論語詳解064八佾篇第三(24)儀の封人まみえを’

論語八佾篇(24)要約:生まれ育った魯国で失脚し、弟子と共に放浪に出た孔子先生。関所に待ち構えた関守が、高圧的に会見を望みます。しかし終えて出てきた関守は、かえって弟子一同を励ますように、先生の天命を語ったのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

儀封人請見。曰、「君子之至於斯也*、吾未嘗不得見也。」從者見之。出曰、「二三子、何患於喪乎。天下之無道也*久矣、天將以夫子爲木鐸。」

校訂

武内本

者、唐石経也に作る。漢唐石経道下也字あり。

定州竹簡論語

……從者見之a。「二三子何患於喪b?天下61……

  1. 今本「之」下有「出曰」二字。
  2. 今本「喪」后有「乎」字。

→儀封人請見。曰、「君子之至於斯也*、吾未嘗不得見也。」從者見之。「二三子、何患於喪。天下之無道也*久矣、天將以夫子爲木鐸。」

復元白文

儀 金文論語 封 金文論語 人 金文青 金文論語 見 金文 論語 曰 金文 論語 君 金文論語 子 金文之 金文論語 至 金文於 金文也 金文 論語 吾 金文論語 未 金文論語 嘗 金文論語 不 金文論語 得 金文論語 見 金文也 金文 論語 従 金文論語 者 金文論語 見 金文之 金文 論語 二 金文論語 三 金文論語 子 金文 論語 何 金文圂 金文於 金文論語 喪 金文 論語 天 金文論語 下 金文之 金文論語 無 金文論語 道 金文也 金文旧 金文已 金文 論語 天 金文將 甲骨文㠯 以 金文論語 夫 金文論語 子 金文論語 為 金文論語 木 金文鐸 金文

※請→青・患→圂・矣→已・患→圂・將→(甲骨文)・久→𦾔(旧)。論語の本章は患の字が論語の時代に存在しないが、圂と書いた可能性がある。「吾未嘗不得見也」の也の字を断定で用いているなら、戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

封人せきもりまみえをふ。いはく、君子くんしここいたわれいまかつるをずんばあらざるかななりしたがものこれまみえしむ。二三なんうしなへるうれへむ。天下てんかみちきやふるなれば、てんまさ夫子ふうしもつ木鐸ぼくたくさんとすと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

儀の関所役人が孔子に面会を求めて言った。「身分ある方が通過する際、これまで私は全て面会しているのだよ」。従者が役人を面会させた。〔役人が出てきて言った。〕「君たち、先生が地位を失ったことを心配しなくていい。天下にまともな政治は、ずっと無いままだ。天はまさしく今、先生を正義の伝道者にしようとしているのだ。」

意訳

故国魯を去って衛国に入る際、儀のまちから入った。その関守が孔子に面会を求め、終えてから付き従う弟子に言った。「君たち気を落とすな。こんなひどい世の中に、天は先生を正義の伝道者に選んだのだから。」
論語 孔子入関図

従来訳

論語 下村湖人
 ()関守(せきもり)が先師に面会を求めていった。――
「有徳のお方がこの関所をお通りになる時に、私がお目にかかれなかったためしは、これまでまだ一度もございません。」
 お供の門人たちが、彼を先師の部屋に通した。やがて面会を終って出て来た彼は、門人たちにいった。――
「諸君は、先生が()に下られたことを少しも悲観されることはありませんぞ。天下の道義が地におちてすでに久しいものですが、天は、先生を一国だけにとめておかないで、天下の木鐸(ぼくたく)にしようとしているのです。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

儀地長官求見孔子,他說:「君子到了這裏,我都要求見。」見孔子後,出來說:「諸位,不要在乎官職,天下無道很久了,老天要你們的老師成為號令天下的聖人。」

中国哲学書電子化計画

儀の長官が孔子に会うことを求めた。彼は言った。「君子がここに来たら、私は全て会見を求める。」孔子と会った後、出てきて言った。「諸君。官職を求めるな。天下の無軌道は非常に長くなった。天は君たちの先生を天下に号令する聖人に仕立てるおつもりだ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


論語 儀 金文大篆 論語 儀
(金文大篆)

論語では、衛国の国境にあったまちと古来解する。武内本は「儀は衛の西境にあり」という。下図参照。魯から衛の国都・帝丘に向かうにしては遠回りだが、当時の交通事情はもはや分からない。

「儀」は『学研漢和大字典』によると会意兼形声。義は「羊+(音符)我」の会意兼形声文字で、羊はおいしくて、よい物の代表。義は宜(ギ)と同系で、ほどよく整ったこと。儀は「人+(音符)義」で、ほどよく整って手本となる人間の行為を示す、という。

この文字の初出は西周末期の金文。「義」と書き分けられていなかった。儒家以外での初出は『呉子』圖國篇の「起對曰、古之明王、必謹君臣之禮、飾上下之儀、安集吏民、順俗而教、簡募良材、以備不虞。」であり、呉起は子夏の弟子。『左伝』では冒頭の隠公から出てくる。

カールグレン上古音はŋia。同音に宜・義と、それを部品とする漢字群。

封人

論語 封 金文 論語 人 金文
(金文)

論語の本章では”関所役人”。武内本も同じ。「封」は論語では本章のみに登場。封は土盛りで、当時交通の要衝に土盛りを築いて関所とした。

『学研漢和大字典』によると「封」は会意兼形声文字で、原字は「土+(音符)丰(ホウ)」。丰はいねの穂先のように、△型にとがって上部のあわさったものを示す。のち、「土二つ+寸(て)」と書き、△型に土を集め盛った祭壇やつかを示す。

四方から△型によせ集めて、頂点であわせる意味を含む。峰(△型のみね)・縫(寄せあわせてぬう)・豊(盛りあわせ)と同系のことば。通常は「ホウ」と読むが、「密封する」の意味では「フウ」と読む、という。

論語の本章では”もとめる”。初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しなが、論語の時代には「(言)青」と書いた可能性がある。音は平声(カールグレン上古音dzʰi̯ĕŋ:うける)と去声(tsʰi̯ĕŋ:もとめる)の二系統があり、前者の同音に靜(静)の字がある。『大漢和辞典』によるその語釈に”はかる”があり、四声を無視すれば音通する。後者の同音は清と凊”つめたい”で、意味上からは置換候補にならない。

詳細は論語語釈「請」を参照。

嘗(ショウ)

論語 嘗 金文 論語 味見 嘗
(金文)

論語の本章では”かつて”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、嘗は「旨(うまいあじ)+〔音符〕尚(のせる)」で、食べ物を舌の上に乗せて味をみること。転じて、ためしてみる意になり、さらに、やってみた経験が以前にあるという意の副詞となった。

尚(上に乗せる)・賞(上に持ちあげる)と同系のことば。類義語の曾=曽(ソウ)(かつて)は、経験が層をなして重なること。試は、用いてみてためすこと、という。

詳細は論語語釈「嘗」を参照。

見之

「これをまみえしむ」と使役に読んだが、原文には使役の記号は無い。「見」は”見る・会う・現れる”の意を持つが、論語の本章では孔子に”会う”だろう。ここの主語は「従者」で、之=「封人」でも孔子でも無い。すると違式だが”会わせる”という使役に読むしか無い。

『大漢和辞典』もまるで困ったように、”まみえしめる”の語釈を独立して立てている。詳細は論語語釈「見」を参照。

論語の本章では”気に病む”。この文字は論語の時代に存在しないが、圂(コン)と書いた可能性がある。詳細は論語語釈「患」を参照。

論語 喪 金文 論語 喪
(金文)

論語の本章では”孔子が地位を失う”。詳細は論語語釈「喪」を参照。

天下之無道

論語 道 金文 論語 道
「道」(金文)

論語の本章では、”中華文明圏にまともな政治が行われないこと”。

「道」は論語の本章でも道徳的なそれではなく、”まともな政道”であり、原則のある政治を言う。当時西北の大国・晋は衛国はじめ周辺の小国から領土を攻め取っており、その実力者趙簡子は、小国の尊厳を全く意にかけなかった。

いきおい、諸小国も道徳的で礼法などの原則に従った行政が行えるはずもなく、だまし合い・殺し合いは日常茶飯事だった。

「道」の詳細な語釈は、論語語釈「道」を参照。

論語 久 金文 久 解字
(金文)

論語の本章では”~が続く”。この文字は漢字古今字資料庫では甲骨文・金文共に存在しない。白川フォントには独自の上掲金文を載せるが、確実にたどれるのは、戦国文字からになる。カールグレン上古音はki̯ŭɡ。同音に九、灸、疚(やましい)、玖(黒い宝石)。

論語の時代の置換候補は、音通により旧(𦾔)。

原義は人を後ろからつっかい棒で支える姿で、”ひさしい・ながい”という伝統的な語釈は、「旧」と音が通じて後世に生まれた語義。最古の古典である論語に適用していいかは慎重に検討すべき。詳細は論語語釈「久」を参照。

將(将)

論語 将 金文 論語 将
(金文大篆)

論語の本章では”まさに~せんとす”。近い将来を想像する言葉。詳細は漢文読解メモ「まさに」を参照。

語義としては『学研漢和大字典』によると、会意兼形声文字で、爿(ショウ)は、長い台をたてに描いた字で、長い意を含む。將は「肉+寸(て)+〔音符〕爿」。もといちばん長い指(中指)を将指といった。転じて、手で物をもつ、長となってひきいるなどの意味を派生する。

また、もつ意から、何かでもって処置すること、これから何かの動作をしようとする意などをあらわす助動詞となった。将と同じく「まさに…せんとす」と訓読することばには、且(ショ)がある、という。詳細は論語語釈「将」を参照。

木鐸

論語 木 金文 論語 鐸 金文大篆
(金文)

論語の本章では”世間を啓蒙する者”。銅鐸の打ち舌が木製のものを思うとよい。「鐸」は論語では本章のみに登場。

武内本によると、もとは木の打ち舌が付いた鐘で、政令発布の時に鳴らされたという。軍事で用いる金鐸=金属の打ち舌が付いた鐘よりも、柔らかい音が出たとされる。本章から木鐸とは、”正しい政治を伝える何か”を意味するようになった。

論語 鐸
「鐸」は『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、睪(エキ)・(タク)は、一定の間をおいて連続する意を含む。鐸は「金+〔音符〕錬」で、一定の間をおいて、ちんちんと鳴る金属製のすず、という。

論語:解説・付記

論語の本章は、封人の科白があまりにも孔子を神格化しており、文字の点からも疑わしさを払拭できないが、出来事自体は史実とみてよい。

論語の時代、現代のようなな国境線が引けるような土木・交通技術力は無かった。各諸侯国は、平原に点在する都市国家や村落=邑の連合体であり、飛び地があるのは珍しくない。従って国境を主張するものは、論語の本章にあるような、兵の駐屯する関所だった。

国境のありようは地域によってさまざまで、青州=山東省から出土したと伝わる、周初の「ホウセイ𣪘」に、「のぞみてちかう 外字ちかひ、コウ 外字さかいを成す」とあり、邑=都市国家の周囲に拓いた耕地が隣邑と接し、境界を定める必要が出る場所もあれば、ただの原野で放置された場所もあった。

孔子が世を去った翌年(BC478)、衛の荘公が都城から外を見物していると、「戎虜」=異民族の集団が小屋がけして住んでいるのが見えた。国の支配に服さない異民族が、都城のすぐ外にまでいた事例である。地図に線を引くだけで、国境が出来上がる時代ではなかった。

また論語の本章の出来事が、孔子失脚直後のそれとする証拠はない。既存の論語本では吉川本にも「いつの旅行の時であったか」と記す。なお孔子一行はかなりの重武装で移動していたことが、『史記』の記述から知れる

論語 孔子 威厳
孔子に面会する前は高圧的だった関守が、終えると弟子を励ますように言っている。それが本章のようなおべんちゃらではなかったにせよ、何かしら孔子に感じる所はあったのだろう。こういう効果が論語の言う「徳」であって、訳すなら「威に打たれる」といったあたりか。

また論語時代の乱世を嘆いた者が、下級役人にもいたことが分かる。ただしなげきの対象は、孔子と封人で異なっている。鉄器が普及し、小麦の栽培のような経済的に余裕の有る社会=戦乱のできる乱世になったことは、社会の最下層からのし上がる孔子にとってよいことだった。

しかしお役目大事(と言っても、世襲した家職だろうが)に生涯を生きる役人にとってはそうでない。乱世=変化を歎くのが役人なら、孔子が歎いたのは自分の思いが通用しないこと、つまり革命運動の不成功、つまり世が変化しないことだった。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント