論語詳解221子罕篇第九(17)逝く者は斯くの°

論語子罕篇(17)要約:あるいは孔子先生の最晩年。一人息子にも、才能を期待した弟子の顔回にも、一本気だった子路にも先立たれて、さすがに先生も気落ちします。そんな折、とうとうと流れる川を眺めて、思わずつぶやいた一節。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子在川上曰、「逝者如斯夫。不舍晝夜。」

校訂

定州竹簡論語

……[上,曰:「逝]者如此a夫!,不舍晝夜。」

  1. 此、今本作”斯”。

→子在川上曰、「逝者如此夫。不舍晝夜。」

復元白文

子 金文在 金文川 金文上 金文曰 金文 𠧟 金文者 金文如 金文此 金文夫 金文 不 金文舍 金文晝 昼 金文論語 夜 金文

※逝→𠧟。

書き下し

かはほとりりていはく、ものかくごと晝夜ちうやかず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が川のほとりに立って言った。「過ぎゆくものはこの通りか。昼夜休むことがない。」

意訳

とうとうたる川の流れを眺めてつぶやいた。全ては過ぎ去っていくな。昼も夜も休むことなく。

論語 逝く者は斯くの如きかPhoto via https://pixabay.com/ja/

従来訳

論語 下村湖人

先師が川のほとりに立っていわれた。――
「流転のすがたはこの通りだ。昼となく夜となく流れてやまない。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子在河邊說:「時光如流水!日夜不停留。」

中国哲学書電子化計画

孔子が川のほとりで言った。「時間は流れる水のようだ!日夜止まらない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 ( 。」


論語 逝 金文 論語 逝
(金文大篆)

論語の本章では”過ぎ去るもの”。日本漢字では”死ぬ”意味に限定して使うが、もとは”行く”こと全てを意味する。『学研漢和大字典』による原義は、ふっといなくなること。『大漢和辞典』の第一義は”行く”。

初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はȡi̯adで、同音の忕”ならう”・誓・筮”うらなう”・澨”つきぢ・みぎわ”には、”いく”の語義が無い。噬”およぶ”の初出は同じく『説文解字』。論語時代の置換候補は𠧟 。詳細は論語語釈「逝」を参照。

論語 舍 金文 論語 舍
(金文)

論語の本章では”据え置く”。原義は”家”だが、手偏の付いた「捨」にも転用される。論語の時代、「舎」と「捨」は書き分けられていなかった。

晝(昼)夜

論語 昼 金文 論語 夜 金文
(金文)

論語の本章では、”昼と夜・時間”。

『学研漢和大字典によると「昼」は会意文字で、晝は「筆を手に持つ姿+日を四角にくぎった形」。日の照る時間を、ここからここまでと筆でくぎって書くさまを示す。一日のうち、主となり中心となる時のこと。夜(腋(ワキ)にある時間)に対することば。

株(中心となる木の幹)・朱(木の中心の赤い木質部)・主(中心となって動かぬ者)・柱(じっとたつはしら)などと同系のことば、という。

「夜」は会意兼形声文字で、亦(エキ)は、人のからだの両わきにあるわきの下を示し、腋(エキ)の原字。夜は「月+(音符)亦の略体」で、昼(日の出る時)を中心にはさんで、その両わきにある時間、つまりよるのことを意味する。腋(からだの両わき)・掖(エキ)(わきをささえる)と同系のことば、という。

「晝」(昼)の字は「畫」(画)と間違えやすい。

ひ る えがく

論語:解説・付記

論語・子罕篇は本章あたりから、物寂しくなっていく。

孔子が望みを掛けた呉国の没落、弟子の顔回の逝去など。論語研究の多数派の意見では、論語の前半・郷党篇までは魯に残った小人派の編纂によるといい、どことなく「あれこれ工作して政治いじりをしたが、それは結局失敗だった」ことを暗示しているようにも思える。

論語 ブッダ
さて本章は、孔子と同時代の賢者・ブッダの臨終の言葉、「全ての者は移ろいゆく。怠らず努めるがよい」を連想させる。ここで孔子が眺めているのは、魯国周辺の水か、あるいは渡ろうとして渡らなかった黄河か、あるいは楚国に向かった折眺めた揚子江か。

論語のこの篇の他の話から見て、散歩の途中に泗水を眺めたと考えたい。

孔子は父の顔を知らずに育ち、その墓所は母がかたくなに隠した。おそらく母の顔徴在は、父が誰かも知らなかったからだろう。その母も亡くなったとき(孔子16歳ごろ)、孔子は母を父と合葬したいと強く願った。見かねた近所のおばさんが場所を教え、孔子は葬って言った。

孔子既得合葬於防,曰:「吾聞之:古也墓而不墳;今丘也,東西南北人也,不可以弗識也。」於是封之,崇四尺。

孔子既に防於(に)合葬するを得て曰く、「吾れ之を聞けり。古え也墓なし而墳(も)ら不と。今丘也、東西南北の人也。以て識ら弗る可から不る也。」是に於て之を封(つ)み、崇(たか)さ四尺。(『礼記』檀弓上)

「昔は墓穴は取っても、土盛りはしなかった。しかし今や私は、東西南北の人である。見て分かる墓を作らないわけにはいかない。」

白川静博士の『孔子伝』は、「東西南北の人」という項目を冒頭に置く。東西南北、いずれの人とも知れないさすらい人がすなわち自分孔丘である、という意味。論語や史記に、失脚後の放浪は記すが、人生前半のさすらいについては全くと言っていいほど記録がない。

上掲の『礼記』も漢代の儒者が書いたもので、孔子の口から出た言葉とは思えない。しかしそれを想像できるような伝承が、当時はまだ残っていた可能性がある。恐らく孔子は母の属する呪術者集団の移動に伴って、各地を旅したことだろう。もちろん、川も渡ったし船旅もした。

論語の本章は、最晩年にさしかかった孔子が、そうした過去を思い出しての言葉と思いたい。

最後に、儒者の御託を記しておく。

古注『論語集解義疏』

子在川上曰逝者如斯夫不舍晝夜註鄭𤣥曰逝往也言凡往者如川之流也疏子在至晝夜 逝徃去之辭也孔子在川水之上見川流迅邁未嘗停止故歎人年往去亦復如此向我非今我故云逝者如斯夫者也斯此也夫語助也日月不居有如流水故云不舍晝夜也江熙云言人非南山立徳立功俛仰時過臨流興懐能不慨然聖人以百姓心為心也孫綽云川流不舍年逝不停時已晏矣而道猶不興所以憂歎也

本文「子在川上曰逝者如斯夫不舍晝夜」。
注釈。鄭玄「逝は行き去ることだ。その心は、全て行き去るものは川の流れのようだ、ということだ。

付け足し。先生は昼夜の至りを言った。逝は過ぎ去るという言葉だ。孔子は川のほとりで川の流れが速く進み未だかつて止まらなかったのを見た。そこで人の年齢が過ぎゆくこともまた同じと歎いた。これからの自分は今の自分と違う。だから「逝者如斯夫」と言った。斯は”これ”である。夫は語調を示す。日月が過ぎゆくのは流れる水のようだ。だから「不舍晝夜」と言った。

江熙「本章の心は、人は終南山(=秦嶺山脈)のように不滅ではないから、技芸を磨き功績を立て、浮き沈みの中で時を過ごしたなら、川の流れを見て思いが高まり、物思いをせずに居られるだろうか。聖人も一般人と同じ心を共有していたのだ。」

孫綽「川の流れは止まず、年の過ぎるのは止まらず、時はすでに末世だというのに、孔子の道はまだ流行らず。だから憂い歎いたのだ。」

新注『論語集注』

夫,音扶。舍,上聲。天地之化,往者過,來者續,無一息之停,乃道體之本然也。然其可指而易見者,莫如川流。故於此發以示人,欲學者時時省察,而無毫髮之間斷也。程子曰:「此道體也。天運而不已,日往則月來,寒往則暑來,水流而不息,物生而不窮,皆與道為體,運乎晝夜,未嘗已也。是以君子法之,自強不息。及其至也,純亦不已焉。」又曰:「自漢以來,儒者皆不識此義。此見聖人之心,純亦不已也。純亦不已,乃天德也。有天德,便可語王道,其要只在謹獨。」愚按:自此至篇終,皆勉人進學不已之辭。

夫の音は扶と同じである。舎は尻上がりに読む。天地の変化は、行く者は通り過ぎ、来る者は続き、たった一息の止まる瞬間も無い。これが原理と実体の本来の姿である。だがたやすく指さして見ることが出来るものは、川の流れ以上に無い。そこでこれを言挙げすることで人に示したのだから、儒学を学ぼうとする者は時に触れてよく考え、髪の毛ほどの瞬間にも忘れてはならない。

程頤「これは原理と実体を言い表した話である。天の運行は止まらない。日が通り過ぎて月が来る。寒さが過ぎ去って暑さが来るし、川の水は流れて止まらない。万物が生まれる働きも行き詰まらない。これらは総て、原理に従って実体を表している。昼夜休み無く、今まで止まったことが無い。だから君子はこれを原理として受け入れ、自らを強めて休まない。その窮極に至れば、原理と一体化して終わりが無い。」

さらに程頤「漢より以降、儒者はみなこのことわりに気付かなかった。この章からは聖人の心が見て取れる。原理と一体化すれば終わりが無く、一体化に終わりが無くなったのが、すなわち天の徳に他ならない。天の徳を備えていることが、王道を語る条件で、あと要ると言えば、独りで慎み深くあることである。」

愚か者である私・朱熹はこう思う。本章の窮極の言葉から本篇の終わりまで、全て人に勉学を勧め努めることを説いたものだ。

新注を編んだ朱子とその引き立て役は、ご覧の通り言葉をもてあそんで、空想の上に妄想を重ねた、自分らだけにしか分からないオカルト趣味に走った。現代日本で言えば、雑誌『ムー』なんか毎月熱心に読んでいる中二病患者で、とてものことまともな精神とは受け取れない。

今なお新注がどうたらと御託を言う連中は、本当に読めているのだろうか。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント