論語詳解217子罕篇第九(13)ここに美玉有らむに*

論語子罕篇(13)要約:弟子の子貢が、儒教的価値観から見て卑しいアキンドだったことを印象づけるために、後世創作されたおとしめ話。孔子先生まで調子を合わせたことにされています。ただし元ネタは、本当にあったかも。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子貢曰、「有美玉於斯、韞櫝而藏諸。求善賈而沽諸。」子曰、「沽之哉。沽之哉。我待賈者也*。」

校訂

武内本:唐石経句末也の字あり。

定州竹簡論語

貢曰:「有美玉於斯,𥁕獨a而藏諸,求善賈而賈b227……


  1. 𥁕獨、今本作”韞匵”。𥁕為韞之省、獨、匵音同可通假。『釋文』云、”韞、鄭云、裏也。匵、本又作櫝”。
  2. 而賈、阮本作”而沽”、漢石経”沽”作”賈”。

※元本では𥁕→昷になっている。


→子貢曰、「有美玉於斯、韞櫝而藏諸。求善賈而沽諸。」子曰、「沽之哉。沽之哉。我待賈者。

復元白文

子 金文江 金文曰 金文 有 金文美 金文論語 玉 金文於 金文斯 金文 韞櫝而 金文者 金文 求 金文善 金文賈 金文而 金文論語 沽 金文者 金文 子 金文曰 金文 論語 沽 金文之 金文哉 金文哉 金文論語 待 金文賈 金文者 金文

※貢→江。藏→臧の可能性があるほかは、論語の本章は赤字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

子貢しこういはく、ここうるはしきたまらむに、はこをさこれかくさむか、あきうどもとこれらむか。いはく、これらんかなこれらんかなわれあきうどものなり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子貢 論語 孔子
子貢が言った。「ここに美しい宝玉があります。箱にしまって隠しましょうか、それともいい商売人を探して売りましょうか。」先生が言った。「売ろう売ろう。私は商売人を待っているのだ。」

意訳

ニセ子貢 ニセ孔子
子貢「呉国での工作は終えました。先生を迎えたい、と。さ~て先生、♪この玉隠しましょか、売りましょか。」
孔子「売るぞ売るぞ! 私はアキンドを待っていたのだ。」

従来訳

論語 下村湖人

子貢が先師にいった。――
「ここに美玉があります。箱におさめて大切にしまっておきましょうか。それとも、よい買手を求めてそれを売りましょうか。」
 先師はこたえられた。――
「売ろうとも、売ろうとも。私はよい買手を待っているのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子貢說:「假如這有塊美玉,是用櫃子藏起來呢?還是賣給識貨的人呢?」孔子說:「賣出去!賣出去!我等著識貨的人。」

中国哲学書電子化計画

子貢が言った。「もしここにひとかたまりの美玉があったとして、箱に仕舞い込みましょうか?それとも価値の分かる人に売りましょうか?」孔子が言った。「売り飛ばせ!売り飛ばせ!私は価値の分かる人をずっと待っていたのだ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

韞(オン/ウン)→𥁕

論語 韞 古文 論語 韞
(古文)

論語の本章では”しまい込む”。論語では本章のみに登場。

初出は後漢の隷書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はʔi̯wən(上)。同音は䡝”大車の後ろのおさえ”と𥁕を部品とする漢字群で、論語時代の置換候補になる字は無い。陰ʔi̯əm(平)”隠す”は甲骨文から存在する近音だが、音通とは断言できない。隠の初出は戦国文字。暗の初出は後漢の説文解字

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「韋(なめしがわ)+(音符)𥁕(オン)(中に入れてとじこめる)」、という。

一方『大漢和辞典』の第一義はは”柿色”。加えて”かくす・つつむ・くしげばこ”の意を載せる。

𥁕は論語の本章では韞の略体。初出は甲骨文(リンク先の「坊間3.81」から)。カールグレン上古音は不明。藤堂上古音は「温」と同じで・uən。

溫 温 字解
『大漢和辞典』が「温」の原字とし、”おもいやりがある・やわらぐ”と解し、『字通』も”皿(盤)上の器中のものが、温熱の状態にあることを示す。温・煴(おん)の初文とみてよい。〔説文〕五上に「仁なり」と訓し、「皿に從ふ。以て囚に食はしむるなり」とするが、囚形の部分は、熱によって器中に気がめぐる象。囚とは形義が異なる”とするが、漢字の発生史的にむしろ温の略体、温が𥁕の原字と見るべき字。詳細は論語語釈「昷」を参照。

櫝(トク)

論語 櫝 睡虎地秦墓竹簡 論語 櫝
(秦系戦国文字)

論語の本章では”はこ・ひつぎ”。類義語の「匵」は”小箱・小さい棺”。

初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdʰuk(入)。同音に独・賣を部品とする漢字群多数。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、右上(音イク)は、必要な物を抜きとることをあらわす会意文字。賣(イク)・(トク)は「貝(財貨)+(音符)イク」の会意兼形声文字。櫝は「木+(音符)賣」で引き出しつきの箱、という。

藏/蔵

論語の本章では”仕舞う”。初出は戦国末期の金文。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdzʰɑŋ(平/去)。類義語の「臧」の初出は甲骨文。カールグレン上古音はtsɑŋ(平)。

沽(コ)→賈

論語 沽 金文 論語 沽
(金文)

論語の本章では”売る”。

初出は西周末期の金文。カールグレン上古音はko(平)。

『学研漢和大字典』によると形声文字で、「水+(音符)古」で、ためておいた商品をうったりかったりすること。庫(品物をためておくくら)・賈(品物をかいだめておいてうる商人)・価(ねだん)などと同系のことば、という。

「賈」は「沽」と同音で、ほとんど同義。詳細は論語語釈「賈」を参照。

論語 諸 金文 論語 慎 諸
(金文)

論語の本章では指示代名詞の”これ”。之於(シヲ)に音が通じた派生義。『学研漢和大字典』による原義は、一カ所に大勢の人が集まること。詳細は論語語釈「諸」を参照。

善賈

論語 善 金文 論語 賈 金文大篆
(金文)

論語の本章では”やり手の商人”。魯の定公のような、途中で腰砕けになるような頼りない殿様では、孔子はもう仕える気がしなかったのだろう。

「賈」は『学研漢和大字典』によると会意文字で、上部は西ではなくて、覆(おおう)の字の上部と同じく、ふたをかぶせたさま。「襾(ふたの形)+貝(財貨)」で、金品におおいをかぶせて隠すことを示す。庫(コ)(物を隠すくら)と同系のことば。

類義語では、店の中や倉庫に品物をストックするあきんどを賈といい、行商するのを商といった。のち商と賈を区別せず、ともにあきんどの意に用いる、という。

論語:解説・付記

論語の本章については上掲要約の通りだが、孔子と子貢の間だけで通用した冗談としては、あり得ない話では無い。通説でも孔子が売り出そうとしたのは、自身の政治的理想だとされる。「売るぞ売るぞ」は、孔子の口から出たとしてもおかしくはない。

論語 孔子 キメ
売り出し先の一つである呉が孔子を登用した記録はない。ただし子貢が行き来しており、論語泰伯篇と子罕篇の話は、呉との関係を強く思わせる。孔子がその生涯で自分を売り出そうとした一覧は、下の通り。ただし2は売り出したわけではなく、孔子の方から断っている。

  1. BC516(孔子36歳)斉の景公に採用されかけ失敗。
  2. BC504(孔子48歳)魯で陽虎に招かれるが断る。
  3. BC502(孔子50歳)魯で公山弗擾フツジョウの招きに応じようとするが、実現せず
  4. BC597(孔子55歳)衛の霊公に一旦仕えるが、しくじる。
  5. BC490(孔子62歳)晋の佛肸フツキツの招きに応じようとするが、果たせず。
  6. BC489(孔子63歳)楚・昭王に招かれるが、楚の宰相・子西の反対でしくじる。

そして6でしくじったあと、急に勃興してきたのが南方の呉国。

論語 呉王夫差
これ以降、孔子は仕官活動を一切していない。とうとう自分の政治構想実現を諦めたのだろうか? そうではないと訳者は見る。すでに歴史も古い、利害関係も複雑な国に直接仕えるのではなく、新興の呉を裏から操ろうとしたのだ。呉王夫差を補佐する人物を見れば分かる。

軍師の伍子ショは、故国の楚を追われて亡命してきた者であり、宰相の伯も同様。将軍の孫武(いわゆる初代孫子)は斉の出身で、客員閣僚ばかりが揃っている。地生えの家老がわんさかいる中原諸侯国や、有力大名の連合体である楚と異なり、孔子にも分け入る隙があったのだ。

以下、儒者の感想文。

古注『論語集解義疏』

子貢曰有美玉於斯韞匵而藏諸求善賈而沽諸註馬融曰韞藏也匵匱也藏諸匵中也沽賣也得善賈寜賣之耶子曰沽之哉沽之哉我待賈者也註苞氏曰沽之哉不衒賣之辭也我居而待賈者也疏子貢曰至者也 云子貢曰有美玉於斯者子貢欲觀孔子聖徳藏用何如故託事以諮衰否也美玉譬孔子聖道也言孔子有聖道可重如世閒有美玉而在此也云韞匵云云者諸之也韞囊之也匵謂匣櫃也善賈貴賈也沽賣也言孔子聖道如美玉在此為當韞匣而藏之為當得貴賈而賣之否乎假有人請求聖道為當與之否耶云子曰沽之哉者荅云我不衒賣之者也故重云沽之哉明不衒賣之深也王弼曰重言沽之哉賣之不疑也故孔子乃聘諸侯以急行其道也云我待賈者也者又言我雖不衒賣然我亦待貴賈耳有求者則與之也

本文「子貢曰有美玉於斯韞匵而藏諸求善賈而沽諸」。
注釈。馬融「韞とは仕舞うことである。匵とは匱(はこ)である。これを箱の中に仕舞うのである。沽とは売ることである。よい商人を得て積極的に売ろうと言うのである。」

本文「子曰沽之哉沽之哉我待賈者也」。
注釈。苞氏「うらんかな、とは、見せびらかさず売るという言葉である。私はずっと商人を待っていたと言うのである。」

付け足し。子貢は極致を言った。「子貢曰有美玉於斯」とは、子貢が孔子の神聖な仁徳を孔子が用いるか仕舞い込むかを聞きたいと願ったのである。だからたとえ話で仕舞い込むかどうかを聞いたのである。「美玉」とは孔子の神聖な道をたとえたのである。その心は、孔子には世間が有り難がるべき神聖な道があり、もし世の中に美しい玉があれば、それに似ているという事である。「韞匵うんぬん」とあり、諸とは”これ”の意である。韞とは仕舞うことである。匵とは箱の類である。善賈とはめったに居ない商人である。沽とは売ることである。その心は、孔子の神聖な道は例えるなら美しい玉がここにあるようなものだが、箱に仕舞い込むべきか、めったに居ないような商人に売るべきか。もし神聖な道を求める人がいたら、与えるべきではないか、ということである。「子曰沽之哉」とは、孔子が子貢に答えて、私は見せびらかさず売ると言ったのである。だから重ねて「沽之哉」と言い、見せびらかさず売りたいと深く思ったのを表したのである。

王弼「言葉を重ねて”うるぞうるぞ”と言ったからには、疑いなく売る気だったのである。だから諸侯からお呼びが掛かると、孔子は大急ぎで道を行ったのである。」

「我待賈者也」とは、見せびらかさずに売るという意思をまた言ったのである。そして自分もまためったに居ない商人を待っていたというのである。求める者が居ればすぐさま与えると言ったのである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)