。其禮與士無變,饗食賓也,皆同。」懿子曰:「始冠必加緇布之冠,何也?」孔子曰:「示不亡古。太古冠布,齋則緇之。其緌也,吾未之聞。今則冠而幣之,可也。」懿子曰:「三王之冠,其異何也?」孔子曰:「周弁,殷冔,夏收,一也。三王共皮弁素績,委貌、周道也;章甫、殷道也;毋追、夏后氏之道。」(第三十三「冠頌」)

チュ(魯の隣の小国)の隠公(前506-前487、前473-前471)が即位して、公冠をかぶろうとしたときにやり方がわからず、そこで家老に命じて魯の門閥家老である孟子の紹介で孔子に加冠方を尋ねた。

先生が言った。「世継ぎの加冠と同じでよろしい。ただし宮殿の階段で冠をかぶるが、これは代替わりを世に示すためである。公座に就く前に、烏帽子親となる客と共に盃を飲み干すのは、代替わりを終えたことの確認である。三度冠を取り替えて大きなものにかぶり直すのは、位を継いだ決意を固めさせるためである。加冠を終えてあざ名を改めるのは、公位を尊ぶためである。例え天子の子が天下って公位に即くのであっても、最下層の士族が家を継ぐ作法と同じにする。まったく同じ式次第なのだ。この世界には、生まれながらに貴い者などいないからだ。この加冠の儀は、必ず祖先祭殿で行わねばならない。祼享カンキョウの礼(香酒を地に注いで神霊を迎える礼)を行い、金属と石の楽器を奏でて所作に節目をつける。これは祖先にへり下って、わがままを行わない事を誓うためである。」

孟懿子「天子が幼少で加冠しないまま即位した場合、成長してから加冠するのか?」
孔子「昔は、王の世継ぎが幼くても、即位すれば人の主として尊ばれた。人の主であり名君なら、改めて加冠しなくてもよいだろう。」

孟懿子「では、諸侯の加冠は天子と違うのか?」
孔子「先君がみまかって世継ぎが喪主を務める。これで加冠したと同じ事になる。人君=天子と異なる所は無い。」

孟懿子「では今、邾公が改めて加冠するのは、礼に背いていないか?」
孔子「諸侯が加冠の義を行うのは、夏王朝の末に始まった。それ以来、礼に背くと文句をつけた者は居ない。天子の加冠は、周の武王が崩御したときに始まる。成王が十三歳で即位することになったので、周公が宰相として摂政となった。翌年の夏六月、葬儀が終わり、成王に加冠して祖先廟に報告させ、諸侯に誰が周王か示したことが初となった。周公は祝雍に”お前に王殿下を祝う歌の作詞を任せるが、すでに王として十分だという建て前で書け。幼いことを匂わせるな”と因果を含め、頌=賛歌を作らせた。祝雍は答えて、”王殿下は民と親しみ、へつらい者を遠ざけ、時を惜しんで政治にいそしみ、財貨を恵み、賢者を近づけてその能力を発揮させると書きましょう”。出来上がった歌詞にはこうあった。”ナントカ年ナントカ月の吉日、王は元服の義を行った。これをもって王は幼稚な心を捨て、天子の装いを身につけ、心より天命に従い、世界の模範となった。殿下が祖先に従う限り、永遠に繁栄するだろう”。これが周公の定めた加冠の礼だ。」

孟懿子「では諸侯が加冠するとき、周公の代わりに、だれに取り仕切って貰ったらいいのか。」
孔子「国公が加冠する時は、上級家老に取り仕切りを任せる。介添え役は要らない。国公自らが主人役となり、取り仕切りの上級家老を賓客として、お辞儀して出迎え、階段を上がり、宴席の北側に立つ。そしてどぶろくを飲み干す礼を行うが、その所作は士分と同じ。客役の家老に膳を出してもてなすが、その際三献の礼を行う。どぶろくの礼を終えたら、階段を降りる。諸侯が国公として振る舞わず、自ら主人役となってもてなすことを示すため、国公のように南階段から出入りせず、西階段を通る。ただし冠は、黒布の冠と皮の頭巾を組み合わせてかぶる。ここは士分の加冠が朝服に白いひざかけだけで済ますのと異なる。そして冠を四度取り替えてかぶり直し、最後に天辺に板とすだれの付いた黒い冠をかぶり、祭壇に供物を捧げる。客への引き出物は、必ず絹の反物と、乗車の引き馬。この式次第は、王の世継ぎやその他の王子と同じ。天子だろうと、必ず主人役を務める。この点は最下級の士分と違わない。賓客を迎えてもてなすのも同じだ。」

孟懿子「生まれて初めての加冠に、冠に黒布をかぶせるのはなぜか。」
孔子「古式に従っていることを示すためだ。太古の昔は白布で冠を作ったが、物忌みの時には黒くした。ただしヒモまで黒くしたかどうかは分からない。今は冠の上から黒布をかぶせたのでかまわない。」

孟懿子「夏、殷、周王の冠は、どう違うのか。」
孔子「周は弁(頭巾)といい、殷はといい、夏は收と言ったが、形は同じだ。三代共に、皮の頭巾に白布の垂れが付いた。ただし委貌(ひも)が付いたのは周に始まり、章甫(前立て。幽霊の三角巾を四角にしたもの)が付いたのは殷に始まり、毋追(頭髪と髷を両方とも覆う頭巾。昔の一万円札で聖徳太子がかぶっていたやつ)は、夏に始まる。」

なお孟懿子は、魯国門閥家老の一家の当主でありながら、子路と共に孔子の最も初期の弟子であり、同世代の友人で、孔子を政界に押し上げた人物である。論語では為政篇5で初出

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント