論語063八佾篇第三(23)子、魯の大師に楽を

論語八佾篇(23)要約:孔子先生が最も得意だったのは、音楽でした。各地で師匠について習いもしました。そこで交響曲の秘訣について、魯国の宮廷楽団長に語ります。重視したのは各楽器の音の調和と、そして後を引く余韻でした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子語魯大師樂曰、「樂其可知也。始作、翕如也。從之、純如也、皦如也、繹如也。以成。」

書き下し

大師たいしがくかたりていはく、がくなりはじおこすとき翕如きふじよたりこれはなつとき純如じゆんじよたり皦如けうじよたり繹如えきじよたりもつると。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が魯国の楽長に言った。「音楽の要点は知ることが出来ます。演奏の始めは各楽器を合わせる如く、合ったら各楽器の音を交えざるが如く、交えざるようになったら激しく、激しくなったら音を伸ばして、それでまとまります。」

意訳

論語 孔子
協奏曲の要点。各楽器を静かに鳴らし、音が合ったら各自力強く、激しく、伸ばして伸ばしてスッと終えること。

従来訳

 先師が魯のがく長に音楽について語られた。――
「およそ音楽の世界は一如の世界だ。そこにはいささかの対立もない。先ず一人一人の楽手の心と手と楽器が一如になり、楽手と楽手とが一如になり、更に楽手と聴衆とが一如になって、翕如きゅうじょとして一つの機をねらう。これが未発の音楽だ。この翕如たる一如の世界が、機熟しておのずから振動をはじめると、純如じゅんじょとして濁りのない音波が人々の耳を打つ。その音はただ一つである。ただ一つではあるが、その中には金音もあり、石音もあり、それぞれに独自の音色を保って、決しておたがいに殺しあうことがない。皦如きょうじょとして独自を守りつつ、しかもただ一つの音の流れに没入するのだ。こうして時がたつにつれ、高低、強弱、緩急、さまざまの変化を見せるのであるが、その間、厘毫のすきもなく、繹如えきじょとしてつづいて行く。そこに時間的な一如の世界があり、永遠と一瞬との一致が見出される。まことの音楽というものは、こうして始まり、こうして終るものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

翕如(キュウジョ)

論語 翕 金文大篆 論語 翕
「翕」(金文)

論語の本章では”あわせるように”。『学研漢和大字典』によると「翕」は会意文字で、「羽+〔音符〕合(コウ)」で、鳥が羽をあわせて飛びたつ用意をすることをあらわす。合と同系のことば、という。

純如

論語 純 金文 論語 純
「純」(金文)

論語の本章では”純粋に”。

『学研漢和大字典』によると「純」は会意兼形声文字で、屯(チュン)・(トン)は、芽が地上に出かねてずっしりと精気をたくわえたさま。純は「糸+〔音符〕屯」で、布地の両はしの房がずっしりと垂れたことを示す。房の糸は単色で、他の色がまじらないので、純色の糸の意となる。

醇(ジュン)(まじりけのない酒)・淳(ジュン)(まじりけのない水)などと同系。また端(垂れたはし)とも近い、という。

皦如(キョウジョ)

論語 皦 古文 論語 天
「皦」(古文)

論語の本章では”輝くように”。「皦」は『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「白+〔音符〕敫(ケキ)・(キョウ)(白く広がる)」。意味は以下の通り。

  1. {形容詞}白く輝くさま。《類義語》皎(キョウ)。
  2. {形容詞}さやか(さやかなり)。鮮明ではっきりしたさま。「皦然(キョウゼン)」「皦如(キョウジョ)」。

繹如(エキジョ)

論語 繹 金文大篆 論語 繹
「繹」(金文)

論語の本章では”引き延ばすように”。

「繹」は『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、繹(エキ)は「目+幸(手かせの形)」の会意文字で、ひとりずつ出てくる手かせをはめた罪人を目で選び出すさま。擇(タク)(=択。えらぶ)の原字。繹は「糸+〔音符〕錬」で、糸をたぐって一つずつ引き出すこと。

○‐○‐○の形につづくの意を含む。驛(エキ)(=駅。一つ一つとつづいて並ぶ宿場)・擇(タク)(=択。一つずつ引き出して吟味する)・澤(タク)(=沢。つぎつぎとつづく湿地)と同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語の各所に記されているように、孔子は音楽をよくし、塾の必須科目にも入れていた。しかし当時の音楽がどのようなものだったかは、楽譜が残っていないためにわからない。儒教経典の中でも音楽を取り扱った『楽経』は、早くに失われ現存しない。

始めから無かったのだ、と考えることも出来る。

論語の本章はほぼ擬態音で表現されているために、その意味もはっきりしない。従来の論語本もまた同じで、宮崎本に至っては、わかるかこんなの、とばかりこう訳している。

論語 宮崎市定
最初の出だしは翕如、それを受けて純如、今度は急転して皦如、おしまいに繹如としてそれで終わりですね。(『論語の新研究』)

そこで訳者としては、こんな事であろうかと思う動画を提示するに留める。

また『説苑』脩文篇の記述が何等かのヒントになるのかと思うが、今はこれに止める。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)